自然治癒力の正体(本気力)

結論は、【決める】ことです。

薬への解釈

よく「カゼ薬を飲んだら眠くなる」と言われます。なぜでしょう?それは体の神経を麻痺させ、自然治癒力を働きやすくさせるためです(2020.7.19.現在、4人の医師と7人の看護師から確認済み)。「寝ていれば治る」とも言われますが、睡眠状態が自然治癒力を最も働かせやすいためです(私は特にそう見なしています)。

薬を絶対に必要だと考える方もいらっしゃれば、薬なんてと最悪の手段として考えられる方もいらっしゃいます。
※薬に頼りきっている方で、元気溌剌とエネルギッシュな方に出会った覚えがないのですが、あなたにはいかがでしょうか?

「睡眠状態が、最も自然治癒力を働かせやすい」のです。ただ、たくさん寝ても疲れがほとんどとれず、疲労困憊な方も多いご時世です。

自然治癒力の正体(本質)とは、いったい何なのでしょうか?少なくとも、薬自体ではなさそうですね。

治すと決める

そもそも自然治癒力とは「自分の力で病を癒し、治す自然の力」のことです(日本成人病予防協会)。例えば分かりやすく、転んでヒザを擦りむいても、そのままにしておけばカサブタができて元に戻ります。ごく当たり前ですが、誰にでも備わっています。では、改めてお訊きします。

自然治癒力の正体(本質)とは、何でしょうか?

多くの皆様は「自分自身」と答えるでしょう。全くその通りです。ただ、相違点は「治癒の速さ」です。カゼをひいても、一晩で快復なさることもあれば、微々たる変化に悶々となさる場合も。何の差でしょうか?

あまりにも当たり前すぎて、省略されている「キーワード」があります。それは・・・・・

治すと決めた(本気な)「私」です。

例えば分かりやすく、「明日9時から重要会議があって、私のプレゼンによって命運が大きく左右される」という状況な方。カゼをひいてしまっても、【治すと決めた「私」】ならば、どうなっているでしょうか?薬を摂ったほうが治る確率は上がるでしょうが、補助に過ぎません。

では、「決める」とはどういうことでしょうか?「決める=選択する」では、まだ曖昧です。AとBどちらかのうち、Aに決めるということは、《Bを捨てる》ということなのです。Aに決めたからには、Bに対して一切の未練を持たないこと。

「理想のあなたへの命名サポート」でも、「いったん決めたからには、絶対に変更できませんからね」と念を押しています。

あなたが次のステージへ向かうために、ぜひ心得ておいていただきたいキーワードです。

理想のあなたへの命名サポート

課題=適材適所な問題

悩み=成長欲求

先日、ある方と語らっていて降りてきたキーワード。

成長するとは、限界枠が深まり広がることです。もうダメだ!と感じてしまう限界を見出したということは、ご自身の限界値を把握していることになります。限界値と向き合っているからこそ、深め広げきれた充実感や達成感があるのです。

体の成長と違い、メンタル的成長は見た目には測りにくく、自覚も少ないですね。成長している時の多くは、理想と現実のギャップに打ちのめされ、どうにかたどり着きたいのに・・・という状況です。

「理想のあなたへの命名サポート」で書いたとおり、理想のレベルが上がるほどに今のあなたの悩みは深まり、「理想の○○さん」との差は増すばかり。今まではデメリットに感じておられた方も、「名前ヒーリング」にかかればメリットになり得ます。

なぜなら、未来のケタ違いに成長しているあなたが、主導権を持っている今現在のあなたを気にならないわけがありません。あなたが作り出した理想の○○さんです。あなたのことをサポートしたくなってしまいます。

悩むべきことで悩む

ただ、何でも悩み苦しむことが素晴らしいのではありません。ポイントは、【今ここで悩むべきことなのか?】です。
・どんなに考えたところで、確実に無理だ→他の誰かに解決策のヒントを求める
・やらなくてもいい & やりたくもない(ご自身において優先順位が低い)のに、興味を向ける
は、あなたの人生において、価値があるとはどうしても思えないのですが、あなたにはいかがでしょうか?

【今ここで悩むべきことなのか?】を、あなたご自身に問いかけてみて、心の底から「Yes!」と返ってくるでしょうか?

逆に「悩みがない」という方もいらっしゃいます。
・次のステージへ向かうべきなのに、「このままでいい」と甘んじている状態
・悩むべきこと(課題)があるのに、あえてはぐらかしている状態
たいていはどちらかである場合が多いですが、あなたはどうお考えでしょうか?他にありましたら、ご教示いただけますと嬉しいです。

お釈迦様やキリストが、一国の首相さんや大小問わず経営者の皆様が、悩んでいないわけがありません。悩めることは、とても素晴らしいことなのです!

課題=適材適所な問題

課題は、今のあなたに絶対に克服した方がいい問題です。ということは、「課題=今最もふさわしく解決した方がいい問題=適材適所な問題」となり得ます。

誰かに訊いたり瞑想して気づきを得るにしても、最終結論は《あなたご自身の決断》です。判断材料として、「未来の理想であるあなた」からのアドバイスは、何よりも心強いと感じてしまうのは私だけでしょうか?

明治神宮にて

理想のあなたへの命名サポート

誤診時の対応策

先日のある質問で、気づいたこと。もし何かの解説で、誤診をしてしまった場合、どう対応しておられますか?

もし「まちがってはいけない!」と、脅迫観念の呪縛に囚われておられたら・・・もったいないです!

以下は、私の姓名承認を例に考えてみました。あえて、断定的な表現を使わせていただいています。

価値観や方針の違いで、ナンセンスに感じる方がいらっしゃるかもしれません。それはそれで、正解です。私たちの生活圏で、正否を問う必要があるものは、試験だけです。あなたのご決断が、後々に有効かそうでもないかの違いでしかありません。

対策は、大きく3つ。
1 言いきる
2 お客様から指摘される前に訂正
3 原点回帰
です。なぜなら大前提は、【お客様にハッピーになっていただくこと】だからです。

1  言いきる

私の場合、名前を見た瞬間、鑑定が始まります。当然まちがえることなんて、常に隣り合わせです。今まで鑑定しながら「しまった!」と、バレないようポーカーフェイスを装ったことは、数えきれません。

もし誤診だったとしても、言いきること。まちがった診断をしたことに意味があります。

お客様は、誤診の話を聴く必要があったから、結果として誤診という形になったのです。お客様にご納得いただけるよう、いかに装えるかがポイント。

2 お客様から指摘される前に訂正

診断の途中だったとしても、かまいません。まちがいに気づいたら、極力早めに訂正。慌てふためくのではなく、あくまでも冷静に。

大切なのは、信頼関係です。お客様が気づく前なら、全く問題ありません。どころか「さすが先生!誠実ですね」となるかもしれません。

3 原点回帰

最悪の場合、お客様から指摘されたら・・・、素直に謝る。誰にだって、まちがうことはあります。もし手厳しく言われたとしても・・・、失敗ではなく経験を積めました。

もしも、どーーーんと落ち込むようなことがあったら・・・、あなたはなぜ○○○になったのでしょうか?原点・ルーツ・動機を確認してみるのもアリです。

お客様の幸せを願って、誠心誠意尽くしたことを、まずは認めていただきたいです。強調すべきは、お客様のハッピーに、とことんフォーカス。最初から最後まで、徹頭徹尾に一貫させた方がいい事項です。

姓名承認

明治神宮境内にて

復活開業した理由

この度、廃業に近い状態へ追い込んでいたUniversal Flow Therapy 健創庵を、改めて復活開業することにいたしました。少なくも20万人の名前と向き合ってきた経緯からの「名前ヒーリング」で、世界平和という社会貢献へ向けて、全身全霊をかけてまいります。

「名前ヒーリング」は「これは整体だ」と謳っていた当時から、施術のセット料金として無料で提供させていただいておりました。無価値だと卑下する価値観を抱いており、多くの皆様よりサポートをいただいて、とんでもない宝物であったことに気づきました。

絶望と『蜘蛛の糸』

2017.8。奥さんとの離婚を機に、自ら廃業したと同然に、就職しました。勤務先は、「可能性アカデミー」という脳活性を基とする教育会社です。

今まで曖昧にしてきたツケが回り、とても経営していけない状況に陥りました。独身生活に戻りやりたくもないことを続けたとしても、目的意識なしのままでは絶望エネルギーに勝てないことを実感しました。

可能性アカデミーが主宰する「脳大成理論」を素晴らしいとも感じており、『蜘蛛の糸』の話を思い出しました。救われるような感謝の気持ちで入社。「本当にやりたいことかは分からないが、今の私にはこの道しかない」と考えておりました。


尊敬する稲盛和夫さんもよくおっしゃる通り、身を置いた環境で真剣に向き合えば、何でもおもしろくなってきます。多くの関わりから、生きていてよかったと心底感じ、「やはりこの道を行く」と覚悟を決めておりました(HPからのお問い合わせもわずかながらあり、そちらは対応させていただいておりました)。

世界平和へのミッション

転機は、再婚です。可能性アカデミーを通して知り合った女性と向き合う中で、彼女を幸せにしたい気持ちがどんどん溢れ出て、再婚を悩むようになりました。揺れに揺れつつも決めた理由は、世界平和というミッションに本気で生ききるためです。そういう意味で奥さんは、「私にミッションを生きると決めさせてくれた恩人」です。

再婚するまでの私は、「脳大成理論を普及させることが世界平和へのミッション」だと考えて実践しておりました。再婚後においては、「本当にそうか?」と考えるようになりました。奥さんが本当に素晴らしく、見合った私に成長したかったです。

多くの皆様にお会いさせていただき、趣味でやり続けてきた名前の観方(姓名承認)をツールとして、本質的な魅力発見をたくさんさせていただきました。

価値観の転換による確信

ほぼ100%喜んでいただけますが、目的である成果のアカデミーのカリキュラム共有には、なかなかつながりません。よって「いくら名前を観れたって、幸せにはなれないんですよ」と、あえて価値を下げてカリキュラムの価値をより際立たせて表現しました。
成果は出ますが・・・今思えば本当にその通りですが、自分に嘘をついています。しわ寄せが奥さんに来ていました。さらにお会いした方に面と向かって「どちらも素晴らしいのに、なぜあなたがやってきたことを卑下するの?」とご指摘され、混乱状態。目の前の方のためを思って尽くしていたことが、不快な気持ちを抱かせてしまっていると、私の中で価値観があからさまに崩壊していきました。

ある日試しにチャンネルを変えてみようと、ほんの少し名前ヒーリング(この当時はまだこの名前はついていません)に切り換えたところ・・・、湯水のごとくアイデアが湧き出てきました。この瞬間、私のミッションだと確信しました。ただ単に「私がやりたいこと」ではなく、「向き合うべき道」だと。

ミッションが明確化されてしまった以上、欲求を抑えきれません。もはや後戻りできない状況を作り出し、後ろの扉を閉めることにいたしました。

2019.12.31.奥さんと杉並大宮八幡宮にて

究極の自問自答

あなたにとっての現実

ある方とお電話にて、「立命コーチング」の解説をさせていただきました。その方から「まさに究極の自問自答ですね」と評していただけました。

よく「自問自答してみます」「考えてみます」とおっしゃる方に出会います。私自身、よく口にしていたフレーズです。ここで言う「自問自答」とは、ご自身の中の誰との対話を指しているのでしょうか?

今までの自分自身と対話しても、確実にうまくいきません。今までの価値観という枠による視点では、新しい観方ができるわけがありません。理想の自分から観ることで、大いにご自身の可能性が高まります。

理想のあなたと対話していくことで、「あなたにとっての現実」が変わってきます。夢の中で起きた出来事を明快に覚えているなら、意識に明快に記憶に残っています。バーチャルの世界で、あなたの中で存在し続けます。私はばあちゃん子でしたが、未だに私の中でばあちゃんが生き続けているように。

基準は未来の理想であるあなた

未来の理想のあなたを、「憧れの対象」とみなし続けている内に、基準があなたの中で未来の理想と現実を往来するようになります。なぜなら、名付けたその方は、理想のあなたでもあるからです。時系列的に言うなら、「名前ヒーリング」は、すべてあなたの中で起きています。

基準が未来のあなたとなるということは、もし落ち込むような出来事があったとしても、引き戻されるのは未来のあなたとなり得ます。「未来の深掘り」では、【当面の課題を克服できたら〜】を、徹底的に深掘りしていきます。同じように、未来に生きているあなたには、希望しかないのです。

いかなる困難でさえも、すべて吸収して学びに変換させていくでしょう。なぜなら、全く無関係に思えるような出来事も、「将来必ず意味を持つはずだ」とこじつけるからです。「理想が明確化される」とは、そういうことなのです。

腸内細菌において善玉菌が圧倒的優勢な状況であれば、悪玉菌は善玉菌に加勢するようにできています。未来の理想的なあなたが確立してしまえば、過去の記憶はあなただけで解決できる事案はたくさんあります。過去のあなたの記憶が解放されれば、成長して名付けたあなたへ再インストールされていきます。過去の忌み嫌っていた記憶が、宝物にどんどん変わっていき得ます。

こだわってしまう理由

私たちは、未来に生きていながら過去できなかったリベンジ(清算)を目的として生きています。これこそが、ご自身にこだわってしまう理由です。

課題は重要度や優先順位によりつつも、発想自体はリベンジに基づいていることが大半です。今までの私の経験では、幼少期が9割で、残りを前世とご先祖様で分けている感覚です。

約1,000年前の前世と向き合った憑依霊を成仏に導いた等のエピソードがあります。当時の彼らの話を聴かせていただき、相互理解に至った経緯も根拠となっています。

明治神宮にて

立命コーチング

未来の深掘り