あなただけは、ご自身の応援団長

コリリン解放

存在価値

この言葉は、ある恩師からいただきました。言われたその時は、「ふーん、へ~」くらいにしか感じていませんでした。いろんな方と接していく中に、かなり腑に落とせてきました。

今まで、数々の多大な迷惑をかけて生きてきました。特に私の場合、良心基準が高いのかもしれません。”罪悪感”にはしつこくつきまとわれてきました。「私はここにいない方がいいんじゃなかろうか?本当に必要とされているのか?」ずっと悩んできました。

すごく思い出深いのは、自衛官で練馬に赴任した時。「自衛隊生徒」という、中卒で入る自衛官の高校出身だったため、たくさんの先輩がいました(36期生)。「マルデダメ夫」などと、さげすんだ自称を表現していました。

見た目には誰もが簡単だと思えるような作業で、実際にやってみるとなかなかできない・・・。何回も失敗を繰り返し、ドツボにはまってしまう・・・。そんな私を見て、先輩方はどうにか励まそうとしてくれる・・・。励まそうとされるほどに、その場から逃げ出したい思いになっていました。

少しでも役に立ちたい!と真剣に取り組んできましたから、かなり成長はできたと自負できます。退職の理由も、自衛官が嫌いだったからじゃ断じてありません。しかし、自分自身を責め立てるような振る舞いは、どうしても改善できませんでした。それがために、周囲のどんな励ましも、「裁き」に聞こえてしまう・・・。

記念日

転機は、2009.5.3.あるネットワークビジネスに関わっていた時でした。パートナーへ、何を血迷ったのか、真夜中にメールしてしまいました。緊急に送った方がいいだろうといった内容で、送信ボタンを押したはずが「未送信」に気付いたのは、午前2時を過ぎていました。3日ほど経ってから、返信がありました。

「あなたとは一緒にできない。あまりに非常識すぎる!すぐに返信しなかった理由は、感情をそのままぶつけてしまうと考えたからです。冷静になってから吉永さんに返したかったんです」それからというもの、どんな謝ろうとも電話は留守電に回され、メールも返信なんてありません。

最後に送ったメールは、「返信ありがとうございます。私が〇さんの事を考えず、非常識な行為をしてしまった事、心から謝ります。しかし私自身、どんな状況でも”自分を裁かない!”と決めました。〇さんの指摘をあます事なく吸収し、成長させていただきます。よきご縁に感謝!ありがとうございます!」

結婚式スピーチ

友人の結婚式で、詩吟の前に贈ったスピーチ。

「〇〇さん、結婚おめでとうございます。この歌(「常盤弧を抱くの図」)は、ずっと私ともにありました。義経の母が、乳飲み子の彼を連れて逃げ惑っていますが、将来大軍を引き連れるような大物になったという意味合いです。

これから試練や苦難は、必ず立ちはだかります。決意に比例して、必ず。それでも、〇〇さんご自身の無限の可能性に、絶対の自信を持っていただきたい!〇〇さんなら、必ず克服できるから!そんな気持ちで吟じさせていただきます」

結果、私自身納得のいく出来栄えで、拍手喝采でした。

いかに周囲が、「あなたには価値がある!すばらしい!」と言い続けたとしても、あなたご自身がそう思えていなければ、全くすばらしくはなく価値もありません。まさに典型的な偽善です(ゴミから教わったこと)。

逆に周囲がいかに殺伐としており、罵り合っているような状況でも、あなたがご自身の中に価値を見出せるなら・・・。実際本当に、あなたには超莫大な価値があります。あなたが、あなた自身の応援団長となった時、確実に団員は増えていきます。

 

ゴミから教わったこと

無自覚領域と根本解放策

3C実践編

施術ベッド

大半の原因は過去の記憶

こちら施術時に、カウンセリング編で対応している内容です。原理原則的なものと見なしています。

例えば「こんなはずじゃなかったのに・・・」と、過去の過ちを嘆き憂いてしまう事ありませんか?そんな方におススメ(^.^)

私たちは、未来に生きているように見えて、過去にこだわり続けています。恐しいのが、こだわりの大半において、無自覚な点。周囲がいかに不快に感じていようとも、指摘できません。反省なんてできるでしょうか?この手法なら、自然な流れで気付けるかもです♪( ´θ`)ノ

1.過去の原因をさかのぼって発見

今は絡んだ糸のように見える問題だとしても、過去の原因となる発端は、たいてい些細な行き違いや解釈のズレ等です。
こちらは、過去であるほど望ましいです。

2.タイムスリップし、当時のあなたにアドバイス

問題の渦中にあるその時は、”忘れる事が最適な解決策”だったとしても、成長した現在のあなたなら、解決できるんじゃないでしょうか?当時の記憶の中でのあなたが、納得してくれるまでやりとりを重ねます。

3.当時の「解決できたあなた」から、「成長した現在のあなた」をイメージ

ここからパラレルワールドに入っていきます。もし、

・過去の傷跡を修正できたとしたら、
・またはその問題が起こらないよう回避できてたとしたら、
「成長してる現在のあなた」はどうなっているでしょうか?ぜひ具体的にイメージしてください。
歴史上の人物、有名人、生活圏の知人・友人。誰でもオッケーです。とにかく「特定の1人」へ絞り込みます。

4.「特定の1人」が、なぜ〇〇さんなのか?

「現在の解決できてないあなた」は、なぜ「特定の1人」を〇〇さんに選んだんでしょうか?どんな点に惹かれたんですか?この「惹かれた点」こそが、今のあなたの課題です。

例(私の体験談より)

例えば、自己卑下でかなり悩んできた私。「あ~ぁ、何で俺は、こんな不幸な星の下に生まれてきたんだろう?」が口癖だった当時を、「今現在の私」になぞらえて考えてみましょう。

「記憶の淵をたどって」に書いたとおり、強烈な名前へのコンプレックスがありました。どうしても自分を好きになれず、いじめを引き寄せていました。「絶対死んで、化けて復讐してやる!」と強烈に考えていました。こんな呪いの心があれば、「不幸な星の下」なんて考える事もうなづけます。

そんな保育園当時の私に、タイムスリップできたら、「将来の俺は、大志を抱いていっぱい社会貢献しとるけん。【この名前でよかった(●^o^●)】って思える日が来る!必ず!」とでもアドバイスするでしょうか?

もし保育園当時の私が、智己(ともみ)という名前を受け入れ感謝していたら・・・どんな「成長した現在の私」になっているでしょうか?

こんな悩みを抱えていた当時は、自衛官でした。司令部の4部長や所属の大隊長、直属の上司、・・・素晴らしいと尊敬したくなる方はたくさんいました。もしかしたら自衛官を継続し、幹部の道を行っていたかもしれません。

自衛官にならず、適職を探してどこかに就職しているかもですね。仮に整体師になっていたとしても、20代のうちに一般的従来のやり方で地位を確立させているかもしれません。





そう考えると、自己卑下していてよかったとも思えてきます。
私は、自立整体セラピーを今までのお客様方とともに作り上げて来れた事を、心の底から感謝しています。おかげさまで、天職に就けました。

師匠をはじめ、多くの協力していただけた歩みがなかったなら、奥さんとも会えていなかった・・・。さんざん迷い悩んできたからこそ、解放された感謝の思いは強烈です。よって私には、この状況ではディープマインドセラピーは必要ありません。

ぜひぜひ、世界中すべてのあなたに、〇人(息が深くて自信に満ち溢れた人。オンリーワンの専売特許)になっていただくべく、これからも精進します!

 

寒さに震えた者ほど、太陽の温かさを知る。
人生の悩みをくぐった者ほど、生命の尊さを知る。

ウォルト・ホイットマン

 

記憶の淵をたどって
ディープマインドセラピー
究極の根本解決整体
3C
無自覚領域と根本原因の解決策
許された分、許せる

感情解放の重要性〜山梨のお父さん

夏野と父

青天の霹靂

今日は予定が大幅に変更になってしまいました。ご本人は≪生きたい!≫という情熱に溢れた方ですから、おそらく今までの習慣性を克服するための峠を越えようとしているんだと感じています。

昨夜山梨のお母さんから電話がかかってきました。「お父さんが危篤状態だから、明日はキャンセルでお願いします。もし来てもらっても施術どころじゃありませんから」

まさに青天の霹靂!

お父さんとの出会い

8/12(金)に初めて塩山に行ってから、毎週出張していました。お母さんが調子よくなってきたからという理由から、病室のお父さんへ。

病室に入るなり、ギョッとしました。「よく生きてるな!」といった印象で、体がねじれて死後硬直のように冷たく固まり、胃に穴を開けられ流動食を摂り続けている意識不明の状態でした。

交通事故に遭ってから、12年・・・。何かしら生きたいと考える情熱がなければ、どう考えても、とっくに息絶えておかしくありません。実際何度もご家族が呼ばれたそうです。

施術するうちにどんどん体が温まり、体が緩んできました。

聴くところによれば、元産婦人科の名医で、仕事が生きがいだったそうです。ある運動家でもあり、会を設立しTV出演するほど、有名になったそうです。ある日それを乗っ取られ、悔しい思いを消化しきれないまま事故に遭ってしまわれたようです。その悔しい記憶がずっと残ったまま、感情が解放されてはいないんだと諭されました。

仕事以外に関しては寡黙で、どんなに深夜でも率先して出産に立ち会って来られたとか。語りたいことをどう伝えるべきか手段が分からず、悔しくて死にきれない思い・・・・・・。感情表現したくとも、今までの習慣からどう語るべきか麻痺してしまった。そうこうしているうちに、語れなくなってしまった(ー ー;)

「先生!一緒に組んで世の中変えましょうね!そのためにも先生が、どうしても必要なんです!」等々語りかけると、近くで見ている娘さんにもはっきり分かるくらいの改善ぶりでした。帰り間際の娘さんの祈りがまた感動します。25年間お手伝いをしている方が、定期的に個人でお見舞いに来ているそうです。足を触って、「冷たくない!」と感動されていたとか・・・。

前回はもしかしたら仙骨矯正できるかもと思い、道具を持っていきました。結果残念ながら、膝と股関節があまりに固く、伸ばせず厳しかったです。

感情解放の重要性

「よぉし、次回こそは・・・」と決意をしていた矢先の出来事でした。ぜひこのお父さんに、些細ながらもあなたの想いを傾けていただけませんか?必ず快復に向かい、ともに世の中を変えるために一致団結している日が来る事を、信じてやみません。


この危篤状態は、多くの皆さんの祈りも重なり、乗り越えきれました。
以下、娘さんからのコメントです。こちらの記事を、娘さんに転送しました。特急電車からの返信でしょう。読んでまた涙が・・・。

「ありがとうございます。素敵な文章です。私達の数ヶ月の歩みが色鮮やかに描かれていて、ほっとするし、また、せっかくいいとこだったのに~と悔しくもなります。神さまは準備ができた~とおっしゃっています。

私の心も平安で喜びがあります。吉永さんが心をこめて治療してくださり、何よりも父を尊敬して接して下さったこと感謝します。まだ終わりじゃないので、また塩山駅でお迎えに行くことを期待しています。

———————-

2012.1.21、残念ながらお亡くなりに。線香あげさせていただき、位牌の前で思わず涙がこみ上げてきました。施術でお父さんと向き合った日々は、私には素晴らしい宝物です。

 

人生変える冒険(動画文字起こし)
認知症の根本解放策〜お母さんの施術

一体化の妙味

結論は、「主観と客観両方から見つめましょう」ってこと。 先入観を取っ払い、新しい視点で見つめてみたい方にはおススメです。どちらかへ傾くほどに、焦点はボヤけ麻痺してきます。

猫背に悩んでいた当時
2005年当時、歌舞伎町掃除にて。猫背に悩んでいながらも、もはや当たり前で麻痺していました。

私は超がつくほどのコリ症で、誰が見てもはっきり分かるくらいに猫背でした。よって疲れは半端ではなく、いつも辛い日々が続いてました。それで誰かへの施術で精神的な癒しを受けるほか、解決の手段はありませんでした。整体が趣味になってしまった所以です。今は仙骨矯正のおかげで、だいぶ心配がなくなりました。

自分で指圧していても、さほど気持ちよくはありません。たまに誰かがいつも辛そうだからと、親切でもんでくれる事もありました。すでにそれなりの域に達していたからか、「あぁもぉぉ代われ!こうやってやるんだよ!ほら!!」と結局は・・・。どうしてなのかずっと考えてきました。

転機

ある日ラジオで流れていたニュースに感動しました。 それはある学会での発表でした(どこの何だったかは覚えてません)。いわく「自分で指圧しても大して気持ちよくない理由は、″今からここを押しますよ″という神経信号と″今からここを押されますよ″という神経信号が、自分から発せられているから」だとか。

この事で深刻に悩んでいた私は、ピンときました。だからラジオだろうが、はっきり覚えているんだと思います。

簡単に言えば、「自分自身でじゃんけんをしているようなもの」です。 ぜひ想像してみてください。左手でパーを構え、右手でチョキを構えている。さぁジャンケンポン!じゃあ次は・・・、何回も繰り返そうと思うでしょうか?もしこれをおもしろがってやっているような方は・・・。

理由は、「刺激がないから」です。相手が何を出すのかが分からないから手に汗握りますね。もしジャンケン勝負一回で全財産を賭けるとなれば、かなり燃えませんか?
あまりにも近いと、感覚が麻痺してきます。一体化しすぎていると、分からなくなってきます。

事例

例えば心臓の鼓動。胸に手を当ててみれば分かりますが、常時寸分狂わず正確に約4,000本/日の2Lペットボトル分の血液を動かしています。もし心臓みたいな社員がいたら、どんな社長も雇いたくなるでしょう。それに気付いていますか?

腸は毎日1兆個の細胞が死に、生まれ変わってます。その自覚ありますか? オナラ(特にすかしっ屁)は臭いですよね?大半の方にそんなものがお腹の中に入っているんですよ?

「健康の価値は、病気になってみて分かる」なんて、よく言われますね?ぎっくり腰で来られた方が、施術ですっかりよくなり、喜んで帰られました。しかしその夜再発してきたそうです。理由は潜在的コリが残っていたからです。我慢できず近くの病院で精密検査を受けて、10分くらいで見抜いた原因とまったく同じ事を言われたとか。「〇〇病の一歩手前だったよ。ぎっくり腰になってよかったねぇ」と言われたそうです。

射撃のプロ(自衛官当時の先輩)からのアドバイス。「リラックスした状態で、焦点がボヤけてきたら当たる」とか。当時の私にはえらく混乱し、さらに当たらなくなった記憶があります。

自らが成長しているかどうかの自覚にもつながります。 心と体が別人格として存在してる事を認められますか?なのに心と体は、幽体離脱でもしてない限りずっと一緒に生活しています。 分かりやすいのは、久々に会った方です。同窓会等で会ったら、かっこよくきれいになった方、ずいぶん老けた方、ほとんど変わってない方、いろいろありますね。いつも一緒だと、違いに気付きづらいものです。

警備会社で働いた時期もありました。施設警備(建物等)で教わった事は、「いつもと違う場所に置かれていないか?いつもと違った雰囲気や物音等ないか?」が着眼点だと。

仲翼(仲良く)

私たちは、先入観によって曖昧にされています。いかに先入観を払拭し、正しく適切な把握ができるのか?

