依存と中毒

Universal Flow 整体では、根本解放目的に「本来あるべき状態」という大前提から、あなたと向き合っていきます。あなたが望む自立が何なのか、よーく話を聴かせていただきます。

コリリンテーブル©
省略された価値観

今まで「膵臓は依存と関連性が深い」と言ってきましたが・・・
「依存」より「中毒」がより適切だと気づきました(コリリンテーブル)。

「自立の対義語」と検索したら、決まって「依存」と出てきます。しかし「自立」の定義(他からの支配やサポートなしに存在すること)を観て、すごく違和感を抱きました。

私たちは、誰かに依存しなければ、確実に生きていけません。食べ物を、あなたが種からすべて作ったんでしょうか?その種もどうやって仕入れたんですか?着ている服は、あなたが自らデザインし、生地からすべての加工をあなたがしているんでしょうか?

移動手段もそうですね。歩きますか?泳ぎますか?一般的に言われる「自立」とは、あまりにも当たり前すぎて省略されている、大前提の範囲内における定義づけです。

だとすると、もっと適切な表現があるんじゃなかろうか?ずーっと考えてきました

本来あるべきあなた

Universal Flow 整体は、あなたご自身の心と体の信頼関係が修復され、「調和」「愛情」「感謝」に満たされたあなたを思い出していただきたいがために存在しています。あなたは、あなただけで存在する事は、絶対に不可能です。お互いを必要とし合っています。

まとめると、「反対」じゃなく「相対」です。相反する考え方等は、排除する邪魔な物ではなく、お互いに惹かれ合っています。必要としている気持ちがねじ曲がって、反発し合うように見えています。

もしや「依存」とは、私たちに必要なキーワードなんではないか?そんな事を考えるようになってきました。

だとすると、何が最適なキーワードなのか?とイメージする中に、メンターから言われた話にピンときたのが、「中毒」です。

中毒・・・置かれた状況に慣れ、特に変化を感じなくなる麻痺状態。ある物への依存が強く、些細な不足感に強い飢餓感を持つようになる(goo辞書引用)。

まさにそのとおりだと実感です。ずっと違和感を抱き続けていましたが、便秘が一気に解消されたかのようなスッキリ感!

※ただ現状においては、「中毒」では世間的に違和感あると多くのご意見いただき、少しずつなじませる方向性に考えています。

コリリンテーブル
よく噛まない=依存
消化器系統
正岡子規、なぜ短命?

体と向き合う愛情コンサルタント

先日、夢で熱く語っていた結論。「自立整体セラピストは、体からの愛情の通訳係」です。

問題の本質

自立整体セラピーでは、潜在的コリに強烈に焦点を合わせています。なぜなら、それこそが「病気の種」であり、あなたの感覚を麻痺させ愚鈍化させている要因となってしまいます。

潜在的コリは、少しの知識があれば誰にでも引き出せます。ではなぜ誰も手をつけようとしないのか?それは解決の仕方が分からないからです。なぜ解決できないのか?それは、問題の本質が分からないからです。

仮にもし分かったとしても、どうすれば継続的解決に導いていけるのか?私は、問題の本質を見抜いて、継続的解決へ導けるようなモノに出会った事がありません。 あなたはいかがでしょうか?


心と体のすれ違い

問題の本質とは、【価値観の相違】です。例えば、私とあなたの価値観は、明らかに相違点があります。それを相互に理解し合い、新たな案を出し合っていこうとなれば最高です。『あしたのジョー』の、力石がジョーと戦いたいがために、死に至るような減量したエピソードなんて感動します。反対は・・・・・。

厄介なのが、価値観とはあまりにも「当たり前」で、自覚がない事。長期に亘って継続してきた習慣を、短期間で変えていくのはかなりキツいです。加えて都合が悪い事は、忘れていくよう脳が仕向けていきます。しかし体はしっかり記憶している・・・。

「価値観の相違」の最核心は、心と体です。自立整体セラピーでは、施術時に基本あなたの顔を見ず、目を閉じている場合が多いです。理由は優先すべきが、あなたよりも体の言い分だと考えているからです。

大半の場合、あなたと体の言い分はかけ離れています。あなたの言い分を理解する事は、専門のプロフェッショナルがたくさんいますから、そちらへ行かれた方がいいんじゃないでしょうか?

体にしてみれば、あなたは死ぬまで永遠に「ご主人様」です。ご主人様であるあなたは、ご主人様として体の言い分を受け止める必要があります。体はじめすべての生命体は、生存欲求を持っています。人間の心だけが、「死にたい」と考えてもいい権限(卑下等の過小評価を含む)を与えられています。

愛情の欠乏感

価値観の奥に秘められたものこそが、愛情です。誰しもが、【幸福でありたい】と欲求を抱いています。その情熱を持った愛情こそが、価値観を生み出します。愛情を育み続ける事は、価値観を深め広げる事に直結しています。

ここに考え至った経緯は、「浮気してもいい」と考える方との対話です。私は、「浮気なんて言語道断」派でしたから、当初は殴り合いのケンカになるかもと感じました。よくよく話を聴いてみて、浮気を許容できる彼は、「成長できる」「幸福になれる」といった価値観を持っているからだと気づきました。それからというもの、彼との太い信頼関係ができた事を嬉しく感じています。

あなたの体は、あなたの最高最適のパートナーです。あなたの体は、あなたの幸福を真剣に願っています。だからと言って、あなたの事情圏を体は把握できているわけではありません。体は、あなた個人の幸福しか考えていません。体との折り合いをつけきれていない状況が、症状として現れてきます。

例えば肝臓は「沈黙の臓器」と評され、ガン等発見が難しいと見なされています。私には、【言い訳の伏線】のように感じてなりません。もし発見を見抜けなかったとしても、「沈黙の臓器」という暗黙の了解で口裏を合わせておけば、責任を免れやすくなります。あなたの体は、絶えずメッセージを送り続けています。

あなたは、幸福になって思い通りの人生を歩みきるために生まれてきました。それは、あなたの心と体の価値観を共有できた時、名実ともに実現できます。

あなたの核が変われば、あなたの視点が変わり、今まで見えていなかったものが見えてくるでしょう。多くの気づきが起こり、実践する勇気を持てるようになれるんじゃないでしょうか?

体に沁みついた価値観

弱みにつけこまれる理由

体や周囲はズルいのか?

よく言われるのが、「ガンをはじめあらゆる疾病は、弱い箇所に発症しやすい」あなたは、聴いた事ありませんか?試合等でも、【相手の弱みにつけ込め】なんて言いますね。

答えは簡単です。逆説的に見て、もし体の中で最強な箇所にガン細胞が蓄積していった場合、どうなるでしょう?まず、ガン細胞はなぜできるんでしょうか?

最も危険な疾患は、【血液の淀み】です。動脈硬化を因とした、動・静脈瘤等の疾患を招き入れます。いつ死に至るかも分からない、危険な状態です。体(=コリリン)は、どうにか避けようと試みます。

そこで体なりに考え出したのが、「しわ寄せ」です。最も解決しやすそうな箇所に、問題を集結させます。

ここで人生の選択。もしあなたが体の立場なら、どうすれば最も早く解決に結びつけきれそうでしょうか?しわ寄せの箇所は、最強?最弱?

体の選択は、最弱でした。理由は、ご主人様であるあなたを信頼しているからです。もし最強を選択したなら、悪習慣な生き方を自覚できないまま、自覚症状が表れてきた時・・・・・・・・・・・・・。最強の砦が崩されたとしたら、もはやなす術はありません。

生い立ちを解放する

最弱な箇所に集積させていれば、自覚症状は早く表れてきやすくなります。体は、ご主人様であるあなたが気づいて反省し、生き方の軌道修正をしてくれると強烈に期待しています。臓器や筋肉はじめすべての生命体は、生存欲求を持っています。体は、自身を生かすために最小限の犠牲を払って、発症させました。

ガンに罹る方は、ガンに罹るような生き方をしています。その他あらゆる疾病も同じです。自立整体セラピーでは、そんなあらゆる疾病の根本原因である【生い立ち(幼少期の記憶)】に焦点を当てて、あなたと向き合います。

あなたが「できないor無理だ」と決め込んでしまうような思い込みを、1つ1つ払拭・解放していきます。あなたが真剣にご自身と向き合うなら、100%改善に向かいます。

自立整体セラピーでは、【メンタル(価値観)の変容】を最優先に考えています。もしメンタルが変われば、考え方が変わります。考え方が変われば、行動や生活習慣が変わります。生活習慣が変われば、運命が変わり、人生が変わる可能性が見えてきます!

