宗教解体

創造的破壊
創造的破壊

戦後GHQ政策の「財閥解体」になぞらえて。新興宗教はもちろん、キリスト教やイスラム・ヒンズー・・・、ありとあらゆる宗教において。

あるがまま

Universal Flow 整体では、あなたの意志や価値観をすごく尊重しています。なぜならあなたの体は、あなたの意志や主張しか聴き入れようとはしないからです。

例えば、あなたの周囲の皆さんが「かわいい」「キレイ」「ステキ」・・・・・・・と大絶賛しようとも、「い〜ゃ、私はブスょ」と考えている限り、あなたの体はどちらを聴き入れるでしょうか?

にもかかわらず、◯◯教という宗教的教理は、さもあなたの意志であるかのように働きかけてきます。教理が素晴らしいものであるほどに、決別は厳しいですね。

少なくもあなたの体は、素晴らしい教えを必要とはしていません。あなたの体が最も欲しているものとは、「あなたのあるがまま」です。もし「教え」によって変われたとしても、表面的な変化にすぎません。永続的な幸せがもたらされることは、100%あり得ません。

教えの危険性

先日、約10年ぶりの知り合いと会ってきました。彼はある宗教に入り、教理に惚れ込んでいました。以前は、人生についてたくさん語り合ってきましたが、今は「◯◯長の話がとても分かりやすくて〜」といった内容ばかり。二度と会うことはないだろうと思えるご縁でした。

既存の宗教的発想は、依存(中毒)を生み出し続けるとみなしています。誰かに植え付けられた教えでは、100%あなたは変われません。なぜならあなたの体は、教えを表面的にしかとらえておらず、「素なあなた」とは認めていません。

彼や宗教への文句を書きたいがために、この記事を書いているわけじゃありません。批判的な思いは溢れてきますが、ここでは流します。

心と体の調和

Universal Flow 整体では、「『あなたらしい生き方』を全うする覚悟をしてください!」と訴えています。なぜならそれこそが、人類歴史がズーーーーッと願ってきた【心と体の調和】だからです。

理想世界とは、1人の心身統一された人間と相似関係にあります。もしあなたの心と体が、共通目的で結ばれやりきった時、あなたに観えている世界とは?そんな素晴らしい「あなた」が、世界中にどんどん溢れ出したなら、そんな方々が創り出す世界とは?そんな素晴らしい世界が実際に映し出されたなら、その時のあなたは何を考え成し遂げているでしょうか?

世界中の宗教解体が具現化されたなら、その先にあるものとは・・・・・
世界中の「あなたご自身」が、教祖であり、信者です。皆が皆、お互いの教祖様の主張を尊重し合っており、布教活動なんて起きるわけがありません。

終わりは、始まりでもあります。今までの当たり前を壊していくということは、未知の世界へ足を踏み入れるということ。輝き溢れるステキな世界になっていないわけがない!と思えるのは、私の勝手な思い込みでしょうか?

生きている間に、宗教解体された世界に触れてみないことには、どうしてもあきらめきれません。

すべての体の想い
コリリン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です