体の言い分

ご主人様

体のご主人様であるあなたへの想い

施術では、体の通訳係としてお客様と関わってきました。当時の経験が、現在の「立命コーチング」への大きなバックボーンとなっています。

全ての体は、あなたのことをご主人様(さん)と呼んでいます。ご主人様であるあなたには、絶対に幸福であって欲しいと願っています。なぜなら、ご主人様であるあなたが死ねば、体の細胞も死んでしまうからです。

全ての生命体は、生存欲求を持っています。どうすれば長寿を全うできるのか?体なりに常時考えています。

私たち人間だけの特権として、自虐的価値観を持てます(あえて持ちたい方はいないでしょうが)。ここで価値観の対立が起きます。体は「そんなことで悩まないで!」と、励まします。しかしご主人様である以上は、言い分に従わざるを得ません。そこで苦渋の決断を強いられ体がとった選択は・・・。

忘れさせる

苦渋の決断の結果、体たちは【忘れさせる】のです。大切なご主人様が、悩み苦しんでいることに耐えきれない体たちは、記憶を脳の奥底へ封印します。

もしあなたが体の立場に立ってみて、いかがでしょうか?一生涯ともにすると固く誓い合った親友が、いつも思い悩んでいます。どんなに励ましても、全く効果を感じられない・・・。体は、死ぬまで一瞬たりともあなたから離れられません。

体は、奥底へ封印しただけで、ちゃんと覚えています。「記憶を忘れる=許される」と解釈する場合、体は許す側です。「許す」とは、いったい何をどうすることなのでしょうか?

痛みの和解

許し合える状況ができてこその和解です。体の言い分としては、いつの日か絶対に和解したいと願っています。

もしあなたが体の立場なら、どんな時・状況に和解に導けるような話ができるでしょうか?体は「ご主人様が成長した時」と返してきました。ご主人様が成長した時、「実はあの時〜」と切り出せると。

「実は〜」と切り出した内容が、体が発する痛み(対外的に起きている問題も含む)として表現されます。痛みは、まぎれもなくあなたへの《メッセージ》です。ご主人様が痛みを感じることで、当時感じた情況を思い出し、しっかり向き合って解放して欲しいと願っています。当時の記憶にこそ、根本解放策が秘められています。

痛みと血統(または生まれ変わり)

一定期間が過ぎると、体は「今のご主人様では厳しい」と判断し、最後の砦でなければ痛みを和らげてきます。ご主人様の成長を経て、次のチャンスをうかがいます。

当のご主人様が気づいて解放できればいいでしょうが、気づけないまま最期を迎えてしまった場合、血統問題(または生まれ変わり)に継承されます。幼少期に不可解な行動を起こす理由は、血統問題にひもづいていることがほぼ全てです。

ガン家系はじめ、糖尿病や心疾患等でお亡くなりになった方が親族間にいらっしゃれば、同系統の疾患にかかる危険性が高いと言われる所以です。病気の根源にある「血統的習慣性」なのです。ご本人のみでいかに努力しようとも、《あなたの血統的価値観》という枠からは逃れることは不可能です。

不可解だからこそ、関わらないでおこうとします。意味不明なまま強引に解決しようとするからこそ、余剰な墓や壺・・・にお金や時間を費やすことになります。結果、意味不明な状態が変わることはないでしょう。明快にあきらめ感が増していくことになります。

私たちは、未来に生きていながらも、過去できなかったリベンジを果たそうともがいているのです。だからこそ、解決策を求めて新たなご縁を欲しています。

いったん落ち着いて、体の声に耳を傾ければ、必ず道は拓かれます。ご主人様であるあなたへ、痛みや様々な問題を通して、確実にあなたへ訴えかけています。

立命コーチング

許す=?

死と向き合ってみて

もし今、生命に関わるような病にかかったなら?

先日の雑談カフェにて、素晴らしい質問をいただき思い出させていただきました。

もし今、生命に関わるような病にかかったなら?

