感謝×現状不満足→本質追求力

結論は、【感謝を基礎に現状を納得しないことに価値がある】ということ。

『異端力』町田宗鳳

異端力=常識破り

先日、鍵山先生文庫からいただいた、『異端力』(町田宗鳳)にいたく感銘を受けました。著者である町田先生は、前に中目黒に(株)イエローハット本社があった当時、講演を受けファンでした。ずっと関心持っていました。

魅力を感じ、読み進めていったポイントは、前書きの「常識外れじゃなく常識破り」。何においても基礎がものすごく大切で、基礎なしには本物とはなり得ないと謳ってきました。本書で、まさにそれを改めて実感です。

「日本の敵は、地震や津波でも福島原発でもなく、ましてや中国やアメリカでもありません。真の敵は、自分の中にある常識です。常識という名のモンスターと勇気を持って戦う気のない者は、残念ながら生き残れる時代じゃなくなりました」今まで常識だと思われていたことを、いかに多角的に覆していけばいいのか?

今現在の常識は、都合いい方が作り出した価値観です。いつの時代もどこであっても、新たな価値観を提示してきた方々は、例外なく何らかの向かい風を受けています。

誰も考えきれないほど考え抜いた価値観

ジョブズやガリレオ、コペルニクスやガンジー等々の歴史に名を残してきたような人物は、明らかに時代の先駆者で周囲と話が噛み合っていませんでした。後になってみればいくらでも分析できますが、当時のご本人には辛く厳しかったに違いありません。綱渡りのような心境だったんじゃないでしょうか?

聖徳太子に始まり、空海や最澄ら異端と呼ばれてきた方々が出てきます。「南無阿弥陀仏」や「南無妙法蓮華経」等の文言はあれど、たくさんの分派ができています。なぜ分かれなければならなかったのか、疑問でした。分派してしまったルーツさえつかめれば、共通点を見出し「右でも左でなく、仲良くしようよ」が実現できるかもしれません。

読んでみて感じたことは、《時代に呼応された結果、当人における最適な生き様を模索した先人たち》です。前に多くの哲学者たちの本を、読みあさってみての疑問。それは「1人の考え方でしかないのに、なぜ生き様を読む必要があるのか?そんな方々と、読んでいる私がどう関係しているのか?」でした。

今、当時の私にアドバイスするなら、明瞭に解説できます。「彼らほど考えた方は、いなかったからこそ、[哲学者]と呼ばれています。影響を与えてきた彼らこそが、時代を作ってきました。誰も考えきれないほど考え抜いた価値観は、時代を超えて受け継がれるだけの価値がある。」

あなたはどうお考えでしょうか?

異端のススメ

改めて彼らの気持ちになって、考えてみました。彼らに師匠への感謝の念がなかったとは、とうてい考えつきません。もし恨んでいたなら、人の寿命を超えるような継承なんて起きるわけがあありません。しかし感謝だけなら、常識に染まりきってしまうでしょう。

逆に共産主義思想は、恨みが出発点で、現状に満足しなかったからこそできあがりました。世界にすさまじく勢力を広げたものの、矛盾を抑えきれなくなり崩壊しました。もし「感謝」と「現状不満足」が、相乗効果的にかけ合わさったなら・・・。

明確な意志を持って貫き続けたからこそ、〈異端〉として名を馳せるような人格を作り出しました。感謝を基礎に、現状に納得せず改善しようと努めるほどに、本質を追求するようになります。

彼らご自身の本質と向き合い続けて、【これなら生命をかけてでも】と思えたからこそ、いかなる迫害を受けても全うできたんじゃないでしょうか?

あなたも、「異端力」を発揮してみませんか?

Universal Flow 整体

「ユニバーサル」が浮かんできたカード。別名「ユニバース」

解放から世界平和へ

この度ステキなご縁から、あるコピーライターさんに施術を受けていただけました。左手を中心に、原因不明の湿疹ができていたそうですが、1回目で大半が解消されたとお喜び。元々よくなることへの情熱を持たれた方でしたから、あくまでも私は当たり前の施術をさせていただいたにすぎません。

その夜、「Universal Flow 整体だよね。世界が流れるようにする整体」と評していただけ、瞬間的に「それ、すごくいいですね!!!」となりました。さっそく改名するにあたり、手続きを進めていきます。以下、「」は、当ライターさんの言葉です。

「ミクロコスモス(体)とマクロコスモス(宇宙)を連動させ、7つの弦(コリリンテーブル)を感情のコードリーディングと掛け合わせる。結果、臓器間における協奏を導き出す」整体ですが、整体としか見なせない方は、お客様ではないと考えてきました。また〈私たちは、【歩く宇宙】です〉と謳ってきた点からも、すんなり入ってきます。

「心と体と魂の解放で、世界の平和につながるようエネルギーを底上げするイメージ」を表現したんだとか。知り合いのトップクラスの漢方医さんが断言するのは、「人は、周囲と調和するために生きている」・・・。共通点だらけ。原理原則どおりに実践してきたんですから、当然なんですが。

体に認められるご主人様

「整体の技術として売るよりも、魂の解放みたいな面を主にした方がいい。自分の内なる龍の飼い主に、ちゃんとなる感じ。《龍=帝王》だから、自分の内なる龍と体面する…そして龍つかいになる」

前に横岩 良太さんという好青年が、浜松から施術を受けにいらしてくださっていました。その彼が感想文で、『龍使いになれる本』を紹介してくださいました(龍とはあなたの背骨〜横岩 良太 さま)。ライターさんの話から、横岩さんが熱く語っていた意味を、かなり腑に落としきれた感あります。

「潜在意識との交流ができる状態までバイパスする役割があり、看板の名前に吉永さんの想いがこもったら、やる気がさらに倍増すると思う」ごもっともです。「自立整体セラピー」でもかなり手応えありましたが、「Universal flow 整体」にはやはり見劣りします。

日本発信の平和思想

「海外へ輸出する前提で考えたから、現段階は京都の町家のように、入口を小さくした方がいいと思います。なかなか古今東西問わず、いきなり心身のことに、まとまったお金は躊躇します。それが普通。むしろそれにハードルないのは騙されやすいか浄財の必要ある人。」

「私の神託降ろしに日本語や固有名詞ではなくユニバーサル、という言葉がどうしても下ってきたことに意味があります。」2010.10.〜毎月15日、靖国参拝を欠かさずさせていただいています。命がけで守った英霊の皆さんに敬意を表したい気持ちです。

「私は、命がけで守った英霊の皆さんが男性として最高の生き様だと思っています。私が10代の時に世話になった能力者の僧侶は、戦争の無縁仏をいつも導く人でした。私にこの言霊のお仕事が始まったのはそこからのお導きみたいで。戦争で自国のために死んだ彼らの国だからこそ、インターナショナルな、ユニバーサルなエネルギーの源を発信するというパラドックスなんですよ」大いにつながってきます。

 

龍とはあなたの背骨〜横岩 良太 さま
許された分、許せる

知恵を鍛える

結論は「あなたは、今までも今もこれからも、絶対に素晴らしい」です。

米への愛、常識との闘い by 村上 龍

米や機械と対話する

先日の『カンブリア宮殿』では、「お米のエジソン」と称される東洋ライスの社長 雜賀さん。倒産しそうなコメ農家から大量に高く買取り、輸出しています。米に対する愛情に、いたく感動しました。

彼の現時点での最高の業績は、亜糊粉層の発見じゃないでしょうか。玄米の胚芽を精米する上で、1mm未満の極めて薄い層があるそうです。この亜糊粉層を残して精米すれば、白米の美味さと玄米の栄養価を兼ね備えた「金芽ローカット玄米」ができるという。そういった甲斐あって、「世界最高額な米」とギネス認定を受けています。

録画する気持ちはありませんでしたが、きっかけは米と石を選り分ける機材を発明したエピソード。米と石が同じ大きさでも重さが違うことを利用し、揺らしたりエアを吹きかけたり精米店の悩みを解決に導いたのが会社の転換点。売れに売れ、法人化。

何よりも心に響いたのが、米と土と機械と、対話している点。「人間の立場から見てもよく分からないが、自分が石になりきるとわかる」と言います。彼と村上龍さんの言葉をそのまま引用すると・・・。

目的意識と思考の亜糊粉層

村上「対話が成立する最大の条件は、目的意識だと思うんです。『私はこういうものを作りたいんだ』という目標があり、明確にイメージされている。今の機械のゴールに対して、現状何が足りないのか、寝ている時も考えているんじゃないですか?」

雜賀「そうですね。深層心理では一生懸命考えているんだと思います。いろんなものを発明してきましたが、自分で発明したとは思ってません。ある時、ポッとアイデアが浮かぶんです」

村上「人間には意識と無意識がありますよね?その境目に、亜糊粉層みたいなもの(アイデア)が潜んでおり、それはただ単に考えてもダメ。散歩したり湯船に浸かっている時に、《思考の亜糊粉層》が浮かんでくる」

雜賀「うまいですね。『創造』とは、そういうものだと思います。今日はこういう話で、理解してもらえたことが嬉しいです。滅多にありませんでした。よく『話がさっぱり分からない』と言われてきました。

私は、中学校までの知識です。しかしながら、知恵はずいぶん鍛えてきたと自負できます。今の教育は、知識偏重で、知恵を鍛えることに無関心。もっと取り入れたらいいのに・・・」

一心不乱無我夢中

Universal Flow 整体という現在の形になるまで、様々な紆余曲折がありました。世界平和を目指しながらも、「自分が大嫌い」という矛盾に悩んできました。開業しても、「どうせ私は〜」といった強烈な先入観に阻まれ、暗黒時代の日々は長かったです。

どれだけ相手に尽くしても、我欲にまみれた裏切りと誹謗中傷の嵐・・・。今となっては、絶対に避けられない通過儀礼みたいなものだったと思えます。あなたの喜ぶ顔が見たかったから、どうしてもあきらめきれませんでした。

多くのお客様方に助けられ励まされてきたからこそ、今の私があります。原因不明の症状で悩まれる方、倒産寸前で四面楚歌だった経営者、外出が怖いウツ患者さん・・・。願いに応えたく一心不乱無我夢中に努める中、奇跡としか思えないような出来事が立て続けに起こってきました。

当初はまぐれだったとしても、似たような症例の方に当てはめてみると、同じ結果が出ます。幾度も繰り返されるうちに、統計データができました。当データに基づいて検証してみると、やはり再現されてしまいます。次回も次々回も、やはり再現されるでしょう。精度は高まるばかり。

あなたのマルゴトな素晴らしい魅力

目の前の患者様の悩みを解放したく、夢に出てきたことも。限られた施術時間の中、問題の箇所と原因であろう箇所が、ほのかな光線でつながって見えたこともありました。そんなことを話しても、「スピリチュアルですね」で片付けられてしまう・・・・・・・。私には、「生涯かけた検証データ」です。スピリチュアルなんかじゃなく、全身全霊かけて積み上げてきたヒラメキであり知恵です。

ヒラメキとは、一朝一夕にしてできるものじゃありません。時間やお金はもちろん、考えられるすべてを集約させてできるものじゃなければ、ヒラメキとは言いません。誰にでもでき、かつ元々「在る」才能とは、各人各様の生き様に反映されています。

あなたという1個人は、いかに何の取り柄もなかろうとも、確実に例外なく「世界平和への鍵」を持っています。もし「取り柄」「強み」がないと考えるなら、あなたの勝手な自虐的な解釈にすぎません。知恵を鍛えることは、あなた次第で、いくらでもカンタンです。

