痛みと人生

孤独感

藤原達也が主演ということで、楽しみにしていました。
藤原竜也が主演ということで、毎回楽しみにしていました。

あなたは、『そして、誰もいなくなった』という番組を、ご存知でしょうか?『藁の楯』という彼助演の映画がおもしろく、主演という話題を楽しみにしていました。

最終回で締めくくられた言葉、「孤独から、俺は一番遠いところにいる」ーーー。主人公の藤堂新一は、パーソナルナンバーを乗っ取られ、被疑者扱いされるような展開。そして多くの裏切りに、どんどん孤独へと追い詰められていく・・・・・・。

痛みと人生

2009年開店休業状態で、昼夜分かたずアルバイトに明け暮れていた時期がありました。今でこそ施術に集中しきれていますが、当時は「せ」さえも考えきれませんでした。しかし、人生で最も大切な学びを得た時期でもありました。

自立整体セラピーにおいて、一貫して訴えて来たテーマは、【痛みと人生】です。痛みは、「記憶の暗号」です。あなたの人生において「信頼関係」は、どれくらい影響を及ぼしているでしょうか?内側における心と体の信頼関係は、この上ない核心で、対外的なコミュニケーションに大きく反映されます。

人間が経験しうる「痛み」ランキング(NAVERまとめ)に、いろんな痛みが挙げられています。ながらもそれらの痛みにも、確実に勝る痛みがあります。それは、《心の痛み》。

価値比較

例えばあなたの右腕を、1本失ったとしましょう。その保障として、あなたが納得できるくらいの金額を提示したなら、いかほどなら納得できるでしょうか?かなりの額になりそうですね。体の重要な部位は各人各様ですから、死なない限りの最重要ポイントをイメージしてみてください。

そこでもし、「あなたの[喜び]を売ってください」と頼まれたなら、右腕と比較してどれくらいの値をつけますか?あなたが[喜び]を売った瞬間、一生涯かけて喜びという感情が完全麻痺してしまいます。

私には、比較にならないほど「心の痛み」に価値を置いてしまうんですが、あなたはいかがでしょうか?

弱みを強みへ

先日、父親に虐待された幼少期の記憶が浮かび上がってきました。ある出来事を機に、体が萎縮し些細な失敗を繰り返し、自尊心をズタズタに引き裂かれた最悪の日でした。

記憶の内容は小3当時。祖母が亡くなり、母は実家に親戚一同泊まることになっていました。父は会社から帰ってきた途端、母がいないことに激怒します。「帰ってきても、絶対入れん!」と言い出しました。

あまりに怒り狂っているその様に、震えおののきました。「そがんこと言うな!」と歯向かってもいましたから、殴られ蹴られました。恐怖に怯えながら、泣きながら母の実家へ電話しました。「当分は、帰って来ん方がよかばい」(長崎 佐世保出身です)

まだまだ心の傷は、完全に払拭されてはいません。深掘りすれば、さらに溢れ出て来るでしょう。今は、それこそが強みだと断言できます。なぜなら、痛みの重さを味わってきたから。いかなる手段を尽くしても、あなたの人生に寄り添うことを喜びかつ天命だと感じています。

あなたの自縄自縛から、あなたが思い描くように解放される日を心から祈りつつ・・・。

人間が経験しうる「痛み」ランキング(NAVERまとめ)
体に沁みついた価値観
人類の痛みを解放する

龍とはあなたの背骨〜横岩 良太 さま

横岩 良太さんという好青年から、ステキな感動メールをいただきました❗

彼とのご縁の経緯は、初のDMT講座を主催した時、「お客様役」として静岡からいらしてくださいました。彼と素晴らしい信頼関係を築けたことで、私の人生にも多大な影響を受けました。

私の感覚で読みやすいよう修正を試みましたが、彼の感覚を尊重し全文そのまま載せようと改めました。私の感覚が、彼の訴えたい本質を、ボカシてしまいかねないと考えました。

————-
<あなたにとって最大・最強の『龍』に乗る方法>

ここ2、3年だろうか?

身の回りで『龍』という言葉を
よく目に、耳にするようになった。

51ncigyafkl-_sx334_bo1204203200_

何やらお知らせのために空にあらわれたり
神社に会いに行ったり
守護霊みたいについてきて守ってくれたり
体内に招き入れてパワーアップしたり
するものであるらしい。

僕自身は、それっぽい存在が
ある、と言ってもよさそうな雰囲気を
五感で感じたことはあるが

「見た」とも言う気はないし
「いる」と断言する気もない。

何かもっと名状しがたいものに
便宜的にあてられた概念として取り扱っている。

それが人によって天使でも、精霊でも、
神様仏様に感じられたって
たいへん結構なことじゃないだろうか。

ただ、「龍とはあなたの背骨である」
という言葉には
なんともいえない魅力を感じていた。

そう、もし龍と呼ばれるような存在があって
あなたの願いを次から次に
かなえてくれるとしたら

それはあなた自身に内在する力そのもの
の他にはないと思うのだ。

しかし、この至ってシンプルな理屈で
願望を達成していくにあたって
多くの人が奇妙な困難を抱えているように見える。

そもそも自分の中にある自分自身の力なのに
なぜかそれを思う通りに使えていないのだ。

ここまで書いてきたことを読んで
うなずける人であれば
自分の心の掘り下げが
かなり進んでいる人なのではないかと思う。

どん底にいるような思いから
必死に這い上がって今に至っている人も
きっといることだろう。

なのに、自分の思いに対して
世界が呼応しきっていないように見える。

なぜそのようなことが起こるのか?

この答えも、色々なものが有り得るとは思う。

だが、ここではあなたというものを
心と身体に分けた考え方を提示したい。

心と身体にそれぞれ
ポジティブな状態とネガティブな状態があるとすると

心と身体の状態には大きく分けて
4つの場合があることになる。

1、心がポジティブで、身体もポジティブ [心+/身体+]な状

2、心がネガティブで、身体はポジティブ [心−/身体+]な状

3、心がポジティブで、身体はネガティブ [心+/身体−]な状

4、心がネガティブで、身体もネガティブ [心−/身体−]な状態
——

人はみな本来
1、心身ともにポジティブ [心+/身体+]
な状態にある。

ところが、何らかの理由で
2、[心−/身体+]や3、[心+/身体−] を経由して
あるいは直行で、
4、心身ともにネガティブ [心−/身体−] な
状態になってしまう人がいる。

さまざまな「そうなって当然」の理由のために
人生が最悪に感じられ、実際により最悪になっていく
負のスパイラルに陥ってしまう。

そして、誰しもではないかもしれないが、

むしろごく一握りの人かもしれないが、

血の滲むような努力の末に
3、[心+/身体−]へと回復していく。

考え方を変え、習慣を積み上げ、
意志の力でもって
自分と取り巻く世界を変容させていく。

これだけでも本当に大変で
成し遂げたことは素晴らしいことだと思う。

あなた程であるかは分からないが
自分なりの地獄を見た僕だから
あなたのその痛みを
いくらかは想像できるのじゃないかと思う。

あなたはやっと地獄から抜け出し
地上に這い上がってきた。

マイナスからゼロにする
壮絶な努力ができたのだから
ゼロからプラスにすることだって
簡単じゃないか?

あなたはそう考えないだろうか?
僕はそう考えた。

実際、地の底にいたときの

『息をして、存在しているだけで
その存在そのものを
やすりにかけられているような
おぞましい苦痛』

が無い状態なら何だって出来る気がした。

ところが、なかなかすんなり
思い通りに物事が運ばない。

以前自分を支配していた黒いものが
矮小化しながらも、物陰から手を変え品を変え
せこい妨害を続けているような感覚。

これは一体何だろう?

どうすればこの
わずかな掛け違いのような感覚を
解消することができる?