渦中にいると、その分見えてくるべきものが見えてきづらくなってきます。もし「こんなにすごいものなのに、なぜ分からないんだ?」と憤りを感じる方がいらっしゃるとしたら、たまには見つめた事がない視点から見つめてみられてはいかがでしょう?多くのすばらしい経営者は、現場に出かけてお客様からの意見を聴き反映させてます。

ある不動産の営業マンが、いかにして業績を上げるかを研究してるとしましょう。本屋に行ったら、どこに行くでしょう?たいていは「いかに説得するか?」の情報棚ですかね?しかし不動産を買おうとしているお客様は、「いかに安くいい物件を見つけるか?」の情報棚に行きます。お客様が説得の情報誌棚に行く事はまずありません。

政治においても、右翼と左翼の熾烈な論争が繰り広げられていますが、「仲翼(仲良く)」なんてのもアリじゃないですか?こちらをモトに、違った発想が生まれてくるんじゃないでしょうか?ぜひ身近な話に置き換えてみてください。

国境線と先入観

結論は、あなたの脳をいかに使いきれるか?です。

世界平和への方策

Universal Flow 整体は、整体の枠には収まりきれません。将来小学校教育に活用され、世界を変えていくための大きな手段と見なされる日をイメージしています。

国境線とは、隣り等近くだからこそできます(インドとパキスタン、日韓中、イスラエルとパレスチナ・・・)。

ディープマインドセラピーでの解放イメージから、サハラマラソンの話が出てくる場面が多いです(場面は同じでも、お客様の価値観次第で微妙に違ってきます)。世界一過酷なレースと言われていますが、一緒に走ったライバルがすっかり意気投合し、死ぬまで交流を継続しています。感動的な場面であることが多いです。

もし彼らの国家間で戦争が起こったとしても、彼らの信頼関係が損なわれることはあり得ないんじゃないでしょうか?信頼関係がさらに深まり広がっていくようなことが、立て続けに世界規模で起こっていくなら、どんな変化でしょうか?

陰口から陰ボメへ

国境線、個々人レベルにおいては、「先入観」に相当しませんか?私の中には、まだまだ確実に蔓延っている先入観、あなたにはいかがでしょうか?かなり脳が不活性な状態です。
例えば、まだ会った事がないAさんに初めて会うにしても、Aさんを知っているBさんに訊く事ありませんか?訊いたBさんがどんな価値観でAさんを見ているかによって、会う前からAさんの第一印象は決まっています。
自衛官当時、自分が嫌いでたまりませんでした。似たような相手が鏡に見えるんでしょうか。彼を強烈に忌み嫌い、よくケンカしていました。
当時の上官に言われた言葉です。「もしお前たちが違う部隊に配属され、吉永がいる部隊に◯◯と仲がよかった知り合いが転属するなら、◯◯は吉永をどう紹介する?知り合いが吉永に会った初対面の第一印象は、どうだろう?」当時は屁理屈に聞こえていましたが、今は重くのしかかります。
いつも誰かが、私の文句を言っているように感じていた時期がありました。身近な第三者が談笑している時、私が嘲笑されているように感じていていました。原因は、【私が陰口を言っていたからだ】と気づいた時、ものすごく反省しました。それからというもの、【陰ボメ】に徹するよう心がけてきました(強烈な効果です!)。

斬新な共通目的案

繰り返しますが、Universal Flow 整体においては、「整体」という枠には収まりきれません。施術を受ける気持ちでいらっしゃった方々、大抵は驚かれます。体をよくして欲しいと思ってきてみたら・・・。

根本解放目的に原因と向き合い、ムダなものを削ぎ落としていく内に今に至ります。さらに磨きをかけ、原形が分からないくらいに変化していくものと見なしています。

世界中すべての皆さんが先入観を払拭し、誰もが喜ぶような【斬新な共通目的案】を提示できたら、何かが変わっていくんじゃないでしょうか?しかもそれは意外や意外、私たちのものすごく身近な場所にあり、あまりにも当たり前すぎて麻痺しています。

極めてシンプルかつ確実な方策があるとしたら・・・、あなたの脳を使いきること。もしあなたの脳が活性化されているなら、不可能だと思えていたことが、過去形になるかもしれません。

Universal Flow 整体では「病気が治る=病気になる前の状態へ戻る」と定義づけています。あなたの脳を研ぎ澄ましフル回転させきれているなら、たとえしぶとくこびりついた先入観でも、剥がれ落ちるかもしれないと思えるのは私だけでしょうか?

 

ディープマインドセラピー
人生のキーワード