脳に汗をかく(天命への道標)

考えさせられている?

哲子

先日たまたま録画していた、『哲子の部屋』(NHK-ETV)を見ました。非常に分かりやすくまとまっており、次週分も予約しておきました。

Universal Flow 整体では、【究極の根本解放整体】と謳っており、小学校教育に取り入れられるビジョンを抱いています。この番組は、今まで考えてきた内容を、裏付けてくれる根拠となっています。

番組のっけでは、「考えなくても生きていけるから、哲学なんて必要ない」といったアイドルからのコメント。Universal Flow 整体では、哲学の対義語を「習慣」だと見なしていますが、あなたにはいかがでしょうか?

頑なな拒絶状態から、解放していくために使われたのは、『恋はデジャヴ』(’93)という映画でした。

その映画は、主人公だけ毎日同じ日が繰り返させるという内容。予期せぬような出来事も、何度も繰り返していく内に、過ちを繰り返さなくなってきていました。結果、思いがけない人生の転機が訪れてきました。

習慣は、天命への手段

ここで解説者が訴えたい重要なポイントは、【習慣】です。

最後に「習慣は思考の母」と出ました。「人生のキーワード」等で、分かりやすく解説してきました。短い言葉で、ポンと表していただけると、すごくスッキリしますねぇ(*^◯^*)

習慣とは、「考えなくとも無意識にできてしまう行為」です。しかし人生は、予想外な出来事が起きてしまう場面が、本当に多い。これを克服していきたいがために、考える・・・。まさに波乱万丈な私の人生は、思い通りにいかない壁や落とし穴だらけでした・・・・・・・。

おかげさまで、今では以前と比較にならないほど、多角的に観れるようになれました。「人生のキーワード」で絶えず問い続けていますが、ヒントを出す側ともにかなりキツイです。「別に分かんなくたって、死にゃしないですからねぇ・・・」ながらも、皆さん素晴らしいから、一生懸命考えてくださる・・・。

習慣と目的意識


先日いらした60代女性、幼少期に父から虐待受けていたそうです。地雷を踏まないようにと、毎日びくついていた生活だったとか。だから結婚相手は、素晴らしいジェントルマンしか考えられない!と決意し、今のご主人さんに出会えたそうです。

「とすると、そんな幼少期の記憶は解放する必要ありませんよね?だってお父さんの虐待のおかげで、大好きなご主人さんに巡り会えたんですよ」と返したら、完全に目からウロコだったようです。結果、潜在意識を解放する必要がなくなりました。

私たちには誰一人例外なく、絶対的に成し遂げた方がいい天命があります。それは超身近にありますが、あまりにもハイレベルな境地です。成長した高次元のあなただからこそでき得るようなことです。現時点では相反するような、矛盾にしか感じないかもしれません。

矛盾を調和に導き天命を率先実行していくためには、「目的意識に基づいた習慣化」は、絶対に必要不可欠です。

私は世界中すべての皆さんの、「天命を見出した!」とご満悦な顔を見るまでは、絶対に死ねません!そのサポーターとなる事が、私の天命の1つでないわけがないと感じています。

 

人生のキーワードの起源
計画的自殺
認知症の根本解放策
予想外ながらも、本質(彼女から、「人生のキーワード」が始まりました)
魂〜受け継ぐ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください