常識を疑う〜ひらめきの秘訣

ひらめき大全

変わりたいあなたへ

いらっしゃるお客様方はじめ、多くの皆さんと接していて感じることは
あなたには、無限に秘められた可能性が埋もれている

中学時代、サッカー部ベンチで声を枯らしながら応援していた頃から、
俺はこがんもんじゃなかろう!まだまだ何かできるはずゃろ(@_@;)!と、人知れず自らを叱咤激励していました。それは今も続いています(方言はだいぶなくなったと思いますが^_^;)。

しかし前のあなた自身と比べてみて、どれくらいの変化があるでしょうか?その時と同じくらいor凌駕する変化の可能性は、どれくらい望めるでしょうか?または微々たるものでも、成長・発展を継続させていける可能性は、どれくらいでしょうか?

変化は、体と心の関係が、密接です。年を経て体の成長が遅くなるほどに、内面的な成長にも制限を設けてきた方、多くありませんか?

幼稚園児と先入観

警備の仕事をしていた当時、障害者の幼稚園児が描いた展覧会に就いた事があります(東京駅の丸ビルでした)。「観ている方と一緒に見回ってていい、一緒に評し合っていい」と言われましたから、いらした方々とたくさん語り合いました。元から関心あったので、仕事でこんな有意義な時間を持てた事に、ホントに感動でした。

皆さん共通してのコメントは、
子供たちの感性には、心が浄れる!感動した!!!
シンプルな問題なのに、先入観ゆえに難しく感じてしまう事ありませんか?子供たちの方が簡単に解いてしまう・・・・・。あなたの成長・発展は、いかに先入観を払拭させていけるか?が、大きなポイントなるんじゃないでしょうか?

先入観の代表は、まさに常識だと考えていますが、あなたにはいかがでしょうか?(常識:一般人が共通に持つ、また持つべき普通の知識・意見や判断力(goo辞書))。

常識とは現状において、「当たり前」だと見なされている定義づけです。それはあくまでも「今」であり、未来永劫必要な定義ではない場合も大いにあり得ます。よって更新はものすごく重要です。

解決策

だからと言って、「退化してください」なんてつもりはさらさらありません^^; どうすれば、先入観を覆せるのか?

大きくは、2つ。

1.自問自答

最近ほとんどやった事がないような方は、自分への質問を繰り返すうちに、マイナス的な自虐思考に陥り自己嫌悪してしまう場合もあるでしょう。お風呂に浸かっている時等、リラックスできるような状況下に持っていく事は、ものすごく大切です。

「何のために生きているのか?」
「なぜ〇〇をしてしまったのか?」
「どうしたら〇〇さんと感動を分かち合えるのか?」
・・・・・・・・・・・・・・・・・。

繰り返すほどに、おそらくあなたの価値観が深まっていくのを実感できるでしょう。もし価値観という枠組みが、あるのかないのか分からないくらいに広がり深まっているなら、先入観はどれくらい残ってるでしょうか?

2.掃除の実践

毎月掃除ボランティアで、世話人をさせていただいています。2005.3.3.に鍵山先生とご縁を持ててから、自称弟子だと謳っています。多くの素晴らしい気づきがあります。

ゴミから教わったこと
は、何回読み返しても感動します(*^。^*)

あなたは、まだまだいくらでも、無限の可能性を発揮させる事ができます!!!

鍵山先生と2005.10.14-2鍵山先生と2005.10.14-1

先日、久々にあった先輩から、昔の写真をいただきました(2005.10.14.NHK取材)。今思えばふてぶてしく、エゴの塊のような恥ずかしさを禁じ得ません。【人は誰もが成長する】この写真を見て、改めて痛感しました。

無自覚領域の根本解決策
ゴミから教わったこと
完成人と自然体
遅れの法則
変形性同質要素
深めれば、広がる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください