天命への階段

自己実現への手段

富士登山7合目2013.8.27

Universal Flow 整体を継続して受ける事によって、最低レベルが底上げされ、あなたの自己実現を習慣化へ結びつけていくサポートをさせていただいています。

以下は施術させていただく中に、統計上どんな成果が起こり得るのかを示す内容です。施術自体が、「天命への階段」だと見なしています。正当な理由がない限りは、定めた期限に応じた間隔を守っていただけた方がピント合わせをしやすいです。

こちら、あくまでも統計です。もしやあなたなら、3サイクル分を一挙に1サイクルで登りきれるかもしれません。そういった方は、今まで実際に何人かいらっしゃいました。可能性が0では決してありません。

受けたあなたには、ぜひ幸せになっていただきたい!喜びを満喫し分かち人生を全うしていただきたい!それがためのUniversal Flow 整体です。

富士のご来光2013.8.28

6回(1サイクル)

今まで味わった事がない境地を体感していかれるでしょうから、無意識な点に最も気づきやすいです。あなたの能力が低いんじゃなく、秘められた潜在能力がいかに大きく素晴らしいかを、実感される場合が多いです。浅く広く、ぜひ多くの皆さんに受けていただきたいです。

結果、周囲が変化していくことによって、自分自身の変化を認め得るような状態です。しかしご自身の変化を実感できるかは、かなりの決意を要するか、今まで向き合ってきた土台をお持ちかによります(確信深めるため、たいていは2サイクル目をオススメしています)。時を経て、Universal Flow 整体の価値を実感されるようになります。富士登山に例えるなら、「登る!と決意した状態」です。

12回(2サイクル)

(期限:4カ月以内に受け終えきれるよう日程調整をしていきましょう。)

1サイクル目の仙骨矯正は、2サイクル目以降の仙骨矯正とは、重要性の次元が違います。1サイクル目で「穴埋め」をしていただき、以降からは「建設」が始まります。あなたが願うビジョンに基づいた、イメージを一緒に創り上げていきましょう!

結果、「自分の成長に対する確信」を実感でき、自己承認を味わいきれる状態です。多くの皆さんが、涙ながらにご自身の素晴らしさに感動・・・。

イメージで例えるなら、池に石を投げ入れる中、いつか必ず水面上に現れてきます。たいてい池の水は濁っており、あとどれだけ投じれば表面化してくるのか、私たちには分かりません。しかし【臨界点】は、確実に訪れます。富士登山に例えるなら、「出発の待ち合わせをしている〜現地到着した状態」です。

18回(3サイクル)

(期限:目安として6カ月以内に受け終えきれるよう日程調整をしていきましょう。)

ご自身「確かに変わっている」と実感されている状態ですから、「もしかしたら本当に自分らしい生き方(天命)を全うできるんじゃないか?」と、期待から役割に目覚め始めます。課題に直面し、一生涯の方向性を決定づけるようなテーマを持たれる場合が多いです。

こちらから「施術、ぜひ受けてみませんか?」とオススメする方々は、基本3サイクル受ける基準に達した方々だと見なしています。

結果、大いに悩んでいただきます(霊魂の憑依ランキング)。成長するほどに、課題は肥大化していきます。「人生のキーワード」に対する対応力等、受けるに値する状況にあるかを見極めさせていただきます。富士登山に例えるなら、「7or8合目で、山小屋泊し、深夜に出発するまで休養している状態」です。

24回(4サイクル)

(期限:目安として9カ月以内に受け終えきれるよう日程調整をしていきましょう。)

大いに悩み抜き、自分らしい生き方(天命)の方向性を見出せたあなた。実践模索段階に入ります。さらに悩むようになるでしょうが、自己承認の土台があるからこそ、格段に成長していけます。

結果、生き方への焦点が定まります。ご自身の一挙手一投足が、社会貢献に直結している事を感じきれるんじゃないでしょうか?富士登山に例えるなら、「登頂し、達成感や安らぎ感に満たされ、火口見物しながら記念写真な状態」です。あなたは平気でも、周囲は高山病にかかっている方おり、寒いのに陽射しが強烈です。自然と助け合う精神が育まれていたり等、当初と比べコミュニケーション能力の格段向上を痛感されるんじゃないでしょうか?

30回(5サイクル)

(期限:目安として1年以内に受け終えきれるよう日程調整をしていきましょう。)

定めた生き方の方向性を、さらに深掘りして確立段階へ。5サイクル受けきられた暁には、認定証をお渡しする予定です。ピンボケ青写真からスッキリ鮮明カラー写真へ入れ替わっており、松下村塾が世に送り出した方々のように、大きく社会貢献できるような人材育成の場としていく事を目的としています。

富士登山に例えるなら、「頂上到達し、味わいきった後に下山し、経験を生活に当てはめている状態」です。今まで4回登りましたが、初回と2回目以降は感覚が全く違います。《霊峰》と称されるだけあり、多くの気づきがあります。今思えば、成長を確信できる1つの大きな根拠と言えるでしょう。

下山してからの生活が、どれくらい変わっているかは、富士登山を通して何を学んだかによります。いかに素晴らしい薬でも、過剰摂取は問題です。いつどんな状況が最適時期なのか、よく話し合っていきましょう。

先に書いたとおり、生き方を確立させたからと、楽になれるとは限りません。成長するほどに、新たな課題がドンドン押し寄せてきます。相応の覚悟を決めてから受けてくださいm(_ _)m

仙骨矯正
霊魂の憑依ランキング(成長するほど、課題が肥大化する理由)
人生のキーワードの起源
考えすぎ・悩み・迷いのメリット
 究極の根本解放整体

3C〜あなたの自立へ向けて

自立整体セラピーとは、
・カウンセリング
・コーチング
・コンサルティング
が調和した自己承認型整体です。 受けていただく事で、「痛みの記憶」が薄らいで来るだけでなく、「痛みに対する解釈」も変わってきます。結果、あなたが望む自己承認へ。

「病気が治る=病気になる前の状態に戻る(を思い出す)」という解釈です。あなたに関する事で、あなた以外の何者かに解決できる事はありません。誰か何かのサポートを受けたとしても、 最終〇〇(「許す=?」)を持つのはあなたです。

覚悟とは、強要するものじゃありません。あなたの自発性かつ主体性次第です。体の通訳をさせていただく中、魅力を引き出して覚悟を増幅させることはいくらでもできます。特に「0→1」は、最もキツイですね。

自覚しているか否かの違いで、誰にでも、ごく当たり前にある才能です。この3つの「C」の相違点を「魚をやる代わりに、釣り方を教える」場面で例えてみましょう (自立整体セラピーにおける定義です)。いかに簡素化させるかに焦点を当てています。

カウンセリング:不具合の原因を解明し、本来あるべき状態に近付ける。


魚がなくて生活に困っている方を、どうすればやりくりできるようになるかを一緒に考える(もしかしたら釣るんじゃなく、網を思いつくかもしれません)。最高の問題解決法は、「問題が起こった経路の逆をたどること」だと考えています。

なぜ魚がないのか?
→竿や糸等道具がないから?釣り方自体に問題があるのか?エサの付け方が分からないから?釣れると思えないから?
→魚を獲る以外に何か解決方法はあるのか?魚を獲るしか道がないのなら、その原因になっている問題を特定し、魚を釣りたいと思えるようサポートする。

コーチング:可能性実現に向けて、潜在化したものを表面化させる。


魚を釣る事でもたらされるメリットをともに考え、あなたがどれくらい釣りたいのかを目標設定し、実現できるようサポートする。どうすれば達成感が得られるのか?それを得た時、何がどう変わっているだろう?

「未来の深掘り」は、かなり多用します。おそらくは、あなたが考えてもいなかったような発言を、自らしてしまうような成果が出てしまいます。例えば、「あら!私って、こんなこと考えていたの?すごいじゃない!!!」と褒めたくなるような・・・。

メリット・デメリットを明確にし、メリットはどうしたらより伸ばせるか?デメリットはより抑えれるか?彼がどれくらい釣りたいかによって、方策が大きく変わってくる場合があります。

コンサルティング:ご自身の想像を超えた提案。


釣れたらどう調理して食べるかを一緒に考える。刺身?煮る?焼く?蒸す?もしたくさん釣れたら売りに出すかもしれません。その商売方法も一緒に考える。値段は?手に持って売り歩くのか?車で運ぶ?(こうなったら市場との契約交渉も必要ですね)

やってみたら案外おもしろく、さらにいい釣り方はないかを模索するような感覚。「最高の釣り方」なんてありません。無限の可能性を秘めた私たちには、いくらでも思い付けます。 一緒に考えましょう。

※自立整体セラピーにおいては、「体が先生」と考えています。
体がどうなっていきたいのかは、「=ご主人様であるあなたの健康と幸福」と直結しています。私が通訳係を担当している状況なため、こういう表現を使っています。

まだまだ煮詰めていけば、無尽蔵に深まります。共通点は、「あなたの中に確実にあるもの」。あなたが、どんなイメージを持っているかで、大きく左右されます。施術時間の私は、あなたの「鏡」です。

pGdDh8WKs5hl2fu1431607706_1431607757

3C実践編

未来の深掘り
4.「許す」とは?

「怒り」と「依存」と「?」

悩み苦しんでいた当時

以下は、胆嚢のメンタル的要素が何なのかを模索していた当時の記事です。胆嚢に関しては、なかなか絞りきれませんでした。多くの皆さんのサポートによって、実現できました。

コリリンテーブル©

——————-

思いの外、今日は胆嚢に集中した施術でした。2時間のうち大半を費やし、結果「スッキリした!」とすごく喜んで頂けました。胆嚢はメンタル面がまだ見えておらず、臨床データを集めているところです。

前から膵臓・胆嚢・肝臓は、「3つでセット」だと書いてきました。

あるヘビーユーザーに施術していて、”言わされた”感を持っています。問題解決するために、原因を突き詰めていきました。そこからさらに深く入ってみた内容です。

怒り

大半の場合怒りとは、「今の自分は悪くない」と、誰かに何かに責任転嫁する事から湧いてきます。(「~が#ったから悪いんだ」「~あの時は▲だったよなぁ(過去の栄光)」・・・)自分に対しての怒りもそうですね。いったい自分の中の誰にその感情を向けているんでしょう?またそれは、どこから湧いてきているんでしょう?

怒りからは、何も建設的なものは生み出されません。何のメリットもないのにそんな感情を持ってしまうのは、「今の位置と状況」を明確に把握できていないからではないでしょうか?こんな状態を「依存」とは言えないでしょうか?

依存(中毒)

依存の場合はどうでしょう?(空気や食べ物、血液循環等、依存しなければ生きていけないものは例外です。)依存心が湧いて来れば、自然と自信が萎えてきます。もし頼りきってるものがなくなれば、その方はどうなるでしょう?

私は20歳当時、アルコール依存症なくらい酒に溺れていました(17歳から浴びるほど飲んでいました。時効ですよね(^^ゞ)。その酒を断つとは決めたものの、その禁断症状はかなりキツかったです。無性にイライラしてきて、何かにつけて怒っていました。断酒が習慣化されるまでの私の周囲にいた友人は、今はもう誰もいません。

怒りの感情が悪いと知的理解がある方は、必死にそれを抑え堪えようとします。表面的に愛想良く振舞っていても、いつの日か化けの皮が剥がれてしまいます。どちらにしても、肝臓に負担がかかるようになるでしょう。

今はまったくそんな状況になかったとしても、以前そんな感情を抱いていた事があるなら、多少の個人差はあれどすべての皆さんがこんな問題を抱えています。表面化している課題は氷山の一角で、見えずに体の中に封印されたものが「潜在的コリ」です。

橋渡し

膵臓・胆嚢・肝臓がとりわけのセットである以上、胆嚢は「怒り」と「依存」をつなげ得るような感情になると考えてます。もしこういった各臓器や筋肉等の関係性を明確にできれば、健康を害してしまう経路が見えてくるでしょう。

ダイエットや抗ガン治療だろうが、原因が分かれば多くの皆さんが、自然治癒力にゆだねきれる道が見えてきます。薬など、自分以外の何者かが治療に最後まで〇〇(「許す=?」)を、持ってくれるわけではありません。すべてはご自身次第です。