改名と命名

世界初の価値観

改名と命名の違い〜理想の◯◯さん交流会

理想具現化サポートをさせていただく中に、「改名と命名の違い」についてお伝えさせていただいています。現状、ほぼ全ての皆さんが《変われた》と感じておられるのは、改名レベルです。

改名でも確かに素晴らしく変われますが、限界があります。理由は主観という「自分枠」を超えきれないからです。「改名」は簡単に説明できますが、「命名」は価値観として世界初なため表現に悩みました。

分かりやすい例として、借金回収という職務に就くため改名したMさんで考えてみましょう。

改名

改名した名前Kが大変気に入っており、ほどよい緊張感で仕事もはかどります。望ましい成果を得れるようになってきました。

プライベートでは本名を使って、On・Offを分けています。Kへ改名した理由は、借金回収に良心の呵責を感じてしまうから。改名して別人格を装うことで、解決を模索しています。

本名Mと改名Kの人格体が、ご本人の中でジキルとハイドのように二重人格体として同居している状態です。改名Kの人格体が望ましいからと、プライベートをも移行しようとしていきます。

ここで重要ポイントは、100%完全に移行できない点です。本名Mの人格体は、0.1%でも残ってしまいます。わずかながらに残存する無下にされた人格体Mは、99.9%の上り調子な人格体Kへどんな気持ちを抱くでしょうか?

みかん箱のみかんが腐っていく過程は、ある1個のみかんにできたほんのわずかなカビから始まります。そのカビがどんどん繁殖し、全体を覆い尽くします。同じように、1個人に共存する本名Mと改名Kという人格体は、破滅へ向かっていくことになり得ます。

命名

借金回収に勤しみながら、良心の呵責を感じている事実を受け止めつつも、命名した人格体Gへ成長する意欲を元に躍進。「Gという別の人格体でありつつも、ご本人M自身でもある」という絶妙な位置にあるため、理想Gへ憧れる尊敬の眼差し。

いつの日か、借金回収をしながら全く新しい調和的第3案を見出します。もはや借金回収であろうと良心の呵責を包括し、さらに次のステージへ。借金回収という職業が自発的に望んで就いたわけではないなら、より望ましい転職も考えられます。味を占め自発的な選択なら、研ぎ澄まされプロフェッショナル化していきます。

改名が同列横の関係なら、Universal Flow Therapy でお伝えしている命名は縦の関係です。改名はお互いを疎んじ、命名は尊重し合っています。

すべてを克服・解放しきっている

立名コーチングでは、本名Mを生かします。理由は、本名Mが素晴らしい名前だからです。この世に素晴らしくない名前は存在しません。パラレルワールドに「超ステキなご本人」を創り出し、「超ステキなご本人」へ命名いたします(今現在あなたが感じている現実世界も、パラレルワールドの1つです)。

いついかなる状況でも「見守られている安心感」があり、未来へ進むための道を照らしていただけています。ご本人Mと理想像Gは一心同体ですから、一緒に成長していきます。すべてを受容され、報われるとはどういうことか明確に理解できるように。

なぜなら命名された理想のGさんは、Mさんのわだかまりやしがらみを抱えているあなたを知っています。あなたの悩みや苦しみをすべて克服・解放しきっているからこその理想Gさんなのです。

あなたの悩みや苦しみをすべて克服・解放しきっているからこその理想Gさん

お名前に観る数理性の美

「少なくも20万人超のお名前と向き合ってきました(奥さんからは「30〜40万人」と謳っていいと言われています)」と銘打っていますが、先日ある方より大いにご納得いただけました。

向き合っているのはお1人でも、「Aさんは?Bさんは?Cさんは?」と訊かれお答えしているうちに、それは膨大な数になっているよねと。即座に会ったこともない◯◯さんの解説が出てきたことに、驚きを隠せなかったご様子。

画数から観れる数理性

27歳から印鑑営業を始め、シンプルな「名前の画数から解説する」という作業を無意識で何度も何度も繰り返してきました。「すごい!合っているね∧( ‘Θ’ )∧」と驚かれている様が当たり前化されてきたので、もう驚かなくなりました。解説しているこちら側にしてみれば、何のことを言っているのかさっぱりな場面はたくさんあります。

お伝えしていることは、画数であればただ1つ。画数から観れる数理性という原理原則です。よって、当たる当たらないの占い感覚は微塵もありません。解説した内容が全く当てはまらないなら、ご自身にふさわしい生き方ではない確率が高いということです。

お伝えしたことが当てはまらず、「全然ダメだな」と通り過ぎていった方は何人もいらっしゃいました。まさに占い感覚でしかご自身を観ていない表れでもあり、当たる当たらないで一喜一憂する、一辺倒な価値観をもったいなく思ったものです。

お伝えしたことが当てはまっているなら、ふさわしい天性的素養に沿っているということ。だから、より才能発揮に向けて研ぎ澄ましていけばいい。

お伝えしたことが外れているなら、あなたが努力して得てきた性質が主だということ。それはそれでステキなことです。努力して培ったものを土台に、あなたがより望むふさわしさへ向けて才能開花させればいい。無自覚だった潜在能力を自覚できたなら、数を持っている方と持っていない方との差はかなりのものです。

姓名承認

姓名判断の時代は、終焉を迎えていると断言しています。お名前の画数の吉凶から診る手法は、人生に点数をつけているような気持ちになります。違和感を抱き続けていました。よって今は、「姓名承認」という言葉を創りました。

お名前は、存在価値そのものであり、生命に直結しています。特に「命名」という行為は、「それ」に生命の息吹を創り出すのです。《なぜあなたの名前は素晴らしいのか?》という前提からの出発です。

関わった方と幸福感を分かち合いたいと願ってきたので、定められた吉凶という表面的な観方よりも、数にまつわる性質をどう活用しているのか?にフォーカスしてきました。

もともとセルフイメージがとんでもなく低かったため、性質を悪い方向へ活用しておりました。まだまだながら認めきれた感が確実にある今、明言できること。生まれながらに持っている天性的素養を、いかにうまく活用するかが成否を分けるのです。

「01(ゼロイチ)理論」「数学等に見る定理法則」は、数理性によってできています。数理性は、原理原則からできています。原理原則の原点は、愛情です。愛情の源泉とは、興味関心です。興味関心の切り口は、価値観により各人各様に違います。

だから人間って、人生って、おもしろいのです。

姓名承認

自立起行

Universal Flow Therapy において龍 庵真は何を成し遂げたいのか?考えに考え抜いた現時点での最終結論。

「あなたの自立起行」について深く語り合い、最もふさわしいサポートをさせていただくことです。結果、直結するであろうイメージは「天才の創造」です。あなたの天才性をいかんなく発揮していただきたいがために、私という存在があるんだとみなしています。

自立とは

もともと施術家出身で(今でも継続中ですが、体に触れる必要がなくなりました)、「自立整体セラピー」と名乗っていました。「自立」というキーワードを使っている以上、「自立」の意味を深めるために多くの皆様にインタビューいたしました。

素晴らしいと感動したのは、「自立と孤立の違い」です。

自立は、ご自身で立つために多くの皆さんへサポートしています。そんな皆さんから「ぜひあなたに立ってほしい」と支えられている状態。「3」は物が立つ最低数で、「4」で安定します。「成功曲線」等の理論からも、ある一定数は必要だと、数理性からも納得がいきます。

孤立は、ご自身で立とうとしつつも、自力のみで立とうとしている状態。結果、立つことは極めて厳しくなります。

また辞書には「他の力を借りることなく、また他に従属することなしに存続すること」とあります(『精選版 日本国語大辞典』)。こちらに大いに違和感を抱きました。辞書にはあまりにも当たり前だからと、省略されている箇所があります。

それは大前提に、「誰しも誰かのお世話にならなければ生きていけない」という枠組みの中に含まれている必要があるのです。辞書の文字面だけを追えば、「孤立」にも解釈されます。だからこそインタビューする中に「私は自立したくない」と嫌がる方もいらっしゃいました。

この世に迷惑をかけたことがない方はいません。前に上司に「迷惑かけてないって言ってんだろ!」と叱責された記憶があります。「迷惑をかけた」ではなく「お世話になった」と表現すれば、すべてが美談となり得ます。

起行

起行とは、仏教用語にあります。しかしこちらの起行は、「あなたが人生の主人公として起きる」という Universal Flow Therapy の造語です(意味が全く違います)。修業は「ある一定期間、習得するために要する学び」に対し、修行は「人生すべてが学び」にもかけています。

当初は「起業」と銘打っておりましたが、どうも違和感が拭えません。起業できれば幸福になれるのでしょうか?起業しない方には無関係なのでしょうか?起業し終えて軌道に乗せきれた方には不要なのでしょうか?

そんなことは絶対にありません。全世界すべての皆さんの尊厳的価値として、必要不可欠なはずです。断言できる理由は、あなたが人生の主人公として起きない限り、本当の幸福がもたらされることはないからです。

もし世界規模で本当に自己承認できていれば、戦争なんて起きるわけがありません。なぜなら、ご本人自身を認めきれている分しか、他を認めることはできません。比例関係という原理原則があるのです。世界は個々人の意識の集合体でできています。諸外国の認めきれていると感じている方々も、高次元で融合させる何かが必要不可欠です。

死ぬまで永続的に幸福感や充足感を味わいきるために何が必要?

