30画の自由奔放性

解釈次第

最近、総画30の方とご縁する機会がとても多くなりました。ということは、私自身が相応な性質を、無意識ながらに求めているのでしょう。

あるようでない、ないようである

著名人の中では、手塚治虫さん。彼は、マンガに徹底フォーカスしきった生涯でしたね。

30画という性質は、まさに解釈次第です。よくも悪くも、受け止め方によって大きく変わってまいります。

物の喩えで表現するなら、「水蒸気」です。「あるようでない、ないようである」存在。私たち生活上の空間すべてに存在していますが、存在していると明確に自覚している方は多くありません。また逆に、ギュッと圧縮した場合、爆発物にもなり得ます。

もともと気体ですから、どのような器にも収まります。どこにでも入り込め、温度や湿度との関連性から、様々な影響を及ぼし合っています。

自由奔放性

素養という側面から観るなら、「自由奔放性」です。あなたが『●●●をやる』と決めたなら、圧縮させる情熱いかんによって、素晴らしい牽引力を発揮します。逆に『難しい』『無理だ』と考えるなら、顕著にその通りの結果となります。

留意点は、【枠に当てはめない】こと。奇抜かつ独特な発想をアイデンティティに持っていますから、可能性を狭めてしまいもったいないです。

禁句は「〜ねばならない」です。このキーワードを使った瞬間、自縄自縛にハマってしまい、囚われの底無し沼から抜けることは困難です。

運気を上げるキーワードは、許可「〜してもいい」と欲求「〜したい」の調和点。2つのバランスに配慮しながら、可能性「〜できる」を見出すことは、理想的と言えるルートです。

あなたが30画という数を持っているか周囲にいらっしゃる場合、いかに可能性を引き出し成長へ導けるかが鍵を握っています。

31画が大吉である理由

20画は、なぜ大凶か?

独創的な世界観と、抜群なプレゼン力~ASKA

投稿者:

Anshin Ryu

Universal Flow Therapy 健創庵 龍 庵真(りゅうあんしん)と申します。
 少なくとも20万人超のお名前と向き合わさせていただいた経緯から、生き方より理想を創り出す「立命マイスター」を広げています。 
 究極のセルフマネジメントで自立成長を応援。 絶対に目標達成したい方へ、未知の可能性を実感の理想具現化サポート。 
 
 15才で自衛官となり、出身地の長崎よりも首都圏での生活が2/3となりました。 
 私自身のセルフイメージが強烈に低く、どんなに素晴らしいことをしても、悪い意味でバランスをとるような出来事が起きていました。 マジメに生きようともがきつつも、運命の荒波に翻弄され続けた期間は、30年を超えます。 
 今まで一貫してお伝えしてきたのは、 本当の癒しは、ご自身にしかできません。 
 「立命コーチング」という独自の理論により、 ・過去と未来を今ココに集約させ ・理想とする未来のご自身からアドバイスを受ける ・理想とする未来のご自身を発信源に、過去の記憶を癒す 方法を編み出しました。 
 世界中にiPhoneレベルで 「理想の自分像って?」 を訊き合って認め讃え合えている感動世界を見るために、今を生きています。 
 どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください