感情移入エピソード集

エピソードの肥やし

よく奥さんから、「本当に〈行〉みたくTV(ドラマetc)を観るよね」と言われます。観れない番組は、いったんブルーレイに保存し、いつになるか分かりませんが・・・。

なぜそんなに?それは、ボキャブラを増やすためです。施術やセッションにおいて、お客様が触れたくない記憶を、私の今までの似たような体験談に置き換えています。私自身の体験談に全くなければ、ドラマや映画・小説等々から引用します。

あなたの濃密で波乱万丈な生涯を、今までの私だけの人生には、当てはめきれない場合が確実にあるはずです。

以下は、充実感ある共感できた私の体験談以外のエピソード厳選集です。

照子に重ねた半生

BSの再放送で放映された『てるてる家族』(2003)です。

4姉妹幼少期の頃 出典:さかえてる(twitter)
4姉妹幼少期の頃  出典:さかえてる(twitter)

《3女の秋子が、小学校低学年当時に、毎日帰りが夜遅い・・・。母親である照子(浅野ゆう子)は、4女の冬子に尾行を依頼します。今度は、冬子も一緒に帰りが遅くなってしまいました。

家族総出で問題となり、2人を探すことに。しかし照子は、2人の学校担任の名前も、2人の趣味や好きなこと・・・・・何も知らないことに気づきます。

夜遅く帰ってきた2人は、確実にお母さんに叱られると覚悟を決めていました。ながらも、照子自身が2人のことを何も知らなかった負債感から、無関心を装われてしまいます。母の振る舞いに激怒した秋子。どんどん関係悪化していきます。》

この話は、ある経営者(50代女性)でした。ご自身はまさに照子で、お子様方に関心ありつつも、会社の経営にばかり優先順位を置いていたそうです。会社は上場できたのに、家庭環境が冷えきって見かけだけの家族関係だったそうな(周囲からは羨まれるような状況だったそうです)。

この時は、副腎が原因でした。副腎の性質は「繊細」「センス」「感受性」がキーワードですが、「いい人」になりすぎる傾向が強い。喜ばれることが生きがいで、「すべてが大事」と優先順位を決めきれなくなっていきます。結果、最優先にすべきものがボヤけ、何もできないかのような錯覚に陥る危険性をはらんでいます。

生まれ変われた!

先日最終話を迎えた、『はじめまして、愛しています』(テレ朝)。

特に最終回は、本当に感動しました。
特に最終回は、本当に感動しました。

《ある日、子供がいない夫婦(江口洋介&尾野真千子)宅に、子供がまぎれ込んできます。何度も養護施設に送りますが、3度繰り返された時点で、養父母になる決断。

足首に鎖のあと、体中アザだらけ。当初は「お試し行為」「赤ちゃん還り」を経て、「この子を産む」と改めて決断。お母さん(尾野)が横たわり、彼は腹の上に乗っかります。お父さん(江口)は涙ながらに「この素晴らしい世界を、はじめ(5歳児)と一緒に見たいんだ!」と涙ながらに訴えます。

この時、心を閉ざしてきた彼は、初めて号泣します。次の朝、初めて「お父さん、お母さん」と言葉を口にしました。それからというもの、彼を基とした奇跡が立て続けに起きます。結果、わだかまりを抱いていた両親と、和解へ。》

この話は、あるウツ患者さまへの施術時。潜在意識の解放セッション後、原因と比べどう変わったかを確認する時に出てきました。一緒に涙しましたねぇ。

[なりたい私]へ具現化!魔法の施術

こちらのためだけに、撮っていただけました!
こちらのためだけに、撮っていただけました!

1.施術を受けようと思えたきっかけとは?

共通の友人のランチ会で知り合いました。その時に奥さん(直美さん)も参加していらっしゃいましたが、吉永さんの話が印象深く残っていました。

私自身、セラピーやカウンセリング、占い等やっています。母を介護しながら、就職支援のサポートも兼ねており(今は独立)、どんな展開がより望ましいかを考えていました。

2.何が施術の決定打に?

いろんなことを学んできた中で、心技体。心と体・スキルの3つを統合しなければ、求める最終ゴールにたどり着けないと考えていました。それなりにできていると見なしていましたが、先生の話を聴く中に、表面的な自分の行動と体の感情が一致していないと感じ始めました。「もしや新たな自分が見つかるんじゃないか?」と思えました。

3.施術中、どんな点に気を使っていましたか?

基本的には、自分をさらけ出すこと。素直にならないと、せっかく受けても効果がないことは分かっていましたから、今までの人生を振り返りながら・・・。

実際私も、ヒプノセラピーやエネルギーマスターセラピストという、過去にさかのぼって感情を出すようなセッションを経てきました。施術では、より深くへ導いてくれるんですよ。

ビックリしたのは、小さい頃の感情という自分の思いが、走馬灯のようによみがえってきました。幼稚園や高校当時の記憶を封じ込めていたと、はっきり分かりました。自分を振り返るには、すごくいい機会でした。

4.受けてからけっこう経ちますが、いかがでしょうか?またこれから、どんな展開を望みますか?