今まで海開きの日に溺れたり、バイク事故を起こしたり等、死に目に遭ってきました。かつ、自殺願望に苛まれてきた期間は30年以上です。

「なんで俺は死なんとや?」20歳をピークに、悩み苦しんできたことにより、死生観はずっとともにありました。今となっては、病気にならなかった免疫力の強さに感謝です。

そういった意味では、生まれ変わったとしか考えられません。生死の境をさまよい死にながら生きてきたという感覚です。

都合が悪い記憶は、忘れるように脳機能ができています。長きにわたって封印してきたテーマでした。ここ10年くらいは、もし本当に死ぬと考えようものなら、断固拒絶してきました。「今のままでは死にきれない」という強烈な生への欲求がありました。

存在価値の証明

お名前=存在価値、感謝を分かち合う

先日、死と改めて向き合ってみて、感じたことは・・・
名前を観続けている・・・・・・・
というイメージ。おそらくは最愛の奥さんとのご縁によって、解放された何かがあるのかもしれません。

今までお世話になった方・虐げてきた方・憧れ尊敬する方・嘲笑った方・・・、「この世に悪い名前は存在しない」と明言しているとおり、いかなる方のお名前も素晴らしいです。

その方が生きていようが死んでいようが、どちらでもかまいません。名前を思い出すだけで、その方の存在価値の証明となります。走馬灯のように流れていく記憶の中で現れてくる方々へ、感謝の意を露わにしているイメージが湧いてきました。

あなたは「人は3回死ぬ」という話、聴いたことありませんか?1回目は母親の胎中から生まれ出ることで、胎中のあなたは死にました。2回目は、一般的な肉体から永遠に離れる死。3回目は、人々の記憶から忘れ去られる死。例えばイエス・キリストは、十字架によってなくなったことで、2000年以上経った今でも覚えられています。

少なくも20万人超のお名前と向き合ってきた経緯から、ご縁させていただいた方々へ感謝し認め、和のエネルギーを分かち合いながら死んでいく・・・。

あなたには、どんなご臨終のイメージがありますか?

雑談カフェ

自己承認 VS 自己否定

自己承認 VS 自己否定

熾烈な最前線

今まで、資本家と労働者、右翼と左翼、善と悪、・・・と対立候補があげられてきました。どんどん本質化してきているように思います。究極は、あなたご自身のありようの向き合い方です。

心のあり方が、現象を作り出しているという話、聴いたことある方が多い昨今となりました。究極の最前線は、あなたの中にある存在価値(自己承認 VS 自己否定)です。

確かにおっしゃる通り・・・

高校生当時スキー旅行で、リフトの柱にぶつかったことがあります。この時に考えていたことは、「このまま滑ったとしても、リフトの柱にだけはぶつかりたくない。絶対にリフトの柱はよけて行こう。」「だからリフトの柱に向かっていくなって言ってるだろ!リフトの柱にぶつかったらどうするんだよ!」と、心の叫び虚しい結果となりました。

整体師当時のある名刺交換会で、受け取り拒否されたことがあります。「それはそれでかまいませんが、よろしければ理由をお聞かせいただけませんか?」と尋ねた時の返答。「すみません。『整体』という名前を見ただけで、拒絶感が湧いてしまうんです。今までいろんな施術を受けてきましたが、ことごとく変化がないんです。失礼ながら、あなたも似たようなものかと思うので。」確かにおっしゃる通り、確実によくなることはないと感じました。

少なくも20万人超のお名前と向き合ってきた背景から、理想の人物像を作り出すお手伝いをさせていただいています。ながらも当時は、「私なんぞにできるんですから、皆さん普通にできますよ」と考えていました。「どうせ私は〜」というセルフイメージの低さゆえに、価値なんてあるわけがないと考えていました。

願い訴え続けた今

京セラ創業者 稲盛和夫さんの有名なエピソード。松下幸之助さんの講演で「考えな、何もでけしまへんなぁ」の一言から、「そうか!考えればいいんだ!!!」と思い至った結果、今の京セラができ上がったとおっしゃられています(名著『生き方』より)。

20歳当時から、世界平和を謳ってきました。ながらも私自身が大嫌いで、「矛盾している」と偽善者呼ばわりされてきました。なぜ指摘されるのか全く意味が分かりませんでしたが、26年間願い訴え続けた今、前とは明らかに違うと断言できます。死ぬまで継続する覚悟です。

よくも悪くも、あなたがどんな思い(価値観)をもって言動に移しているかが、現象化していきます。思い考えたエネルギーがどんどん蓄積され、臨界点に達した時に現象化します。

認め合えることの重要性と継続の価値

これからは「私は○○○だから〜」の○○○には、どんなキーワードがよりふさわしいでしょうか?今までのあなたは、○○○にどんなキーワードを当てていましたか?

前に、今までの過去がいかに虐げられたものだったかを、詳細に語ってくださる方とのご縁をいただきました。「課題が明確化されたので、もう十分ですよ」と返しても、一向に止まりそうもありません。

しびれを切らして「今までのわだかまりを聴きたいんじゃありません。聴きたいのは、これからご自身を認めていただくためにどうしていきたいかです。これ以上語られるなら、返金しますからどうぞお帰りください」ときっぱり応えたところ、あからさまに雰囲気が変わりました。

前にも同じように指摘されたそうですが、当時は意味が分からず仲違いしたようです。「だから私は嫌われていたんですね」と、まさに憑き物がとれた感覚。結果、素晴らしい信頼関係を築けるように。

自己卑下に過小評価をかけ合わせたような生き方をしてきた私は、「できるわけないよな〜、私なんだから」が口ぐせキーワードでした。抑圧するほどに認められたい欲求が湧いてきます。結果まじめに努力を積み重ねても、報われた感をなかなか持てずにいました。

ようやく味わい尽くした感あって、認め合えることの重要性と継続の価値を痛切に感じています。あなたの未知の可能性を、どんどん認めて活かしてみませんか?あきらめず継続させることで、必ず実を結びます。

熟れる VS 飽きる

向き合い続けた先にあるものとは・・・

目標設定の成果は、まさに「熟れるか、飽きるか」で計れるように思いますが、あなたにはいかがでしょうか?

責任を押しつけられた恐怖

自衛官当時、「委託保管銃の移動」という役割を担当したエピソード。約30年間、予備自衛官のためにある銃を、新装備の銃が配布されるからと移動させることになっていました。

銃だけなら何の問題もありません。その銃には付属品がセットとなっており、付属品である細かいピン等がたくさんついています。何も分からない状況で司令部から異動した初勤務。一人で爪楊枝のような部品を数える日々。原因不明で数が圧倒的に会わず、責任を押しつけられた恐怖に震えていました。

期限が近づき切羽詰まった状況で、やっと問題なんだと伝わりました。部隊総動員で作業を進めてどうにか間に合わせきれました。孤独ながら継続させたことに、大いに充実感を持てました。

成長=限界枠を深め広げること

時を経て、施術を始めたばかりの頃。出張のみで全く信用なく、倉庫作業等のアルバイト。昼夜分かたず、平均睡眠2〜3時間な日々。

単調な誰にでもできるような内容です。施術を通して感動世界を目指していましたから、いかにアホくさい作業でも「いつか必ず役に立つはずだ」と考えきれていました。目的意識が明確であるほどに、「こじつけ」を「意味づけ」へ昇格させきれることを体験しました。

同じ作業内容でも、経験値次第で手際のよさが全く違います。手際がよくなろうとも時給は同じ。手を抜いて時給に見合った動きをしようとする方が出てくるのは当然です。

掃除研修に参加していたことも重なり「熟れるか、飽きるか」はずっと意識にありました。[成長=限界枠を深め広げること]なので、何事においても限界と向き合うことを有意義に感じていました。

未来につながる希望

自衛官当時は、「お前にしかできないこと」「よくやったな。素晴らしい!」と評価いただきました。役割分担なんだからと、無我夢中でした。

アルバイトの倉庫作業も、内容自体は似ています。明らかに違うのは、モチベーションです。自衛官当時は「役割分担だから」という、外的なものでした。単調アルバイトは表面的には生活のためであっても、《未来につながる希望》はかなりのものでした。

よく「いくつの仕事やってきたんですか!?」と驚かれます。私のミッションは【世界中の皆さんを認める】ことだと考えていますから、ご本人の身になって寄り添える私であるために、必要不可欠だとみなしてきました。

理想のあなたご自身を信じきる

どうすれば興味を持って取り組めますか?

先日、ひょんなご縁から、ある大学4年生と語らえました。彼いわく「学校での勉強が全くおもしろくありません。単位をこなしていくのが苦しくつらいです。どうすれば興味を持って取り組めますか?」と質問いただきました。

返答として「興味が湧かないのは、実生活と結びついていないからです。努力の先にある希望や、関心あることにつなげきれた時の達成感は素晴らしいですよ」「ビジョンが明確なら意欲が湧きやすいですが、何を目指していますか?」と訊いてみました。

結論(とりあえずな答え)にしか興味がないようで、考えることを一切しようとしない彼に「そりゃおもしろくもないよな・・・」と、大いに納得しました。考えない人生には深みがありません。

まずは何のために大学へ入ったのかを訊いてみたところ「子どもの頃から警察署の剣道場へ通っていて、憧れています。だから犯罪心理学を専攻しているんです」と返ってきました。親御さんが大病院の院長らしく、2人の兄は医師の道へ進まれたそうです。

さらに深めていきたいと考えつつも、数人での雑談だったため、結果はぐらかされてしまいました。

ダイヤモンド的解答

瞑想して考え抜いた結論。それは目の前のお客様すべてにおいて、『ダイヤモンド的解答がある!』と確信していたこと。ダイヤモンド的解答(=本当のご自身)を信じきる覚悟は、確実に持ち続けてきました。

久々にSNSでやりとりがあったのですが、ある女性への施術時、実家のお父さんが介護施設へ引っ越す必要が出てきました。しかしお父さんご本人は嫌がっており、実家の愛知まではケアのために定期的に帰省するわけにはいきません。その他様々な問題が同時多発に起きてきました。

結果は近くの介護施設へすんなり引っ越せ、施術後ドバイ出張の話が来て人生が劇的に様変わりしていきました。しかしそんな予兆は何もなく、当時の状況だけを考えるなら、「本当にためになっているのか?」かなり悩みました。もしどうしようもなくなったら、腹を切って一緒に地獄に行くことを覚悟しました。

彼女が思い通りの人生を描ききれるようになったことはもちろん嬉しいですが、彼女との幸福感や充足感を分かち合えたことは、【やっていて本当によかった!】と感無量の極みです。

理想のあなたご自身を信じきる

理想のあなたご自身を信じきる

私たちは誰しも、自分を自ら認めようとしても限界があります。相手(とるに足らないゴミであっても)から認められることで、初めて自己承認できます。だからと言って、何の根拠もなしに認められようとも、拒絶感が湧いてくる方も多いです。

まずは、あなたご自身へ《許可》を出してみませんか?認めることへの許可を出すことによって、中立・ニュートラルな状態となります。

全てにおけるダイヤモンド的解答は、「未来の理想のあなた」なのです。現状のあなたは、みすぼらしかろうがさえていなかろうが、大きな問題ではありません。理想のあなたは、「あなただけの神様」であり、必ず存在しています。

あなたが魂の王道を貫き徹し、未知なる可能性を信じきれますよう、心からのエールを贈ります。

〜してもいい

パワースポット

さっき奥さんと語らっていて、まさにその通りと痛感しました。

京都 貴船神社の奥宮木
京都 貴船神社の奥宮木

パワースポット

最近「パワースポット」という言葉、よく耳にします。あなたはいかがでしょうか?神社をはじめ、エネルギーが高いと称される場所のことを言うそうです。

パワースポットとは、地球に点在する特別な“場”のこと。エネルギースポット、気場とも言う(ウィキペディア)。

例えば毎月15日の靖国参拝は、月の最優先です。本殿にて手を合わせ瞑想するだけで、大いに癒されます。私においては、パワースポットと言えそうですね。

あと、スピ系の方々に特に、アメリカのセドナやシャスタなんて、聖地だと称され有名です。各人各様に、感性にぴったりハマる場所があるのでしょう。

小宇宙である人間=歩く宇宙=恒宮

ここで「やはりそう考えた方がいい」と思うこと。それは、【あなたご自身がパワースポット】という感覚です。なぜならあなたの人体は、もともと《小宇宙》と称されています。

小宇宙であるあなたは、〈歩く宇宙〉なのです。ある命名したお客様のセッション時に、「あなたご自身がすでに宮なんだから、宮らしい振る舞いをしてくれ」というメッセージが降りてきました。よって『恒宮(つねみや)』と名付け、とても気に入っていただけました。

中には「そんなこと、畏れ多くて発想自体が湧かない。なれるわけがない」という方がいらっしゃるかもしれません。確かにおっしゃる通り、誰しも考えている通りに物事は現実化していきます。なれるわけがないと考えるなら、おっしゃる通り確実になれません。

神様の気持ち

神社に祀られている神様の気持ちになってみて、いかがでしょうか?その神様たちは、何のためにエネルギーを与えているのでしょう?ずっと通い続けて欲しいから?

吉田松陰の松陰神社・菅原道真の太宰府天満宮・仁徳天皇陵・徳川家康の日光東照宮・・・、彼らの気持ちになって考えて、汲み取れるものとは・・・。

もし私が神社の神様なら「私のエネルギーが役立つならば、どんどん与えて癒して欲しい」と考えるでしょう。あなたにはいかがでしょうか?

あなたには、「パワースポット」と言えるだけの素晴らしい器を、すでにお持ちなのです。受けたのなら、与えて流す「循環」を起こしてみませんか?



あなたは、歩く宇宙

本当のあなたから愛されるために

コミュニケーションの最核

あなたは、本当のあなたから愛されていますか?また、あなたは、本当のあなたを愛しておられますか?双方の信頼関係を培い熟成させていくことこそが、コミュニケーションの最核だと考えているのは私だけでしょうか?

セルフイメージ(自己認識)こそが、あなたの人生すべてを決定づけます。立命コーチングでは理想具現化サポートである「理想のご自身と現状のあなたが、密に対話できる環境」をご提供いたします。

理想具現化

立命コーチング

「心に描いたとおりになる」「わたしの世界は、わたしの意識状態の投影である」・・・、よく耳にする言葉ですね。何か成し遂げたいことがあるなら、ご自身の中でイメージできているかどうかは、成果に大きな差を生み出します。

前に窃盗の被害を受けた方が、過去に盗みを犯して裁判所沙汰となった経緯から、誠実に生きるように改心していったお客様がいらっしゃいました。過去に起きた過ちの清算がコンプリートされる時、お知らせとなるような出来事が起きてきます。

ある方に立命コーチングの話をした時、「とても素晴らしいけど、10年は先を行っていますね。今は早すぎて理解できない方が多いと思いますよ」とご指摘いただきました。

立命コーチングでは、あなたの理想は、確実に具現化できます。ガリレオ地動説レベルのパラダイムシフトが起き、次世代の主流思想と十分なり得ます。あなたの役割分担は、最適化させ日々更新していくこと。

お互いを認め合えている感動世界

私は長期にわたって以下の気持ちを抱いていました。
・何の取り柄もない
・成功体験もない
・だから、ごく平凡に日々を過ごしていくだろう

今までを振り返ってみて、わずかずつながら変わっていきました。少なくも、ごく平凡な日々ではありませんでした。無意識に魂が叫び続けていたものと思います。自らの愚かさに幾度も嘆きつつも、どうしてもあきらめきれませんでした。

世界中の皆さんが、お互いを認め合えている感動世界を、どうしても創りたいのです。「自分が嫌いなくせに」と、偽善者呼ばわりされてきました。未だ発展途上人な私ですが、お互いを認め合えている感動世界を創るために、今を生きています。

立命コーチング

明快な愛情表現

ご自身の中にあるダイヤモンド的解答

先日、ある方(Aさん)より離婚や不倫の相談の話を持ちかけられ、大変だったという話を聴きました。経験したことがなければ、解決策も明確には提示できないからかもしれません。

私の場合、離婚経験はあります。だからというわけではありませんが、たいていのどんな相談であっても、解決できる自信があります。なぜなら、【すべての答えは、ご自身の中にある】からです。ご自身の中にあるダイヤモンド的解答があるとみなし、フォーカスし続けています。

4つの選択肢

Aさんより、夫婦生活において次の4つの選択肢からどれが重要かを問われました(検索してみると、実際よく問われる内容のようです)。

①愛情
②思いやり
③スキンシップ
④忍耐
あなたにはいかがでしょう?

私は即決で③スキンシップだと答えました(あとで奥さんにも訊いてみたら、やはり同じです)。①②に関してはご本人の主観が強く、相手にも好ましいと伝わるか、確実ではありません。信頼関係がこじれているほどに、逆効果になり得る危険性をはらんでいます。表面的なナンチャッテ効果で十分なら問題ないでしょうが・・・。

④忍耐は、結婚されて長くなる方に多いようですね。ご自身の言い分を傍に置いて、相手を尊重しようとするほどに、「忍耐・我慢」というキーワードが重くのしかかります(忍耐という言葉自体には、素晴らしい意味があります)。

どれも必要な要素でしょうが、①②④が有効性から低いと考える理由は、調和力です。私個人の「調和の定義」とは、《それぞれが個々独自の個性を発揮しながら、お互いに引き立て合っている状態》です。①②は自分側、④は相手側に偏っています。

明快な愛情表現の手法

③スキンシップはどうかというと、信頼関係なしには触れたいという欲求はまず湧きません。奥さんがよく言う中に、「どんなに関係が冷めていても、手をつないで散歩するだけで、必ずよくなる」のです。

距離感があって現実的に触れられない状況でも、触れているイメージをするだけで変化が訪れます。言葉にしてお伝えできればさらに効果は高まります。だから愛情や思いやりが生み出されるのです。表現できる状況作りには、忍耐力は大いに役立ちます。

どんなに愛情や思いやりを持っていても、相手に伝わっていなければないのと同じです。明快な愛情表現の手法として、スキンシップは必要不可欠だとみなしています。

信頼関係の中心核を見出したい方は・・・。

自殺者を減らすための第一歩

2021.3.11.瀬戸神社にて

追悼の意

2011.3.11.から10年。直に被災していないながらも、様々なことがありました。コロナ禍の今と同じく、「この日を境に人生変わった」という方は多いはず・・・。

実際に現地へボランティアで行かせていただきました。毎年この日は、参拝等亡くなっていかれた方への鎮霊をしたい気持ちになっています。よって一人ながら参拝させていただきました。

【自殺】という問題

死者・行方不明者は関連死も含め、22,000人となるようですが・・・。毎年30,000人超が亡くなっている【自殺】という問題(体の言い分的視点の『計画的自殺』も入れたら、100倍どころではすみません)は、どうしたらなくなるのでしょうか?

そもそも自殺という選択をしてしまうのは、どういう要因なのでしょう?私自身、セルフイメージが強烈に低かったことは前にお伝えしたとおりで、相応の自殺願望に常にさいなまれていました。

特に自殺への欲求が露わになるのは、
・大失敗をやらかし、迷惑をかけてしまったお詫び
・経済的困難はじめ、生きていくことに希望を感じなくなった
ような場合でした。

現代日本においては、表面的・物理的な要因からの選択はまずあり得ません。ならば内面・メンタル的に、ご自身の良心を抹殺するほどの何かがあった時。

「立場」への理解

総称してこれだと思えるのは、立場です。立場とは、
・その人の置かれている地位や境遇。また、面目。
・その状況から生じる考え方。観点。立脚点。
という意味合いがあるようですね(goo辞書)。

「苦しい立場に追い込まれる」「負けたら立場がない」 等よく用いられます。役職や親、男女・・・としての立場を失った時、自殺という選択をするのです。

それぞれの立場と価値観が絡み合って、大小の解釈が常時起きています。生きてきた価値観によって立場ができ、立場によって価値観形成がなされます。

もしあなたが自殺しようとしている方を救いたいなら、お金等物理的なものを与えても一時的な解決にしかなりません。まずは「立場」を理解し、寄り添っていただけることは、自殺願望が強かった私には、本当に救われる思いがしました。

酸いも甘いも苦いも、すべて飲み込んで前進。過ぎてみれば、すべては愛。自殺しようと本気で考えてきた今までがあったからこそ、生を全うする価値と向き合って来れました。

今までを振り返って、いかにセルフイメージが人生の全てを決するか、痛感しています。

【震災から10年】 死者 行方不明者「関連死」含め2万2200人に

地方で自殺が急増した「意外な理由」〜日本社会の隠れたタブー

計画的自殺

直感力×再現力

ご本人も気づいていないバックボーン

先日、「たまたまやったことがボーンと当たって、トントン拍子に進んでいるんですよ(^ ^)」とおっしゃるBさんとのご縁をいただきました。表面的には軽いノリで、おちゃらけ感満載。ながらも、ご本人も気づいていないバックボーンに意識がいきました。

「たまたまやったこと」とは、よく言われる「直感」が基にあります。直感そのものの規則性を見出せれば、誰にでも再現性が持てます。そもそも直感の構成要素とは、何なのでしょうか?

経験に基づく記憶

よく出す例として、『ユダヤ人大富豪の教え』(本田健 著)を覚えていますか?ゲラーさんが、不動産の担当者が腰を抜かすほどに不動産契約をした話(p198・199)。「私にしてみれば、他に何十という物件を見て、自分が欲しいものがはっきりしている。だから、それを見た瞬間にはもう答えは出ている。これが決断力というものだよ」。

周囲の皆さんには直感としか映っていないことでも、ゲラーさんには経験に基づく記憶からもたらされる決断なのです。ここから言えることは、《直感とはスピリチュアルや神秘的なものではない》のです。

前に山中さんがips細胞の原型をひらめいた時、お風呂に入っていたというエピソードから、Jさんが語っていたコメント。「山中さんはお風呂に入っていてひらめいたんだから、皆でお風呂に入ろう」。・・・・・・あまりに滑稽で、笑いがこみあげてきました。

確かにお風呂は、体が温まってひらめきやすくなります。しかしひらめく題材なしには、確実にひらめけません。もしJ さんの説がまかり通るなら、山中さんの血のにじむ努力が嘘になります。「山中さんの努力への冒涜だ」とみなしています。

本物の直感=アンテナ受信情報

本物の直感とは、アンテナ受信情報です。チョプラ瞑想で有名なディーパック・チョプラさんいわく「あなたの脳=アンテナ・受信機」なのです。

ひらめきのルートを、ピカソさんが名画『ゲルニカ』を描いた時の状況に喩えてみましょう。ピカソさんは、戦争に対するダークなイメージを抱いていたのでしょう。そのイメージが高次元の世界の方とつながり、アイデアが伝わってきました。ピカソさんは、伝達されてきたアイデアを基に『ゲルニカ』を仕上げたと考えるなら、いかがでしょうか?

すべての方々には、直感力があります。しかしながら「ない」とお考えの方がいらっしゃる理由は、直感を言葉等に表現できないからです。ピカソさんの素晴らしい点は、様々なアイデアを絵で表現できること。ピカソさんの基礎を積み上げてきた反復力には脱帽です。

歩んできた道

前に大変ハマっていた『はじめの一歩』の、鴨川会長による「キサマが積み上げたモノが拳に宿る!!(42巻「努力してきた者」より)」と一貫して謳ってきたコメント。何度読んでも大いに共感します。

チャンピオンとなった鷹村守や幕ノ内一歩は、窮地に追い詰められた時に無意識状態となり、鴨川会長との練習で積み上げた基礎が成果を導き出します。

過去の苦しかった経験を忘れてしまうのは、本当にもったいないです。走り幅跳びにおいて、助走なしに跳ぼうとしているようなもの。

どんな道を歩んできたのか?

話を元に戻します。冒頭に書いたBさんは、周囲からは客観的にはとんでもなく大変なことを、軽いノリで「おもしろい)^o^」「楽しい>* ))))><」と考え取り組んでいます。「たまたまやったことがボーンと当たって〜」などでは決してなく、彼自身が積み上げてきた集大成です。さすがだと、大いに感動いたしました。

Bさんだけではなく、あなたが歩んできた道には、光り輝く宝庫だらけです。

チョプラ瞑想

はじめの一歩