怒りで我を見失う理由

X4_SufBo6wYtH7k1464921872_1464921971

大泣きと怒り

先日、カンシャクで大泣きしている方を見て気づきました。

大泣きしている時や怒りに奮える時、自分自身の意識はどこにあるんでしょう?さも自分の体に別人格が入り込んできて、完全に支配されているかのように感じた事ありませんか?

私はしょっちゅうありました。しかし今はそうでもありません。何がちがうんでしょう?結論から言えば、主原因は肝臓にあると見ています。そして別人格の正体は、【(溜め込んできた)潜在意識】だと。

怒り」は、肝臓のメンタル的要因(コリリンテーブル)です。まず客観的に、いつも怒っているような方をイメージしてみましょう。彼の平常心を保っている時と比べてみて、同じ人格に見えますか?「怒りに我を見失い、つい・・・」なんて言葉をよく耳にします。

怒りと自己嫌悪

誰しも「怒る事が趣味だ」「怒っている自分が大好き」なんて方は、まずいません。たいていは、怒り狂った後、自己嫌悪に陥ります。自分自身を責めてしまい、加えて周囲に罵られようものなら、彼の居場所はドンドンなくなっていきます。その行く末は、ウツ。自殺にもなりかねません。

では「あなた自身」が、怒りに奮えてどうしようもない状況をイメージできますか?その「怒っている私」とは、いったい誰なんでしょう?

私のエピソードです。酒乱に悩んでいた当時、酔っている時は本音が出やすくなります。たいてい酔いつぶれた日の記憶が戻る時は、次の日の朝のベッドの上だったなんてことが当たり前でした。「お前、昨日は・・・(-_-メ)」と言われても、記憶がないので他人事です。言動が完全不一致。信用されず、こらえようのない孤独が襲ってきました。だからこそ、20歳で断酒に踏み切りました。

根本解放策

前にあるお客様、「お姉ちゃんが、肝臓ガンで死んだのよ・・・」と漏らしていました。「ああ、怒りが原因でしたね。ずいぶん堪えてきたんじゃないでしょうか?」と話した時点で、激怒されました。

あんなに優しくて温和なお姉ちゃんが・・・怒り?ふざけないで!」と・・・。あなたはどう思われますか?

ある実験結果で、怒っている方等の息を凍らせた時の話、前に有名になった事を覚えていますか?ここで《そうか!》とひらめきました。
・アルコール(C2H5OH)がアセトアルデヒド(C2H5CHO)に化学変化でできる物質
・怒りに身を奪われた時に湧いてくる物質
さほど違いがないんじゃないでしょうか?

根本解放策は、「感情」にあります。感情と向き合い日々消化に努めるような方は、「我を見失い・・・」という事態には、なりにくいんじゃないでしょうか?感情と向き合っている方には、本音と建前の境界線があるんでしょうか?

境界線がはっきりあるからこそ、酔って意識がなくなった時や怒りに我を忘れた時に、さも別人格が現れてきます。どちらも本人です。過って殺人を犯してしまうような場合も・・・。

疑問視してきた悩み

2015.6.30、新幹線での焼身自殺事件がありました。加害者は71歳男性で、孤独な状況で関わりを断っていたそうです。もしかしたら、当時の私の成れの果てだったかもしれません。マジメを装うほどに、メチャクチャで制御不能な【心の闇】がありました。

酒・タバコ等の不摂生とは縁がなく、かなり健康に気遣っているのに、どんより顔を曇らせている方。浴びるように酒を飲み、タバコ等不摂生を積み重ねているのに、いつもニコニコ健康顔な方。何が違うんでしょうか?

もし溜め込み続けてきた感情を、習慣化させてしまったら・・・。体は解放して欲しくて、痛みに記憶を乗せて訴えてきます。にも関わらず、その痛みを邪魔者扱いしようものなら、体は血管を収縮させます(動脈硬化)。

結論は「怒り」なんですが、「なぜ?とず―――っと考えてきた悩みが、氷解してきました。

喜びと感謝に満ち溢れたあなたでありますよう・・・。

 

コリリンテーブル

痛み=信頼関係の復活作用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.