あなたは、今までも今もこれからも、絶対に素晴らしいんです!自立整体セラピーは、あなたのマルゴトな素晴らしさを実証するためにあります。

コリリンテーブル
universal flow 整体のルーツ
ヒラメキの秘訣〜ニュートンとりんご

人物が背景を背負う

人物が背景を背負うby出典:SWITCHインタビュー 長塚 圭史×船越 桂

結論は、あなたのライフステージを、望むレベルへ上げるための必要事項です。

番組のワンシーンから

先日放映された番組で、録画していたもののなかなか観れずにいた1つです。とても濃密かつ味わい深い対談でした。

写真の場面は、彼の演出劇の稽古中に、相方の船越さんがいらした時。ある俳優さんが、舞台を走っている様を指摘した場面に、船越さんがフォーカス。返答に出た文言。人格という器の大きさを感じました。長塚さんにその一言を引き出させた、船越さんも、もちろん素晴らしいです。

長塚さんはその俳優さんに対して、「空間をドロボーされた数秒を、生き物に変えて欲しい」「理由のない時間になってしまう」と言いました。「何もない舞台に立って役を獲得するということは、ワンシーン毎に自分で意思を持っていられるか」だと論じていました。

彼の父は長塚 京三さんで、物心つく前から俳優の道を空想していたそうです。一時期、ロンドン留学し作風が変わって、お客様方が去っていく等々の波を経て来られました。

生き様の重み深み

長塚さんの一言に、生き様の重みや深みを感じました。役としての魅力を、最大限引き出したいがために出てきた言葉。演出・脚本・出演という舞台を、多角的に一貫したテーマを持って観てきたからこそのものだと感じてやみません。

あるメンターから、《代価の先払い》という話を聴いたことがあります。分かりやすく「松下幸之助さんは、とてもラッキーだった。なぜなら、6歳から丁稚奉公するハメになってしまったから」と言います。「支払うべき人生の代価をすべて払ってしまえば、あとは幸せいっぱいな人生となる」と。

「早く挫折を味わった方がいい」と、ある社会人になるという学生に、質問に対して答えた一言。その好青年は、順風満帆で悩みがない生涯だったようです。「一時的にでも、挫折を味わえるくらいに、高い目標を掲げて本気で取り組んでみては?その悔しさが、後々に器を深め広げることになりますよ」という気持ちでした。

お客様である70代のあるお母さんから、息子さんについての相談を受けたことがあります。いわく「比較的裕福で不自由なく育ててきたがために、50代になって初めての壁に悩んでいる」んだそうな・・・。優秀で何でもソツなくこなして来れたんでしょう。「幸せって、何?」と改めて考えてしまうエピソードでした。

にじみ出てくる生き様

前に『プルシアンブルーの肖像』という、玉置浩二さん 完全無言の映画を覚えています。15年間の失語症という設定で、無言ながらも存在感が素晴らしかったのが印象深いです。高倉健さんも、口数は少なかったながらも、存在感ゆえに高い評価を得ていたんじゃないでしょうか。

光透波(こうとうは)理論を考え出した小田野早秧さんは、アインシュタインの相対性理論に対し、『絶対速度』を論じました。「光より速い動きで移動するものがあるなら、目に見えないのはもちろん、無に等しい。しかしそれは、無限大でもある」との観点に、いたく感動しました。

あなたを最もよく知る存在とは、あなたの体です。あなたの体は、あなたの生き様とずっと一緒でした。一瞬たりとも離れることなく。

Universal Flow 整体は、人格者と評されているあなたにこそ、価値ある施術です。なぜなら、人格者になるために、様々な試練や苦難を克服して来られたんじゃないでしょうか?ここであなたに問いたいのは、「あなたは評されるに見合った人格者ですか?生まれてからの生き様すべてを、根こそぎ認めきれていますか?」

素晴らしいと思える人格者にお会いして感じるのは、根底から自覚していると思える方が少ないこと。あなたのライフステージを望むレベルへ上げるために、お手伝いできることはたくさんあります。

 

早く挫折を味わった方がいい
光透波(こうとうは)理論

よくまちがわれていました

自力整体

施術名を「自立整体セラピー」(今はUniversal Flow 整体)と改めてからは激減しましたが・・・、「自立整体」当時はまちがえられてばかりで、「違いますよ」とかなり訂正していました。

