玉音放送(口語訳)

以下は昭和20年8月15日正午、昭和天皇がラジオを通じて国民に、戦争の終結を伝えたものです。陛下が、どれだけ国民を想っていたのか・・・。

——————

私は、深く世界の大勢と日本国の現状とを振返り、非常の措置をもって時局を収拾しようと思い、ここに忠実かつ善良なあなたがた国民に申し伝える。

私は、日本国政府から米、英、中、ソの四国に対して、それらの共同宣言(ポツダム宣言)を受諾することを通告するよう下命した。そもそも日本国民の平穏無事を図って世界繁栄の喜びを共有することは、代々天皇が伝えてきた理念であり、私が常々大切にしてきたことである。

先に米英二国に対して宣戦した理由も、本来日本の自立と、東アジア諸国の安定とを望み願う思いから出たものであり、他国の主権を排除して領土を侵すような事は、元から私の望むところではない。

 

ところが交戦はもう四年を経て、我が陸海将兵の勇敢な戦いも、我が多くの公職者の奮励努力も、我が一億国民の無私の尽力も、それぞれ最善を尽くしたにも関わらず戦局は必ずしも好転していないし、世界の大勢もまた我国に有利をもたらしてない。

それどころか、敵は新たに残虐な爆弾(原爆)を使用して、しきりに無実の人々までをも殺傷しており、惨澹たる被害がどこまで及ぶのか、全く予測できないまでに至った。

なのにまだ戦争を継続するならば、ついには我が民族の滅亡を招くだけでなく、ひいては人類の文明をも破滅しかねないであろう。

このようなことでは、私は一体どうやって多くの愛すべき国民を守り、代々の天皇の御霊に謝罪したら良いというのか。これこそが私が日本国政府に対し、共同宣言を受諾(無条件降伏)するよう下命するに至った理由なのである。

私は、日本と共に終始東アジア諸国の解放に協力してくれた同盟諸国に対しては、遺憾の意を表せざるを得ない。日本国民であって前線で戦死した者、公務にて殉職した者、戦災に倒れた者、さらにはその遺族の気持ちに想いを寄せると、我が身を引き裂かれる思いである。

戦傷を負ったり、災禍を被って家財職業を失った人々の再起については、私が深く心を痛めているところである。考えれば、今後日本国の受けるべき苦難はきっと並大抵のことではなかろう。あなたがた国民の本心も、私はよく理解している。

しかしながら私は、時の巡り合せに逆らわず、堪えがたくまた忍びがたい思いを乗り越えて、未来永劫の平和な世界を切り開こうと思うのである。

私は、ここに国としての形を維持し得れば、善良なあなたがた国民の真心を拠所として、常にあなたがた国民と共に過ごすことができる。

もし誰かが感情の高ぶりから、むやみやたらに事件を起したり、あるいは仲間を陥れたりして互いに時勢の成り行きを混乱させ、そのために進むべき正しい道を誤って世界の国々から信頼を失うようなことは、私が最も強く警戒するところである。

ぜひとも国を挙げて、一家の子孫にまで語り伝え、誇るべき自国の不滅を確信し、責任は重くかつ復興への道のりは遠いことを覚悟し、総力を将来の建設に傾け、正しい道を常に忘れずその心を堅持し、誓って国のあるべき姿の真髄を発揚し、世界の流れに遅れを取らぬよう、決意しなければならない。

あなたがた国民は、これら私の意をよく理解して行動せよ。

以上

 

必然or偶然?

元共産主義者の言い分。

2つの人種

前にある方との対話で、「事故で起こったケガなんてのは関係ないでしょ?」と質問されました。

「あらゆる症状→大半が股関節か臓器→生活習慣→考え方→生い立ち→本来あるべきあなた。すべてに必ず原因があります! 」
と話していた時でした。彼が事故でケガをし、散々な目に遭ったとぼやいていた最中に。

2つの人種に大別する時の見方として、「偶然or必然?」という視点があります。質問してきた彼は、偶然派でしょうね。ながらも、「生き方」にものすごくこだわりを持たれた宗教指導者。生き方に対するこだわりと、起こった出来事に対する捉え方は、いつも同じとは限らないようです。

起こるすべての出来事を「偶然」だととらえると、どんな問題が起きるのか?

目的意識と自殺率

知り合いのジャーナリストさん(素晴らしく尊敬する方)に、前に言われて気になっていたこと。UNが2015年に調査したもの(国別の自殺率順リスト)で、旧社会主義国や韓国が多いです(話を聴いたのは2009年でしたが、当時は日本が3位でした)。日本は17位ですが、見せかけで「計画的自殺」が増えていると、見なしています。

理由はジャーナリストさんいわく、「社会主義の考えを持った国の方は、目的意識を見失いやすいんですよ。目的意識がぼやけて来ると、存在価値を見出せなくなります。」

もともと社会主義(共産圏)の思想を持っていながら、これじゃダメだと資本主義制に変えつつも、方向性に戸惑っている状況がうかがえます。だからこそ、内戦が起きてしまう・・・。韓国は北朝鮮との対抗意識から、無意識に影響を受けているのか?ミイラ取りがミイラになってしまうように・・・。

個人的には、日本はかなりの社会主義国だと見なしています。自衛官として公務員に在籍していて、肌身に感じています。報道が捻じ曲げまくられて伝わっている現状はじめ、表面的に資本主義ぶっているだけだです。

マルクスのしくじり

先日、TV「しくじり偉人伝」で、共産主義の提示者マルクスの話題。オリラジの中田が、分かりやすく解説していました(もちろん「ここは違う!」って部分もありましたが・・・)。「最もなしくじりは、【人類に夢を見せるだけ見せて、大パニックに陥れた先生】」なるほど!

TVアサヒ「しくじり偉人伝」
TVアサヒ「しくじり偉人伝」

私は、自衛官でありながらも共産主義者でした。マルクスについて、かなり関心持った時期があります。なぜ私は惹かれたのか?共通点は何だったのか?

「私たちが願っているものは、『続・資本論』じゃないでしょうか?靴を履いていない方は、世界にまだたくさんいます。夢じゃなく、明確な代案を載せた社会を築きましょうよ!」という締めくくりに納得です。

あなたは、結果的存在

今のあなたは、例外なく過去に原因があります。将来どうなっていきたいかは、今の「私」の選択に左右されます。将来を真剣に考えるなら、過去の経過を見つめなければ見えてきません。過去の忌まわしい記憶が解放された分、新しい未来が拓けてくるでしょう(フラッシュバック)。

あなたは、「偶然」「必然」どちらを選択しますか?
私は元々偶然派でした。やはりその当時は、強烈な自殺願望を抱いていました(自殺はできないと知的理解をしていましたから、誰かに殺されるか、事故にでも遭うことを願っていました)。

「誰か強盗でもやらんかな?そうすりゃ俺が真っ先に犠牲になりに行くょ(なんて責任転嫁でしょう(+o+))」なんて・・・。まさに死に場所を探していました。

ある講話でこの話(あなたは、「偶然」「必然」どちらを選択しますか?)を聴いて、目からウロコ的衝撃を受けました。熱心な信仰者だろうが、どんなに神様を信じてようが、「起こった出来事は偶然」と考える方はいらっしゃいます。逆に「神様なんていない!」と言いながら、「起こった出来事は必然」と考える方も。それがいいor悪いと、正否を問うつもりはありません。

結論

話を元に戻します。「事故で起こったケガなんてのは関係ないでしょ?」との質問に対して。「たまたま事故にあって、たまたまそこをケガしてしまったんですか?世界中すべての皆さんがどう考えるか分かりませんが、私は起こったすべての出来事には原因があると考えています。