あなたが自らの人生の主人公として、最高の人生を歩みきれるよう、全身全霊をかけてサポートさせていただきます(*^。^*)

 

東京練馬で、根本解放の整体なら・・・。

 

不調の原因は、無自覚な潜在的なコリ
認知症の根本解放策
志〜愛・感謝・喜び
感謝が溢れて来る施術(動画文字起こし)

 

体の幸福観(魂・心・脳の関係)

image

魂と心と脳


魂・・・絶対的良心。
時空を超えて、誰もがうなづく基準。
絶対的真善美。すべてを包み込むような愛情。

心・・・相対的良心。

あなたが正しいと考える、各人各様な基準。「個別性」です。
戦国時代と現代では、判断基準がまったく違います。
各々の国観や宗教観によってもそうですね。だからこそ宗教戦争が起きています。

えこひいき等、Aさんにはニコニコ接し、Bさんには辛く当たる・・・。こんな事が発端で2重人格障害なんてあり得ます。国家間の戦争の縮小版が、個々人のケンカやいじめです。

脳・・・習慣に基づいて、「今まで~だった。だから―しよう」と考える基準。会社で言えば、本部のような存在です。

脳は体の一部でありながらも、思考機能を備えています。魂や心と、一緒くたに考えてしまう事がよくありがちです。脳は、「潜在意識」と同じような解釈をされる場合が多いです(心と脳と体の調和)。

本来あるべき状態と現状

私は性善説派です。本来あるべき状態の人間とは、魂と脳の関係しかないと考えています。心は魂に内包されたような感覚です。

もし魂と脳が調和した個々人が、世界中に溢れるとしたら・・・。個性と個性が混ざり合って、さらに大きな調和が生み出されるでしょう。

誰もが得意分野をいかんなく発揮し、不得意分野をお互いに補い助け合っていくような世界!すごくいいですねぇ!

現状は、心と脳が主です。魂もあるんですが、「囚われの身」といった状況です。こちらのコミュニケーションがずーっと続くと、たいていの場合、自虐思考(悲観的発想)になります。

絶対的基準がないなら、「上」とは「下」があるから成り立ちます。無意識に比較するような事態が起きてしまうのは当然です。

「自問自答」なんて最たるものです。自分の中の、誰と誰が対話してるんでしょう?バラからひまわりになろうともがき苦しんだ方、いらっしゃいませんか?少なくとも私はその1人です。

こういったカラクリがだいぶ見えてきましたから、かなり対処できるようになってきました。脳は、ご主人様であるあなたを健康で幸福にするため、きっちり役割を果たそうとしています。

体の願い

では体が考える「幸福」とは何でしょう?それは「ご主人様(あなた)の願いを叶える」です。対話してきた体たちが、一貫共通して訴えてきたのは、「ご主人様は神様より格上」でした。

体とやりとりする中、共通して訴えてきたメッセージは、
1.成長(学習欲求)
2.ありのまま
3.大好き(最優先。もし納得できないなら、1と2を却下してもいいと考えています)

ただ、生死に関わるような極限状況には、相応の対処をします。体は死ぬまで、永遠かつ一瞬たりともご主人様から離れられません。ギックリ腰にさせたり等、ご主人様に気付くようメッセージを送り続けます。それが「痛み」です。

ご主人様であるあなたが落ち込んでいれば、体も一緒に落ち込みます。
「あれ?よかれと思ってやった事だったけど、悪かったな(/ω\)」

たまにこんなこと話してるかもしれません。
「なぁんか、イラついてるよね?ホルモンバランスをもっと調整せないかんかな?と副腎くん。
「ご主人さんが、あまりにも飲み込むように食べるから、近々クーデターでも起こそうかって思ってんだよ。そうすりゃ少しは反省するかな?」と膵臓くん。
「あれ?今までご主人さん、何もうちらの事関心持ってくれんかったのに、急に流れがよくなってきてね?今までの渋滞がかなり緩和されたわ。何が起こってんやろ?」と赤血球くん。

体の細胞それぞれが、しっかり果たすべき明確かつそれぞれの役割分担を担ってます。ながらも髪の毛1本から鑑定されるDNAは、それだけで個人を特定できます。

自立整体セラピーでは、体の側面から魂を解放できると考えています。

 

心と脳と体の調和
認知症の根本解放策
究極の根本解放整体
無意識領域の根本解放策