痛みの役職(ランク)

痛みの役職©
施術を受けた事がない方には、つながりを持てないかもしれませんね^^; ふざけているかのように見えるかもしれませんが、いたって大まじめです。

基準が大切

あなたは施術中に、「前の半分くらいの痛みになった」なんて言った事ありませんか?「前の痛み」とは、どれくらいの痛みだったんでしょう?施術者に「伝わった」と思えましたか?【基準がない】事は、大問題です。特にUniversal Flow 整体においては、必要不可欠です。なぜなら、急激に痛みが変化していき、把握が難しいからです。

痛みを段階化して、痛みと成長段階をかけてみました。

A 引きこもりは、「そのうちやりますよ」と責任を先延ばしにしています。自立しFlowを操れる日は、いつになりそうですか?(当時引きこもった経験を生かして、カウンセラーになった方もいらっしゃいます)。

尊敬するある社長は、「将来こんな上司に俺はなりたいのか?」と自問自答し、独立して会社を興しました。今では元の会社を優に超えています。すでにフリー投資家になられました。明確な目的意識を持って実現させていった彼に、憧れを抱いています。
※窓際族でもあおいくまさんは例外で、松下幸之助社長が称えにきました。彼は53歳で人生の転機を迎えました。 心から「かっこいい」と思える1人。

痛みの役職(ランク)付け

痛みも自分の許容範囲を超えると、すべて「痛い」です。いくらやっても変わらないので、「永遠にこの痛みは取れないんじゃないだろうか?」と錯覚してしまったりです。

あまりにも痛くて違いが分からない
あまりにも希望が見えず違いが分からない
似ていませんか?

表化すると、こんな具合にまとまりました。いかがでしょう?こちら明確になったおかげで、コミュニケーションがかなりスムーズになりました。

A引きこもり:許容範囲を超えた痛み囧°°・(>_<)・°°囧
Bニート:ひどく痛い!ガマンできない!!
C平社員・主任・係長:多少はガマンできるが、かなり痛い!
D課長・部長(管理職):痛いが、ある程度はガマンできる。
E平取・常務・専務(役員):痛いが、気持ちよさも。もう少しで、痛み0(ゼロ)。痛キモ^^
F社長:ほとんど問題なし(((o(*゚▽゚*)o)))
Gフリー投資家:まったく問題なし☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

各人各様な痛みの感じ方

どこまで問題解決したいのかは、各人各様まったく違います。「だいぶ変わってきた」と言いながらも実はC係長だったり、痛そうに顔を歪めつつも実はE専務だったり等・・・。ずっと「もうちょっと・・・」と言い続ける方もいらっしゃいました。

私には受けている皆さんの痛みがどれほどの程度かまでは、急激に状況が変わりますから詳細には把握できません。今どんな状況なのかを教えていただく事により、対処案も変わってくる事があります。

引きこもりを「A許容範囲を超えた痛み」としたのは、必ず解放される時が来るからです。引きこもりがしっかり自分と向き合うようになれば、その分引きこもりじゃなくなります。

体の言い分をしっかりご主人様であるあなたご自身に代弁し、媒介体である施術者を通して対話する中に、改善案を習慣化させるために折り合いをつけているような感覚です。

痛みの原因

どうやっても痛みが取れない場合、理由には大きく2種類あります。

1.あまりにも痛くて違いが分からない状態(A引きこもり級の痛み)。
2.どこかの大元に不具合があって、しわ寄せとして結果的に痛みが出てきている状態。

理由が1.なら、継続していればいつかは和らいできます。2.の場合、どこか別の臓器か筋肉に原因があります。

2.の場合は原因の問題が解決した訳じゃありませんから、結果をいくら解決しようとしても、根本的な解決にはなりません。そしてほとんどの症状は、2.が原因です。よってどんな関係性から成り立っているのか?を考える必要があります。

最短に解決する秘訣は、【症状悪化の逆の経路をたどる事】です。記憶喪失患者の治療に、フラッシュバック現象を起こしたりする事があるそうですね。

原因を取り除けば、症状である結果は自然消滅していきます。患者様の生活習慣や痛みの症状から仮説を立て、可能性を1つ1つ解放していくような手法をとっています。

木を見て森を見ず対策→無限の可能性

施術コース当初は、「できる限り我慢できる程度にとどめておいた方がよさそうですよ」と言っています。理由は、「木を見て森を見ず対策」です。理論上痛みを、Gフリー投資家にする事はできます。しかしそうしたところで、他がA引きこもりなら、結局拡散して変化をさほど感じれなくなります。問題解決でいらっしゃる方には、全体を底上げされる事をおススメします。

個人差がありますから、何回目で問題解決できるかは分かりません。体は生まれてからご主人様(あなた)の健康と幸福をずっと願ってきています。体の声に耳を傾けていく事により、無限の可能性が啓けてきます。そうなってくれば人生全般において、変われない理由が1つ1つ減っていくんじゃないでしょうか。

あおいくまさん 

体の痛み=メッセージ

肩・腰・背中・ヒザの痛み

痛みの優先順位

好転反応

一般的施術との相違点(区別化)

コリリンテーブル