2.勢力争い

一点集中

「じゃあ問題がある箇所を、集中してやればいいじゃない」となってきます。

例えば腎臓だけで、施術時間が終わってしまう場合もしょっちゅうあります。それはその箇所が、緊急に対処しなければならないくらいに重症だという事です。最近は、1つの根本課題に焦点を当て、1つの臓器に特化した施術が大半です。

お試しでいらっしゃった方に、見た目問題なさそうに見えましたから手をつけました。一気に表面化してきて、もはやプチ施術ではなくなったことも。

そうなってしまう理由は、体が「言い分」を吐き出してくるからです。「今までご主人さん(あなた)は、私(体、コリリン)に~〜な仕打ちをしてきた!」といった具合に、わだかまりを一気に噴き出しているようなものです。

こちらは、あなたの成長欲求が強いほどにそうなりやすいです。根本解放させるためには、避けては通れません。体験会はじめプチ施術は、本格施術とは次元が違います。深い原因を追求するため、あなたの準備できているかが問われます。

Pa_g_k7N3DXSI8Z1464912242_1464912502

限られた時間の中での施術だと、あなたが考える優先順位に基づきます。そうなってしまうと、【浄化された血(浄化改善派)”VS”そのままの血(現状妥協派)】の、浸透圧のような状況になります(血液が最も表面化しやすいです)。

拡散するまでの間はだるくなります。初めのうちは、どうしても浄化された部分は少ないです。回数を重ねて、勢力を強めていく必要があります。結果、根本解放にどんどん近づいていくでしょう。

全体から個を見る

また「なんとか耐えられるくらいに留めておいた方がいいですよ」ともお勧めしてます。理由は、【木を見て森を見ず対策】です。まずは全体を底上げした方が改善は早いです。

分かりやすく学校のテスト9教科で、8教科が20点、1教科だけ95点だとしたらと仮定してみましょう。20点から70点に引き上げるのと、95点を99点に引き上げるのに同じくらいのエネルギーを要するとしたら、どちらが平均点を上げられるでしょうか?最適策とは?私なら、20点の8教科を、いかに満遍なく引き上げきれるかに集中します。

だからと言って「いや、ぜひ痛みをそこだけでいいから、完全に取っ払って欲しい」と要望されれば、極力そうさせていただきます。あなたがどうしたいのか?を、自立整体セラピーでは最優先に考えています。根本解放を目的に、適切な対応かどうか、「未来の深掘り」でシュミレーションしてみましょう。

 

好転反応

1.中途半端な引き出し

3.血流の大氾濫

解決策

痛み=信頼関係の復活作用

コリリンテーブル
未来の深掘り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です