(感覚を思い出す意味で、お礼を兼ねプチ施術を終えて)先ほども話したとおり、「受け止める」や「受け入れる」などいろんな言葉がありますが、【起きたことは必然】と純粋に感じきれるようになりました。

自分の魂に導かれるような、ワクワクドキドキな人生を迎えきれると感じています。

※結婚や引越し、スゴイなっ!って思えたんですょ(インタビューをお願いした、最大の理由でもありました)!

ですよね。先生の施術を受けてから、3ヶ月に3〜5年かかるような出来事を、一気に引き寄せました。さらに楽しみになってきましたよ!

5.これから受けてくださる皆さんへ一言、ぜひお願いしますm(_ _)m

何でもそうですが、《百聞は一見にしかず》。ぜひ吉永先生の施術を受けてみてください!楽しみですよ!!!

未来心理セラピスト トシ


Universal Flow 整体からの見解

素晴らしいコメント、ありがとうございます!!!

施術中にも、今までのセラピー等の話を聴いてはいましたが、課題に焦点を当て「未来の深掘り」先鋭化に集中してきました。そして一心不乱無我夢中に、一緒にトシさんが思い描くイメージを共有しましたね。今となっては、とても感慨深いです。

ステキな方とのご結婚に加え、超格安好物件との出会いは、本当にスゴイ!と感動しました!トシさんが、今まで尽くしてきたという確証じゃないでしょうか?当施術を受けた方の多くは、努力を認めきれなかった記憶をも、正しく報われていらっしゃいます。トシさんは、まさにその典型例ですね!

〈施術期間中であるにもかかわらず、なぜケガをしてしまったのか(腰痛や足の肉離れ)?〉に対しても、「体からのメッセージが、絶対にあるはずです!今、こうなることが必要だったんですょ」なんて、先が見えないながらも話していました(施術中は録音し、保存しています)。今回話を聴かせていただき、当時のそのケガで、多くを清算できたんだと実感しました。

「未来の深掘り」で、トシさんの未来をお聴きし、私も嬉しくなりました。トシさんが思い描く、輝かしい未来のために、改めて私も関わりたくなりました!

よきご縁に、感謝光栄です!ありがとうございます!!!

 

感謝が溢れてくる施術〜佐藤 和弘 さま

イメージを凌駕した施術〜藤浪 ますみ さま

イメージ外な本質〜K.S. さま

100歳でもダッシュできる!?〜山口 和浩 さま

生活を経て変化を実感〜長村 真弓 さま

自己嫌悪からの解放〜小野 弘美 さま

人生変える冒険〜中村 夏野 さま

未来の深掘り

表面的善人


溜め込んできた感情

いませんか?あなたの周囲に。本音を言わず、上っ面の優等生を装い繕っているような方・・・。そんな方に対して、どんな気持ちが湧いてきますか?もし怪訝or不快な何かを感じるなら、原因を解明できるかもしれません(変形性同質要素)。

私にも確実にあります(少し前までは強烈に蔓延っていましたが、ずーっと向き合ってきたおかげか、かなり払拭されてきたと感じています。若かりし頃は、素直に感情を出せていると思い込んでいました)。

上辺では善人を装い感情を素直に出せず、心の奥底では何を考えてるのか分からない状態。優等生ぶった方に対して、本音を暴露させたい気持ちになっていました。この言葉の発端は、「肝臓が、感情(特に怒り)をコントロールしている」と分かってきたからです。

ある施術にて

ある方に肝臓が弱っているからと、「よく怒っています?」と質問したら、「怒りの感情がどんなものか、よく分からない。怒ってる人を見ると、悲しくなるか恐怖を感じます」と返ってきました。

それでも、体は「肝臓が問題」と訴えてきます。引き出しポイント(コリリンテーブル)で痛みを引き出しつつ、肝臓を繰り返す中に、問題が表面化してきました。臓器があまりに弱っているがゆえに、感情が麻痺していました。今では大きく変わり、怒っている方を見ても柔和に変えて感情移入できるようになったらしく、「すごくスッキリした!」と喜んでいただけています。

麻痺の恐怖

怒りから解放された、肝臓の本来あるべき状態は、「喜び」「上機嫌」「叱る」「感謝」と見なしています。あなたはどうとらえますか?麻痺状態にある方は、本来あるべき状態の感情をどれくらい持ち合わせておられるでしょう?

怒りっぽい方や感情を解放しようと麻痺状態から快復傾向にあると、怒りの感情がさらに新たな怒りの感情を生み出す事があります。治まるのにかなりの時間と労力を費やし、多大な損害を被る事もあり得ます。

メリットは、嬉しい時は嬉しいと、素直に感情表現できる方が多いです(ただ一般的に、怒りやすい方はいい環境を引き寄せませんから、怒る度合いがドンドン増えていきます)。

こらえると、「怒り」というゴミ箱にギューッと詰め込み、抑え込んでいるような状況になります。溜め込んだゴミ箱のように、溢れ出す時の恐怖が潜在的に分かる方は、どこかでストレス発散させます(分かりやすいのは、家族等近い間柄への八つ当たり)。

体の訴えに対して、「今それどころじゃないんだから、ちょっと黙っててよ!」なんて退け続けるうちに、体は「ご主人様(あなた)が感情をあまりにも出そうとしないから、僕らは邪魔な存在らしい。当たり障りなく過ごしていこう」となっていきます。結果、免疫力が下がり、様々患うようになってきます(認知症の根本解放策)。

先天と後天

生まれてからずーっと、「怒りの感情が分からない」「親もいつも怒っていた」という方、けっこういらっしゃいます。こちら血統的な問題が絡んできます。あなたご自身だけの問題ではなさそうです。

「親族の〇〇がガンで死んだから、私もそうなるのか?」と心配される方がいらっしゃいます。可能性がない事はありません。なぜなら、似たような「習慣」を持たれた方が多いからです。

潜在的コリとは、「血統的習慣性によってできたコリ」です。それこそが、「潜在的コリの解放=過去の清算」と書いている理由です。先祖の皆さんが悩んできた問題を、子孫が受け継ぐ前に誰かが断ち切り転換させねばなりません(霊魂の憑依ランキング)。

怒りをさらけ出している場合、問題意識(課題)を明確にしやすいですから、解決は早いです。溜め込み表現しようとしない(麻痺状態)方は、自覚症状がないため、なかなか問題だとは捉えきれません。

たいていの病院の検査等では、結果のみしか見つめません。多くは「原因不明」で片付けられてしまうでしょう(もちろん中には、しっかり向き合おうとされる素晴らしい医師もたくさんいらっしゃいます)。

「心=体=環境」です。どうしても納得できない何かがあるのなら、こういった関係性を見つめてみられてはいかがでしょう?

変形性同質要素
コリリンテーブル
認知症の根本解放策
霊魂の憑依ランキング

怒りで我を見失う理由

X4_SufBo6wYtH7k1464921872_1464921971

大泣きと怒り

先日、カンシャクで大泣きしている方を見て気づきました。

大泣きしている時や怒りに奮える時、自分自身の意識はどこにあるんでしょう?さも自分の体に別人格が入り込んできて、完全に支配されているかのように感じた事ありませんか?

私はしょっちゅうありました。しかし今はそうでもありません。何がちがうんでしょう?結論から言えば、主原因は肝臓にあると見ています。そして別人格の正体は、【(溜め込んできた)潜在意識】だと。

怒り」は、肝臓のメンタル的要因(コリリンテーブル)です。まず客観的に、いつも怒っているような方をイメージしてみましょう。彼の平常心を保っている時と比べてみて、同じ人格に見えますか?「怒りに我を見失い、つい・・・」なんて言葉をよく耳にします。

怒りと自己嫌悪

誰しも「怒る事が趣味だ」「怒っている自分が大好き」なんて方は、まずいません。たいていは、怒り狂った後、自己嫌悪に陥ります。自分自身を責めてしまい、加えて周囲に罵られようものなら、彼の居場所はドンドンなくなっていきます。その行く末は、ウツ。自殺にもなりかねません。

では「あなた自身」が、怒りに奮えてどうしようもない状況をイメージできますか?その「怒っている私」とは、いったい誰なんでしょう?

私のエピソードです。酒乱に悩んでいた当時、酔っている時は本音が出やすくなります。たいてい酔いつぶれた日の記憶が戻る時は、次の日の朝のベッドの上だったなんてことが当たり前でした。「お前、昨日は・・・(-_-メ)」と言われても、記憶がないので他人事です。言動が完全不一致。信用されず、こらえようのない孤独が襲ってきました。だからこそ、20歳で断酒に踏み切りました。

根本解放策

前にあるお客様、「お姉ちゃんが、肝臓ガンで死んだのよ・・・」と漏らしていました。「ああ、怒りが原因でしたね。ずいぶん堪えてきたんじゃないでしょうか?」と話した時点で、激怒されました。

あんなに優しくて温和なお姉ちゃんが・・・怒り?ふざけないで!」と・・・。あなたはどう思われますか?

ある実験結果で、怒っている方等の息を凍らせた時の話、前に有名になった事を覚えていますか?ここで《そうか!》とひらめきました。
・アルコール(C2H5OH)がアセトアルデヒド(C2H5CHO)に化学変化でできる物質
・怒りに身を奪われた時に湧いてくる物質
さほど違いがないんじゃないでしょうか?