そもそも「自力整体」って何?と、あまりにも疑問に思い調べたこともあります。当時は本当に憤っていましたが、今は微塵も感じていません。だからこそ、客観視できるようになりました。

自力整体とは矢上 裕 氏考案による施術法で、「セルフにできる生命エネルギー活性法」とでも表現できるでしょうか?指導者の動きに全員が合わせるヨガと違い、指導者はいつつも、同じ動きをしている方がいないのが特徴です。相応な成果があるようで、受けたことはないながらも素晴らしい整体です。

お客様からの評価

比較検証するなら、大きな相違点は「体を通じて、内面と向き合う」です。施術を受けていただいた結果、セルフにメンタルとのコミュニケーションがスムーズ化されます。

多くの皆さんから評していただけるポイントは、
1.自分の体と向き合えた喜びを分かち合えた
2.「向き合う」とはどういうことかが分かった
3.自分を認め好きになれた
です。

1.の「向き合えた喜び」とは、体との信頼関係を構築できたという実感です。たまに「向き合う必要なんてない。課題だと思うことをその都度解決し続けていれば、いつの日か理想の自分にたどり着ける」という方がいました。そういった価値観とは、真逆に位置するんじゃないでしょうか。

2.の「『向き合う』の理解」とは、達成感を感じたことがない方に多かったです。自らが体と交わした約束を、どう守り活かして行くべきか?患者様がなりたい自分へスムーズに向かえるよう、一緒に考え抜いています。

3.の「認め好きになれた」は、1と2の結果もたらされる恩恵です。過去・現在・未来が一直線につながり、逆算思考が芽生えて来ます。私の天命は、まさに「認める」だとみなしています。今まで認めきれなかったがために、矛盾があり不甲斐ない半生でした。あなたの笑顔の裏側にある、苦しみや葛藤を解放するため、寄り添わせていただいて来ました。

体に触れずとも

新たなステージへby解放のコリリン

先日、ある交流会で知り合った男性経営者と語らえました(フェイスブックは便利ですね)。きっかけは、部屋を片付けきれないこと。好きな方ができて、彼女がたまに片付けてくれるんだとか。札幌在住で、幸せいっぱいな笑顔でした。

現時点で1億/月の売上らしく、今年中に3億を達成したいと情熱を持たれていました。「え!そんなこと具現化できるんですか!!!」と、売り上げを伸ばすためには?という話題になりました。「売り上げ・経営」「アスリートとしての記録更新」等々、あなたが望むテーマに応じてステージを作り、底上げサポートいたします。

彼の現状は、今でも十分素晴らしいながら、さらに新たなステージを目指しています。自立整体セラピスト(今はUniversal Flow 整体)としてアドバイスすべき見解は、根幹が同じです。「時間の流れを変える」ことで、生き方が変わり得ます。生き方が変われば視点も視野も変わって来るはず。視点や視野を変えることで、彼が望むレベルを当たり前の領域に持っていくためにはーーー?となります。

片付けきれないことに、フォーカスしてみました。改善できるヒントは、ごく身近で簡単な出来事としてあります。しかしながらそれは、ご本人には重要だとは思えていない盲点が大半です。

ライバル視

3億へステージを上げるという明確な目的意識を前提に、必要な過去の記憶を洗い出し。ここから先はあまりにプライベートで、省略させていただきます。結果、えらくスッキリしたらしく、手足が心地よくしびれる手応えあり。

3億を達成できたイメージが、かなり鮮明化されたらしく、フォーカスすべき優先順位を見出せたようです。心と体の信頼関係は、身の回りに起こっている現象の縮図です。

「体の痛みと向き合うことで、さらに深く入り込めますよ」というオファーに快く乗っていただけ、次回は直にいらしていただけるように。とにかく喜んでいただけました。

以上の点から、自力整体とは明らかに違います。現時点でライバル視すべきは、カウンセリング・コーチング・コンサルティング系の世界なように感じています。

あなたには、どう見えていますか?

 

Universal Flow 整体の特徴

イネイト活性療法

ディープマインドセラピー