いびき対策

施術ベッド

先日、いびきに悩み、いらっしゃった50代男性。奥様からも不満を超え、心配されているそうで、友人と旅行へ行くなんて考えられないと。

Universal Flow 整体における施術の結論は、彼の場合は脾臓でした。

対話から

私は自衛官はじめ寮生活が長く、すぐとなりのベッドの彼のいびきに悩み苦しんだこともありました。

無呼吸症候群で悩んでいた方が、当時の職場の同僚でした。彼がどうなったか連絡先も分かりませんが、お客様である彼の話を聴いていて、ものすごく頭をよぎりました。

対話からやりがい・達成感を感じきれない状況で、「本当にこれでいいのか?」と、自問自答しながら葛藤してきた日々を感じました。彼からも、「理解してもらえた感」が伝わってきました。

あれこれ語り合う中、彼の人生に同僚が悩み続けてきた苦しみが重なってきました。同僚も生活のために、やりたくもない毎日を過ごしていました。出会った当初は無口な印象でしたが、信頼関係が築けていくうちに、深い話をしてくれるように。

やりがい・達成感は、生命エネルギーの根幹的要素です。「ピント合わせは簡単」の記事で書いていますが、ゴルフではドライバーに相当し、《カップインするためにいかに近づけるか?》を象徴しています。

達成感と新陳代謝

対話から見出した課題解決の手段は、脾臓でした。しかし体の仕組みからも、やはり脾臓なのか?

脾臓の役割は、自動車に例えると、「燃料」です。燃料がエンジンルームである腸へ送られ、蠕動運動というコンプレッションによって血が作られます(腸造血説)。肝臓で代謝され、肺で酸素が入れ替わり、全身へ流れていきます。

主に新陳代謝が活性化しやすいのは、夜寝ている時間帯です。その間細胞が、古いものは破壊され、新たに作り出される作業が繰り返されます。短時間の睡眠でも、効率的な代謝がなされるポイントは、〈適度な疲れ〉は必要不可欠。適度に疲れるためには、「目標に対してどれだけできたか?」を明確に把握しきれるかです。

目標設定は、誰かに決めてもらうよりも、自らで決めた方が絶対にいいと見なしています。受け身に設定した目標は、「ノルマ」になってしまう可能性が、かなり高いです。施術においても、こちらから答えを伝えて強要するようなことは、極力控えています。

こういった解説から、「まさに今の私です!」と明言していただけました。

解決の奥にある解放

足取りという視点で、大きく2通りに分けるなら、「軽いor重い」です。基本軽い方がいいと言えるでしょうが、中には軽すぎて浮き足立ち、定着感がない方もいらっしゃいます。

施術を受けた皆さんから、よく聴くのが「足が軽い」「浮いているみたい」です。同じ施術内容にもかかわらず、「足がどっしり地についている」と喜んでくださる方が、けっこう増えてきました。

彼の場合は、「軽い!」と喜んでくださいました。いびきが根本的に解決されるかは分かりませんが、Universal Flow 整体において目指すのは、「根本解放」です。

「解放とは、束縛された状態からあろうがなかろうが関係ない、ニュートラルな状態」だと解釈しています。解決しようと試みる前に、根本原因を引き出し自縄自縛な過去の記憶を、「今ここ」に凝縮させるお手伝いをさせていただいています。

なぜなら、症状の大半は、【体からのメッセージ】だから。体がご主人様(あなた)のために訴えたいメッセージが、絶対にあるはずです。

解決したい欲求の深奥に隠された、「置き忘れてきた記憶」を解放することで、自然と症状は緩和し解決へ向かうものとみなしています。悩みのテーマだった「いびき」が、どう解決しているのか、楽しみです。

最終結論は(今回の施術では)脾臓なんですが、《隠された言葉にできなかった想いを、いかに言葉化するか?》こそが、Universal Flow 整体のオモシロい醍醐味です。

 

【自己解決必須】いびきの原因は様々!自分にあった方法でいびき対策しよう

(睡眠・快眠情報ブログ〜看護師の知恵袋)

ピント合わせは簡単
体は、最も近くの他人
イメージの焦点化

独創と協調

なぜ振り回されてしまうの?

先日いらした好青年は、「ゆだねきれない」と「惰性に流れる自暴自棄」の振り子を往来し続け、「ゆだねるとはどういう状態なのか?」さっぱりだと悩まれる方でした。

他にも、奉仕に生きようともがきつつも枯渇し、エゴが湧き自己嫌悪に悩んでしまうなんて問題もあり得ます。怒りをさらけ出す方がいれば、こらえる方が現れます。プラス思考を極限状態まで継続すると、マイナス思考の反動(しわ寄せ)が起きてきます。

喜怒哀楽の感情が湧いてきてしまうのは、防ぎようがありません。むしろ強引に抑圧し(大半は無意識)麻痺させてしまうからこそ、様々な弊害が起こってきます。もし感情を自由自在に表現し、いつでもどこでもどんな状況下でも中立の立場へ戻れるなら、どんな変化が起こりそうでしょうか?

統計データと体の声

今まで検証してきた統計データから見れば、バランスをうまく維持する役割は、「冠状動脈」にあるようです。

腸で蠕動運動できている理由は、腸内細菌と心筋の鼓動が連携プレーで活性化させているからです。心筋の鼓動が正常に活性化できている理由は、冠状動脈という心臓の中にある3本の動脈が、正常に流れているからです(あーだこーだと説明すると、混乱してしまう危険性もあり、ムダなものを削ぎ落とすシンプル化にこだわっています)。

バランス

冠状動脈にツマリを感じる方の多くは、「独創と協調」のバランスが偏ってしまっている場合が多かったです。なぜなら、個々人における価値観が起因しています。良心基準が高く、自分を犠牲にしてまでも、全体の調和を図ろうと尽くします。結果、しわ寄せ反動は、どこかしらで起きてしまいます。

腸と心臓は、根本課題的な要因をはらんでいます。こちらの疾患が、他臓器の疾患を作り出してもいます。だからと言ってこだわりすぎると、他臓器の複合的な問題が、腸と心臓の問題を作り出してもいきます。

体は、【バランスを保つ】事を超重要課題と考えています。例えば右側で物を持つ事が多い習慣なら、左側に重心を寄せようとします。ご主人様であるあなたの事情に合わせて、調和を図ります。

根本解放における超重要ポイントは、「体の声に耳を傾ける」に尽きるんじゃないかと思いますが、あなたはどうお考えでしょうか?あなたの体は、あなたを生かすために真剣に向き合おうとしています。あなたがいかに自分と向き合おうとしているかが、信頼関係の核となり得ます。

image

究極の根本解放整体
許された分、許せる
コリ(痛み)と対人関係
コリリンテーブル
認知症の根本解放策

一歩を踏み出す勇気を持つ秘訣

なんとなくの今まで

あなたは今まで、ひたむきに走り続けてきたんじゃないでしょうか?しかし・・・人生に対する自己採点、どうなりますか?

「迷ったら動け!」って言われるから動いてきたけど、どんな成果があった?・・・・・・・
最近、無性に疲れがとれない
やる気もなんとなくで、起きない・・・
心から笑えたなんて、いつの事だったっけ?
周囲からどう思われているのか?が気になって仕方ない・・・・・・・・・・

マインドブロックバスターはじめ多くのセラピーや、「(ナンチャッテ)根本解決」を謳う巷の治療院で彼らの指示通りにやって来たはず。結果は・・・・?

なんとなく成功したと評価されても、達成感や安らぎ感・・・ある???
うずきが止まらない・・・・。
このままじゃダメ・・・・・。
何かが違う・・・・・・・・・・・・。

なぜ根本解決(解放)できないのか?

私自身、少なくも20万人超の姓名判断を経てきました。多くの皆さんと、喜び・感動をシェアできました。

もちろん私自身にも、鑑定できます。そんな状況でも、「感謝が足りないから〜」「感謝してないから〜」と言われ続けてきました。なぜ?意味がワカラナイ。

よくTV等で、「俺の事は、俺がイチバン分かってるんだ!」という場面を見かけます。こんな方を見て、あなたは何を感じますか?

誰のアドバイスも受ける必要がないという方は、
1人ジャンケンみたいなものです。
右手でパー、左手でチョキ。さぁ次は・・・・・。何回繰り返せるでしょうか?

悩み苦しんできた成果である、自立整体セラピーで訴える究極の原因は、大きく2つです。

1.自分と向き合いきれていない
2.向き合い方が分からない
継続・習慣化されると、どうなるでしょうか?

◯◯ジプシー

気持ちの上では、方策をひた探しているんでしょうが、味見ばかり・・・
→的外れな成果
→ひたむきに努力するほど限界を感じ、「どうせ〜」「こんなものか・・・」と諦め、自暴自棄
→周囲のせいにする
→悪・失敗のスパイラル・・・

解決策は、いかにご自身を、俯瞰・客観視しきれるかによります。「運勢=?」の問題のように、あなたの内側だけでは絶対に成立しません。しかし気づけるように、「考えてきた土台」も確実に必要です。両者が最適な合致を成した時、もたらされる成果こそが、自己承認です。

3.運勢とは?
3.運勢とは?

「自己承認」は、「自立」へ至るための根本解放的な絶対条件です。もしあなたが信頼関係を築き、本領発揮できるなら、全ては解放に導かれます。

 

価値観といかに向き合うか?
キーワードの重要性
志〜愛・感謝・喜び
魂〜受け継ぐ
コリリン

孤独な偽善者

2015.3.7-2
Universal Flow 整体体験会にて

相手に自分を見る

最近自分一人じゃ死ねないからなのか、電車の人身事故はじめ他人を巻き添えにしようとする考え方が、増えてきたように思います。その最たる例が、釧路イオンモールでの無差別殺人事件(最大の危機〜犠牲者が報われるよう)。

多くの皆さんが、似たような憂いを抱いていますが、あなたはいかがでしょうか?こういった話に対して、根拠のない腹立たしい気持ちが湧いてきます。という事は、私の中にも形を変えて似たような因子があるはずです(変形性同質要素)。

この湧き出てきた思いとしっかり向き合う事で、まだまだこびりついてしまっている【自縄自縛のワナ】という無意識のカラクリに気づけるんじゃないかと至りました。このシェアを通して、同じく悩むあなたに、手助けとなれば幸いです。

抜け出し方に暗中模索

幼少期からかなり荒んだ考え方を持っていた私は、中卒で自衛官になってからも、ものすごく大変でした。エゴの塊のような「典型的イヤな奴」。このままじゃいかんと一念発起し、「喜ばれ、尊敬・感謝されるには?」と真剣に悩むようになりました。

目標としたい方には、なかなか出会えません。先輩らに相談しても、「まぁ飲めよ〜〜〜」と片付けられます。ただただハラワタに、得体の知れない欲求不満がたまってきました。増幅される孤独感。結果、酒乱症状が出て、20歳で禁酒を決断しました。

自衛官を退職してから、多くの職を転々としてきました。あるご縁から、掃除ボランティア「日本を美しくする会」を知れた事は、まさに転機でした。魂磨きに没頭し、新聞屋で住み込むしかないくらいに夢中に(資金が底をついてしまいました)。結局は、ハマりすぎて掃除の会へ参加できなくなり・・・。今現在は復活し、世話人をさせていただいています。

知的理解の限界

興味関心は多分野にあり、いろいろ勉強してきました。おかげさまでか、多くの悩みに対して、手を差し出せるようにもなれました。しかし・・・。

多くの場面で、私の意見は聴き入れてはもらえません。しばらくして、似たような意味合いの表現をした誰かの意見が受け入れられていました。私を好んで下さっている方が、「さっき吉永さんが言ってた事じゃないですか?」と微少意見も無視。なぜこんなに虚しいのか・・・・・。理由が分からない・・・。雲をつかむような不快感が湧き起こり、何をやっても失敗しそうな気がしてきました。

ある日、解決してくれそうな期待を寄せていた方に、相談してみました(私には記念日2008.8.23.)。返答に言葉をなくしました。「確かにあなた、すごく上から目線ね。話を聴いてて腹が立ってくる!あなたほどの傲慢さ、そういないと思うょ」

と言ったきり、何のアドバイスもありませんでした。期待していただけに、ショックの大きさはすさまじかったです。ずーーっと指摘されてきた【偽善者】、強烈に重くのしかかりました。

多分野に関心持ち、独学で得てきた知識。誰かの役に立ちたくて、社会貢献したくて学んできたことが、すべてムダに思えた日々。「やっぱり私じゃダメなのか・・・・・・・・・・・?」と悩み続けた日々が、今は懐かしいです。

解放の経路

今は、批判された理由、明確に分かりました。あとはどれだけ昇華させきれるか?さらにさらに研鑽・精進を重ねていきます。上を見つめれば、キリがありません。自立整体セラピーを通して目指す世界は、【超宗教・超国家・超経済】の考えに基づいています。

・「感謝する」とはどういう事なのか?なぜ大切なのか?
・なぜ親への感謝が大切なのか?
・なぜ嫌われ無視されるのか?
・なぜ孤独を感じてしまうのか?
・なぜ他人のアラばかりが、目についてしまうのか?
・なぜ満たされない気持ちが湧いてくるのか?
・なぜ自信を持てないのか?
・なぜ後悔してしまうのか?
・・・・・・・

を、真剣に悩み苦しんで探求してきました。探求してきた成果を、うまく盛り込み体系化させたのが、自立整体セラピーです。多角的に検証・実践を繰り返してきた、成果の集大成であるコリリンテーブル。

姓名判断等、様々な手法を取り入れてはいますが、最大の価値は波乱万丈の生き様を体系化させた施術です。もしこれが嘘ならば、原理原則は真理でないという事になり得ます。

最大の危機〜犠牲者が報われるよう
変形性同質要素
究極の根本解放整体
許された分、許せる
望まれる自立へ導く自己承認型整体
コリリンテーブル(臓器の反射区と感情のつながり)

理解の7段階

2014.8.23-1

先日いらした方、人を癒す仕事をしていきたい!と長期に亘って願い続けてきた素晴らしい女性でした。よく「人を受け入れたい」と常々おっしゃられています。自立整体セラピーの考え方や施術にいたく感銘され、将来身に着けたいと考えて下さっています。

しかし、どうしても踏み切れない大きな壁が立ちはだかってるようにも感じていました。それが何なのか、まったく意味が分かりませんでした。

施術を通して浮き彫り化されてきたのは、理解せずに受け入れようとしていたから・・・。それが、いったいどんな問題へ発展するんでしょうか?以下は、他ではどうか分かりませんが、自立整体セラピーとしての解釈です。

理解の7段階

何事にも、段階があります。

◇引き受ける


最上級の理解。自発的主体性。「あなたの〇〇は、素晴らしいですね!ぜひ私にもさせてください!」

例えば、毎月15日の靖国参拝。こちら月の中で最も最重要かつ最優先に考えている催しです。まさに「させていただく」という感覚。能動的で、責任が伴い、自ら負う状況。

◇受け入れる


行動が伴う理解。「あなたの〇〇は、素晴らしいですね!私もさっそく取り入れてみますね(*^。^*)」

「引き受ける」よりかは、積極性に欠け、消極的です。賛成or反対?で、賛成派。

◇受け止める


一般的理解。「確認」「傾聴」とも言えるでしょうね。【要所をつかみまとめきれている】状態。「あなたの〇〇は、素晴らしいですね!今の私に必要かどうか、検討させていただきますね」

お客様方の長々としたまとまっていない話は、たいてい聴くだけで疲れます。重い内容ならなおさらです。要所をきっちりつかみ、整理のサポートをする事は、立派な仕事になり得ます。

◇受け流す


理解すべき課題ながらも、現状では解決できない状況の対処案「あなたの〇〇は、・・・そうですか(相槌を打ち続ける)」

カウンセラーさんはじめ、悩みを聴く事が仕事な方は、必要不可欠です。かつ話のポイントをきちんとつかみ、「受け止める」に持っていく事は、かなり重要です。しかし全部を真剣に聴き続けるのは、至難の業です。力を適度に抜き、リラックスした状態に持っていく事。私は、「受け止める」と「受け流す」の使い分けが、最も難しいと見なしています。

◇拒否する


拒絶状態。意見の擦れ違い。批判。「あなたの〇〇は、素晴らしいかもしれませんが、私には理解しかねます。」

時には毅然とした態度で断る事も、すごく必要じゃありませんか?新幹線等、速く走れるものほど、ブレーキ等制御に強くこだわってきたそうです。

◇気にしない


意識して、関心を避けようとしている状態。例えば、(不平不満ばかり言っている方の話を)無視している状況。

言葉のやり取りを始めた時から、負のスパイラルにハマってしまう事がものすごく多いです。例えば、電車の中でのケンカ。ついつい見て嫌な気持ちになる事ありませんか?彼らは彼らで好きなようにさせ、あなたが気にしてマイナスな気持ちを抱く必要はありません。相手を改心させる自信や余裕がなければ、極力関わらないようにした方がいい場合も。

