究極の自問自答

あなたにとっての現実

ある方とお電話にて、「立命コーチング」の解説をさせていただきました。その方から「まさに究極の自問自答ですね」と評していただけました。

よく「自問自答してみます」「考えてみます」とおっしゃる方に出会います。私自身、よく口にしていたフレーズです。ここで言う「自問自答」とは、ご自身の中の誰との対話を指しているのでしょうか?

今までの自分自身と対話しても、確実にうまくいきません。今までの価値観という枠による視点では、新しい観方ができるわけがありません。理想の自分から観ることで、大いにご自身の可能性が高まります。

理想のあなたと対話していくことで、「あなたにとっての現実」が変わってきます。夢の中で起きた出来事を明快に覚えているなら、意識に明快に記憶に残っています。バーチャルの世界で、あなたの中で存在し続けます。私はばあちゃん子でしたが、未だに私の中でばあちゃんが生き続けているように。

基準は未来の理想であるあなた

未来の理想のあなたを、「憧れの対象」とみなし続けている内に、基準があなたの中で未来の理想と現実を往来するようになります。なぜなら、名付けたその方は、理想のあなたでもあるからです。時系列的に言うなら、「名前ヒーリング」は、すべてあなたの中で起きています。

基準が未来のあなたとなるということは、もし落ち込むような出来事があったとしても、引き戻されるのは未来のあなたとなり得ます。「未来の深掘り」では、【当面の課題を克服できたら〜】を、徹底的に深掘りしていきます。同じように、未来に生きているあなたには、希望しかないのです。

いかなる困難でさえも、すべて吸収して学びに変換させていくでしょう。なぜなら、全く無関係に思えるような出来事も、「将来必ず意味を持つはずだ」とこじつけるからです。「理想が明確化される」とは、そういうことなのです。

腸内細菌において善玉菌が圧倒的優勢な状況であれば、悪玉菌は善玉菌に加勢するようにできています。未来の理想的なあなたが確立してしまえば、過去の記憶はあなただけで解決できる事案はたくさんあります。過去のあなたの記憶が解放されれば、成長して名付けたあなたへ再インストールされていきます。過去の忌み嫌っていた記憶が、宝物にどんどん変わっていき得ます。

こだわってしまう理由

私たちは、未来に生きていながら過去できなかったリベンジ(清算)を目的として生きています。これこそが、ご自身にこだわってしまう理由です。

課題は重要度や優先順位によりつつも、発想自体はリベンジに基づいていることが大半です。今までの私の経験では、幼少期が9割で、残りを前世とご先祖様で分けている感覚です。

約1,000年前の前世と向き合った憑依霊を成仏に導いた等のエピソードがあります。当時の彼らの話を聴かせていただき、相互理解に至った経緯も根拠となっています。

明治神宮にて

立命コーチング

未来の深掘り

感涙!珠玉エピソード〜未来の深掘り

dsTRWcFdbV4s6KD1460706815_1460706887
次は、あなたの出番!?

今まで、数えきれないほど多くの未来を、深掘らせていただきました。たくさんの感動エピソードがありますが、そんな中から選りすぐりを抽出してシェアします^ – ^

アトピー息子さんのお母さん

彼女は、生まれた時からアトピー症状の息子さんと向き合ってきました(今は全快)。「もしご自身報われたと、強烈に実感できたなら、どう変化しています?」の問いに、「アトピーの幼い子と親子で一緒に読める(読んで励みになるような)『自然治癒』をテーマにした絵本を描いています」と返ってきました。

「へぇ>* ))))>< じゃあ、それがどんどん深まって広がっていったなら、どうなっていますか?」等々の質問を経て、「大成功した暁に、イチバン大切な方からどう評されているでしょう?やっぱご主人さんですかね?」と訊いてみて、答えにホロッと目頭を熱くしました。

「いえ、主人のお母さんです。なぜなら、自然療法でアトピーを治すことを、唯一認めてくれた方だから。涙を流して喜んでくれると思います。自分の母親からは、新興宗教呼ばわりされたんです。それを・・・」

「じゃあ、そんなお義母さんに、どう応えていますか?」の問いに、「ただただ抱き合って泣いてます。言葉は不要です」情景がものすごく伝わってきて、涙をかなりこらえました。

孤独に走り続けてきた40代女性

よく言われるキャリアウーマン的な、才能あふれるステキな女性です。しかし周囲の意見とかみ合わず、衝突ばかりだったそうです。よりハイレベルな成功を求めて、施術を受けにいらっしゃいました。そこで「もし誰かに、深く理解されたと実感できたなら、どう変わっていますかね?」と問うてみました。

「私の人生、誰からも理解されないものだと思ってるから、そりゃ嬉しいわよね。その方のためなら、どんな苦労もいとわないと思うわ」「なるほど!そうですか!じゃあそれが、もし自分自身だったら?」「え・・・・・・・・・・・・、私が自分のことを?そんなこと、考えたこともなかったわ。できるの?」

「もちろんですよ!自分を理解できてもいないのに、他人を理解できるわけないじゃないですか!まさにここが、出発点です」

かなりの沈黙が続きましたが、堰を切ったように彼女の目から、大粒の涙が溢れ出しました。「私、全く理解しようとはしてなかった!今までたくさんの勉強をしてきたのに・・・・・、だから今まで・・・・・」

「改めて。もし自分を理解できたら、どう変化していそうでしょう?」
「どう考えても、人生が確実に変わるわね!輝かしく!!!」
「そうなんですね!どうしてですか?」
「孤独な原因が分かって、それが解決できるに決まってるから」
「ヘェェ!そりゃ素晴らしいですねぇ!!さすがです!!!!!」

以降の彼女は、もともと魅力的でしたが、さらに輪をかけての美しさを醸し出すように。やはり表面的にどんなに着飾っても、内面からにじみ出てくる輝きには、かないようがないんだと痛感でした。

死を克服した唄い手の女性

よく話題に挙げています憑依霊と対話してきた彼女は、ホントに素晴らしかったです!(好転反応=吉兆の証)

まさにここが転換点で、本気で変化を望む彼女に対し、憑依霊に「絶対邪魔すんなょ!」と釘を刺せました。今まで超重要ポイントなキモを、決まってはぐらかすようなことばかりをしてきたからです。手応えある解放セッションを、初めてできました。

「じゃあもし仮に、本当に呪い殺されたとしましょう。◯さんが生きてきた証を残せるなら、何だと思いますか?」
「絶対に唄。私の人生それしかなかったから。」
「なぜそう言いきれるんですか?」
「その唄を知る人が、誰もいなくなるかもしれないから」

「あら、そうなんですか!その唄を、誰も知らないってことが、どう問題なんでしょう?」
「作った方の生き様や、風土への愛しさや慕わしさが忘れ去られていくから」

「それは確かに厳しいですよねぇ。じゃあ『呪い殺される恐怖』と、『唄を語り伝えない後悔』を天秤にかけるなら、どっちが重くなりますか?」
「・・・・・・絶対に後者」
「ならば呪い殺されても、唄を語り伝えきれるなら、本望じゃないですか?」
「それもそうよね!私、実は自分らしい生き方してるじゃない!」

こんなやりとりを土台に、「死を克服する覚悟」というキーワードが生まれてきました。解放イメージは、お互いに感動したという『素晴らしきかな、人生!』のラスト名場面でした。彼女の人生は、劇的に変化していきました。

 

ディープマインドセラピー
未来の深掘り
好転反応=吉兆の証