Universal Flow 整体

「ユニバーサル」が浮かんできたカード。別名「ユニバース」

解放から世界平和へ

この度ステキなご縁から、あるコピーライターさんに施術を受けていただけました。左手を中心に、原因不明の湿疹ができていたそうですが、1回目で大半が解消されたとお喜び。元々よくなることへの情熱を持たれた方でしたから、あくまでも私は当たり前の施術をさせていただいたにすぎません。

その夜、「Universal Flow 整体だよね。世界が流れるようにする整体」と評していただけ、瞬間的に「それ、すごくいいですね!!!」となりました。さっそく改名するにあたり、手続きを進めていきます。以下、「」は、当ライターさんの言葉です。

「ミクロコスモス(体)とマクロコスモス(宇宙)を連動させ、7つの弦(コリリンテーブル)を感情のコードリーディングと掛け合わせる。結果、臓器間における協奏を導き出す」整体ですが、整体としか見なせない方は、お客様ではないと考えてきました。また〈私たちは、【歩く宇宙】です〉と謳ってきた点からも、すんなり入ってきます。

「心と体と魂の解放で、世界の平和につながるようエネルギーを底上げするイメージ」を表現したんだとか。知り合いのトップクラスの漢方医さんが断言するのは、「人は、周囲と調和するために生きている」・・・。共通点だらけ。原理原則どおりに実践してきたんですから、当然なんですが。

体に認められるご主人様

「整体の技術として売るよりも、魂の解放みたいな面を主にした方がいい。自分の内なる龍の飼い主に、ちゃんとなる感じ。《龍=帝王》だから、自分の内なる龍と体面する…そして龍つかいになる」

前に横岩 良太さんという好青年が、浜松から施術を受けにいらしてくださっていました。その彼が感想文で、『龍使いになれる本』を紹介してくださいました(龍とはあなたの背骨〜横岩 良太 さま)。ライターさんの話から、横岩さんが熱く語っていた意味を、かなり腑に落としきれた感あります。

「潜在意識との交流ができる状態までバイパスする役割があり、看板の名前に吉永さんの想いがこもったら、やる気がさらに倍増すると思う」ごもっともです。「自立整体セラピー」でもかなり手応えありましたが、「Universal flow 整体」にはやはり見劣りします。

日本発信の平和思想

「海外へ輸出する前提で考えたから、現段階は京都の町家のように、入口を小さくした方がいいと思います。なかなか古今東西問わず、いきなり心身のことに、まとまったお金は躊躇します。それが普通。むしろそれにハードルないのは騙されやすいか浄財の必要ある人。」

「私の神託降ろしに日本語や固有名詞ではなくユニバーサル、という言葉がどうしても下ってきたことに意味があります。」2010.10.〜毎月15日、靖国参拝を欠かさずさせていただいています。命がけで守った英霊の皆さんに敬意を表したい気持ちです。

「私は、命がけで守った英霊の皆さんが男性として最高の生き様だと思っています。私が10代の時に世話になった能力者の僧侶は、戦争の無縁仏をいつも導く人でした。私にこの言霊のお仕事が始まったのはそこからのお導きみたいで。戦争で自国のために死んだ彼らの国だからこそ、インターナショナルな、ユニバーサルなエネルギーの源を発信するというパラドックスなんですよ」大いにつながってきます。

 

龍とはあなたの背骨〜横岩 良太 さま
許された分、許せる

よくまちがわれていました

自力整体

施術名を「自立整体セラピー」(今はUniversal Flow 整体)と改めてからは激減しましたが・・・、「自立整体」当時はまちがえられてばかりで、「違いますよ」とかなり訂正していました。

そもそも「自力整体」って何?と、あまりにも疑問に思い調べたこともあります。当時は本当に憤っていましたが、今は微塵も感じていません。だからこそ、客観視できるようになりました。

自力整体とは矢上 裕 氏考案による施術法で、「セルフにできる生命エネルギー活性法」とでも表現できるでしょうか?指導者の動きに全員が合わせるヨガと違い、指導者はいつつも、同じ動きをしている方がいないのが特徴です。相応な成果があるようで、受けたことはないながらも素晴らしい整体です。

お客様からの評価

比較検証するなら、大きな相違点は「体を通じて、内面と向き合う」です。施術を受けていただいた結果、セルフにメンタルとのコミュニケーションがスムーズ化されます。

多くの皆さんから評していただけるポイントは、
1.自分の体と向き合えた喜びを分かち合えた
2.「向き合う」とはどういうことかが分かった
3.自分を認め好きになれた
です。

1.の「向き合えた喜び」とは、体との信頼関係を構築できたという実感です。たまに「向き合う必要なんてない。課題だと思うことをその都度解決し続けていれば、いつの日か理想の自分にたどり着ける」という方がいました。そういった価値観とは、真逆に位置するんじゃないでしょうか。

2.の「『向き合う』の理解」とは、達成感を感じたことがない方に多かったです。自らが体と交わした約束を、どう守り活かして行くべきか?患者様がなりたい自分へスムーズに向かえるよう、一緒に考え抜いています。

3.の「認め好きになれた」は、1と2の結果もたらされる恩恵です。過去・現在・未来が一直線につながり、逆算思考が芽生えて来ます。私の天命は、まさに「認める」だとみなしています。今まで認めきれなかったがために、矛盾があり不甲斐ない半生でした。あなたの笑顔の裏側にある、苦しみや葛藤を解放するため、寄り添わせていただいて来ました。

体に触れずとも

新たなステージへby解放のコリリン

先日、ある交流会で知り合った男性経営者と語らえました(フェイスブックは便利ですね)。きっかけは、部屋を片付けきれないこと。好きな方ができて、彼女がたまに片付けてくれるんだとか。札幌在住で、幸せいっぱいな笑顔でした。

現時点で1億/月の売上らしく、今年中に3億を達成したいと情熱を持たれていました。「え!そんなこと具現化できるんですか!!!」と、売り上げを伸ばすためには?という話題になりました。「売り上げ・経営」「アスリートとしての記録更新」等々、あなたが望むテーマに応じてステージを作り、底上げサポートいたします。

彼の現状は、今でも十分素晴らしいながら、さらに新たなステージを目指しています。自立整体セラピスト(今はUniversal Flow 整体)としてアドバイスすべき見解は、根幹が同じです。「時間の流れを変える」ことで、生き方が変わり得ます。生き方が変われば視点も視野も変わって来るはず。視点や視野を変えることで、彼が望むレベルを当たり前の領域に持っていくためにはーーー?となります。

片付けきれないことに、フォーカスしてみました。改善できるヒントは、ごく身近で簡単な出来事としてあります。しかしながらそれは、ご本人には重要だとは思えていない盲点が大半です。

ライバル視

3億へステージを上げるという明確な目的意識を前提に、必要な過去の記憶を洗い出し。ここから先はあまりにプライベートで、省略させていただきます。結果、えらくスッキリしたらしく、手足が心地よくしびれる手応えあり。

3億を達成できたイメージが、かなり鮮明化されたらしく、フォーカスすべき優先順位を見出せたようです。心と体の信頼関係は、身の回りに起こっている現象の縮図です。

「体の痛みと向き合うことで、さらに深く入り込めますよ」というオファーに快く乗っていただけ、次回は直にいらしていただけるように。とにかく喜んでいただけました。

以上の点から、自力整体とは明らかに違います。現時点でライバル視すべきは、カウンセリング・コーチング・コンサルティング系の世界なように感じています。

あなたには、どう見えていますか?

 

Universal Flow 整体の特徴

イネイト活性療法

ディープマインドセラピー

覚悟の磨き方

覚悟の価値

覚悟は、カンタン

施術を受けた大半のお客様方が、口裏合わせたように評してくださるキーワード。

覚悟が大切

確かに覚悟があれば、物事の様々な場面で順当な道を歩めるんじゃないでしょうか?ただどうやったら覚悟できるのか?多くの皆さんは、覚悟しきれずに悩み苦しんでおられるんでは?あなたはいかがでしょうか?

動画インタビューさせていただく方は、施術を終えています。その時点から当時を振り返って話してくださっています。「今だからこそ」といった感は、やはりあるんじゃないでしょうか?

施術を受け始めた当時は、皆さん多くの悩み問題を抱えていました。将来の可能性の話をしても、「そんなことできたら奇跡だよな!」と、悲観的かつ卑屈な言葉ばかりな方もいらっしゃいました。施術前から、「私は何を犠牲にしてでも、絶対に〜」なんて明確に覚悟していた方は、決して多くはありませんでした。

結論。覚悟を磨いていくのは、カンタンです。多くの施術を通して、動画インタビューを繰り返し研究して、『覚悟へのカラクリ(メカニズム)』を見出せました。

ズレている基準

Universal Flow 整体においては、「覚悟」を超重要テーマとして考えています。覚悟へ至るまでの過程で、すごく必要なものとは「本音をあらわにした欲求」だとみなしています。

体の善悪基準とは、一般的な基準とは全くちがいます。それは、〈あなたが長く強く、考え行動してきた基準〉です。繰り返し積み重なってできたものが、習慣です。

たいていの場合、あなたとあなたの体の価値観は、ズレています。これこそがまさに、「魔が差した」「こんなはずじゃなかったのに・・・」といった出来事が起こる理由です。

多くのお客様は、時間の経過とともに、ウワベだけの考えで生活していたことに気づかれます。より本質的な深掘りの中に、「本当は私、○○だと考えていたんだ」と変わっていきます。積み重なって、譲盛発酵を繰り返し、「覚悟」へ変容していきます。

