魂〜承け継ぐ

一見無関係に感じるかもしれませんが、Universal Flow Therapy では超重要視しています。

魂を具現化させた芸術品

日本刀は、芸術品と崇められています。刀でも、宝石がちりばめられているからだとか、歴史的著名人が使っていたから等の理由で、博物館等に飾られているものもあるでしょう。しかし、刃そのものだけで芸術品として扱われているのは、やはり日本刀だけです。

なぜでしょう?それは、「魂を具現化させたもの」だからです(魂とは、「生き様」に最も顕著に顕れると見なしています)。制作した当時の鍛冶職人にしてみれば、ゴッホの『ひまわり』等と何ら変わりません。

例えば「名刀 正宗」。作られたのは当時元寇という脅威にさらされた時代。よく切れるから名刀なのではなく、敵に勝てないと、戦意を失くさせるから名刀だという理由に、いたく感動します。

他にも個人的に詩吟をやっていますが、日本の伝統芸術に触れるほど、その素晴らしさを感じずにはいれません。世界津々浦々、「芸術品」と見なせるものはもちろんあります。「祖国の素晴らしさ」を知ってこそ、初めて対等に諸外国人と渡り合えるんじゃないでしょうか(「海外に出てみて、改めて日本の価値を知った」なんて話もよく耳にします)?

明治維新以降価値が混乱し、浮世絵等伝統芸術品を、海外へ売り捌いてしまいました。浮世絵に感動し、画法が変わった画家さんもたくさんいらっしゃるようです。海外の主要美術館の方が、日本の昔ながらの名作が残っているかもしれません。「世界各国人の方が、日本を尊敬し憧れを抱いているという場合が多い」こちらもよく耳にしますが、あなたはいかがでしょうか?

運勢・運命・宿命


あなたは、宿命・運命・運勢の違いについて、考えた事はありますか?ある座標上に、「点」を置いたとしましょう。これが、「運勢」です。点がず――っと連なれば「線」になります。これが「運命」です。線があるorない、「すべての空間」が「宿命」です。

宿命とは、血縁関係や誕生日、・・・です(あなたの力では変えられないもの)。こう見た時、宿命を変えようと努めるのは、「時間と労力の無駄」と言えるんじゃないでしょうか?

焦点を当てるべきは、「いかに運命を変えるか?」です。日々の積み重ねで、(たとえ微々たるものでも)軌道修正していけたなら、確実に変える事ができます。また運命の「線」を、「あなたの生涯」で見るのか、「血統」で見るのかによって、かなり視点が変わってきます。

ルーツを知る価値

世界史対照年表。最下の赤線が、日本。 出典:神話を学ばない民族は滅びる

最初に刀について書かせていただいた理由は、「ルーツを知る価」です。

日本という国家は、【世界最古の現存国家】です。どんなに少なく見積もっても、2000年の歴史があります。「老舗〇00年の~」とよくありますが、最高の活きた模範は、日本国家です。

あなたは、
・『君が代』に込められた意味合いをご存知でしょうか?他国の国歌と、ぜひ聴き比べていただいたいですねぇ。
・国旗は、非常にシンプルですが・・・どれだけの愛情が沁み渡った価値があるのか、ご存知でしょうか?
・特にアジア圏では、親日国が本当に多いです。なぜなのでしょうか?

その恩恵を受ける秘訣は、【親を敬う】です。親子関係が、すべての対人関係を創り出しています。 魂について真剣に考える事は、【かなり崇高な尊さ】となり得るんじゃないでしょうか?あなたという存在は、歴史的に承継してきた最大の遺産です!

名刀 正宗(英考塾より)
志〜愛・感謝・喜び

志〜愛・感謝・喜び

kindle志

一見整体とは無関係に感じるかもしれませんが、Universal Flow 整体では超重要視しています。

今ある物事に気づく

あなたは、「感謝しなさい」等々言われた事ありませんか?確かに感謝によってもたらされるメリットは、多大なものです。感謝は、あらゆる物事を成すための潤滑剤です。

おそらくすべての意識ある皆さんは、「感謝」を超重要視されています。しかし感謝とは、どんなにしようとも難しいもの・・・。感謝しようと努めるほどに、「しなければならない」という『我』に苛まれるようになります。
本来の感謝とは、「する」んじゃなく、「今ある物事に気付く(思い出す 」事にあります。

感謝の対極にあるものとは、傲慢です。朝起きれて当たり前、ご飯が食べれて当たり前、服が着れて当たり前、電車に乗れて当たり前、・・・・・。こんな日々が当たり前な状況。これを傲慢と言わずして何と言うでしょう?

そんな日々の出来事を、もし【奇跡だ!】とでも実感できるなら、どんな変化が起こるでしょうか?例えばもし、「やった!私、今朝起きれた!生きてるょ!!」と、毎朝「奇跡だ!」と喜べるなら?もし「感謝が湧いてきた私」に気付き、習慣化できたなら、どこへたどり着くのか?

「もし朝起きた時に〜」と言っている時、最も嘲け笑っていたのは私自身です。「バッカじゃね?」と・・・。継続し続けたある日、笑っていない自分に気づきました。この時の感動は、今でも鮮明に覚えています。

感謝とは、はいつも喜びきれている状態です。もしどんな出来事に対しても、喜びを見出しきれているなら、どんな変化が起こりそうでしょうか?喜びに満ち溢れ、行動に表れた時、初めて【愛】となります。

人間の特権

愛とは、行動しなければコミュニケーションが成立せず、愛が自覚できないまま過ぎてしまいます。よって愛は、「愛する」という動詞になった時、初めて実感できるようになります。

あなたは、「愛する」とはどんな行為だと思いますか?表現方法は様々ですが、無駄なものを削ぎ落とせば、「関心を持つ」に尽きるでしょう(マザーテレサの名言「愛の反対は、無関心」)。

たとえいかなる「冷めた人」を決め込んでいようとも、【自分自身】に関心を持っていない方はいません。もしあなたが自分を嫌っていたとしても、確実にあなたはあなた自身に関心を持っています(卒業写真等、最初に見るのは誰の顔ですか?)。「愛する」という行為は、それが拡大・縮小されただけです。

人間とは、夢に生きる動物です。同じ状況でも、「これからだ!」と奮起する方もいれば、「もうだめだ!」と心が萎えてしまう方も・・・。災害等極限状態にある時ほど、分岐点が顕著となります。

夢とはまさに、人間の特権です。外見は人間でも、夢を持つ事をやめた瞬間から、人間ではなくなります。もし「~したい」という目的意識や強い願望がなければ、精根尽くした先にあるあなたは、どれだけ光り輝いているでしょうか?どれだけ意欲に満ち溢れているでしょうか?

 私は、「いい世の中を!」と訴えつつも、自分を強烈に嫌っていました。かなりの自己矛盾と向き合ってきました。今は、自己矛盾そのものに対して、「ありがとう\(^o^)/」と言えます(^_-)-☆

 あなたが魅力溢れる人間力を培うには、実践なしには絶対あり得ません。本気の方同士が、切磋琢磨しよりよい人格を創り出していけますよう・・・。

 

  • スイーツひろみ(火曜日, 16 6月 2015 18:56)

     本気の方同士の切磋琢磨。まさに私の望むところ。
    私が欲しいものは、本気でない、本音で話せていない人を見抜ける力(実は、これにはきっかけがあって、そこから急速に自分の探求を深める事となりました。丁度今日でひと月経ちました)。
  • #2

    吉永智己(土曜日, 20 6月 2015 19:01)

    素晴らしい!!!
    本気で本音で向き合うからこそ、感動が生まれてきます。
    自分と向き合いきれている分、対人関係がよくなってきます。
    ひろみさんはすでに、その一歩を踏み出していますょ( ´ ▽ ` )ノ

魂〜受け継ぐ