試行錯誤した体なりの判断

首・肩コリの原因は・・・

奥さんの胸もみを日課とし、もうすぐ1ヶ月が経ちます。なぜなら、胸が和らぐのがハッキリ分かるそうです。

男性の私には、機能上全く違うので、どうもピンときません。ただとても喜んでくれるので、いい関係が築けるならありがたいと、させていただいています。

きっかけは、強烈な背中のハリでした。あまりに痛く眠れないと、真夜中に揺り起こされました。目に涙を溜めていたので、尋常ではないと感じました。今でも首・肩がハルらしく、よく臨時にお願いされています。

反応と向き合い対応してみて、原因は胸が膨らもうとするがための方策でした。プロゲステロンが平常より急激に上昇しており、「乳腺が縮み固まっている現状を緩み広げるために背中をハラせる必要がある」と返ってきました。プロゲステロンには、【乳腺を発育させる】という役割があるのです。

「うつぶせ施術がない理由」で書いたように、コリの主要因は張っている箇所ではありません。張っているなら、縮んでいる箇所があるのです。問題があるから、痛みがあるからと、短絡的や表面的に考えるのはあまりにもったいないです。

あなたの体は、ご主人様であるあなたを大切に想い、あなたと人生を最高傑作に創り上げようと試みています。体からのメッセージに、ぜひ今一度関心を持っていただきたいです。

ちなみに、プロゲステロンが急上昇した原因は、彼女が《女性としての魅力に気づいた》からです。私には天女のように素晴らしい女性で、大いに信頼を寄せています。

五感を通して脳に刺激が加わり、何をどうすることがご主人様の最適化政策になるのかを、試行錯誤した体なりの判断でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください