認知症の根本解放策


照子施設

結論は、「いかに痛みと向き合うか?」です。根本解放していくためには、痛みをどう解釈していくかが大きな分岐点となります。

先日、ある老人ホームへ出張施術にお呼ばれ♪( ´θ`)ノ
娘さんがお母さんをすごく気遣っておられ、大きな問題にならないよう、早めの対処を心がけていらっしゃいます。

向き合いきれない理由

約3年前に、地方の実家へ特急券出していただけ、通い続けていました。当時から不思議に感じていた事があり、今回の施術で確信したエピソード。それは、お母さんが過去の話を極端にはぐらかし続けていたこと。同じ話題ばかりを繰り返す理由が、当初は「年配者の典型例」だと片付けていました。

お母さんは、右の股関節が痛いと訴えていましたが、原因は肝臓の潜在的疾患のしわ寄せだと見立てました。痛みを引き出し、施術していく中に見えてきたのは・・・「お母さんは、自分と向き合おうとしていない」という課題の浮き彫り化。

幼少期のトラウマが本質的な問題なのに、向き合おうとしないなら、確実に根本解放には至れません。逆の発想で、愛されてきたと思える記憶に焦点を変えました。即返ってきたのは、ご主人さんとのエピソードでした。「いつも悩みを聴いてくれ、薬を処方してくれたの(私も尊敬する、素晴らしい名医)」これまたずーーっと繰り返します。

「もしや・・・他に愛された記憶があるのか???なぜ過去の記憶を蘇らせたくないのか?もしかしたら、過去の記憶を思い出したくないから、はぐらかし続けたんじゃ?」という仮説を立てました。そう考えると、今まで疑問だった事が全て氷解します。娘さんが敬虔なクリスチャンなため、事情を話し祈ってもらうようアドバイス。

愛情と根本解放策

後日、娘さんのFacebookを見て驚きました。

「お母さんが、昔の記憶を少しずつながらも思い出し、ノートに書き始めた!」

さらに時を経て、またお呼ばれ。今度は、施術前娘さんに直に祈っていただきました。当時の自分本意な話ばかりから、医者の妻として医療に取り組むべき心構え等、本質的かつ感動する言葉ばかりが出てきました。娘さんの娘(お母さんから見たらお孫さん)は、医者を志しており、聴かせたくて録音したとか(*^◯^*)

根本解放を前提とした改めての結論は、【痛みとどう向き合うか?】です。体は、過去の記憶を解放して欲しくて、痛みを表現しています。にも関わらず、その痛みから逃れ続け、抑え続けるなら・・・?体(コリリン)は、不本意ながらもご主人様(あなた)の願いを受け入れ、感覚を麻痺させようとしていきます。

麻痺させるなら、相応な血流量でまかなえます(痛みは血流が大いに関係しています)。記憶のポイントは、脳です。脳に血液が行かなくなるなら、脳細胞はドンドン死んでいきます。その結果起こるのは・・・・・・。

娘さんの手記より

照子日記
うちのお母様すごいです。
さくらパンダのように結膜炎でお目々の周りが赤くなっちゃってるのに
何と今日は72年前、自分が唄って学校の先生に褒めてもらった短歌をサラサラと書き出したのです。
自分の母親が39歳で亡くなってしまい
父親と一緒に山口県の萩の墓に納骨しに出かけた際
初雪が降って来てそれが骨壷の三十九で死亡という文字にす~っと涙のように伝い落ちた。
まるで、空も悲しんで涙を流したように感じた、という内容なのです。

——————

今日は素晴らしい経験をした。母が脚の付け根が痛いと言うので、以前山梨まで通って来てくれていた整体師の先生をお呼びした。

不思議な方で「◯◯さんのお祈りが必要なんですよ」というので、「母には祈りは癒しの力を倍増するんだって、だから治療の前にお祈りさせて」と伝えてお祈りした。その後の治療中、母は医療に携わる者の心構えという本質的な話を整体師さんにトウトウと話して、私はビックリしてしまった。

政治・宗教的には真逆育ち(自衛隊上がりで、靖国神社に行くとか)の整体師さんが、「◯◯さんのお祈りのおかげです。前回は自分に対するアテンションというか、いかに夫が自分を大事にしてくれていたか、という自分中心の話でした。今日は、医に携わる者とはどのような心構えで臨まなければいけないかと、医者の妻(経営者)としての理念がバンバン出て来て素晴らしかったですねえ」

へえ。私が祈ったのは、母の社会性、哲学性が出てくるように、では無かった。イエスさまがお母さんを深く愛し、愛で包んでくださっているのを感じてお母さんが安心して治療を受けることができるようにといういたってシンプルなもの。でも愛に満たされると、愛を求めるという「くれくれ行動」ではなく自分は何を世に提供して行けるだろう、というエネルギーの方向転換が起こるのかもしれない。

母の話が素晴らしいので医者を目指す娘に聞かせるために録音もした。もしかしたら、この調子で行ったら直接娘に医療談義を弁舌できるかもしれない。愛の力、怖るべし。母の能力、半端ない。引き出す整体の先生すごい。私も祈りと癒し、もっと信じて行こうっと。

—————————–

娘さんは誰もが感動するようなお母さん想いで、健康寿命を全うして欲しいとお考えです。大事に至らないよう、事前対処を徹底してくださっています。信頼して私を呼んでいただけるんですから、抜群な成果を出せるよう、精進していきます。

今回のエピソードから、根本解放的な医療改革の兆しを実感しました。

 

試すに値する冒険(動画文字起こし)
感情解放の重要性〜山梨のお父さん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.