根本解放策は、「感情」にあります。感情と向き合い日々消化に努めるような方は、「我を見失い・・・」という事態には、なりにくいんじゃないでしょうか?感情と向き合っている方には、本音と建前の境界線があるんでしょうか?

境界線がはっきりあるからこそ、酔って意識がなくなった時や怒りに我を忘れた時に、さも別人格が現れてきます。どちらも本人です。過って殺人を犯してしまうような場合も・・・。

疑問視してきた悩み

2015.6.30、新幹線での焼身自殺事件がありました。加害者は71歳男性で、孤独な状況で関わりを断っていたそうです。もしかしたら、当時の私の成れの果てだったかもしれません。マジメを装うほどに、メチャクチャで制御不能な【心の闇】がありました。

酒・タバコ等の不摂生とは縁がなく、かなり健康に気遣っているのに、どんより顔を曇らせている方。浴びるように酒を飲み、タバコ等不摂生を積み重ねているのに、いつもニコニコ健康顔な方。何が違うんでしょうか?

もし溜め込み続けてきた感情を、習慣化させてしまったら・・・。体は解放して欲しくて、痛みに記憶を乗せて訴えてきます。にも関わらず、その痛みを邪魔者扱いしようものなら、体は血管を収縮させます(動脈硬化)。

結論は「怒り」なんですが、「なぜ?とず―――っと考えてきた悩みが、氷解してきました。

喜びと感謝に満ち溢れたあなたでありますよう・・・。

 

コリリンテーブル

痛み=信頼関係の復活作用

「怒り」と「依存」と「?」

悩み苦しんでいた当時

以下は、胆嚢のメンタル的要素が何なのかを模索していた当時の記事です。胆嚢に関しては、なかなか絞りきれませんでした。多くの皆さんのサポートによって、実現できました。

コリリンテーブル©

——————-

思いの外、今日は胆嚢に集中した施術でした。2時間のうち大半を費やし、結果「スッキリした!」とすごく喜んで頂けました。胆嚢はメンタル面がまだ見えておらず、臨床データを集めているところです。

前から膵臓・胆嚢・肝臓は、「3つでセット」だと書いてきました。

あるヘビーユーザーに施術していて、”言わされた”感を持っています。問題解決するために、原因を突き詰めていきました。そこからさらに深く入ってみた内容です。

怒り

大半の場合怒りとは、「今の自分は悪くない」と、誰かに何かに責任転嫁する事から湧いてきます。(「~が#ったから悪いんだ」「~あの時は▲だったよなぁ(過去の栄光)」・・・)自分に対しての怒りもそうですね。いったい自分の中の誰にその感情を向けているんでしょう?またそれは、どこから湧いてきているんでしょう?

怒りからは、何も建設的なものは生み出されません。何のメリットもないのにそんな感情を持ってしまうのは、「今の位置と状況」を明確に把握できていないからではないでしょうか?こんな状態を「依存」とは言えないでしょうか?

依存(中毒)

依存の場合はどうでしょう?(空気や食べ物、血液循環等、依存しなければ生きていけないものは例外です。)依存心が湧いて来れば、自然と自信が萎えてきます。もし頼りきってるものがなくなれば、その方はどうなるでしょう?

私は20歳当時、アルコール依存症なくらい酒に溺れていました(17歳から浴びるほど飲んでいました。時効ですよね(^^ゞ)。その酒を断つとは決めたものの、その禁断症状はかなりキツかったです。無性にイライラしてきて、何かにつけて怒っていました。断酒が習慣化されるまでの私の周囲にいた友人は、今はもう誰もいません。

怒りの感情が悪いと知的理解がある方は、必死にそれを抑え堪えようとします。表面的に愛想良く振舞っていても、いつの日か化けの皮が剥がれてしまいます。どちらにしても、肝臓に負担がかかるようになるでしょう。

今はまったくそんな状況になかったとしても、以前そんな感情を抱いていた事があるなら、多少の個人差はあれどすべての皆さんがこんな問題を抱えています。表面化している課題は氷山の一角で、見えずに体の中に封印されたものが「潜在的コリ」です。

橋渡し

膵臓・胆嚢・肝臓がとりわけのセットである以上、胆嚢は「怒り」と「依存」をつなげ得るような感情になると考えてます。もしこういった各臓器や筋肉等の関係性を明確にできれば、健康を害してしまう経路が見えてくるでしょう。

ダイエットや抗ガン治療だろうが、原因が分かれば多くの皆さんが、自然治癒力にゆだねきれる道が見えてきます。薬など、自分以外の何者かが治療に最後まで〇〇(「許す=?」)を、持ってくれるわけではありません。すべてはご自身次第です。