究極の自問自答

あなたにとっての現実

ある方とお電話にて、「立命コーチング」の解説をさせていただきました。その方から「まさに究極の自問自答ですね」と評していただけました。

よく「自問自答してみます」「考えてみます」とおっしゃる方に出会います。私自身、よく口にしていたフレーズです。ここで言う「自問自答」とは、ご自身の中の誰との対話を指しているのでしょうか?

今までの自分自身と対話しても、確実にうまくいきません。今までの価値観という枠による視点では、新しい観方ができるわけがありません。理想の自分から観ることで、大いにご自身の可能性が高まります。

理想のあなたと対話していくことで、「あなたにとっての現実」が変わってきます。夢の中で起きた出来事を明快に覚えているなら、意識に明快に記憶に残っています。バーチャルの世界で、あなたの中で存在し続けます。私はばあちゃん子でしたが、未だに私の中でばあちゃんが生き続けているように。

基準は未来の理想であるあなた

未来の理想のあなたを、「憧れの対象」とみなし続けている内に、基準があなたの中で未来の理想と現実を往来するようになります。なぜなら、名付けたその方は、理想のあなたでもあるからです。時系列的に言うなら、「名前ヒーリング」は、すべてあなたの中で起きています。

基準が未来のあなたとなるということは、もし落ち込むような出来事があったとしても、引き戻されるのは未来のあなたとなり得ます。「未来の深掘り」では、【当面の課題を克服できたら〜】を、徹底的に深掘りしていきます。同じように、未来に生きているあなたには、希望しかないのです。

いかなる困難でさえも、すべて吸収して学びに変換させていくでしょう。なぜなら、全く無関係に思えるような出来事も、「将来必ず意味を持つはずだ」とこじつけるからです。「理想が明確化される」とは、そういうことなのです。

腸内細菌において善玉菌が圧倒的優勢な状況であれば、悪玉菌は善玉菌に加勢するようにできています。未来の理想的なあなたが確立してしまえば、過去の記憶はあなただけで解決できる事案はたくさんあります。過去のあなたの記憶が解放されれば、成長して名付けたあなたへ再インストールされていきます。過去の忌み嫌っていた記憶が、宝物にどんどん変わっていき得ます。

こだわってしまう理由

私たちは、未来に生きていながら過去できなかったリベンジ(清算)を目的として生きています。これこそが、ご自身にこだわってしまう理由です。

課題は重要度や優先順位によりつつも、発想自体はリベンジに基づいていることが大半です。今までの私の経験では、幼少期が9割で、残りを前世とご先祖様で分けている感覚です。

約1,000年前の前世と向き合った憑依霊を成仏に導いた等のエピソードがあります。当時の彼らの話を聴かせていただき、相互理解に至った経緯も根拠となっています。

明治神宮にて

立命コーチング

未来の深掘り

投稿者:

Anshin Ryu

Universal Flow Therapy 健創庵 龍 庵真(りゅうあんしん)と申します。
 少なくとも20万人超のお名前と向き合わさせていただいた経緯から、生き方より理想を創り出す「立命マイスター」を広げています。 
 「理想を見出せない」と嘆いている方をよく見かけますが、あなたはいかがでしょうか? 
 ない or 曖昧なら、創り出せばいいのです。 
 本当の癒しは、ご自身にしかできません。 あらゆるすべての答えは、すでにご自身の中に秘められています。
 理想を見出せない根本原因は、自己承認レベルが許容値に達していないからです。 自己承認こそが、コミュニケーションの核なのです。 お互いを認め合える感動世界を創るため、立命マイスターを増やします。 
 
 15才で自衛官となり、出身地の長崎よりも東京近辺での生活が2/3となりました。 
 私自身のセルフイメージが強烈に低く、どんなに素晴らしいことをしても、悪い意味でバランスをとるような出来事が起きていました。 マジメに生きようともがきつつも、運命の荒波に翻弄され続けた期間は、30年を超えます。 
 今の私なら、当時の悩み苦しんでいる私に、的確にアドバイスできることがたくさんあります。 しかしながら、過去の自身にどうやったら聴いてもらえるのか?大きな疑問でした。 
 あなたはいかがでしょうか? 
 同じように、未来の理想とするあなたが本当にいるなら、今のあなたにアドバイスしたくてヤキモキしているはず。 
 繰り返します。 本当の癒しは、ご自身にしかできません。 
 「立命コーチング」という独自の理論により、 ・過去と未来を今ココに集約させ ・理想とする未来のご自身からアドバイスを受ける ・理想とする未来のご自身を発信源に、過去の記憶を癒す 方法を編み出しました。 
 世界中にiPhoneレベルで 「理想の自分像って?」 を訊き合って認め合えている感動世界を見るために、今を生きています。 
 どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください