痛みの優先順位

Fjh3JWEGM7L1HVn1464909691_1464909866

痛みの場所が変わる理由

あなたは痛い場所が変わった経験、お持ちじゃありませんか?または、アカギレ等些細な傷をも、全身の痛みとして感じる事ありませんか?肩や腰の痛みがあると、歩く事や座る事、生活自体が億劫になってしまいますよね。

原因は、脳が患部に対して痛みの成分を送っているからです。それは体(コリリン)が判断した、最も解決してほしい箇所に優先的に送られます。そこが解決した場合、次の箇所に痛みの成分が送られるようになります。結果的に見れば、痛みが移動したように見えるという経緯です。

もしすべてに痛みの成分が送られるとしたら、とても生活できません。体はご主人様であるあなたご自身をこよなく愛していますから、デメリットになるような事は一切しません。

体が見切りをつける時

痛みの成分が送られなくなる時は、大きくは2つ。
・送る必要がないくらいに健康になったからなのか、
・ご主人様をこよなく愛しているがゆえに、 見切りをつけて痛みを麻痺させているからなのか
です。後者の「麻痺」については、「好転反応」で詳細を解説しています。

「体が見切りをつける」という事は、ご主人様(あなた)が「そのままでいいと判断している」と見なすからです。その多くは、体を抑圧して痛みを感じなくさせています。体を抑圧している方は、心も抑圧しています。という事は自分を抑圧しているんですから、他をも抑圧するようになるか、表面的善人は「これじゃまずい!」と歯止めをかけ、自分をさらに抑圧するようになります。結果、胃潰瘍等病気になってしまいます。

誰でもそうじゃありませんか?「こいつにゃいくら言ってもきかねぇや」という方に会った事ないでしょうか?そんな方の対処はどうしていましたか?

信頼関係の復活作用

しかし体は、絶対に見放しはしません。なぜなら死ぬまでずっと、一瞬たりとも離れられないからです。体は、ご主人様(あなた)を、確実に愛しています 。定期診断等で引っかかる、不調を感じさせたりむくませたり、ギックリ腰等動けなくさせてしまう等々で、気付いてくれる日を待ちわびてます。できるものなら早いうちに気付いた方がいいですね。

筋肉痛はいい例です。筋肉(コリリン)が「やっと僕に気付いてくれたんだね」と言っているようなもの。適度な運動をしていなければ、心筋にかなりの負担がかかり、ひどくなれば弱った筋肉の部分が動脈瘤等を起こすようになってきます。今まで使っていなかった筋肉を動かすから筋肉痛になります。

痛みが出てくるということは、「信頼関係の復活作用」です。痛みが出てくるということは、体が信頼関係を築きたがってるという顕れでもあります。受け入れるか突っぱねるか、どちらを選択しますか?

「痛み」に対する視点を変えていくことで、確実に体と心と脳の調和に近づいていきます。

 

体の痛み=メッセージ

肩・腰・背中・ヒザの痛み

好転反応

 

痛みの役職(ランク)

一般的施術との相違点(区別化)

コリリンテーブル