変形性同質要素

神社 鏡

あなたの心の反映

一見整体とは無関係に思えるでしょうが、自立整体セラピーでは大きく関わっています(大半が、こちらを根拠に考えています)。

例えば歩きタバコをしている方を見て、腹が立ったとしましょう。なぜ腹が立つのか?それは自分の中に形を変えて、似たような要素を持っているからです

誰しも、怒りたくて怒りを撒き散らしてるような方はいません。できるものならいつも安堵感に満たされ、上機嫌・感謝いっぱいでいたいです。

今あなたの周囲に起こってるすべての現象は、あなたの心の反映です。
願いの内容によって時間差がありますが、あなたは例外なくいろんなものを創り出してます。

たとえあなたには問題がなかったとしても、周囲に気になっている「問題ある方」がいるとしましょう。その「問題がある方」は、あなたが【作り出して】います

それは
・過去のあなたの”亡霊“か、
・あなたが「救いたい」と考えてるからには、「救われる」べきな方が現れてきます(ボランティアが素晴らしいからと、何でもやればいいというものではありません)。

感情の復帰

例えば、私は小5当時にファミコンを買いました。それからというものものすごくハマり、宿題もせず登校前にもやってました(登校前が、調子がいいんです^^;)

小6で目がものすごく悪くなり、気が抜けたような状態に。問題だと感じ、きっぱりゲームをやめました。それからというもの、ゲームに対して全く興味がなくなりました。むしろ反対に、楽しそうにゲームと向き合ってる方を見て、「何が面白くてやってるんだろう?」と裁く衝動に駆られました。今は何とも感じませんから、【感情を清算できた】んでしょうね♪( ´θ`)ノ

振り子のようなものじゃないでしょうか?やらかしてしまった事が、過ちだったと気づいた時、清算するため真逆な行為をする場合が多いです。清算しきったら、気持ちが薄れ中和状態になります。

多くの皆さんに当てはめてきた、統計実績です。

無意識領域に光を当てる

感情の赴くままに行動する方も、抑圧してさも何も感じていないかのように振る舞う方も、各人各様いろんな方がいらっしゃるかもしれません。起こった現象すべてには、必ず原因があります。

感情を見つめようとしない方は、他人が感情を見つめようとする事も妨げようとします。歩きタバコでどうして腹が立ったのか?あなたには全く似たような非がないのか?

おそらく各人各様に違った理由があるかと思います。しっかり見つめ味わいきった分、啓けていけます。

あなたご自身が、【鎖に縛り付けられている】という事が分からない限り、それを主体的に解放しようとは絶対に思えません。体は、ものすごく精巧にできています。

心で心を見つめ味わう事は、かなり難しいと考えています。

よって
・信頼できる方に指摘してもらう
・五感で捉えきれる、現象世界から自分を見つめてみる(大半は錯覚です)
・体からの声に耳を傾ける
等の比較検証は、すごく大切なんじゃないでしょうか?

自立整体セラピーにおいては、「無自覚領域」に強烈に焦点を当てています。自覚できる領域は、大部分はご自身で解決できます。無意識領域がたくさんあるほどに、症状が侵攻(進行)していく要因となります。本当に問題な箇所は、麻痺して課題と感じにくいものです。

自立整体セラピーにおける根本解放の最短手法は、〖悪化の経路と反対をたどる〗です。

 

悪化の経路と反対をたどる

深めれば、広がる

一見整体とは無関係に感じるかもしれませんが、自立整体セラピーでは超重要視しています。

B2tTeuH3Gl8np331461645361_1461645408

3つの輪

こちら、施術中に解説していて【本当にそうだ】と思えた内容です。私自身、まだまだ実践が足りない現状。自らを鼓舞させる思いで書いてみました。

『7つの習慣』に、「関心の輪」「影響の輪」「集中の輪」という話があります。

関心

そのうちAができたらいいなぁ・・・。Bもおもしろそうだなぁ。いつになったらできる(なれる)かなぁ・・・。

影響

Aなら今、取り掛かれそうだな。いつから始めようか?BはAを終えてからにしよう。

集中

Aこそ、今すぐぜひやるべきだ!すぐに取り掛かろう!Bは、Aを〇時間内に終わらせ、△時から取り掛かろう。

分かりやすく、極端な例にしてみました。

こちらで問題です。「関心の輪」を見つめている方と、「集中の輪」を見つめている方、「関心の輪」はどちらが大きいでしょう?



答えは、「集中の輪」です。
『7つの習慣』を日本に持ってきたJ.スキナーさんも、はっきり明言していました。
「集中の輪」を見つめ実践している方は、気持ちや集中力がまるで違います。よって精度・成果・周囲の満足度etc…あらゆる面において違いが出てきます。

という事は、「次に~したい」というイメージがないわけがありません。その「次に~したい」も、「集中の輪」を見つめながらの実践となるでしょう。長い目で見たら、「関心の輪」を見つめている方との違いは、いかばかりでしょうか?

一点集中〜集中力の醍醐味

今、鍵山先生の下で掃除ボランティアさせていただいています。そこでは多くの大企業経営者の皆さんが、こぞって地面に這いつくばっています。

前に学校のトイレ掃除に参加した際に、大きな気づきがありました。そこでは皆さん、素手で便器に触れてます。

終始一貫して、「一点集中」を言われていました。一ヶ所綺麗になったところがあれば、他も綺麗にしたくなるんだとか。当時の私は、何をやっても中途半端で悩んでいました。【原因はこれか!】と、とても感動したのを覚えています。

よく名刺交換した時、「ほぉ、整体ですか?いいですねぇ。近いうちぜひお伺いさせてください」という方には、極力訊き返すようにしています。「私は、例えば来年起きるであろう問題を、今前倒しに引き出して解決に導く事ができます。〇〇さんに主体的な気持ちがあるんなら、今すぐにでもそれができますよ」

困った顔をされる方、喜んで「ぜひ!」と応えられる方、けっこう両極端です。
さて、「集中の輪」を見つめておられる方は、どちらでしょう?

 

7つの習慣
変形性同質要素
遅れの法則

 

体の幸福観(魂・心・脳の関係)

image

魂と心と脳


魂・・・絶対的良心。
時空を超えて、誰もがうなづく基準。
絶対的真善美。すべてを包み込むような愛情。

心・・・相対的良心。

あなたが正しいと考える、各人各様な基準。「個別性」です。
戦国時代と現代では、判断基準がまったく違います。
各々の国観や宗教観によってもそうですね。だからこそ宗教戦争が起きています。

えこひいき等、Aさんにはニコニコ接し、Bさんには辛く当たる・・・。こんな事が発端で2重人格障害なんてあり得ます。国家間の戦争の縮小版が、個々人のケンカやいじめです。

脳・・・習慣に基づいて、「今まで~だった。だから―しよう」と考える基準。会社で言えば、本部のような存在です。

脳は体の一部でありながらも、思考機能を備えています。魂や心と、一緒くたに考えてしまう事がよくありがちです。脳は、「潜在意識」と同じような解釈をされる場合が多いです(心と脳と体の調和)。

本来あるべき状態と現状

私は性善説派です。本来あるべき状態の人間とは、魂と脳の関係しかないと考えています。心は魂に内包されたような感覚です。

もし魂と脳が調和した個々人が、世界中に溢れるとしたら・・・。個性と個性が混ざり合って、さらに大きな調和が生み出されるでしょう。

誰もが得意分野をいかんなく発揮し、不得意分野をお互いに補い助け合っていくような世界!すごくいいですねぇ!

現状は、心と脳が主です。魂もあるんですが、「囚われの身」といった状況です。こちらのコミュニケーションがずーっと続くと、たいていの場合、自虐思考(悲観的発想)になります。

絶対的基準がないなら、「上」とは「下」があるから成り立ちます。無意識に比較するような事態が起きてしまうのは当然です。

「自問自答」なんて最たるものです。自分の中の、誰と誰が対話してるんでしょう?バラからひまわりになろうともがき苦しんだ方、いらっしゃいませんか?少なくとも私はその1人です。

こういったカラクリがだいぶ見えてきましたから、かなり対処できるようになってきました。脳は、ご主人様であるあなたを健康で幸福にするため、きっちり役割を果たそうとしています。

体の願い

では体が考える「幸福」とは何でしょう?それは「ご主人様(あなた)の願いを叶える」です。対話してきた体たちが、一貫共通して訴えてきたのは、「ご主人様は神様より格上」でした。

体とやりとりする中、共通して訴えてきたメッセージは、
1.成長(学習欲求)
2.ありのまま
3.大好き(最優先。もし納得できないなら、1と2を却下してもいいと考えています)

ただ、生死に関わるような極限状況には、相応の対処をします。体は死ぬまで、永遠かつ一瞬たりともご主人様から離れられません。ギックリ腰にさせたり等、ご主人様に気付くようメッセージを送り続けます。それが「痛み」です。

ご主人様であるあなたが落ち込んでいれば、体も一緒に落ち込みます。
「あれ?よかれと思ってやった事だったけど、悪かったな(/ω\)」

たまにこんなこと話してるかもしれません。
「なぁんか、イラついてるよね?ホルモンバランスをもっと調整せないかんかな?と副腎くん。
「ご主人さんが、あまりにも飲み込むように食べるから、近々クーデターでも起こそうかって思ってんだよ。そうすりゃ少しは反省するかな?」と膵臓くん。
「あれ?今までご主人さん、何もうちらの事関心持ってくれんかったのに、急に流れがよくなってきてね?今までの渋滞がかなり緩和されたわ。何が起こってんやろ?」と赤血球くん。

体の細胞それぞれが、しっかり果たすべき明確かつそれぞれの役割分担を担ってます。ながらも髪の毛1本から鑑定されるDNAは、それだけで個人を特定できます。

自立整体セラピーでは、体の側面から魂を解放できると考えています。

 

心と脳と体の調和
認知症の根本解放策
究極の根本解放整体
無意識領域の根本解放策