過ぎてみれば、愛だった

手助けしたはずが・・・

ある日少年が、木の葉に繭がついているのを見つけ、家に持ち帰った。数日後、蝶が繭を破って外に出ようと苦闘を始めた。長く厳しい戦いだった。

少年には蝶が繭の中に閉じ込められているように見えた。蝶の動きが止まったように見えた少年は、心配してハサミで繭を切って蝶を助け出した。

その蝶は、翼を広げて飛べず、這い回るだけだった。本来なら、繭の小さな穴から苦闘しながら出ることで、体液が翼にまで行き渡り、飛べるようになるはずだった。

この教訓は、私達にも当てはまる。人生は苦闘の連続だが、もし苦闘がなければ、本来あるべき強さを発揮できなくなる。人生を切り拓く者は、逆境が人格を鍛えることを理解し、苦闘を歓迎する。

分岐点は、ピンチの瞬間に来る。困難に直面した時前進し続けきれるか?勝敗の分岐点は、現在にある。『自分を磨く方法』p72 A.ロックハート

以前ある詩に感動し、いつも手元に置いて置けるようにと、メール化させていた時期があります。当時の文章ですが、今でも感動します。

過労死の恐怖

以前あまりに忙しく、「過労死するんじゃないか?」という心配が、どこからともなく湧いてきた時のエピソード。

心が枯渇し萎えてきます。何をやっても失敗しそうな不安。「一歩を踏み出す勇気が大切」等々励まされるほどに、「うるせえ!」なんて苛立ちを隠しきれませんでした。

それでもやり続けていくんだと、か細いながらもフォーカスに努めていたある日。「過労死」というキーワードが完全払拭された感を抱きました。その時「死ぬかもしれないという不安を抱いていた私」とは、今までの価値観に固執し手離そうとしていなかっただけだと気づきました。

分かってみれば、「なぜ悩んでいたのか?」「なぜ難しいと感じていたのか?」疑問にさえ思えてきます。例えば、「自転車で転んでください」と言われて、転べますか?

成長と限界枠

悩みの解決策とは、大半の場合、あなたの限界枠の外にあります。内側にあれば、「悩み」ではなく「タスク」「やるべきこと」です。

悩みを解決しようと、あなたが彼のために素晴らしく適切な助言をしたとしましょう。彼が納得しないことって、今までありませんでしたか?表現を変えて、例えを交えて、尽くしまくって・・・・・。「やっぱり分からん」という返答だったら、ガックリしませんか?

成長とは、限界枠を深め広げること。限界線と常に向き合うような生き方をしている方が、成長できないわけがありません。わずかながらにも、礎を着実に築き上げていくでしょう。

限界枠を克服できた差が大きいほどに、以前のあなたとは別人のように見えるはず。幾年後かに、あなたは成長して過去のご自身を慈しめるようになるんじゃないでしょうか?

過ぎてみれば、愛だった

幾年後かに思えることが分かっているなら、現時点でそう考えた方が、あなたにとって大きなメリットなように思えますが、あなたにはいかがでしょうか?

あなたは、「今までのあなた」ではありません。「未来の成長したあなたからの呼びかけに応えようとしているあなた」です。

あなたは、「今までのあなた」ではありません。「『今までたくさん克服してきたよね?』と、ご自身へ言い聞かせきれるあなた」です。

あなたは、「今までのあなた」ではありません。「ガンばった先の光り輝いている姿が鮮明に思い描けているあなた」です。

だからこそあなたは過去を慈しみ、多くの皆さんを癒しと希望へ導くようなことが、立て続けにあからさまに起きてきます。忌まわしいと思えていた過去の記憶さえも、感謝の気持ちが湧いて来ないわけがありません。

題名である「過ぎてみれば、愛だった」は、私が21歳当時から座右の銘としてきた言葉。ドンドン深まっていることを痛感しています。

もし「今までいろんなことを克服してきた。今まではすべてが愛情に包まれていた。これからは違うんだろうか?」と問いかけるなら、何と返ってくるでしょうか?