言葉にすればこうなるであろう
かすかな違和感を
僕は近年感じ続けてきた。

そして、Universal Flow 整体セッションを受けた今
あえて誤解を生じうる断定をする。

この違和感の原因は、身体がネガティブ(−)
のままだったことだ。

そもそも4、[心−/身体−]の状態だった時と
その状態から3、[心+/身体−]に回復するため
死力を尽くした時に

あなたの身体には非常な負荷がかかり
見えない『傷』となって残っている。

その身体の『傷』に気づき
癒やしていかない限り

心をみがく努力だけでは
地上から空へと
飛び立つことができない。

4、[心−/身体−]から
3、[心+/身体−] へ移った時とは
また別種のアプローチが、

自分という存在の
新しい側面に当てる光が、

必要とされているのだ。

そして、Universal Flow 整体は
身体のネガティブに向き合い

それを癒し、解放するにあたって
他に例を見ないほど
力強い手助けとなる。

身体に潜在している
ネガティブな要素を
『コリ』という形で顕在化し

顕在意識との交流ができる状態にまで
バイパスしてくれるのだ。

また、吉永先生は大変すぐれた
サポート役だと思う。

Universal Flow 整体の
発案者であることはもとより

クライアントの幸せだけに集中し
余計な先入観を
持っていない方だと思われるからだ。

その好例として、
僕のセッションを挙げてよいだろう。

僕のセッションにおいては
僕の『過去生』を扱うことになった。

『過去生』とは、魂というものの存在を前提にして
この肉体で、僕として生まれてくる前に
魂が別の人として生きていた人生のこと。

しかし、僕自身は身体の「コリ」という
具体的な現象を解決してもらう過程で

そのような、潜在意識に輪をかけて
検証不能であいまいなものに
取り組むことになるなどとは

セッションが始まり、終わってみるまでは
思いもよらなかったし

吉永先生にとっても
そんなものが課題として
クライアントから出てくるのは
初めての経験だったという。

それでも、
クライアントの心と身体にとっての現実
にしっかり寄り添って

時空を越えたコリの解放を
みごとアシストしていただいた。

その前後で起こった変化は
複雑に絡み合っていて

まだ簡潔に説明できる言葉が
見つかっていないのだが

「まるで別の世界に来たよう」
だ、とだけは言える。

あなたも、自分の身体、背骨という
あなたにとっての
最大・最強の『龍』の背に乗り
自由に大空を翔んでみたいのであれば

Universal Flow 整体は
大いにお勧めのできる
あなたの『龍』との仲介役だ。


Universal Flow 整体の見解

素晴らしいコメント、感無量です!
ディープマインドセラピスト講座のお客様役としていらして下さり、直後の施術になるとは、完全に予想外でした。

施術を経て浮かび上がってきたのは、なんと約1,000年前の記憶!
前から「前世と血統のあるバランスが基になって、記憶はできている」と謳ってきました。横岩さんの場合、今回は前世の記憶が現象化してきたようですね。

横岩さんは、これからさらに成長発展していくでしょう。新時代を切り拓くパイオニアとして、役割分担を全うしていきましょう!

これからのご活躍に、すごく期待しています。
ありがとうございます!!!

「感謝」の対義語→盲点(無知)→病因

感謝の対義語と無知

Universal Flow 整体において、大きなテーマとして扱ってきた1つです。

感謝の対義語である「〇〇なんて要素は微塵もない」という方は、この世に存在しません。凡人である私に分からないだけで、いかなる素晴らしい人格を持たれていても、100%確実にあります。

そう考えた方が、あなたにメリットが大きいと考えています。なぜなら、対義語が極にある分、理解し得た分絶対値が上がります。例えば落ち込んだ時、極みに至ったら転じきれた経験、ありませんか?

あなたが病気を患う最大の理由は、あなたという最高傑作な存在に対して、無知だからです。なぜ無知だと言えるのか?もし知っているなら、あらかじめ病気になんてならないよう、細心の注意を払って対策を講じるんじゃないでしょうか?

前々から「脳はキーワードに反応します。例えば『ガン』というキーワードを多用すれば、ガンにかかりやすい」と謳ってきました。こういった場合においても、「あなたが無知だったから」と言えます。

〇〇だと自覚することでもたらされるメリットは、「足るを知る」という、無知からどんどん遠のく結果となります。かくして最適に向き合うべきテーマは、「あなたの生涯史」です。望む未来から、引っかかっている過去の記憶を軌道修正し根本解放へ。

無知だと言いきれる根拠は、あなたの視野が狭いからです。例えば「もしガンにかかったらどうしよう?」と心配するAさんがいるとしましょう。それこそ、そもそもの根拠とは?周囲の皆さんが、よからぬデマ(風潮)で扇動しているからでしょうか?デマを広めることで、都合がよくなる方がいらっしゃるからにも関わらず、なぜ受け入れてしまうんでしょうか?

体の言い分

「〇〇病にかかる方は、ふさわしい理由がある」と見なしてきました。周囲の方々には見えていても、あなたご自身には見えていなかったことが、あるんじゃないでしょうか?

分かりやすく、筋肉痛のメカニズムに例えてみましょう。体の言い分としては、「ご主人さん、やっと僕の存在に気づいてくれたんですね」と言っているようなもの。滅多に使わなかった筋肉を久々に使った場合、あなたがもしその部位の筋肉ならどう反応するでしょうか?

背中や腰に不具合がある場合の解決策は、「腕立て伏せ」をオススメします(うつ伏せ施術がない理由)!後ろ側に問題がある原因の多くは、前側にあります。前側に負荷をかけることで、後ろ側の問題は小さく思えてきます。問題の多くは、あくまでも相対的です。

盲点

ありません?素朴な疑問に、虚を突かれること・・・
ありません?素朴な疑問に、虚を突かれること・・・

Universal Flow 整体においては、「周囲の皆さんには見えていても、あなたご自身には見えていなかった」という見解に対して、「盲点」と謳っています。この盲点こそが、
・あなたには見えて(聴こえて)いても、周囲にはさっぱり分からない
・周囲には見えて(聴こえて)いても、あなたにはさっぱり分からない
なんて状況を作り出します。この世に「盲点がない」という方、絶対に存在し得ません。

意見の不一致なんて問題は、いつでもどこでもあらゆる状況で起こり得ます。この時、あなたがどんな選択・決断をするかが、人生を大きく左右します。

私の場合、哲学書等たくさん読んできました。その影響からか他人の価値観を知ることが大好きになりました。哲学者がなぜ有名になったのか?それは、他人と比べたくさん考えてきたからです。

多くの民衆は、哲学者の最も近い考え方を受け入れてきました。同じように、あなたからも価値観の影響を受けるんじゃないかと期待しています。私には盲点だらけだからです。

私には盲点があるという現実を真摯に受け止め向き合う時、感謝の気持ちが芽生えて来ない理由が思いつかないんですが、あなたにはいかがでしょうか?

「成長」とは、「限界枠が深まり広まること」と称しています。もし「限界だ」と感じていた物事が、当たり前に思えているなら、あなたは相応に成長したということ。成長の秘訣は、いかに限界線と向き合いきれるかではないでしょうか?

あなたが盲点を克服できた分、病因も払拭されていくでしょう。その時、あなたの目の前にある世界とは?

2016.11.15. 靖国神社 参集殿にて
2016.11.15. 靖国神社 参集殿にて
うつ伏せ施術がない理由
感謝の対義語=当たり前?
感謝の対義語=恨(怨)み?

映画『君の名は。』by新海 誠

君の名は。

奥さんの強烈なオススメあり、観に行ってきました(奥さん2回目)。

映画『君の名は。』より。 出典:公式サイト
映画『君の名は。』より。
出典:公式サイト

結果、かなりよかったです。「運命は、時空を超えている」と前々から謳ってきましたが、改めて実感です。時代は、どんどん本質へ向かっていますね。

簡単なあらすじは、2人のある男女子高生。ある日、全く無関係な2人の体が入れ替わっていました。お互いに被害が少ないように、日記に「今日○○をして〜」と残し合います。

ある日、パッタリと入れ替わりが途絶えます。よくよく分かってきたことは、約3年のズレがあったこと。立花 瀧くんの世界は、宮水 三葉ちゃんの世界から進んでおり、彗星から隕石に分裂し三葉ちゃんの町は消滅してしまっていました。

瀧くんはこの大災害を印象的に覚えており、記憶と三葉(みつは)ちゃんがどんどんリンクしていきます。気になりいても立ってもいられなくなってしまった瀧くんは、入れ替わった時の記憶から町の風景を絵にし、場所を突き止めます。

時間と運命

ポイントは、祖母の一葉(ひとは)さんが神主で、【糸を紡いできた解釈】だとみています。「ねじれてよれて戻って・・・」という言葉の中に、「時間」を織り交ぜていました。三葉ちゃんは、巫女でお父さんが家を出た町長とあり、「来世は東京のイケメン男子に生まれ変わる」と豪語していました。自らの宿命を恨みつつも、結果的にミッションに気づき・・・。

宿命は、血縁関係はじめ変えようとするほどに、時間と労力のムダを感じます。最適策は、《引き受ける》こと。何があっても「感謝」から動じることのない、“強靭なあなた”を生み出せたなら、人生が変わらないわけがありません。

宿命を引き受けるためには、運命を望ましいものに軌道修正していく必要があります。運命を変えるためには、運勢そのものが何で構成されており、いかにして効力を発揮させるのかを知る必要があるんじゃないでしょうか?

あなたは、どれだけ本気で、人生を望ましく変えたいですか?
あなたは、どれだけ本気で、運命主導な輝く生き方を望みますか?
あなたは、どれだけ心の底から「本来あるべきあなた」へ、生まれ変わりたいですか?

Universal Flow 整体では、変わりたいと願うあなたの人生に、最適な寄り添い策をあなたと一緒に考えていきます。なぜなら、あなたの喜ぶ顔が見たいから。

運命は、志あるものを導き、志なきものをひきずってゆく。
by   L・アンアエウス・セネカ