解明されたカラクリ

AGzFlUUwmAxojxd1464909365_1464909641

主に西洋医学系で、「健康な状態で摂ったら害にしかならないもの」と見なしています。

よく「カゼ薬を飲んだら眠くなる」と言われます。なぜでしょう?それは体の神経を麻痺させ、自然治癒能力を働きやすくさせるためです。「寝てれば治る」とも言われますが、自然治癒力が最も働きやすいためです(私は特にそう見なしています)。

つなげてみると、何が見えてきますか?

痛み止めも似たようなものです。そのため服用量は決まっていますし、摂りすぎれば死の危険性。また継続して服用する事で慢性化し、痛みが麻痺して感情も鈍り、精神疾患も起こり得ます。

ドラマ『ルーキーズ』(週刊少年ジャンプ)で、安仁屋が痛み止めを使いました。医者から「それ以上は危険だ!」と止められたのは、なぜでしょうか?安仁屋は、なぜ打ち勝つことができたんでしょうか?

薬は補助的な役割しか果たしません。

最後に責任を持つのは、あなたご自身の自然治癒力と決意(【絶対に生きる、よくなる!】という意志、湧き出てくる感謝)力です。しかもほとんどが石油を原料としているため、体にいいはずがありません。臓器に相応な負担がかかります(抑えるか、出しきるか?)。

問題に挙げられている病気を解決するためとは大半が名ばかりで、利益を上げるために処方しているような状況です。副作用を考えても、緊急でどうしようもない時以外は、控えた方がよさそうです(緊急でどうしようもない時は、服用を考える必要があります)。

根本的医療改革の必要性

もし薬に頼りきっているなら、自らの自然治癒力を信じてはいません。今は、ビタミンCでさえも体内で作られてる事が分かってきました。ながらも、その能力を認めようとはせず、果たすべき役割が分からないまま立往生・・・。そんな方が、自信や勇気をどれだけ持てるんでしょうか?感謝と喜びに満ちた人生を歩みきれるんでしょうか?

自信が萎えて来れば、免疫力が下がります。病気に掛かりやすくなります。そうなった場合、さらに薬の量を増やすんですか?私は薬に頼りきっている方で、活気に満ち溢れてる方に出会った事がありません。あなたはいかがでしょうか?

中でも子宮頸ガンワクチンにおいては、私は絶対に問題と考えています。検診(HPV検査も入れれば3年毎で十分と聴きました。)はUNで提唱していますから、世界の常識となりつつあります(ながらも日本ではあからさまに認可されていません)。当ワクチンは特に、気絶しそうなほど痛いそうですね。痛みで死人も出るくらいに。そこまでしてワクチン接種するメリットはどこにあるんでしょう?知らずに受けてしまった方々の対処を考えた方がよくないですか?

以前抗ウツ剤を10錠/食(3食とも)飲んでいた方がいらっしゃいました。施術時は4年前の話だったそうですが、潜在的コリのデトックスはかなり大変でした。

お客様で白血病の方がいました。「抗癌剤はやめた方がいい」とずっと言い続けました(もう治ったと言われながらも、再発が心配だから抗癌剤は続けるよう指示されていたそうです)。

「先生に言われてるから」の一点張りで、絶対にやめようとはしませんでした。”白血病で死ぬ前に、肝臓病で死ぬだろう”と痛感しました。彼女は出会った当時は寝たきりでしたが、施術を受けているうちに1人で散歩できるくらいになりました。皇居掃除で居合わせた、三重からいらしたおばあちゃん集団(農協の関係らしいです)の方が、発作を訴えられました。ちょうど対応できる状況でしたから、緊急処置をさせていただきましたが・・・

原因は、「肝臓」でした。詳細を聴いてみて、10年以上降圧剤を服用しているという・・・。どおりで・・・(血圧の正常値(高)は、年齢+90)。自然治癒力を活かす秘訣は、「脳・腸(腸内細菌)・仙骨のバランス」だと見なしています。

医療費だけで40兆円近い支出(特に抗癌剤だけで15兆円/年の売り上げ、ワクチンは2兆円)という異常さは、どう考えても是正する必要性を実感しています。
そのお金はいったいどこから出ているんでしょう?

国の一切の収入が約40兆円と言われてます。このすべてが医療費に賄われてるという状況です。

こんなムダ使いされて、私は悔しいです。

 

悪玉菌も、善玉菌次第!?
潜在的コリ
抑えるか、出しきるか?
死菌体と腸内細菌
長寿はいかに遺伝するか?

サプリ

栄養補助

野菜等体にいい成分を抽出し、形状を薬のようにしたもの(ソフトカプセルや錠剤、ジュースや美容液等、本当に様々です)。

中身は日々の栄養を補うためのものですから、害はほとんどありません。栄養価不足と言われる昨今、これから当分の間は「サプリの時代」とも言えます。

例えば「野菜を食べ過ぎて病気になった」なんて、聞いた事ありますか?摂った方が極端に栄養価が足りなかった場合、好転反応が起こる事もあります。

だからと言って、摂りすぎには注意です。「漢方薬よりは」といった具合で、サプリへの依存は問題です。自然界に、抽出・濃縮したようなものがどれだけあるでしょうか?

一時的には必要ですが、いつかは見切りをつけれるような土壌造りをしていかなければならないんじゃないでしょうか?

治療(治癒)の主役は誰?

摂り方にはいろんな意見があります。

Universal Flow 整体としての見解は、できる限り時間をずらして摂られるようオススメします。また必要最小限に抑える事。理由はずっと同じ時間帯に摂り続けた場合、「ご主人様、栄養補給の時間ですよ!」と体が要求するようになります。

何でも習慣化すればいいというものではありません。効果があるほど気をつけるべきです。もし旅行等で、それを忘れたりで摂れない事態が起こってしまったら、どう対処しますか?

(治癒していくための)治療のCEOは、あなたご自身の自然治癒力(決意や意志力、感謝力)だという事、忘れてはならない絶対事項です。

問題は、流行に乗って石油を原料としたり、偏りある配合をしているもの。安いものはたいていマガイ物ですが、高いからいいとは限りません。相性もあるようですから、サプリ選びは慎重に慎重を重ねた方がいいでしょう。

こちら参考になります。http://www.sup-search.com/

サプリの域を超えた【究極のサプリ】を発見!もはやサプリとは言えない領域だと実感しています(死菌体と腸内細菌、悪玉菌も善玉菌次第!?)。

漢方薬

因果関係を観る

薬との違いは、対症療法じゃなく、体質改善色が強い点。

Universal Flow 整体の考え方と、似ている点が多いです。Universal Flow 整体では「感情とのつながりをはじめ、なぜ〇〇がこうなってしまったのか?」と原因の原因を解明し、習慣が根こそぎ変わるようサポートさせていただきます。

例えばコリについて。あくまでもコリは結果であり、原因は全然違う箇所にある事がほとんどです。肩や腰が痛い原因が腎臓にあったなんて、よくある話です。
漢方薬は結果でなく、原因に働きかけます

結果とは大元に不具合があって、しわ寄せとして表れてくる物です。たいていの場合、原因は考えてもなかったような箇所にあります。もし結果を最先端技術でよくしたとしても、再発の恐怖におびえるようなら解決したと言えるでしょうか?あなたがどこまでを解決とするかによって、視点や手段が違ってきます。

また薬は病気(現状)を診ますが、漢方薬は症状(因果関係)を診ます。解決するためにどちらも手を尽くしています。

漢方薬は生薬(薬草等)で作られている物が多いため、臓器にかかる負担や副作用は少なくなります(処方次第では毒になる事もあり得ます)。

ただ好転反応(一時的にだるくなる、発熱、節々が痛くなる、・・・)が出てくるようになります。これは殴られたらアザができるように、悪いものを表面化させデトックスしようとする働きです。

見極めが大切

また大半は保険が利かないため、高価なものとなってしまいます。

サプリメントとの違いは、必要な時だけ服用する点だと見なしています。目的意識が特に必要です。その場その時に応じて、ご自身に何が必要なのかを見極める必要があります。加えてあなたには、自然治癒力が元々あるんですから、永遠に必要なわけではありません。

素晴らしいものであるほどに、さらなる健康領域を求める等の明確な理由がなければ、摂り続けたら悪化する(依存性が湧いてくる等)場合もあり得ます。

自立整体セラピーでは、ディープマインドセラピー(潜在意識の解放)等、簡単にできるような場合もあります。やたらめったらに使わない理由は、まさにこの見極めを大切にしているからです。

あなたの未来に焦点を合わせた時、本当に役立つかどうかが大きな判断基準となります。

治療のCEOは、あなたご自身以外には絶対にいません。どんな理由(動機)で摂っているのか、しっかり見極める必要があります。

根

ディープマインドセラピー

臓器の解放(CMRT)