レース

pwbeKLbP_gSqv7z1458811114_1458811154

以下の「レース」、前に立ち読みしていて号泣しました。

何回読んでも感動し、涙します。いつも読めるよう、保管しておきたいとメール化し始めたきっかけです。原本は直訳でかなり読みづらく、私自身のものとするため意訳に意訳を重ねてきました。おそらく原文とは、かなり違うはず。よってこちらへ掲載する運びとなりました。

ポイントは、”勝つまでやる!”って決意や覚悟があるか?だと解釈しています。


1 周囲の声

「やめろ!あきらめろ!もう負けだ!」
彼らは叫び、こう言った。
「大変すぎる。ムリだ」
あきらめかけた時、その弱気は当時のレースの記憶に破られた。

思い起こすと、希望が湧き、意志力がよみがえる。
短いレースを思い出すだけで、元気を取り戻せる。

2 徒競走の記憶

期待

徒競走、少年時代。よく覚えている。
ワクワク、ドキドキしていた。
皆自分が一番になろうと、希望に胸を膨ませスタートラインに並んだ。
同点の一番でもいい、それがダメなら二番だ。

父親達はそばから、各々の息子を応援していた。シャッターチャンスを狙って、場所を競り取っている。皆々が、一番をと意気込んでいた。

笛が鳴り、一斉にスタート。彼の心は希望でいっぱいだった。
一番でヒーローになることが、彼らの望みだった。特に私には。

観衆の中に父親がいる。
私は先頭に近く、こう考えていた。「父さんは喜んでくれるにちがいない」

しかし、スピードを上げて競技場を回った時、浅い窪みがあった。
一番を狙っていたが、足を滑らせつまづいた。

失態

一生懸命体を立て直そうと、両手を前に突き出した。
観衆がどっと笑う中、頭からバタンと転んだ。

地面に転がり、希望も失せてしまった。〜もう1番になれない
恥ずかしくて悲しくて、なんとかここから消え去りたいと思った。

転んだ時、父親が立ち上がった。心配そうな顔をして。その表情は、はっきりと言っていた。
「起き上がれ!そしてレースに勝て!」

急いで立ち上がった。大したことはない。─少し遅れただけだ─
そして一生懸命に走った。転んだ分を挽回しようと。
挽回するんだ。─追いつき追い越すんだ─
その気持ちが強すぎて脚がもつれた。つまづき、また転んだ。

二度も転ぶなんて〜さっき転んだ時にやめればよかった―
「なんて惨めなんだろう。出るんじゃなかった」

絶望

笑う観衆の中に、父親の顔を探した。
父親はじっと見つめ、「起き上がれ!そしてレースに勝つんだ!」と言っていた。
そこで少年は立ち上がった。─最後から10m遅れてる─
「この10mを追いつくなら」彼は考えた。
「本当に早く走らなくっちゃ」全力疾走して、8〜10m追いついた。
しかし先頭に出ようと急ぎすぎ、またつまづいて転んでしまった!
負けた!じっとそこに倒れた。〜目から涙が溢れた・・・

「もうこれ以上走ってもしょうがない。三度も転んで、ビリ確定!走るだけムダ!」

立ち上がろうという気持ちは消えていた。希望も勇気もすべて。
皆からこんなに離され、こんなに何度も転んで、ずっと負け犬なんだ。
「負けた。だからもう何をやっても仕方ない」
「これから恥をかきながら生きるんだ」
その時、父親の顔が頭に浮かんだ。すぐに顔を合わせなければならない。
祈られていると、痛切に感じた。

「立つんだ!」という声が小さくこだました。
「立って追いつくんだ!お前はここで転んだままでいる子じゃない。起き上がれ!そしてレースに勝つんだ!」

勇気

「勇気を出して立つんだ!」と胸に響いた。
「まだ全然負けたわけじゃない。勝つとは、転ぶ度に起き上がることなんだよ」

立ち上がり、再び走り出した。
新しい気持ちで、順番なんてどうでもいい。走りきろう。

ずっと遅れてしまった。〜今までで一番ビリ・・・
それでも全力で走った。一番になろうとするかのように。

三度もつまづき、転んだ。でも三度とも立ち上がった。
もうとても追いつけないのに、最後まで走り抜いた。
一番がゴールした時、観衆は大歓声で讃えた。
一番の少年は、頭をまっすぐに上げ、誇らしげで幸せそうだった。転んでも、恥をかいてもいない。

転んだ私がビリでゴールした時、歓声はさらに高まった。最後まで走り抜いたことを讃えた。
ビリだった。うなだれ、誇らしげでもなかった。
が、観衆の声だけなら、誰もが一番と思ったろう。

父親に、悲しそうに悔しそうに言った。「ダメだったよ」
「父さんにはお前が一番だよ。やはりお前は、私の息子だ!」父親は言った。
「転んでも転んでも、起き上がったからね」

3 獲得できた成果

すべてが暗く厳しく、立ち向かうのが困難に思える今、あの時の思い出がレースを走る私に力を与えてくれる。
人生とは、徒競走のようなもの。いい時も悪い時もある。
勝利のためにしなければならないことは、転ぶ度に立ち上がることだ。
「もうやめろ!あきらめろ!お前はもう負けだ!」私に叫ぶ声がある。
しかし心の中からは、「起き上がれ、そしてレースに勝つんだ!」という別の声も聞こえてくる。

『真のリーダーになるための「5つの決定的瞬間」』p170~181