未来のあなたから見れば、今起きているキツい出来事は、【愛情という贈り物】です。

「感謝」の対義語→盲点(無知)→病因

感謝の対義語と無知

Universal Flow 整体において、大きなテーマとして扱ってきた1つです。

感謝の対義語である「〇〇なんて要素は微塵もない」という方は、この世に存在しません。凡人である私に分からないだけで、いかなる素晴らしい人格を持たれていても、100%確実にあります。

そう考えた方が、あなたにメリットが大きいと考えています。なぜなら、対義語が極にある分、理解し得た分絶対値が上がります。例えば落ち込んだ時、極みに至ったら転じきれた経験、ありませんか?

あなたが病気を患う最大の理由は、あなたという最高傑作な存在に対して、無知だからです。なぜ無知だと言えるのか?もし知っているなら、あらかじめ病気になんてならないよう、細心の注意を払って対策を講じるんじゃないでしょうか?

前々から「脳はキーワードに反応します。例えば『ガン』というキーワードを多用すれば、ガンにかかりやすい」と謳ってきました。こういった場合においても、「あなたが無知だったから」と言えます。

〇〇だと自覚することでもたらされるメリットは、「足るを知る」という、無知からどんどん遠のく結果となります。かくして最適に向き合うべきテーマは、「あなたの生涯史」です。望む未来から、引っかかっている過去の記憶を軌道修正し根本解放へ。

無知だと言いきれる根拠は、あなたの視野が狭いからです。例えば「もしガンにかかったらどうしよう?」と心配するAさんがいるとしましょう。それこそ、そもそもの根拠とは?周囲の皆さんが、よからぬデマ(風潮)で扇動しているからでしょうか?デマを広めることで、都合がよくなる方がいらっしゃるからにも関わらず、なぜ受け入れてしまうんでしょうか?

体の言い分

「〇〇病にかかる方は、ふさわしい理由がある」と見なしてきました。周囲の方々には見えていても、あなたご自身には見えていなかったことが、あるんじゃないでしょうか?

分かりやすく、筋肉痛のメカニズムに例えてみましょう。体の言い分としては、「ご主人さん、やっと僕の存在に気づいてくれたんですね」と言っているようなもの。滅多に使わなかった筋肉を久々に使った場合、あなたがもしその部位の筋肉ならどう反応するでしょうか?

背中や腰に不具合がある場合の解決策は、「腕立て伏せ」をオススメします(うつ伏せ施術がない理由)!後ろ側に問題がある原因の多くは、前側にあります。前側に負荷をかけることで、後ろ側の問題は小さく思えてきます。問題の多くは、あくまでも相対的です。

盲点

ありません?素朴な疑問に、虚を突かれること・・・
ありません?素朴な疑問に、虚を突かれること・・・

Universal Flow 整体においては、「周囲の皆さんには見えていても、あなたご自身には見えていなかった」という見解に対して、「盲点」と謳っています。この盲点こそが、
・あなたには見えて(聴こえて)いても、周囲にはさっぱり分からない
・周囲には見えて(聴こえて)いても、あなたにはさっぱり分からない
なんて状況を作り出します。この世に「盲点がない」という方、絶対に存在し得ません。

意見の不一致なんて問題は、いつでもどこでもあらゆる状況で起こり得ます。この時、あなたがどんな選択・決断をするかが、人生を大きく左右します。

私の場合、哲学書等たくさん読んできました。その影響からか他人の価値観を知ることが大好きになりました。哲学者がなぜ有名になったのか?それは、他人と比べたくさん考えてきたからです。

多くの民衆は、哲学者の最も近い考え方を受け入れてきました。同じように、あなたからも価値観の影響を受けるんじゃないかと期待しています。私には盲点だらけだからです。

私には盲点があるという現実を真摯に受け止め向き合う時、感謝の気持ちが芽生えて来ない理由が思いつかないんですが、あなたにはいかがでしょうか?

「成長」とは、「限界枠が深まり広まること」と称しています。もし「限界だ」と感じていた物事が、当たり前に思えているなら、あなたは相応に成長したということ。成長の秘訣は、いかに限界線と向き合いきれるかではないでしょうか?

あなたが盲点を克服できた分、病因も払拭されていくでしょう。その時、あなたの目の前にある世界とは?

2016.11.15. 靖国神社 参集殿にて
2016.11.15. 靖国神社 参集殿にて
うつ伏せ施術がない理由
感謝の対義語=当たり前?
感謝の対義語=恨(怨)み?