「死ぬまで永続的に幸福感や充足感を味わいきるために何が必要?」という問いかけは、言語化できたのは20歳ながら無意識下で小学生当時から考えてきました。

私自身「現時点では」というだけで、まだまだ途上にあります。あなたと一緒に歩を進めることができるなら、まさに感無量の喜びです。

天才の創造

天才の創造

世には今「グッドデザイン賞」等の素晴らしいモノを創り出す、ノーベル賞等で世界的な栄誉を受ける、ステキな方で溢れています。確かにそんな方は素晴らしいし憧れる箇所はありますが、かくありたいと情熱を燃やすまでにはいたりません。

最も創り出したくて、考え出したら夜も寝れないくらいにワクワクしてしまうテーマが、【天才の創造】。才能開花した天才の皆さんが、世に素晴らしく貢献できるモノを創り出せばいいと考えています。ぜひあなたには、天才になっていただきたい。

Universal Flow Therapy では、世界中すべての皆さんが《天才的素養を持っている》と断言しています。例外なく、絶対に。

分かりやすくニュートンさんを、よく例に挙げさせていただいています(ニュートンとりんご)。

ニュートンさんが万有引力の法則を発見した時、「りんごは木から落ちるのに、月はなぜ空から落ちてこないんだろう?」が疑問のきっかけとなりました。果たして同時代で同等レベルに疑問の価値が分かる方は、どれくらいいらっしゃるでしょうか?おそらくはニュートンさんは、生きている間に数々の見出してきた法則を認められたことはなかったのではないでしょうか。

天才的素養

ニュートンさんを交えての結論。「バカと天才は紙一重」なのです。周囲の価値観とあまりにかけ離れていれば、浮わついて噛み合わなくなってくるのは当然です。

幼少期から抑えつけられ、協調性を圧しつけることを美徳とした日本では特に、画一的な価値観が常識とみなされてきました。

ここであなたに問いたい。本当に今のままでいいのでしょうか?成長した延長線上にいらっしゃる未来のあなたは、ふさわしい理想を具現化できているでしょうか?

あなたには、生まれながらに持っている《天才的素養》があるのです。

あなたには、生まれながらに持っている《天才的素養》があるのです。感謝を土台にあなた独自の素養を『ある』と自覚できた時、才能開花が始まります。努力に見合った成果を期待できる可能性が、深まり広がっていきます。

多くの皆さんが成果を上げる前に断念してしまう理由は、ビジョンが不明確だからです。だからこそ「資金がない」「時間がない」等を表面的な理由としてしまいます。ビジョンが鮮明化されているほどに、【できるまでやり続ける】という発想に切り換わるのです。

天才への道は、分かってみればカンタンです。明確な手法があり、ヤミクモに突っ走ればいいというものでは決してありません。

あなたも、一歩を踏み出してみませんか?

ニュートンとりんご

立命コーチング

立命脳活性療法

気づくまでは闇の中〜入籍2周年に寄せて

2019.5.2.輪島にて。

先日12/10で、入籍2周年を迎えました。今振り返ってすごく感じるのは、出会った当時よりさらに好きになっている点。

私にはもったいないと感じてしまう素晴らしい女性で、一緒になってくれたことを本当にありがたく感じています。

奥さんとの関係性の中で、思い出したエピソード。

言葉化できなかった暗黒エネルギー

私が帰宅して奥さんがいなかった場合、「私に愛想を尽かして実家に帰ってしまったんじゃないか?」と恐怖で心配していました。都内在住だった当時は特に、そんな感情が込み上げつつも「そんな感情なんてない」と否定し続けました。私自身の中で「ない」と否定している以上、モヤモヤした暗黒エネルギーが湧こうとも浄化改善なんてできません。

ナマモノが経年劣化し腐っていくように、言葉化できなかった暗黒エネルギーもどんどん増大していきます。暗黒エネルギーがある臨界点に達した時、事件や事故が起きてきます。事業的な軌道修正はものすごく大変でした。

今振り返って感じる暗黒エネルギーの正体は、離婚した元奥さんに見限られた記憶でした。事業に大失敗し、会社勤めせざるを得なくなった私は、「男性として生きる価値はない。償いに、自分以外の誰かに尽くしまくる人生にしよう」と考えました。

感謝が前提だったから

今の奥さんとのご縁から、元奥さんへ「別れてくれてありがとう!」と心から感謝しています。感謝が前提だったからこそ、得体の知れない暗黒エネルギーと向き合えました。正体が分かってしまった以上、セルフで解放できます。

「気づく」の定義を Universal Flow Therapy では、「今までないと認識していたものがあった状態」としています。

「暗黒エネルギーの正体=離婚した元奥さんに見限られた記憶」です。「ない」と否定していた当時は、モヤモヤして言葉化できず、言いようのない恐怖に震えていました。

10年の経験を経てきた潜在意識の解放セッション。今ではインストラクター級の方はじめ多くの皆様に受けにきていただけています。しかし自分事となると、やはり限界があるものです。

「ない」と否定している以上、相談する気にもなりませんでした。奥さんはじめ多くの愛情溢れる方々から「感謝」という光を当てていただけたのは、向き合う勇気の原動力にもなりました。

これからさらに精進を重ねてまいりますので、夫婦ともどもよろしくお願いいたします。

ディープマインドセラピー