37画〜独自創造性と開拓精神

私のビジネスネーム「龍 庵真」の総格でもある37画。こちらは山崎まさよし、森山直太朗、福山雅治、Superflyの越智志帆と同じです。

この4人の有名アーティストの共通点とは、「クリエーター」「独自性」「開拓精神」です。

クリエーション(創造)

何もない0状態から、1を生み出せます。天啓はじめひらめき力の素養が抜群に長けており、骨子が何なのかを死ってか知らずか理解している傾向性があります。創造とは「これまでになかったものを新しくつくりだすこと(日本大百科全書(ニッポニカ))」とあるように、《気づきの天才》とも言えます(気づき:今までないとみなしていた物があった状態)。

私自身、「龍 庵真」を生み出してからというもの、湯水のごとくアイデアが湧いてきます。もともと即興が大好きで、湧き出てくる発想力や表現力が格段に上がりました。経営理念である「理想を讃えお互いを認め合える感動世界の創造」を実現するために、奔走している真っ只中におります。

独自性

先にあげた4人のアーティストから強く感じる点です。独自の歌詞とメロディラインは、発想を簡単にマネできる物ではありません。彼らの価値観から表現されるのは、鍛え上げてきた感性的足腰のゆえではないかとみなしています。

発想の意外性に驚いた点は、森山直太朗さん作詞作曲の「アルデバラン(Aiさん)」。朝ドラを毎回見ておりましたが、曲の素晴らしさに感動したのは私だけではないはず。『SONGS』で曲ができた経緯を語っていて「ミジンコ〜、ミジンコ〜」が基になっていたそうです。朝ドラ『エール』先生役もお見事でした。

山崎まさよしさんの「One more time, One more chance」では「いつでも探しているよ〜 明け方の街 桜木町で、こんなとこに来るはずもないのに」等多くの皆さんの心を奮わせた箇所。「来るはずがない」「いるはずがない」という逆説的な表現は、まさにアンビリーバブル。

開拓精神

独自の世界を繰り出したかと思いきや、さも当たり前だと言わんばかりに世の常識としてしまうプロモーションパフォーマンス。

先日のSuperflyデビュー15周年番組では、2007年から急速に駆け上がる越智さんがいらっしゃいました。ご自身で設定したペースについていけなくもなり、曲を作れなかった中で起死回生の「Beautiful」ができた経緯にはいたく感動します。

2022.4.7.SONGS/NHK at Superfly

山崎まさよしさんのアコースギターとハーモニカの単独ライブで全国ツアーを敢行したことも前例がなかったのではないでしょうか?

福山雅治さんは、本音は強いこだわりを持った硬派系だそうです。いったんは「清濁合わせ飲む」で望まれる役割を演じきっていたという話を聴き、感銘受けたことを覚えています。今では音楽はもちろん、大河ドラマ『竜馬』や『ガリレオ』ともに両立させています。

本領発揮と努力

もともと素養として備わっていても、才能を本領発揮できるかどうかは、ご本人の努力次第という点は必要不可欠です。先ほどの個別面談でも強調してお伝えさせていただいた点。

先に「感性的足腰」と表現したように、素養があっても磨かれた感性なしには表現できません。表現できない以上は、ないのと同じなのです。あなたが築き上げる努力は、決して裏切りません。

主にさせていただいております「理想具現化サポート」は、あなたの自発的な努力なしには確実にあり得ません。「天命」ではなく「立命」だと謳っています。あなたが人生の主人公として、ふさわしい生き方を全うできますよう祈りつつ・・・。

投稿者:

RyuAnshin

Universal Flow Therapy 健創庵 龍 庵真(りゅうあんしん)と申します。
 少なくとも20万人超のお名前と向き合わさせていただいた経緯から、生き方より理想を創り出す「姓名承認マイスター」を広げています。 
 究極のセルフマネジメントで自立成長を応援。 絶対に目標達成したい方へ、未知の可能性を実感の理想具現化サポート。 
 
 15才で自衛官となり、出身地の長崎よりも首都圏での生活が2/3となりました。 
 私自身のセルフイメージが強烈に低く、どんなに素晴らしいことをしても、悪い意味でバランスをとるような出来事が起きていました。 マジメに生きようともがきつつも、運命の荒波に翻弄され続けた期間は、30年を超えます。 
 今まで一貫してお伝えしてきたのは、 本当の癒しは、ご自身にしかできません。 
 「立名コーチング」という独自の理論により、 ・過去と未来を今ココに集約させ ・理想とする未来のご自身からアドバイスを受ける ・理想とする未来のご自身を発信源に、過去の記憶を癒す 方法を編み出しました。 
 世界中にiPhoneレベルで 「理想の自分像って?」 を訊き合って認め讃え合えている感動世界を見るために、今を生きています。 
 どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください