冷えと体内酵素

冷えの原因

さっきいらしたお客様、冷え性にお悩みでした。

どんだけ繰り返すょ?by悲しみのコリリン

冷えの原因の多くは、臓器の冷えを損なわないよう、体温を集中せざるを得ない状況にあるからです。特に冷えに大きく影響を及ぼす臓器は、肝臓と言われています。

肝臓は、冷えとなぜ関連づいているんでしょうか?代謝と密接につながっており、排除すべき細胞が余剰なまま体に残ってしまう積み重ねが、様々な症状として現れてきます。

消化と代謝

キーワードとしてよく使われる、「代謝」とはどういった役割をなしているんでしょうか?簡単に言えば、《栄養をエネルギーに変える》です。例えば分かりやすく牛は、草だけを食べていても栄養失調になることはありません。草という1食物からだけでも、体は適切に日常生活できるようプログラミングされています。

私たち人間の体においては、さすがに1食物だけというわけにはいきません。ながらも、動物たちを参考に学ぶべきことはたくさんあります。

体の言い分は、「噛めば解決する」と強調する場面が、ものすごく多いです。ながらも当のご本人の大半は、「噛めば解決する」とは微塵も考えていません。結果、信頼関係の溝は、どんどん深まっていきます。

冷えの原因が肝臓なら、まずは肝臓に着手すべきです。しかし直の現場のやりとりにおいては、「段階を経る必要がある」と強調しています。自立整体セラピーにおいては、あなたとの信頼関係を最重要に考えており、ご理解いただけた上で施術を始めます。

体内酵素(テロメア)

健康を維持していく上で、重要ポイントは、体内酵素です。別名「テロメア」とも呼ばれており、分かりやすくは「ロウソクの炎みたいなもので、〈ロウソクが燃え尽きた=寿命の終わり〉」と表現されています。

体内酵素を大きく分けると、「消化と代謝」に分けられます。体としては、早く活性化したいがために、代謝に重きを置こうとはします。しかし体内酵素の量は、個人差はあれど一定量決まっています。

ここで、体内酵素の流れを家計のやりくりに例えてみましょう。代謝(収入)を増やしたいのは山々ですが、限界があります。やはり優先的に着手すべきは、消化(支出)をいかに節約するかによります。

消化酵素の主役とは、膵臓です。よって代謝酵素がかさみ続けた結果、消化酵素を補うため、骨から必要な成分を引っ張り出す必要があります。これこそが、糖尿病と骨粗鬆症が深く関連づいている根拠です。

あなたにおける最適

結論。冷えでお悩みの◯◯さんには、3日間のプチ断食をオススメしました。◯◯さんの体に訊いても、明確に答えが返ってきました。60代で様々な症状があるため、適切な水分補給と少量の乳製品以外の発酵食品を摂るよう指示。膵臓への施術で体も軽くなり、喜んでお帰りに。

◯◯さんには断食が最適だと判断しましたが、あなたにも同じく当てはまるかは分かりません。あなたの年齢や体力や健康意識・・・、様々な価値観の違いに応じて、対応すべき課題や優先順位が同じであることは絶対にありません。

体の中での出来事は、対人関係の縮図です。あなたの体を、改めてオーバーホールしてみませんか?あなたの新たな道が見いだせるかもしれません。

消化器系統

笑顔の裏側にあるもの

『栄光の架け橋』に学ぶ

先日、ゆずの20周年特集番組。録画していた分を、やっと見れました。大ファンだという大島優子さんがインタビュアーでした。

『SONGS〜ゆず20周年』より

最も印象深かったのは、『栄光の架け橋』のコメント。「勝者の歌はやめよう。敗者が聴いた時に、もう一度立ち上がれる歌にしたい」「苦難を乗り越え、普遍的な歌を作り続けたい第一歩となった」ーーー。井上康生現監督の「屈辱は最大のエネルギー」も、深く心に沁みました。

2004アテネオリンピックの日本公式テーマソングで、多くの感動をしたことは記憶に新しいところです。感動の名場面の多くに、この歌がともにありました。

特に共感したのは、【「素晴らしい」の裏側】にあるもの。

営業を超えた営業

今まで印鑑営業はじめ、多くのステキな方々と関わってきました。もちろんご自身を認めきれないがため印鑑を勧めた方もいましたが、凶数からもたらされる性質を吉相に変えて、印鑑を持つ必要がなかった方いらっしゃいました。しかしそんな方々さえ、印鑑をご購入いただけた方も。

「◯◯さんには、印鑑必要ありませんね」と言っているのに・・・、「ぜひあなたから買いたい!」と喜んでいただけたこともありました。そういった経験が、今にも息づいています。

