過ぎてみれば、愛だった

手助けしたはずが・・・

ある日少年が、木の葉に繭がついているのを見つけ、家に持ち帰った。数日後、蝶が繭を破って外に出ようと苦闘を始めた。長く厳しい戦いだった。

少年には蝶が繭の中に閉じ込められているように見えた。蝶の動きが止まったように見えた少年は、心配してハサミで繭を切って蝶を助け出した。

その蝶は、翼を広げて飛べず、這い回るだけだった。本来なら、繭の小さな穴から苦闘しながら出ることで、体液が翼にまで行き渡り、飛べるようになるはずだった。

この教訓は、私達にも当てはまる。人生は苦闘の連続だが、もし苦闘がなければ、本来あるべき強さを発揮できなくなる。人生を切り拓く者は、逆境が人格を鍛えることを理解し、苦闘を歓迎する。

分岐点は、ピンチの瞬間に来る。困難に直面した時前進し続けきれるか?勝敗の分岐点は、現在にある。『自分を磨く方法』p72 A.ロックハート

以前ある詩に感動し、いつも手元に置いて置けるようにと、メール化させていた時期があります。当時の文章ですが、今でも感動します。

過労死の恐怖

以前あまりに忙しく、「過労死するんじゃないか?」という心配が、どこからともなく湧いてきた時のエピソード。

心が枯渇し萎えてきます。何をやっても失敗しそうな不安。「一歩を踏み出す勇気が大切」等々励まされるほどに、「うるせえ!」なんて苛立ちを隠しきれませんでした。

それでもやり続けていくんだと、か細いながらもフォーカスに努めていたある日。「過労死」というキーワードが完全払拭された感を抱きました。その時「死ぬかもしれないという不安を抱いていた私」とは、今までの価値観に固執し手離そうとしていなかっただけだと気づきました。

分かってみれば、「なぜ悩んでいたのか?」「なぜ難しいと感じていたのか?」疑問にさえ思えてきます。例えば、「自転車で転んでください」と言われて、転べますか?

成長と限界枠

悩みの解決策とは、大半の場合、あなたの限界枠の外にあります。内側にあれば、「悩み」ではなく「タスク」「やるべきこと」です。

悩みを解決しようと、あなたが彼のために素晴らしく適切な助言をしたとしましょう。彼が納得しないことって、今までありませんでしたか?表現を変えて、例えを交えて、尽くしまくって・・・・・。「やっぱり分からん」という返答だったら、ガックリしませんか?

成長とは、限界枠を深め広げること。限界線と常に向き合うような生き方をしている方が、成長できないわけがありません。わずかながらにも、礎を着実に築き上げていくでしょう。

限界枠を克服できた差が大きいほどに、以前のあなたとは別人のように見えるはず。幾年後かに、あなたは成長して過去のご自身を慈しめるようになるんじゃないでしょうか?

過ぎてみれば、愛だった

幾年後かに思えることが分かっているなら、現時点でそう考えた方が、あなたにとって大きなメリットなように思えますが、あなたにはいかがでしょうか?

あなたは、「今までのあなた」ではありません。「未来の成長したあなたからの呼びかけに応えようとしているあなた」です。

あなたは、「今までのあなた」ではありません。「『今までたくさん克服してきたよね?』と、ご自身へ言い聞かせきれるあなた」です。

あなたは、「今までのあなた」ではありません。「ガンばった先の光り輝いている姿が鮮明に思い描けているあなた」です。

だからこそあなたは過去を慈しみ、多くの皆さんを癒しと希望へ導くようなことが、立て続けにあからさまに起きてきます。忌まわしいと思えていた過去の記憶さえも、感謝の気持ちが湧いて来ないわけがありません。

題名である「過ぎてみれば、愛だった」は、私が21歳当時から座右の銘としてきた言葉。ドンドン深まっていることを痛感しています。

もし「今までいろんなことを克服してきた。今まではすべてが愛情に包まれていた。これからは違うんだろうか?」と問いかけるなら、何と返ってくるでしょうか?

未来のあなたから見れば、今起きているキツい出来事は、【愛情という贈り物】です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です