体の痛み=成長できる課題“と見なしていますから、もしかしたら体が事故を起こさせてまでも、気付かせたい何かがあったのかもしれませんね」返答はありませんでした。

各人各様、いろんな視点があっていいと思います。正否はさほど気にするものじゃないと考えています。ただ今の私には、必然だと考える方が道理に適っており、実践に努めています。

偶然だと考えるのは、原因を見つめようとしないからじゃないでしょうか?だからこそ、「物がすべてだ」と考えてしまうのかもしれませんね(-_-;)

なぜ「私は共産主義者だった」と言えるのか?それは、過去を振り返ったところで、嫌な思い出しかありません。ならば、「過去なんて振り返るだけ無意味だ」と考えました。無意味なものには、存在価値を感じません。考えることが億劫になり、表面的なものにしか関心がなくなっていきました。典型的な唯物論者でもありました。

本質的なものにこそ、本当の価値が隠されていると、味をしめた今。過去の共産主義者だった経験が、すごく役立っています。生涯の深奥に秘された「天命」に、すごく興味を持つようになりました。

世界中すべての皆さんが天命を見出し、国境が不必要になる日を願ってやみません。

 

計画的自殺
認知症の根本解放策
抑えるか、出しきるか?
フラッシュバック

自己承認と発展

イメージ大転換
g6GsL9xmxHDnSUD1455635237_1455635368

2/6〜9、フィリピン視察ツアーを終えて、感じる事。
それは・・・・・・、フィリピンの急激な発展ぶりです。

個人の目的は、
・フィリピンにおける整体事情
・世界展開に向けた将来性
・ビジョンの先鋭化
に焦点を合わせていました。

私には、叔父がフィリピン人と国際結婚した経緯があります。横須賀に住んでおり、自衛官当時親代わりで、えらくお世話になりました。タカログ語は、英語が堪能な叔父でさえもさっぱりだとぼやいていました。

10代だった私には、おばさんには正直好印象を持てていませんでした。いとこたちから、「お母さんをバカにするな!」と叱られた記憶があります(何を言ったかは思い出せません)。

加えて、「ゴミ処理場で生活する家族」の話等聴いて、いいイメージはほとんどありませんでした。よって世界展開のビジョンには、完全ノーマーク。

今回メンターから「フィリピン」と言われ、近しい感覚は持ちつつも、「大丈夫?」といった心配は・・・。

変化の秘訣

フィリピン滞在中、メンターとかなりの時間を共有できました。そこで何度も口にしていたのは、「フィリピンは、もともとアジアのお荷物だった」私が受けていた印象と、その時重なりました。

「何が秘訣だったと思いますか?」と、即座に訊き返しました。「国民が、自分の魅力に気づけたから」即答でした。

例えば、英語力。イギリスとアメリカ、発音等かなり違うようです。適材適所に合わせきれる方々が、すごく多いらしいです。結果、国際コールセンターの主流が、インドからフィリピンになりました。

私自身、行ってみて感動しました。私のつたなくたどたどしい英語を、どうにか理解しようとしていただけていました。今まで日本を出たのは韓国くらいですが、外国人とやりとりする機会がかなりありました。私の英語力が乏しく、コミュニケーションに無力感を感じざるを得ませんでした。こんな私の英語が・・・と、嬉しく思えました。

相手を受け入れようとする姿勢が伺え、私が日本人だから?家族にはどう接してるんだろう?等々いろんな思いが湧きました。
今まで【自己承認の重要性】に対して、一貫して訴えてきました。フィリピンの発展ぶりから、改めて諭されました。

高度成長期

初日、これからお世話になるであろう銀行の方々と、対話の場を持てました。

定期預金は、1年で最低8%です。そんな事があり得るのか?と疑心暗鬼な思いが湧く方、いらっしゃるかもですが・・・。

日本も高度成長期には、同じような状況でした。中心街はかなり変貌を遂げていますが、街の風景は、昔の日本もこんな感じだったのかも・・・と思わせるような感覚です(映画『オールウェイズ』は参考になりそうですね)。

彼らが自分を認め、希望を見出せるようになれたのは、現マニラ市長 エストラーダ元大統領の任期からだそうです。 エストラーダ氏は、過去に汚職をした経緯があるそうです。そんな状況で今マニラ市長を任されている理由は、まさに彼が国民を信頼している土台が、あるからこそじゃないでしょうか?

