ミラーニューロン

脳内鏡

鏡。古代の国々では、「三種の神器」の1つとされていた時代もありました。

あなたは、「ミラーニューロン」という言葉を、聴いたことありませんか?私は〈脳内鏡〉と題づけています。世の出来事は、すべてと言っていいくらいに、鏡のようにできています。

すごく実感した出来事が、あるお客様との対話。施術での課題(テーマ)を決めていた時。

Aさんは、倉庫の保険が切れていることを知りつつも、いったんそのままにしていた期間がありました。ある日来てみたら、鍵が見事に壊され、500万円相当の被害。

だとすると・・・・・「昔、○○で●●な過ちって、心当たりありませんか?」と、そのまま鏡のように反転させ訊いてみました。

「あります」と、長い沈黙を経ての一言。まさに誰もが認める誠実さで、そんなことをするわけがないと思えるAさん。目が飛び出るほど驚きました。

清算の終末期

Aさんいわく、中学2年当時の反抗期。親の愛情を理解しきれず、よからぬ友達と。彼らから「意気地なし」と罵られ、「ふざけんな!」と・・・・・。閉店したスーパーへ、鍵を壊し窃盗事件。

現行犯逮捕で家庭裁判所沙汰になり、親の愛情を確信したそうです。贖罪の気持ちで、今までを生きて来ました。誰もが認めるであろう人格者。こういった事件が起きたということは、清算が終わったかのように思えました。

「終わりがきたということは、新しく何かが始まるということ。何が始まるのかは、Aさんがが築き上げてきたもの。その基盤ができつつあるということじゃないでしょうか?」

客観視の重要性

話を聴き、逆の話を組み立てていく中、「なぜそこまで分かるんですか?」見透かされているようだと驚かれます。施術で徹底意識してきたことは、【体の言い分を聴き、ご主人様へ通訳する】でした。

あなたの中に、すべての答えがあります。しかし残念ながら、ご自身で自覚することは厳しいです。

なぜなら、あなたはご自身の顔を、あなたの目でご覧になったことあるでしょうか?鏡で観るか、他人に観てもらうか、客観視は必須です。あなたにおいてご自身を客観視することは、絶大な価値があります。

あなたは、ご自身のことをまだまだ理解してはいません。それは、今ご存知の領域が狭いのではなく、「未知の領域」がとんでもなく広く深く大きいということ。もしあなたが客観視できたなら、ビフォーアフターの変化は、いかばかりでしょうか?

あなたが周囲を認めることで、周囲があなたを認めてくださるでしょう。
あなたが周囲を輝かせていくことで、周囲があなたを輝かせてくれるでしょう。

あなたが多くのお客様と、感動をシェアできる日を心待ちにしながら・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください