自己承認 VS 自己否定

自己承認 VS 自己否定

熾烈な最前線

今まで、資本家と労働者、右翼と左翼、善と悪、・・・と対立候補があげられてきました。どんどん本質化してきているように思います。究極は、あなたご自身のありようの向き合い方です。

心のあり方が、現象を作り出しているという話、聴いたことある方が多い昨今となりました。究極の最前線は、あなたの中にある存在価値(自己承認 VS 自己否定)です。

確かにおっしゃる通り・・・

高校生当時スキー旅行で、リフトの柱にぶつかったことがあります。この時に考えていたことは、「このまま滑ったとしても、リフトの柱にだけはぶつかりたくない。絶対にリフトの柱はよけて行こう。」「だからリフトの柱に向かっていくなって言ってるだろ!リフトの柱にぶつかったらどうするんだよ!」と、心の叫び虚しい結果となりました。

整体師当時のある名刺交換会で、受け取り拒否されたことがあります。「それはそれでかまいませんが、よろしければ理由をお聞かせいただけませんか?」と尋ねた時の返答。「すみません。『整体』という名前を見ただけで、拒絶感が湧いてしまうんです。今までいろんな施術を受けてきましたが、ことごとく変化がないんです。失礼ながら、あなたも似たようなものかと思うので。」確かにおっしゃる通り、確実によくなることはないと感じました。

少なくも20万人超のお名前と向き合ってきた背景から、理想の人物像を作り出すお手伝いをさせていただいています。ながらも当時は、「私なんぞにできるんですから、皆さん普通にできますよ」と考えていました。「どうせ私は〜」というセルフイメージの低さゆえに、価値なんてあるわけがないと考えていました。

願い訴え続けた今

京セラ創業者 稲盛和夫さんの有名なエピソード。松下幸之助さんの講演で「考えな、何もでけしまへんなぁ」の一言から、「そうか!考えればいいんだ!!!」と思い至った結果、今の京セラができ上がったとおっしゃられています(名著『生き方』より)。

20歳当時から、世界平和を謳ってきました。ながらも私自身が大嫌いで、「矛盾している」と偽善者呼ばわりされてきました。なぜ指摘されるのか全く意味が分かりませんでしたが、26年間願い訴え続けた今、前とは明らかに違うと断言できます。死ぬまで継続する覚悟です。

よくも悪くも、あなたがどんな思い(価値観)をもって言動に移しているかが、現象化していきます。思い考えたエネルギーがどんどん蓄積され、臨界点に達した時に現象化します。

認め合えることの重要性と継続の価値

これからは「私は○○○だから〜」の○○○には、どんなキーワードがよりふさわしいでしょうか?今までのあなたは、○○○にどんなキーワードを当てていましたか?

前に、今までの過去がいかに虐げられたものだったかを、詳細に語ってくださる方とのご縁をいただきました。「課題が明確化されたので、もう十分ですよ」と返しても、一向に止まりそうもありません。

しびれを切らして「今までのわだかまりを聴きたいんじゃありません。聴きたいのは、これからご自身を認めていただくためにどうしていきたいかです。これ以上語られるなら、返金しますからどうぞお帰りください」ときっぱり応えたところ、あからさまに雰囲気が変わりました。

前にも同じように指摘されたそうですが、当時は意味が分からず仲違いしたようです。「だから私は嫌われていたんですね」と、まさに憑き物がとれた感覚。結果、素晴らしい信頼関係を築けるように。

自己卑下に過小評価をかけ合わせたような生き方をしてきた私は、「できるわけないよな〜、私なんだから」が口ぐせキーワードでした。抑圧するほどに認められたい欲求が湧いてきます。結果まじめに努力を積み重ねても、報われた感をなかなか持てずにいました。

ようやく味わい尽くした感あって、認め合えることの重要性と継続の価値を痛切に感じています。あなたの未知の可能性を、どんどん認めて活かしてみませんか?あきらめず継続させることで、必ず実を結びます。

パワースポット

さっき奥さんと語らっていて、まさにその通りと痛感しました。

京都 貴船神社の奥宮木
京都 貴船神社の奥宮木

パワースポット

最近「パワースポット」という言葉、よく耳にします。あなたはいかがでしょうか?神社をはじめ、エネルギーが高いと称される場所のことを言うそうです。

パワースポット(power spot)とは、地球に点在する特別な“”のこと。エネルギースポット、気場とも言う(ウィキペディア)。

例えば毎月15日の靖国参拝は、月の最優先です。本殿にて手を合わせ瞑想するだけで、大いに癒されます。私においては、パワースポットと言えそうですね。

あと、スピ系の方々に特に、アメリカのセドナなんて、聖地だと称され有名です。各人各様に、感性にぴったりハマる場所があるのでしょう。

小宇宙である人間=歩く宇宙=恒宮

ここで「やはりそう考えた方がいい」と思うこと。それは、【あなたご自身がパワースポット】という感覚です。なぜならあなたの人体は、もともと《小宇宙》と称されています。