施術やセラピーにおける私の役割は【変わりたいと本気な方へ、今まで変われなかった理由を解明し、解放すること】です。

体のご主人様

施術前に、
あなたはどう変わりたいのか?
それはなぜ?
何のために?
あなたの「成功」「幸福」「自由」・・・とは?
等々の価値観や夢・志を聴かせていただいています。

なぜなら、あなたは「体のご主人様」だからです。あなたを《心と体の調和状態》へ先導するためには、体との信頼関係は必要不可欠です。

あなたと信頼関係を築き、体の通訳官としてつなげていく手法が、施術やセラピーです。体の声を聴かせていただき、信頼関係の溝をあなたが願うように築くサポートさせていただきます。

改めての結論。覚悟を磨いていくのは、カンタンです。

すべての体の想い
望まれる自立へ導く自己承認型整体

3C〜あなたの自立へ向けて

自立整体セラピーとは、
・カウンセリング
・コーチング
・コンサルティング
が調和した自己承認型整体です。 受けていただく事で、「痛みの記憶」が薄らいで来るだけでなく、「痛みに対する解釈」も変わってきます。結果、あなたが望む自己承認へ。

「病気が治る=病気になる前の状態に戻る(を思い出す)」という解釈です。あなたに関する事で、あなた以外の何者かに解決できる事はありません。誰か何かのサポートを受けたとしても、 最終〇〇(「許す=?」)を持つのはあなたです。

覚悟とは、強要するものじゃありません。あなたの自発性かつ主体性次第です。体の通訳をさせていただく中、魅力を引き出して覚悟を増幅させることはいくらでもできます。特に「0→1」は、最もキツイですね。

自覚しているか否かの違いで、誰にでも、ごく当たり前にある才能です。この3つの「C」の相違点を「魚をやる代わりに、釣り方を教える」場面で例えてみましょう (自立整体セラピーにおける定義です)。いかに簡素化させるかに焦点を当てています。

カウンセリング:不具合の原因を解明し、本来あるべき状態に近付ける。


魚がなくて生活に困っている方を、どうすればやりくりできるようになるかを一緒に考える(もしかしたら釣るんじゃなく、網を思いつくかもしれません)。最高の問題解決法は、「問題が起こった経路の逆をたどること」だと考えています。

なぜ魚がないのか?
→竿や糸等道具がないから?釣り方自体に問題があるのか?エサの付け方が分からないから?釣れると思えないから?
→魚を獲る以外に何か解決方法はあるのか?魚を獲るしか道がないのなら、その原因になっている問題を特定し、魚を釣りたいと思えるようサポートする。

コーチング:可能性実現に向けて、潜在化したものを表面化させる。


魚を釣る事でもたらされるメリットをともに考え、あなたがどれくらい釣りたいのかを目標設定し、実現できるようサポートする。どうすれば達成感が得られるのか?それを得た時、何がどう変わっているだろう?

「未来の深掘り」は、かなり多用します。おそらくは、あなたが考えてもいなかったような発言を、自らしてしまうような成果が出てしまいます。例えば、「あら!私って、こんなこと考えていたの?すごいじゃない!!!」と褒めたくなるような・・・。

メリット・デメリットを明確にし、メリットはどうしたらより伸ばせるか?デメリットはより抑えれるか?彼がどれくらい釣りたいかによって、方策が大きく変わってくる場合があります。

コンサルティング:ご自身の想像を超えた提案。


釣れたらどう調理して食べるかを一緒に考える。刺身?煮る?焼く?蒸す?もしたくさん釣れたら売りに出すかもしれません。その商売方法も一緒に考える。値段は?手に持って売り歩くのか?車で運ぶ?(こうなったら市場との契約交渉も必要ですね)

やってみたら案外おもしろく、さらにいい釣り方はないかを模索するような感覚。「最高の釣り方」なんてありません。無限の可能性を秘めた私たちには、いくらでも思い付けます。 一緒に考えましょう。

※自立整体セラピーにおいては、「体が先生」と考えています。
体がどうなっていきたいのかは、「=ご主人様であるあなたの健康と幸福」と直結しています。私が通訳係を担当している状況なため、こういう表現を使っています。

まだまだ煮詰めていけば、無尽蔵に深まります。共通点は、「あなたの中に確実にあるもの」。あなたが、どんなイメージを持っているかで、大きく左右されます。施術時間の私は、あなたの「鏡」です。

pGdDh8WKs5hl2fu1431607706_1431607757

3C実践編

未来の深掘り
4.「許す」とは?