自己承認と発展

イメージ大転換
g6GsL9xmxHDnSUD1455635237_1455635368

2/6〜9、フィリピン視察ツアーを終えて、感じる事。
それは・・・・・・、フィリピンの急激な発展ぶりです。

個人の目的は、
・フィリピンにおける整体事情
・世界展開に向けた将来性
・ビジョンの先鋭化
に焦点を合わせていました。

私には、叔父がフィリピン人と国際結婚した経緯があります。横須賀に住んでおり、自衛官当時親代わりで、えらくお世話になりました。タカログ語は、英語が堪能な叔父でさえもさっぱりだとぼやいていました。

10代だった私には、おばさんには正直好印象を持てていませんでした。いとこたちから、「お母さんをバカにするな!」と叱られた記憶があります(何を言ったかは思い出せません)。

加えて、「ゴミ処理場で生活する家族」の話等聴いて、いいイメージはほとんどありませんでした。よって世界展開のビジョンには、完全ノーマーク。

今回メンターから「フィリピン」と言われ、近しい感覚は持ちつつも、「大丈夫?」といった心配は・・・。

変化の秘訣

フィリピン滞在中、メンターとかなりの時間を共有できました。そこで何度も口にしていたのは、「フィリピンは、もともとアジアのお荷物だった」私が受けていた印象と、その時重なりました。

「何が秘訣だったと思いますか?」と、即座に訊き返しました。「国民が、自分の魅力に気づけたから」即答でした。

例えば、英語力。イギリスとアメリカ、発音等かなり違うようです。適材適所に合わせきれる方々が、すごく多いらしいです。結果、国際コールセンターの主流が、インドからフィリピンになりました。

私自身、行ってみて感動しました。私のつたなくたどたどしい英語を、どうにか理解しようとしていただけていました。今まで日本を出たのは韓国くらいですが、外国人とやりとりする機会がかなりありました。私の英語力が乏しく、コミュニケーションに無力感を感じざるを得ませんでした。こんな私の英語が・・・と、嬉しく思えました。

相手を受け入れようとする姿勢が伺え、私が日本人だから?家族にはどう接してるんだろう?等々いろんな思いが湧きました。
今まで【自己承認の重要性】に対して、一貫して訴えてきました。フィリピンの発展ぶりから、改めて諭されました。

高度成長期

初日、これからお世話になるであろう銀行の方々と、対話の場を持てました。

定期預金は、1年で最低8%です。そんな事があり得るのか?と疑心暗鬼な思いが湧く方、いらっしゃるかもですが・・・。

日本も高度成長期には、同じような状況でした。中心街はかなり変貌を遂げていますが、街の風景は、昔の日本もこんな感じだったのかも・・・と思わせるような感覚です(映画『オールウェイズ』は参考になりそうですね)。

彼らが自分を認め、希望を見出せるようになれたのは、現マニラ市長 エストラーダ元大統領の任期からだそうです。 エストラーダ氏は、過去に汚職をした経緯があるそうです。そんな状況で今マニラ市長を任されている理由は、まさに彼が国民を信頼している土台が、あるからこそじゃないでしょうか?

フィリピンはアキノ大統領が、「2020年には、シンガポールと同じ水準へ」と公約に掲げており、これから【独自の強み】を生かした歩みを発展させていくでしょう。高度成長期は、2040年まで継続されると観る方もいらっしゃいます。実際に、世界的に「投資適格国」とみなされてもいます。

将来性を強大に感じてしまうのは、私だけでしょうか?

常識を疑う〜ひらめきの秘訣

ひらめき大全

変わりたいあなたへ

いらっしゃるお客様方はじめ、多くの皆さんと接していて感じることは
あなたには、無限に秘められた可能性が埋もれている

中学時代、サッカー部ベンチで声を枯らしながら応援していた頃から、
俺はこがんもんじゃなかろう!まだまだ何かできるはずゃろ(@_@;)!と、人知れず自らを叱咤激励していました。それは今も続いています(方言はだいぶなくなったと思いますが^_^;)。

しかし前のあなた自身と比べてみて、どれくらいの変化があるでしょうか?その時と同じくらいor凌駕する変化の可能性は、どれくらい望めるでしょうか?または微々たるものでも、成長・発展を継続させていける可能性は、どれくらいでしょうか?

変化は、体と心の関係が、密接です。年を経て体の成長が遅くなるほどに、内面的な成長にも制限を設けてきた方、多くありませんか?

幼稚園児と先入観

警備の仕事をしていた当時、障害者の幼稚園児が描いた展覧会に就いた事があります(東京駅の丸ビルでした)。「観ている方と一緒に見回ってていい、一緒に評し合っていい」と言われましたから、いらした方々とたくさん語り合いました。元から関心あったので、仕事でこんな有意義な時間を持てた事に、ホントに感動でした。

皆さん共通してのコメントは、
子供たちの感性には、心が浄れる!感動した!!!
シンプルな問題なのに、先入観ゆえに難しく感じてしまう事ありませんか?子供たちの方が簡単に解いてしまう・・・・・。あなたの成長・発展は、いかに先入観を払拭させていけるか?が、大きなポイントなるんじゃないでしょうか?

先入観の代表は、まさに常識だと考えていますが、あなたにはいかがでしょうか?(常識:一般人が共通に持つ、また持つべき普通の知識・意見や判断力(goo辞書))。

常識とは現状において、「当たり前」だと見なされている定義づけです。それはあくまでも「今」であり、未来永劫必要な定義ではない場合も大いにあり得ます。よって更新はものすごく重要です。

解決策

だからと言って、「退化してください」なんてつもりはさらさらありません^^; どうすれば、先入観を覆せるのか?

大きくは、2つ。

1.自問自答

最近ほとんどやった事がないような方は、自分への質問を繰り返すうちに、マイナス的な自虐思考に陥り自己嫌悪してしまう場合もあるでしょう。お風呂に浸かっている時等、リラックスできるような状況下に持っていく事は、ものすごく大切です。

「何のために生きているのか?」
「なぜ〇〇をしてしまったのか?」
「どうしたら〇〇さんと感動を分かち合えるのか?」
・・・・・・・・・・・・・・・・・。

繰り返すほどに、おそらくあなたの価値観が深まっていくのを実感できるでしょう。もし価値観という枠組みが、あるのかないのか分からないくらいに広がり深まっているなら、先入観はどれくらい残ってるでしょうか?

2.掃除の実践

毎月掃除ボランティアで、世話人をさせていただいています。2005.3.3.に鍵山先生とご縁を持ててから、自称弟子だと謳っています。多くの素晴らしい気づきがあります。

ゴミから教わったこと
は、何回読み返しても感動します(*^。^*)

あなたは、まだまだいくらでも、無限の可能性を発揮させる事ができます!!!

鍵山先生と2005.10.14-2鍵山先生と2005.10.14-1

先日、久々にあった先輩から、昔の写真をいただきました(2005.10.14.NHK取材)。今思えばふてぶてしく、エゴの塊のような恥ずかしさを禁じ得ません。【人は誰もが成長する】この写真を見て、改めて痛感しました。

無自覚領域の根本解決策
ゴミから教わったこと
完成人と自然体
遅れの法則
変形性同質要素
深めれば、広がる

一体化の妙味

結論は、「主観と客観両方から見つめましょう」ってこと。 先入観を取っ払い、新しい視点で見つめてみたい方にはおススメです。どちらかへ傾くほどに、焦点はボヤけ麻痺してきます。

猫背に悩んでいた当時
2005年当時、歌舞伎町掃除にて。猫背に悩んでいながらも、もはや当たり前で麻痺していました。

私は超がつくほどのコリ症で、誰が見てもはっきり分かるくらいに猫背でした。よって疲れは半端ではなく、いつも辛い日々が続いてました。それで誰かへの施術で精神的な癒しを受けるほか、解決の手段はありませんでした。整体が趣味になってしまった所以です。今は仙骨矯正のおかげで、だいぶ心配がなくなりました。

自分で指圧していても、さほど気持ちよくはありません。たまに誰かがいつも辛そうだからと、親切でもんでくれる事もありました。すでにそれなりの域に達していたからか、「あぁもぉぉ代われ!こうやってやるんだよ!ほら!!」と結局は・・・。どうしてなのかずっと考えてきました。

転機

ある日ラジオで流れていたニュースに感動しました。 それはある学会での発表でした(どこの何だったかは覚えてません)。いわく「自分で指圧しても大して気持ちよくない理由は、″今からここを押しますよ″という神経信号と″今からここを押されますよ″という神経信号が、自分から発せられているから」だとか。

この事で深刻に悩んでいた私は、ピンときました。だからラジオだろうが、はっきり覚えているんだと思います。

簡単に言えば、「自分自身でじゃんけんをしているようなもの」です。 ぜひ想像してみてください。左手でパーを構え、右手でチョキを構えている。さぁジャンケンポン!じゃあ次は・・・、何回も繰り返そうと思うでしょうか?もしこれをおもしろがってやっているような方は・・・。

理由は、「刺激がないから」です。相手が何を出すのかが分からないから手に汗握りますね。もしジャンケン勝負一回で全財産を賭けるとなれば、かなり燃えませんか?
あまりにも近いと、感覚が麻痺してきます。一体化しすぎていると、分からなくなってきます。

事例

例えば心臓の鼓動。胸に手を当ててみれば分かりますが、常時寸分狂わず正確に約4,000本/日の2Lペットボトル分の血液を動かしています。もし心臓みたいな社員がいたら、どんな社長も雇いたくなるでしょう。それに気付いていますか?

腸は毎日1兆個の細胞が死に、生まれ変わってます。その自覚ありますか? オナラ(特にすかしっ屁)は臭いですよね?大半の方にそんなものがお腹の中に入っているんですよ?

「健康の価値は、病気になってみて分かる」なんて、よく言われますね?ぎっくり腰で来られた方が、施術ですっかりよくなり、喜んで帰られました。しかしその夜再発してきたそうです。理由は潜在的コリが残っていたからです。我慢できず近くの病院で精密検査を受けて、10分くらいで見抜いた原因とまったく同じ事を言われたとか。「〇〇病の一歩手前だったよ。ぎっくり腰になってよかったねぇ」と言われたそうです。

射撃のプロ(自衛官当時の先輩)からのアドバイス。「リラックスした状態で、焦点がボヤけてきたら当たる」とか。当時の私にはえらく混乱し、さらに当たらなくなった記憶があります。

自らが成長しているかどうかの自覚にもつながります。 心と体が別人格として存在してる事を認められますか?なのに心と体は、幽体離脱でもしてない限りずっと一緒に生活しています。 分かりやすいのは、久々に会った方です。同窓会等で会ったら、かっこよくきれいになった方、ずいぶん老けた方、ほとんど変わってない方、いろいろありますね。いつも一緒だと、違いに気付きづらいものです。

警備会社で働いた時期もありました。施設警備(建物等)で教わった事は、「いつもと違う場所に置かれていないか?いつもと違った雰囲気や物音等ないか?」が着眼点だと。

仲翼(仲良く)

私たちは、先入観によって曖昧にされています。いかに先入観を払拭し、正しく適切な把握ができるのか?

渦中にいると、その分見えてくるべきものが見えてきづらくなってきます。もし「こんなにすごいものなのに、なぜ分からないんだ?」と憤りを感じる方がいらっしゃるとしたら、たまには見つめた事がない視点から見つめてみられてはいかがでしょう?多くのすばらしい経営者は、現場に出かけてお客様からの意見を聴き反映させてます。

ある不動産の営業マンが、いかにして業績を上げるかを研究してるとしましょう。本屋に行ったら、どこに行くでしょう?たいていは「いかに説得するか?」の情報棚ですかね?しかし不動産を買おうとしているお客様は、「いかに安くいい物件を見つけるか?」の情報棚に行きます。お客様が説得の情報誌棚に行く事はまずありません。

政治においても、右翼と左翼の熾烈な論争が繰り広げられていますが、「仲翼(仲良く)」なんてのもアリじゃないですか?こちらをモトに、違った発想が生まれてくるんじゃないでしょうか?ぜひ身近な話に置き換えてみてください。

国境線と先入観

結論は、あなたの脳をいかに使いきれるか?です。

世界平和への方策

Universal Flow 整体は、整体の枠には収まりきれません。将来小学校教育に活用され、世界を変えていくための大きな手段と見なされる日をイメージしています。

国境線とは、隣り等近くだからこそできます(インドとパキスタン、日韓中、イスラエルとパレスチナ・・・)。

ディープマインドセラピーでの解放イメージから、サハラマラソンの話が出てくる場面が多いです(場面は同じでも、お客様の価値観次第で微妙に違ってきます)。世界一過酷なレースと言われていますが、一緒に走ったライバルがすっかり意気投合し、死ぬまで交流を継続しています。感動的な場面であることが多いです。

もし彼らの国家間で戦争が起こったとしても、彼らの信頼関係が損なわれることはあり得ないんじゃないでしょうか?信頼関係がさらに深まり広がっていくようなことが、立て続けに世界規模で起こっていくなら、どんな変化でしょうか?

陰口から陰ボメへ

国境線、個々人レベルにおいては、「先入観」に相当しませんか?私の中には、まだまだ確実に蔓延っている先入観、あなたにはいかがでしょうか?かなり脳が不活性な状態です。
例えば、まだ会った事がないAさんに初めて会うにしても、Aさんを知っているBさんに訊く事ありませんか?訊いたBさんがどんな価値観でAさんを見ているかによって、会う前からAさんの第一印象は決まっています。
自衛官当時、自分が嫌いでたまりませんでした。似たような相手が鏡に見えるんでしょうか。彼を強烈に忌み嫌い、よくケンカしていました。
当時の上官に言われた言葉です。「もしお前たちが違う部隊に配属され、吉永がいる部隊に◯◯と仲がよかった知り合いが転属するなら、◯◯は吉永をどう紹介する?知り合いが吉永に会った初対面の第一印象は、どうだろう?」当時は屁理屈に聞こえていましたが、今は重くのしかかります。
いつも誰かが、私の文句を言っているように感じていた時期がありました。身近な第三者が談笑している時、私が嘲笑されているように感じていていました。原因は、【私が陰口を言っていたからだ】と気づいた時、ものすごく反省しました。それからというもの、【陰ボメ】に徹するよう心がけてきました(強烈な効果です!)。

斬新な共通目的案

繰り返しますが、Universal Flow 整体においては、「整体」という枠には収まりきれません。施術を受ける気持ちでいらっしゃった方々、大抵は驚かれます。体をよくして欲しいと思ってきてみたら・・・。

根本解放目的に原因と向き合い、ムダなものを削ぎ落としていく内に今に至ります。さらに磨きをかけ、原形が分からないくらいに変化していくものと見なしています。

世界中すべての皆さんが先入観を払拭し、誰もが喜ぶような【斬新な共通目的案】を提示できたら、何かが変わっていくんじゃないでしょうか?しかもそれは意外や意外、私たちのものすごく身近な場所にあり、あまりにも当たり前すぎて麻痺しています。

極めてシンプルかつ確実な方策があるとしたら・・・、あなたの脳を使いきること。もしあなたの脳が活性化されているなら、不可能だと思えていたことが、過去形になるかもしれません。

Universal Flow 整体では「病気が治る=病気になる前の状態へ戻る」と定義づけています。あなたの脳を研ぎ澄ましフル回転させきれているなら、たとえしぶとくこびりついた先入観でも、剥がれ落ちるかもしれないと思えるのは私だけでしょうか?

 

ディープマインドセラピー
人生のキーワード