体の痛み=メッセージ

あなたは、「痛み」とどう向き合っていらっしゃいますか?根本解放的な結論から言えば、痛みとは「愛の変形型」です。もう少し簡単にいうと、体という最もあなたを愛してくれている存在からのメッセージです。

ウツ患者をはじめ「自分が嫌い」と考える方は、大半がコリ=敵、退治すべき相手と考えています。あなたの体が出してくれたせっかくのメッセージを敵扱いするんですから、どんどん状況は悪化していきます。自分を好きになれず、マイナスな自虐思考の道を邁進する方は、無自覚だろうとも計画的自殺を謀っています。

Universal Flow 整体を受けた方の大半が、「痛みを慕わしく思えてきた!」と評して下さっています。「根本解放=自分の体から発されるメッセージを好きになれる」ということ。さらに突き詰めれば、自分を認めきれる自己承認の可能性を深掘りしていくことです。

体の究極な追求事項

あなたは、『体の気持ち』になって考えてみたこと、あるでしょうか?自己卑下し忌み嫌う価値観は、【幸せに生きる】という欲求とは、対極な考え方です。それはあなたの健康を害し、寿命を縮める最大の要因となります。

たとえ無自覚でも、強固な痛みやゆがみとなって、体に影響を及ぼします。いかに気付き、患者様ご自身の”絶対によくなる!”と考える決意や意志・感謝の力が強くなると、体に好影響が出てきます。

痛みは「本当の欲求に気づいて!」という体からのメッセージ。奥底からのメッセージと向き合って、自分の欲求=【幸せに生きる】ことを受け入れると、痛みは和らいでいきます。

薬や医療に携わるあなた以外の何者かが、【病気を治す】という問題解決に対して、責任を持てるわけではありません。あなたを治すのは、あなた自身の《絶対よくなる!》という意志力です。

体(コリリン)の選択

コリリン あきらめ

コリだって、コリになりたくてなっているわけじゃありません。ご主人様(あなた)を想ってお知らせしているにも関わらず、敵呼ばわりうざがられるなら?

もしあなたが「体の細胞」(コリリン)の立場なら、どう思われますか?コリになるしか道がありませんでした。なんとしても早く気付いて欲しいからです。あなたの内側から湧いて来る「痛み」に、どれだけ耳を傾けきれるかで、あなたの人生に変化が表れてきます。

頑なに受け入れようとしない方は、いつの日か「あなたはガンです」と宣告を受けてしまう典型例となってしまいます。彼(コリリン)にしてみれば、あなたが自覚していなかっただけです。人間だけが、【「自殺したい」という欲求を持つ自由】が与えられています。

臓器をはじめすべての生命体は、生存欲求を持っています。体は、できる限り病気の進攻を阻止したいですから、強烈な痛みを与えて動けなくさせてしまう事もあります。しかし免疫力があまりに落ちてくると、痛みを感じなくなります。それは、麻痺して小病にもかかりにくい状況です。

体にしてみれば、あなたという存在を神様よりも格上だと考えています。なぜなら神様は、原理原則の模範です。体は、その原理原則をねじ曲げてでも、あなたの言い分に従おうとしています。

例えば、よく「肝臓は沈黙の臓器」等と言われますが・・・・
それは疾病を見抜けず手遅れとなってしまった時の言い訳ではないでしょうか。体は、ちゃんと明確な信号(メッセージ)を送っています。

 

肩・腰・背中・ヒザの痛み

痛みの優先順位

好転反応

痛みの役職(ランク)

一般的施術との相違点(区別化)

 

計画的自殺