フィリピンはアキノ大統領が、「2020年には、シンガポールと同じ水準へ」と公約に掲げており、これから【独自の強み】を生かした歩みを発展させていくでしょう。高度成長期は、2040年まで継続されると観る方もいらっしゃいます。実際に、世界的に「投資適格国」とみなされてもいます。

将来性を強大に感じてしまうのは、私だけでしょうか?

フィリピン視察ツアー

今回、初めての訪比。
2/6〜9の短期間ながらも、非常に濃蜜でした。DSC_0315

参加者の中にシンガポールに会社設立し、フィリピン マカティに物件購入されてる方がいました。彼も、このツアーを大絶賛!感動の連続でした!!!今度は、奥さんとぜひ一緒に行きます*\(^o^)/*
海外移住し、日本とフィリピンでの事業をどう展開していくか、イメージを濃厚にしています。

フェイスブックには写真をたくさん載せ、客観的視点にフォーカスしてみました。こちらでは、自立整体セラピストとして世界展開に当たっての、主観的フォーカスのシェアです。

ずっと作務衣で通しました。やはり見た目からしても、日本人にしか見えません。かなり目立っていたようですが、好印象な眼差しです。日本を尊敬してくださっている事、改めて実感しました。

5食/日な文化だけあって、大半の方の腹が出ています。エンゲル係数がかなり高く、食べられないと苛立つ国民性なんだとか。
という事は、胆嚢・膵臓・肝臓が弱っている傾向にあり、一見オープマインド的な明るさに見えます。しかし中世時代から、スペインやアメリカに植民地として虐げられてきた、潜在的疾患を垣間見ました。彼らが食欲から解放されるなら、さらにご自身の潜在能力価値に気づけると見なしています。

メンターいわく、「日本人が《NYから来た◯◯》と、フィリピン人が日本人を視るのはそっくり」なんだとか。

食事においては、日本で食べるのと違いが分かりませんでした。しかし日本人はいたのか・・・?
DSC_0367
日本食ブームで、天ぷらはじめ脂濃いものが好まれるようです。吉野家もありますが、牛丼がサイドメニュー化され、BENTOがかなり好評です。しかも割高です。少なくとも中産クラス以上にしか入れない設定になっており、安全なイメージが強かったです。

カラダファクトリーもありますが、2時間で約¥5,000です(1,000ペソ=¥2,418)。かなり安いですよね?日本人と現地人では価格にかなりの差があるそうです。もしあなたなら、施術をどちらから受けたいですか?現地人も、日本人を選びたいんだとか。しかも裕福層な日本人がかなり増えています。なおさらですね?カラダファクトリーinBGCメニューカラダファクトリーinBGC解説

カラダファクトリーinBGC内装

「自立整体セラピー」という世界初の施術を広めていくにあたって、申し分ない環境だと痛感しています。私の天職は、まぎれもなく整体師です。この自立整体セラピーを普及させ、世界中の皆さんの【天命に気づきあなたらしい生き方を確立させるサポーター】となる事を天命だと確信しています。

メンターから「あなたの価値観に基づいて、絶対に裏切れない方をいつもイメージしておいてください」と言われた事があります。パッと浮かんできたのは、ダントツにコリリンでした。自立整体セラピーのイメージキャラクターであり、生命体すべての代弁者です。

コリリン 承認

彼は、あなたが大好きです!彼にしてみれば、あなたという存在は、神様よりも格上です。なぜなら、あなたが死んだ時点で、彼も生きてはいられなくなります。あなたには、天寿を全うして欲しいと本気で願っています。私は、この「声」を痛烈に感じてしまいました。

フィリピンの地で、飛躍的に具現化できるイメージを作り出せました。

 

 

国境線と先入観

結論は、あなたの脳をいかに使いきれるか?です。

世界平和への方策

Universal Flow 整体は、整体の枠には収まりきれません。将来小学校教育に活用され、世界を変えていくための大きな手段と見なされる日をイメージしています。

国境線とは、隣り等近くだからこそできます(インドとパキスタン、日韓中、イスラエルとパレスチナ・・・)。

ディープマインドセラピーでの解放イメージから、サハラマラソンの話が出てくる場面が多いです(場面は同じでも、お客様の価値観次第で微妙に違ってきます)。世界一過酷なレースと言われていますが、一緒に走ったライバルがすっかり意気投合し、死ぬまで交流を継続しています。感動的な場面であることが多いです。

もし彼らの国家間で戦争が起こったとしても、彼らの信頼関係が損なわれることはあり得ないんじゃないでしょうか?信頼関係がさらに深まり広がっていくようなことが、立て続けに世界規模で起こっていくなら、どんな変化でしょうか?

陰口から陰ボメへ

国境線、個々人レベルにおいては、「先入観」に相当しませんか?私の中には、まだまだ確実に蔓延っている先入観、あなたにはいかがでしょうか?かなり脳が不活性な状態です。
例えば、まだ会った事がないAさんに初めて会うにしても、Aさんを知っているBさんに訊く事ありませんか?訊いたBさんがどんな価値観でAさんを見ているかによって、会う前からAさんの第一印象は決まっています。
自衛官当時、自分が嫌いでたまりませんでした。似たような相手が鏡に見えるんでしょうか。彼を強烈に忌み嫌い、よくケンカしていました。
当時の上官に言われた言葉です。「もしお前たちが違う部隊に配属され、吉永がいる部隊に◯◯と仲がよかった知り合いが転属するなら、◯◯は吉永をどう紹介する?知り合いが吉永に会った初対面の第一印象は、どうだろう?」当時は屁理屈に聞こえていましたが、今は重くのしかかります。
いつも誰かが、私の文句を言っているように感じていた時期がありました。身近な第三者が談笑している時、私が嘲笑されているように感じていていました。原因は、【私が陰口を言っていたからだ】と気づいた時、ものすごく反省しました。それからというもの、【陰ボメ】に徹するよう心がけてきました(強烈な効果です!)。

斬新な共通目的案

繰り返しますが、Universal Flow 整体においては、「整体」という枠には収まりきれません。施術を受ける気持ちでいらっしゃった方々、大抵は驚かれます。体をよくして欲しいと思ってきてみたら・・・。

根本解放目的に原因と向き合い、ムダなものを削ぎ落としていく内に今に至ります。さらに磨きをかけ、原形が分からないくらいに変化していくものと見なしています。

世界中すべての皆さんが先入観を払拭し、誰もが喜ぶような【斬新な共通目的案】を提示できたら、何かが変わっていくんじゃないでしょうか?しかもそれは意外や意外、私たちのものすごく身近な場所にあり、あまりにも当たり前すぎて麻痺しています。

極めてシンプルかつ確実な方策があるとしたら・・・、あなたの脳を使いきること。もしあなたの脳が活性化されているなら、不可能だと思えていたことが、過去形になるかもしれません。

Universal Flow 整体では「病気が治る=病気になる前の状態へ戻る」と定義づけています。あなたの脳を研ぎ澄ましフル回転させきれているなら、たとえしぶとくこびりついた先入観でも、剥がれ落ちるかもしれないと思えるのは私だけでしょうか?

 

ディープマインドセラピー
人生のキーワード