素晴らしい方々にあった共通点は、「笑顔の裏側に秘めたもの」です。それは、大きな壁や試練にぶち当たり、克服してきた生涯。つらいも悲しいも、すべて真珠のように包み込んで消化して来られたバックボーン(背骨)。

あなたは、あなたご自身を褒められるのと、あなたご自身の背景(ご家族やご先祖様)を褒められるのと、どちらが嬉しいでしょうか?多くの皆さんは、後者でした。ご自身を評されても「いやいや・・・」と拒まれる方でも、背景を評されるとすんなり受け止めていただける場面がとても多かったです。

私自身、目の前の方の気持ちを理解したいがために、様々な職を継いできました。厳しさや苦しみ悲しみを、肌で感じ涙で分かち合うことを目標に。「吉永さんの営業は、営業を超えていますね」と言われることが多いですが、さらに精進を重ねる必要性を感じています。

成長と悩み

あるお客様からの質問で「今、明らかに悟りを得ました。しかし前にも、悟ったと思える気づきがありました。今の気づきの方が大きいですから、当時の悟りって、ウソだったんでしょうか?」と問われたことがあります。

Universal Flow 整体というフィルターをかければ、明確にお答えできます。あなたの体は、ご主人様であるあなたの成長を心底願っています。その体が「あら!よく悟りましたね、ご主人さん!じゃあ以降は、お好きなようにのんべんだらけちゃってください」と返すでしょうか?

あなたの体は、成人したくらいで成長は止まっています。しかし心の成長は、死ぬまで終わりはありません。あなたが成長欲求を持ち続ける限り、確実に何らかの壁が立ちはだかります。壁によってもたらされるものとは、まさに悩みです。

悩むほどに、あなたの心の器は深まり広がります。悩みの原因とは、思い通りにいかないことがあるからです。逆に言えば、実現の可能性があるからこそ、悩みが生まれてきます。悩みは決して悪いものじゃありません。

人格者である方ほどに、当施術はオススメです。人格者であるあなたは、様々な苦難や試練を克服してきたからこそ、今があります。今に至るまでのわだかまりやしがらみ等々は、どうやって解放してこられましたか?多くの人格者と認められるような方々と対話する中、深まるほどに必要性を痛感しています。

今までは、解放できなかった出来事に対して、フタをし続ける必要がありました。しかし今は、闇に対して多角的に光を当てることができるご時世となりました。現時点では満足していても、次のステージへいくために、心得ておいた方がいい1つじゃないでしょうか?

悩みと成長は、深い絆に結ばれています。悩みが深いほど、「笑顔の裏側にあるもの」であるバックボーンは、さらに重厚で価値が増し得ます。

安心してネガティブに〜匿名さま

同業者系列な方のため、あえて名を伏せさせていただきます。Facebookで知り合い、数年後直にお会いして施術を受けていただけるように。

安らぎ^ – ^

ネガティブになっちゃいけない・・・

「体験談を送ります」と言いながら、以前の自分のことを思い出しながら書こうとしても、以前の状態がはっきりと思い出せなくて・・・。時間が経ってしまいすみませんでした。

漠然とですが、いつも「正解」ばかり意識して、自分の気持ちや感情が二の次になっていたような気がします。 その結果、自営でやっている仕事も理想の形になかなかならず、いつもなんとなく焦りを感じていました。

吉永さんの施術を1サイクル受けてから、自分が感じたことややりたいことをHPやブログで表現しやすくなっていきました。 そのような心の状態になってから、仕事の依頼が入ることが増え出し、メディアの取材依頼もいただきました。

現在は、施術を受ける前とくらべ、仕事の依頼の数は倍以上に増えました。そして、以前感じていたような焦りや漠然とした不安は、ほとんど感じることはありません。

時々、ネガティブな気分になることはあっても、その気分の自分を受け入れて認めています。そのあと必ず自分の中で良い変化が起こることがわかっているので、安心してネガティブな気分でいることができています。

Universal Flow 整体からの見解

ステキな体験談ありがとうございます!数回読み返して、改めて当時の記憶がよみがえりエピソードの内容と重なり、感動しました!!!

施術を経て、あからさまに変化を感じたのは・・・、「聴く姿勢」です。

いつもの施術の中で、お客様の課題の原因と極力近い私自身のエピソードを語ることがあります。私の話をしているはずなのに、聴いているお客様にはなぜかご自身の記憶と重なる場面が、とても多いようです。私自身の体験に全くなければ、最も近しい話を映画やドラマ等々から引っ張り出すこともあります。

初回、いつもと同じようにエピソードを語っていました。その時の返答は「その話は、いったい私と何の関係が?」でした。当時がダメだったわけじゃ決してありませんが、今から比較するなら浅く狭い共感でした。ご本人に関心がない分野だったのか、温度差を感じてしまいました。

1サイクルの終わり間際に、同じように語っていて感じたのは、明らかな感情移入の差です。量・質ともに深みが段違いでした。好転反応として、毎回眠くなってしまうような状況だったそうですが、眠くなる理由は潜在意識がすごく書き換わりやすいからです。

温もりある変化

「時を経て、何かしらのインタビューお願いすることになりそうですね」と予告しておきました。

以降も、記事を読み続けていました。明らかにいい意味で力が抜け、読者の気持ちに寄り添える、温もり溢れる素晴らしい変化が。内的な変化が起こっている以上は、外的変化があるはずと思い、訊いてみたところ予想通りでした。

今回、確実に以前の課題を完全に克服できただろうと考え、体験談をお願いした次第です。

施術を経て得たもの

最も顕著な変化は、大きく2つ。

1つ目は、「以前の状態がはっきりと思い出せなくて・・・」です。忘れてしまうのは、覚えている必要がないからです。防衛意識のために、覚えていた方がいい悪い記憶もあります。体は一般的に、【強く長く継続してきたこと=いいこと】だと認識しています。当施術において「忘れる」ということは、《絶対に戻ることはない》ということ。

2つ目は、「安心してネガティブになれる」という点。なぜそうなってしまったのか?まさに1つ目と深く関連づいています。この方の場合、ネガティブになってしまうご自身に、恐怖を感じていたんじゃないでしょうか?

ネガティブになっても、必ず戻れる》とご自身に対する信頼関係を築けたことは、何にも変え難い財産です。

Universal Flow 整体の最大の強みは、最低最悪レベルが底上げされること。それは、最悪だった時期に戻るということは、100%あり得なくなるということです。ということは、ご自身の成長欲求に応じた可能性を、さらに深掘りできるんじゃないでしょうか?

さらにさらに、輝き増して素晴らしい人生を歩んでくださいね!

感謝が溢れてくる施術
Change Your Life!
治る方法は、すでに手の中にある!
イメージを凌駕した施術
体に沁みついた価値観と向き合う

時間を味方につけるには

矛盾の氷解

最近、脳のメカニズムを知ることで、なるほどと合点いくような気づきの連続です。今まで私の生涯と照らし合わせながら、科学的に検証を繰り返してきました。曖昧で腑に落としきれなかった出来事が、矛盾の氷解とともにつながっていく感動はたまりませんね。

よく「今ある結果の原因は、過去にある」と言われています。確かにそのとおりです。しかし、一方向からの原因だけとは言えないんじゃないでしょうか?

私たちの多くは、過去に起こった出来事を、「原因」とみなしています。「他人と過去は変えられない。変えられるのは自分と未来だけ」と自己啓発系のいたるところで、謳われているメッセージ(Google検索で1,970,000 件 (2017.10.11.))。

「過去→現在→未来」という時間の流れは、本当にどうすることもできないんでしょうか?ぜひあなたと、時間について深めてみたく思います。

過去は変えられる

初めて「過去でさえも変えきれるかもしれない」と思えたのは、あるセミナーで講師さんが自らの失敗談を笑い話級に語っていたことです。涙が出るほど笑いました。同時に、「こんな自分になりたい!」と明確に憧れを抱きました(TVアサヒ「しくじり先生」は大好きです。限りある時間の中で、先人の失敗を【経験】とできるよう試みています)。

TVアサヒ『しくじり先生(茂木健一郎先生)』

一心不乱無我夢中な今までを振り返って、どう考えても劇的に変われています。なぜ変われたんでしょう?この理由をテーマに、多くのお客様方と向き合ってきました。自縄自縛に囚われた、【人生の集大成】と断言できるものが、Universal Flow 整体です。

私は、世界展開を本気で考えています。なぜなら、世界のあらゆる宗教を正しく適切に解体へ導き、世界中すべての皆さんに「本来あるべき自分の生き様」を全うしていただきたいからです。これを「志」と言わずして、何と言えばいいんでしょうか?「自分が大嫌い」という自己矛盾に悩みながらも、願ってきたことに嘘はないと断言できます。具現化した世界を見ずには、どうにも死にきれません。

私は、「未来が原因」だとも考えています。未来に描いた強烈かつ鮮明なビジョンがあったからこそ、今まで多くの葛藤を克服できました。20代当時から、なぜか多くの悩み相談を受けてきました。精魂尽くした先にある光り輝く未来のイメージを前提に考えるからこそ、過去の傷ついた記憶をも修復できます。

時間を味方につける

神様がいるかどうかは別として、時間や空間という概念は、どうやってできたんでしょうか?もし時間の創作者がいるなら、創作者の気持ちとは?なぜ?何のために作ったんでしょうか?もし時間の創作者がいるなら、時間や空間という概念枠より大きいはずです。もしあなたがその考え方を、ほんの少しだけでもおすそ分けしてもらえるなら?

「時間の創作者」の気持ちを知る秘訣は、まさにあなたの体の中にあります。

未来と過去は、「今現在この瞬間」とつながっています。もし過去を変えることができたら、「変わった過去」が原因ともなり得ます。過去を変えるために未来を観るなら、未来は原因で過去は結果です。もし「未来→現在→過去」という両方からの視点を、あなたの事情に合わせてうまく使い分けきれたなら、どんな変化が起こりそうでしょうか?

時間を味方につけたいあなたにーーーーーー。

 

たいていの成功者は、他人が時間を浪費している間に先へ進む。
これは私が長年、この眼で見てきたことである。

ヘンリー・フォード

宗教解体
望まれる自立へ導く自己承認型整体

 

 

言葉は思想の衣装

脳のカラクリ

心・感情・性格と脳幹の該当部位対比表

先日、脳大成理論の増田 勝利 氏から、脳の各部位の対比表をシェアいただけました。

驚いたのは、ネガティヴ言語が多い点。「活性化するほどに、脳はこういった状態になってしまうんですか?」と訊いたら、「そうです」・・・・・。

詳細を確認したところ「脳科学者は、『活性化』というキーワードを基本使いません。活性状態とは、目的に向かっているふさわしい状態です。」と返ってきました。

なぜすれ違いが起こったのか?それは、「活性化=血流促進された状態」と解釈していたから。血流がよくなることで、状況が悪くなることだってあり得ます(例えば、トップページにあげた扁桃体)。

なるほどと腑に落ちた瞬間が、まさに題名の名言「言葉は思想の衣装である」を目にした時です。

困迷をさまよい歩いてきました

例えば20歳当時、アロハシャツが好きでよく着ていました。もちろんアロハシャツ自体に問題ある訳ではありません。しかしそれをまとった時、どうもチンピラっぽく見られていたようです。回想してみて、思い当たるエピソードがたくさんあります。今思えば、その清算のために2007.3.31、チンピラまがいの方にぶん殴られたのかもしません。

自衛官当時(19歳の夏でした)、周囲におだてられてサングラスをかけタバコをくわえた写真を撮られたことあります(吸わされたことありますが、自発的に吸ったことはありません)。どんなに誠実で前向きな言葉を使っても、その写真からは説得力は皆無でした。私を知らない方が、その写真を見た方の第一印象は・・・・・・・。

営業時代、スーツを着て七三分けで出かけていましたが・・・、低迷期は長かったです。結果を出せず、幾度も転職を繰り返しました。当時の社長からは「原因はニオイだ」と言われ、意味がさっぱりで深い悩みに陥りウツ。生死をさまようどん底の境地を味わいました。

自衛官時代、「制服を着ている」という責任意識から、反動で「犯罪者になってしまうんじゃないか?」と恐怖に怯えながら生活していたと考えると、当時の心の弱さが浮かび上がってきます。だから左翼主義者と自称し、現実逃避していたのか・・・。

幾多の意味不明な経験から、点と点が線になり面につながっていく・・・。

否認と矛盾の生涯

当時は自分を認めきれず、「世界平和」を謳いつつも自分や親と弟を憎み嫌い、吉永家を根絶やしにすると本気でした。他の誰でもない、私自身に悪影響な言葉を聴かせ続けていました。今までの清算ができていないからこそ、結婚した今でも子供がいないのかもしれません(弟にはめでたく2人)。

本当に言葉が思想の衣装ならば、見た目いかにカッコよく装っても、分かる方には【本性】を見透かされてしまうんじゃないでしょうか?

なぜなら当時の私も、成長欲求に燃えて努力を積み重ねていたからです。脳をフル活用するにはどうすべきか?一所懸命考えてきました。どんなに努力しても真心の限りを尽くしても、方向性が正しく適切でなければ逆効果になってしまうことだってあり得ます。

あなたは、日々の生活の中で、どんな言葉を使っていますか?

 

言葉は、思想の衣装である。
サミュエル・ジョンソン(イギリスの詩人・批評家、1709~1784)