暗闇に覆われた勢力と向き合う

サピア=ウォーフの仮説

あなたは、「サピア=ウォーフの仮説」という名前を聴いたことはあるでしょうか?私は初めて聴きました。ノートにしっかり書き留めたはずが、どこに記したかを忘れてしまい、お恥ずかしながら訊き返してしまいました。

解説してくださった方いわく、名前ヒーリングの話を聴いて大変興味を持たれ、こちらの話が近しいということで引用していただきました。

結論は、「言語=思考」です。意識や価値観が言葉によって形成されているなら、言葉で意識や価値観にも影響を受けているという内容です。

存在価値を創り出す人生の主人公

例えば、世界中を騒がせたコロナ。もし「コロナ菌」という存在さえも特定できなければ、なぜ多くの皆様が死に至っていくのか分からないまま、ただただ茫然と見過ごすことになっていました。病院関係の医療従事者の皆様には、頭が下がります。

「暗闇に覆われた勢力」と表現していますが、問題だと自覚していながら曖昧にしている時の恐怖感。しっかりと向き合い言葉化・現実化できた時、問題がとてつもなく大きくても、全体像が見出せたことによる安堵感。あなたには経験ありませんか?

前に当ブログで「言葉は思想の衣装」と書いたことがあります。何においても言葉化され現実化できた時、向き合うべきものが明確化されてきます。逆に言葉の使い方を曖昧に、はぐらかし続けた結果は・・・・・。

なぜ「サピア=ウォーフの仮説」を引用してくださったのか?私ながらに考えて行きついたのは、【理想の自分の名付け親になることで、存在価値を創り出す人生の主人公になれる】ではないでしょうか?

あなたを真に認めることは、あなたご自身にしかできません。絶対に。曖昧だったり、ないのなら、創ればいい。もしお探しでしたら、ご連絡くださいませ。

名前ヒーリング

サピア=ウォーフの仮説(比較的詳細に解説されています)

言葉は思想の衣装

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください