加熱死菌体と腸内細菌

腸内細菌を活性化する、新たな手段を発見!

今まで骨格を整え、感情を表現する事に重きを置いてきました。発酵食品はじめ巷でよしとされているものは、「生きた乳酸菌」です。

驚きの発見は、「熱処理した死んだ乳酸菌」が、善玉菌のエサになる!
・血液の浄化作用
・善玉菌の増殖
・免疫システムの正常化
・動脈硬化の改善

微生物の働き

腸内細菌の話を聴いて、自然や人体の不思議さに、改めて感動しました。加えて、今まで訴えてきた事への正当性。

題で、「腸内細菌」と書いてますが、ポイントは【微生物】です。『木村さんのリンゴ』ですごく感動する1シーンに、自殺しようと山に登り、「土の価値」に気づいた場面があります。

農薬を大量に散布したら、どんなに肥料を与えても収穫には限界があるようです。木村さんは、最初に固まった土地を耕し、土を和らげました。トラクター等によって踏み固められたor農薬が染み着いている土地は、【微生物がいない土地】という事になりましょうか。

腸内革命

似たような事が、あなたの体内環境にも言えます。腸内細菌を活性化すれば、体(コリリン)がご主人様(あなた)にとって何が必要なのか、どういう対処をすべきかが明確になります。

ここ最近、ビタミンCまで自体内で作られている事が分かってきています。多くのサプリが、共通して謳っている事。

「サプリが作られた目的は、あなたの体には作れないものを補うために~・・・」。

こう考えると、矛盾していませんか?

正確に言えば、あなたが作っているんじゃなく、体内の腸内細菌が作っています。腸内細菌は、あなたの腸の中に、約1000兆個(約1000種類 ・ 1.5kg)存在しています(人間の細胞は、全部で60兆個と言われています)。

腸内細菌の働き

大きく3つに大別すると、善玉菌・悪玉菌・日和見菌となります(諸説ありますが、私が理想だと考える割合は、3:1:6)。
・善玉菌 : 有用菌で、乳酸菌等の事。穀物・野菜・果物・海藻・豆類・イモ類・・・・・→生理活性物質によって調整
 
[作る]
ビタミン・ホルモン・酵素・脳内物質・水素・アミノ酸・・・・
[出す]
過剰な塩分・糖分・脂肪、有害な重金属・有害物質・・・・
→病原菌・有害菌の感染を防ぐ、免疫力の正常化、発ガン性物質の抑制、過酸化脂質の減少、虫歯・歯槽膿漏の抑制、遺伝子の一部に影響、・・・・
→善玉菌優勢→健康
・悪玉菌 : 有害菌で、ウェルシュ菌等→毒性物質が蔓延
ニトロソアミン(発ガン性物質)、インドール(白血球を壊す物質)、チラミン(血圧を上げる物質)、・・・・
→血液を汚す、免疫力を下げる、低体温、倦怠感、・・・・
→悪玉菌優勢→病気
・日和見菌 : 体内におけるその時点で、どちらか多い方につく菌。

「日和見感染症」という病気を聞いた事はありませんか?

こちらは体の免疫抵抗力が下がり、ほんの少しでも悪玉菌が優勢になれば、日和見菌が悪玉菌につくようになります。
よって、たとえ無菌室でも起こり得る疾患です。

加熱死菌体

現在世間一般では、「生きた乳酸菌」が脚光を浴びてます。
胃酸に溶かされない強い菌を送る事で、腸まで届いて免疫力を上げると見なされてます。
しかしその真相は、真逆なようです。なんと「熱処理した死んだ乳酸菌」が、ものすごい効果を示している事が明らかに!その死んだ菌が、腸内の善玉菌のエサとなります。
例えば腸内細菌を、善玉菌も悪玉菌もいる1つの満杯のコップと考えてみましょう。
そこへ生きた菌が入ってきたとしても、満杯のコップから溢れ出る成分に、わずかながらの違いができる程度です。もちろん実際に結果が出てますから、整腸作用等の効果は期待できますし、相応の価値があるものと思います。
しかし「死んだ乳酸菌」の話を聴いた今、見劣りする気持ちが湧いてきました。
今まで「大切なのは、【いかに血流をよくするか】だ」と考えてきました。
よって骨格を整えコリを緩め、溜まった感情を解放する事が、結果として血流改善につながると――――――。
ある夫婦は、妻が高齢出産な事をはじめ諸々の理由から、妊娠・出産をあきらめていました。この話を聴いて、「希望が見えてきた!」と喜んでいただけています。
またある女性は、20年近く薬を摂り続けてきた事から、すさまじくむくんでいます。この方に摂っていただいたら、「たった1包で1kgダイエット!」と感動を分かち合えました
(あくまでも、「この女性」に限ります。「絶対」という事はあり得ません。相性がありますから、決して鵜呑みな解釈にならないよう言葉選びには注意します)。
あなたを本来あるべき状態に解放できる大きな手段、新たに1つ見つけた喜び(*^。^*)
コリリン
悪玉菌も、善玉菌次第!?
長寿血統が継続される理由