◇気にならない


完全な無関心。

例えば自問自答等で、考えに集中している時なんて、周囲の声が聞こえないなんて事ありませんか?瞑想状態に入っている時なんて、まさにそうですね。

私は電車のスキマ時間に、立ったままの瞑想をよくします。背筋を伸ばして深呼吸するだけでも、かなりスッキリできますょ(=^・^=)
今ご自身がどこに位置しているかが把握できれば、ここぞという時に一歩を踏み出す勇気を持てるんじゃないでしょうか?こんな事実に気づけ、「ありがとうございます!!!」と大喜びしてくださいました。

身につけきれるまで、理想と現実のギャップにも、かなりショックだったようですが・・・・・・・・。それでもめげない向上心の高さに、改めて尊敬しました。

最適な見極め

もしあなたが、この使い分けを自由自在かつ意図的に活用できたとしたら、どんな変化が起こりそうでしょうか?例えばもし、不都合な契約を引き受けようものなら、あなたの人生とんでもない事になりかねません。退く事も勇気の1つです。

日常的なコミュニケ―ションにおいて、あなたが適切に言葉を使い分けきれたとしても、【意思疎通やシェアの能力なんて上がらないょ】と考えてしまう確率は、どれくらいでしょうか?

私自身気を使ってはいながらも、まだまだ全然発展途上中です。
あなたと、シェアの喜びを分かち合えるよう、願ってやみません。
東京で、根本解決の整体なら・・・。

よく噛まない=依存


Universal Flow 整体では、体の声を通訳させていただいています。体の声を聴く限りには、「よく噛まないことが、依存に直結する」と共通して訴えています。膵臓の役割とは、腸で消化しやすくするために、膵液やインシュリン等(消化酵素)を分泌する役割です。

解決策のすべては・・・

よく噛まない理由とは、体に依存しているからです。「よく噛まなくたって大丈夫(=^・^=) 体がちゃんとなんとかしてくれるんだから(^○^)」と考えていませんか?

そう考えているあなたには、心と体の信頼関係に溝ができてしまっています。すべての解決策は、あなたが既に所有するものの中にあるんですから。それを「ない。新たに探さないと・・・」なんて考えているとしたら、その溝は深まるばかり((+_+))

結果、自信が萎えて来て、依存心が湧いて来ます。何をやるにつけても、優柔不断になったり、慎重になり過ぎて何も手につかかない・・・・・。

砂糖の過剰摂取も同じです。砂糖は中毒性があり、さらに甘くしようと欲するように。周囲にいらっしゃいませんか?コーヒーに、砂糖を「え〜〜!」ってくらいに入れる方。飲んで底に残っているなら、ほとんどの場合入れすぎです。

体は、まさにオーバーワーク状態です。400mダッシュを連続10本繰り返させられているようなものです。どんどん疲弊し、対応不可な状況になりつつも、体(コリリン)はどうにかあなたを守ろうと試行錯誤しています。

解決策は、まずは現状把握し、自覚し認めること。しっかり受け止める事なしには、反省はあり得ません。反省なしには、根幹的な解決には至る事はないでしょう。

ある女性のエピソード

前にいらした、40代後半の女性。彼女は、この話を聴いてよく噛む事に意欲を持ち始めたそうです。

いわく、「よく噛む必要があるのは、糖尿病患者はじめ医者に強要された方くらいだと考えてました」おそらく近いうちにこの女性、糖尿病等よく噛まなければならない疾患を抱えていたでしょう。ご本人、実際にそんな未来をはっきり自覚したそうです。

結果、便のキレが改善されたそうです。朝の時間が短縮されたと喜んでいただけました。加えてまったく期待していなかった対人関係が劇的によくなり、日々の生活がとても充実しているとか!特にご主人さんとの交流が、ものすごく深まってきたそうです!

私自身、すごく嬉しい限りです(*^。^*)こんな人生を変えるサポートができた事は、お金に換えられない宝物!まさに天命を生ききれている達成感・充実感。

ありがとうございます(^_-)-☆

 

東京 池袋から電車で約15分

ウサギ、なぜカメに負けた?

大好きな一説より

ウサギとカメの話はとても有名ですよね?なぜウサギは負けたんでしょう?たいていの方は、「寝てたから」と答えるんじゃないでしょうか?この質問を受けた時、私もそう答えました。では「本質的な理由」とは?それは











・。
ウサギはカメを見、カメは自分のゴールだけを見続けたからです。

人生とはとかく自分の能力以上の人を見て劣等感(があれば、同時に優越感もあります)や不快な感情を抱いたり、やるべき事をやらず、結果的にその気持ちが「負け」の現象を作ったりする事があります。またある方は、自分の能力以下の人に目を向けて、仕事をさぼったりする事もあるでしょう。真の勝利者になる者とは、常に自分のペースを見失わず、ゴールへ歩み続ける者。

人生の成幸は、決して早い方が勝つとは限りません。真の勝利者とは、決してあきらめず継続した者にのみもたらされる恩恵です。by青木仁志『伝達力』p99~101

「カメはベストを尽くした。君はどうだ?」松岡 修造

過ち(妬み・劣等感)を顧みる

私は確実にそういった過ちをやらかしていました((+_+))
・高校当時、テストである毎回高得点をとっている彼が、ある日あまり思わしくない結果だったようです。私もあまりよくはありませんでしたが、「彼と大して変わらないからいいか」と考えていました。
・地方営業にまわっていた時も、チームの全体が調子が悪かった日、私はいつもと変わりませんでした。勝手に天下をとったような気になっていました。

比較し始めれば、キリがありません。上には上がおり、下には下も・・・・・・・。すべての生命体には絶対的な価値があります。自分自身をそんな視点で見つめきれるようになった時、少しずつ変化を感じ始めてきました。

妬みという感情は、本来素晴らしいものです。なぜなら、相応の努力を投じたからこそ湧いてくるからです。ここで妬ましい気持ちを、心からの祝福(憧れ)に切り替えきれた時、必ず何かが動き出します。あなたの才能が、本領発揮される瞬間。

彼はなぜ寝てしまったのか?
彼には、成長欲求はなかったんでしょうか?
この時、どうすればよかったんでしょうか?
この後、彼はどんな行動を選択したんでしょうか?

過去の過ちを顧みる事は、あなたを成長させる最高の材料になり得ます。だからこそ、フラッシュバックを起こすんです(=^・^=)

あなたの記憶には、多くの宝物が隠されていますょ。

 

フラッシュバック〜運命主導の秘訣

体の幸福観(魂・心・脳の関係)

image

魂と心と脳


魂・・・絶対的良心。
時空を超えて、誰もがうなづく基準。
絶対的真善美。すべてを包み込むような愛情。

心・・・相対的良心。

あなたが正しいと考える、各人各様な基準。「個別性」です。
戦国時代と現代では、判断基準がまったく違います。
各々の国観や宗教観によってもそうですね。だからこそ宗教戦争が起きています。

えこひいき等、Aさんにはニコニコ接し、Bさんには辛く当たる・・・。こんな事が発端で2重人格障害なんてあり得ます。国家間の戦争の縮小版が、個々人のケンカやいじめです。

脳・・・習慣に基づいて、「今まで~だった。だから―しよう」と考える基準。会社で言えば、本部のような存在です。

脳は体の一部でありながらも、思考機能を備えています。魂や心と、一緒くたに考えてしまう事がよくありがちです。脳は、「潜在意識」と同じような解釈をされる場合が多いです(心と脳と体の調和)。

本来あるべき状態と現状

私は性善説派です。本来あるべき状態の人間とは、魂と脳の関係しかないと考えています。心は魂に内包されたような感覚です。

もし魂と脳が調和した個々人が、世界中に溢れるとしたら・・・。個性と個性が混ざり合って、さらに大きな調和が生み出されるでしょう。

誰もが得意分野をいかんなく発揮し、不得意分野をお互いに補い助け合っていくような世界!すごくいいですねぇ!

現状は、心と脳が主です。魂もあるんですが、「囚われの身」といった状況です。こちらのコミュニケーションがずーっと続くと、たいていの場合、自虐思考(悲観的発想)になります。

絶対的基準がないなら、「上」とは「下」があるから成り立ちます。無意識に比較するような事態が起きてしまうのは当然です。

「自問自答」なんて最たるものです。自分の中の、誰と誰が対話してるんでしょう?バラからひまわりになろうともがき苦しんだ方、いらっしゃいませんか?少なくとも私はその1人です。

こういったカラクリがだいぶ見えてきましたから、かなり対処できるようになってきました。脳は、ご主人様であるあなたを健康で幸福にするため、きっちり役割を果たそうとしています。

体の願い

では体が考える「幸福」とは何でしょう?それは「ご主人様(あなた)の願いを叶える」です。対話してきた体たちが、一貫共通して訴えてきたのは、「ご主人様は神様より格上」でした。

体とやりとりする中、共通して訴えてきたメッセージは、
1.成長(学習欲求)
2.ありのまま
3.大好き(最優先。もし納得できないなら、1と2を却下してもいいと考えています)

ただ、生死に関わるような極限状況には、相応の対処をします。体は死ぬまで、永遠かつ一瞬たりともご主人様から離れられません。ギックリ腰にさせたり等、ご主人様に気付くようメッセージを送り続けます。それが「痛み」です。

ご主人様であるあなたが落ち込んでいれば、体も一緒に落ち込みます。
「あれ?よかれと思ってやった事だったけど、悪かったな(/ω\)」

たまにこんなこと話してるかもしれません。
「なぁんか、イラついてるよね?ホルモンバランスをもっと調整せないかんかな?と副腎くん。
「ご主人さんが、あまりにも飲み込むように食べるから、近々クーデターでも起こそうかって思ってんだよ。そうすりゃ少しは反省するかな?」と膵臓くん。
「あれ?今までご主人さん、何もうちらの事関心持ってくれんかったのに、急に流れがよくなってきてね?今までの渋滞がかなり緩和されたわ。何が起こってんやろ?」と赤血球くん。

体の細胞それぞれが、しっかり果たすべき明確かつそれぞれの役割分担を担ってます。ながらも髪の毛1本から鑑定されるDNAは、それだけで個人を特定できます。

自立整体セラピーでは、体の側面から魂を解放できると考えています。

 

心と脳と体の調和
認知症の根本解放策
究極の根本解放整体
無意識領域の根本解放策

弟の結婚式

2012.11.18.勉&愛

昨夜、弟(勉)の結婚式が竹橋で催されました。親と一緒に挨拶回りをしました。多くの皆さんが、弟に心からの祝福を与えている事、すごく分かりました。

飛び入りで、詩吟をさせていただきました。完全に即興で、できるか疑問でしたが、涙でうまく声が出ない・・・。

この時を逃したら、二度と告白する機会がないかもしれないと考え、決意しました。
前に新婦(愛)さんのピアノの先生が、『TimeSayGoodbye』を弾き語り(めちゃうま)、かなりたじろぎました。

少し緊張気味で、何を言っていたかあまり覚えてません。覚えている限りのスピーチ。

「勉、愛さん。おめでとう!さっきの素晴らしい歌声の後で、【しまった!】と感じてます。完全即興ですから、うまくできるか分かりませんが…

私は、弟を妬んでいました。なぜならデキル奴だったから。そんな自分を嫌ってもいました。

私は15歳で地元を離れ、約20年ぶりの再会でした。今日皆さんに勉の話を聴いていて、本当に祝福されている事を嬉しく思いました。
皆さん、弟を愛してくれて、慕ってくれてありがとうございます!

詩吟の内容は、義経が乳飲み子で母に連れられ逃げ惑ってた時の話です。それでも最後には大軍を引き連れて歩く大物になったという・・・。

私自身、何度も【もうだめだ!】と膝をつきました。そんな時、自分を励ます意味で、この歌を歌ってきました。すごく大好きな歌です。

これから勉も、決意するほどに、苦しい逆境があるかもしれない。
それでもお前は絶対にできるから、あきらめるな!

をこの歌に託して、吟じさせていただきます。」

声が上擦って、うまく吟じれたか分かりません。
そのあとの事は、あまり覚えていません。
ただ帰りに弟から、「詩吟ありがとう」と言われた事に【報われた】と安堵感を持ちました。