小宇宙であるあなたは、〈歩く宇宙〉なのです。ある命名したお客様のセッション時に、「あなたご自身がすでに宮なんだから、宮らしい振る舞いをしてくれ」というメッセージが降りてきました。よって『恒宮(つねみや)』と名付け、とても気に入っていただけました。

中には「そんなこと、畏れ多くて発想自体が湧かない。なれるわけがない」という方がいらっしゃるかもしれません。確かにおっしゃる通り、誰しも考えている通りに物事は現実化していきます。なれるわけがないと考えるなら、おっしゃる通り確実になれません。

神様の気持ち

神社に祀られている神様の気持ちになってみて、どうなるでしょうか?その神様たちは、何のためにエネルギーを与えているのでしょう?ずっと通い続けて欲しいから?

吉田松陰の松陰神社・菅原道真の太宰府天満宮・仁徳天皇陵・徳川家康の日光東照宮・・・、彼らの気持ちになって考えて、汲み取れるものとは・・・。

もし私が神社の神様なら「私のエネルギーが役立つならば、どんどん与えて癒して欲しい」と考えるでしょうが、あなたはいかがでしょうか?

あなたには、「パワースポット」と言えるだけの素晴らしい器を、すでにお持ちなのです。

直感力×再現力

ご本人も気づいていないバックボーン

先日、「たまたまやったことがボーンと当たって、トントン拍子に進んでいるんですよ(^ ^)」とおっしゃる方とのご縁をいただきました。表面的には軽いノリで、おちゃらけ感満載。ながらも、ご本人も気づいていないバックボーンに意識がいきました。

「たまたまやったこと」とは、よく言われる「直感」が基にあります。直感そのものの規則性を見出せれば、誰にでも再現性が持てます。そもそも直感の構成要素とは、何なのでしょうか?

経験に裏付けされた記憶

よく出す例として、『ユダヤ人大富豪の教え』(本田健 著)を覚えていますか?ゲラーさんが、不動産の担当者が腰を抜かすほどに不動産契約をした話(p198・199)。「私にしてみれば、他に何十という物件を見て、自分が欲しいものがはっきりしている。だから、それを見た瞬間にはもう答えは出ている。これが決断力というものだよ」。

周囲の皆さんには直感としか映っていないことでも、ゲラーさんには経験に裏付けされた記憶からもたらされる決断なのです。ここから言えることは、《直感とはスピリチュアルや神秘的なものではない》のです。

前に山中さんがips細胞の原型をひらめいた時、お風呂に入っていたというエピソードから、ある方が語っていたコメント。「山中さんはお風呂に入っていてひらめいたんだから、皆でお風呂に入ろう」。・・・・・・あまりに滑稽で、笑いがこみあげてきました。

確かにお風呂は、体が温まってひらめきやすくなります。しかしひらめく題材なしには、確実にひらめけません。もし彼の説がまかり通るなら、山中さんの血のにじむ努力が嘘になります。「山中さんの努力への冒涜だ」とみなしています。

本物の直感=アンテナ受信情報

本物の直感とは、アンテナ受信情報です。チョプラ瞑想で有名なディーパック・チョプラさんいわく「あなたの脳=アンテナ・受信機」なのです。

ひらめきのルートを、ピカソさんが名画『ゲルニカ』を描いた時の状況に喩えてみましょう。ピカソさんは、戦争に対するダークなイメージを抱いていたのでしょう。そのイメージが高次元の世界の方とつながり、アイデアが伝わってきました。ピカソさんは、伝達されてきたアイデアを基に『ゲルニカ』を仕上げたと考えるなら、いかがでしょうか?

すべての方々には、直感力があります。しかしながら「ない」とお考えの方がいらっしゃる理由は、直感を言葉等に表現できないからです。ピカソさんの素晴らしい点は、様々なアイデアを絵で表現できること。ピカソさんの基礎を積み上げてきた反復力には脱帽です。

歩んできた道

前に大変ハマっていた『はじめの一歩』の、鴨川会長による「キサマが積み上げたモノが拳に宿る!!(42巻「努力してきた者」より)」と一貫して謳ってきたコメント。何度読んでも大いに共感します。

チャンピオンとなった鷹村守や幕ノ内一歩は、窮地に追い詰められた時に無意識状態となり、鴨川会長との練習で積み上げた基礎が成果を導き出します。

どんな道を歩んできたのか?

話を元に戻します。彼は、周囲からは客観的にはとんでもなく大変なことを、軽いノリの彼は「おもしろい)^o^」「(楽しい>* ))))><」と考え取り組んでいます。「たまたまやったことがボーンと当たって〜」などでは決してなく、彼自身が積み上げてきた集大成です。さすがだと、大いに感動いたしました。

彼だけではなく、あなたが歩んできた道には、光り輝く宝庫だらけです。

チョプラ瞑想

はじめの一歩

「声」という楽器

音楽の魅力

結論。「あなたの声には、絶対に魅力がある!」のです。

あなたの声で何を表現しますか?

先日ある男性と、音楽の話になりました。

二十歳の自衛官当時、連日のように渋谷・青山・麻布のクラブカフェへ出かけていた時期があります。純粋に流れている音楽が心地よく、退職して世界中を飛び回り新しい音楽を集めるバイヤーを夢見た時期もありました。

高校生当時からやっていた詩吟をはじめ、「音」という世界には幼少期から興味を持っていました。ピアニカや縦笛等の楽器はかなり苦手で、音楽科目としては決して好印象ではありませんでしたが・・・。校歌を大声でまちがえたり、音程が外れていると嘲られたことも。

それでも、音楽なしには私の人生はあり得ませんでした。初めて聴いて涙が出るほど感動したのは、渡辺美里さんの「My Revolution」。彼女の歌声には、魂に響く何かを感じ、よく聴いたものです。当時は、歌詞に感動したと感じていました。

高1までは、パンクロック等の破壊的な音楽を好んでいました。高2でカーペンターズの「Top of the world」を聴いた瞬間、魅了されドハマリ。一緒に詩吟の勉強も始まりました。

題名である「声」そのものが楽器なんだと実感したのは、Jamiroquai。’92の初アルバムを聴いた時、衝撃が走りました。言葉にならない雄叫びのような声に、大いに魅せられたことを鮮明に覚えています。

今では和・洋ともに、様々な音楽を聴きます。言葉の意味はさっぱりでも、声を楽器の1つとして聴いている感覚です。そう考えると、「声」には素晴らしい魅力があるのです。

「声」が発する魅力

私自身、セルフイメージが強烈に低かった期間は30年以上だという話、前にさせていただきましたね。そんな中でも、声は本当に嫌いでした。授業音楽の評価が低かったことも重なって、ドモリが出てきます。しかし誰もいない場所の鼻歌では、ドモリなんて全くありません。

いつの間にやらドモリ癖がなくなっていたと気付いた要因は、高校生当時の詩吟の先生の言葉でした。「あなたの声はとてもいいね」という褒め言葉に、「声」という存在価値を認めきれたから。30年近く経った今でも、詩吟の節が出てきます。

あなたにお伝えしたい核心は、あなたの「声」が発する魅力です。あなたの声には、絶対に魅力があるのです。【声=周波数=エネルギー】なので、発した言葉には、相応の言霊が入ります。逆に言うと、魂がこもっていない言葉には、やはりエネルギーがありません。

ある友人で、「声が絶対にステキですよ!」とお伝えした方が、声を使ったヒーリングセッションを始めたという話を聴きました。言われた当時の彼自身は、「そうかな?」くらいにしか感じていませんでした。時を経て、お伝えしたことの現実化に感無量でした。

セッションを受けていただけた方の多くは、「声」が明らかに変わっています。ご本人自身に自覚していただけており、成果に直結しているご報告をいただいています。

あなたの「声」は、確実に誰かを救います。
あなたの「声」は、確実に誰かに感動を与えます。
あなたの「声」は、確実に誰かに喜びと平和をもたらします。

絶対、確実に。

ドモリと向き合う

渡辺美里「My Revolution

Jamiroquai

突然変異=積み重ねてきた努力の結果

結論。突然変わったように見えたとしても、わずかながらにも継続させてきた努力の結果ゆえに起きたのです。

突然変異=日々の微々たる変化を認めていなかった

突然変異の瞬間

いろんな方々にお会いさせていただいていますが、初対面でお名前を見た瞬間、ほぼ瞬時に画数が解説付きで浮かんできてしまいます。27歳から少なくも20万人超のお名前と向き合ってきたので、当然といえばそれまでですが・・・。

今でこそ当たり前になりましたが、セルフイメージが強烈に低かった当時には、今のような予想なんてできるわけがありません。まさに「マルデダメオ」な暗黒の日々を経てきたからこそと、当時の私に慈しみが湧いています。

27歳の3・4月、福岡の久留米へ印鑑営業研修で行ってきました。2ヶ月目のある日13時頃に、20代後半の男性に語っていた時に出てきました。おそらく最も驚いたのは私自身で、一緒にいたペアも驚いていました。

もともと営業が得意だったわけではなく、「なぜ私が?」という気持ちをどうしても払拭できません。帰って所長はじめ皆さんにも「何があった?」と驚かれ、その能力は今も継続されています。その日の朝礼では、目標さえも宣言できず出かけることに嫌気が差していました。

今振り返って思えば

瞬時に画数が浮かんできても、問題はセルフイメージです。私自身が嫌いなので、相応のフィルターをかけて世界を見ています。「私が嫌い」という世界観は、当然ながら清らかで美しいものとはかけ離れています。嫌われるようなことしか言わないので、瞬時に分かってしまうことが逆効果になってしまう場面が多々ありました。名前を観ることを何度やめようと思ったことか・・・。

ある日を境に、明らかに変わったと認識できました。私たちは大半において、あからさまな変化がなければ「変わった」と認めることは厳しいですね。今振り返って思えば、微々たるながら些細な変化を継続させていたのです。

今現在も、「本当に成長してるのかな?」とぼやきたくなることは、数知れません。そんな時よく思い出すのが、『7つの習慣〜ファミリー上巻』p58の「中国の竹の奇跡」です。

要約すると「竹は、4年間は小さな芽が出るだけで、何も成長が見えません。しかし5年目、一気に25mの高さへ成長します。あなたが些細なことでも継続していれば、【5年目】は必ずやってきます。」

気づきと変化

当時の私の話をしても、嬉しいことに信じていただけない場面が増えてきました。これからさらに、さらに謙虚になっていく必要性を感じています。周囲の方々には、あなたに起きた変化を突然変異に感じるかもしれません(もしかしたらあなたご自身も)。

Universal Flow Therapy では気づきを「《ない》と感じていたものが《あった》状態」と定義づけています。突然変異が起きるくらいの変化があったということは、相応の気づきがあったからなのです。単に、日々の微々たる変化を認めていなかっただけなのです。

《ない》と思っていながらあなたは、○○○をすでに創り出しているのかもしれません。

あなたの夜明けは、必ずきます!

明快に現状を把握する秘訣

今までいたって当たり前でしたが、改めて気づかせていただきました。

先日ある方との語らいで、「本当に瞬時に画数が分かってしまうんですよ」ということで、数人のお名前をあげていただきました。

私たちは、今までの人生の中で、例外なく誰かからの影響を受けています。最大の影響力は、当然ご両親です。今までその時々における関わりを検証していく中で、【私は何者なのか?】が浮き彫り化されてきます。

Aさんを本当に知るには、意外にもその場にAさん本人がいない方が、より分かってしまったりするものです。分かりやすく私、龍個人のことを知ろうとするなら、私が誰とどんな接し方をしているかを調べた方が早いのです。

あなたが関わっている方の大半は、あなたが模範としたいのか、克服すべき課題の反映か、どちらかです。関係性が深いほどに、顕著だと言えます。

会ったことがない周囲の重要人物(1時間枠であれば、親兄弟はじめ約3人)のお名前を観させていただき、相性について解説。目の前の方の強い納得的反応から、あなたの深(真)相的魅力や問題点等が浮き彫り化されてきました。なぜなら、すべてあなたの視点で存在していている方々だからです。

原理原則という観点からも、かなり正当性がありますが、より多角的に検証してまいります。

名前ヒーリングの手順

変形性同質要素

○詳細は無料個別相談

立命コーチング

・姓名承認(ご本人のみ) 約20分

・姓名承認 約60分(周囲の重要人物から検証)

・ディープマインドセラピー(1〜2個の問題解決)約60分

・理想のあなたへの命名サポート 約60分

ブランディングネーム、サロン(店舗)名、出産予定のお子様への命名サポート 約60分

カゼ(発熱)のススメ

2017.11.30.現在の体温

先日、こんな記事を見つけました。

インフルエンザを発症させない方法は?潜伏期間の対策法

確かにインフルエンザに罹ると、すごくつらいですよね(T_T)
これらの4つの手法はもちろんなんですが・・・。

大切なことが抜けています。それは






感謝です。

「感謝」と「傲慢」は、メンタル的につながっており(極と極)、傲慢は心筋・腸に強烈な負担をかけます。感謝がないと、すべてが”当たり前”になってしまいます。朝起きれて当たり前、ご飯が食べれて当たり前、服が着れて当たり前、電車に乗れて当たり前、・・・・・。

心臓の鼓動は、腸の蠕動運動を促す要因となっています。腸は、自律神経の統制をしています。

日々の生活で、かなり気を配っていたにも関わらず罹ってしまった場合、ぜひ受け入れちゃいましょう\(^o^)/ 

年に1回くらいは、カゼをひかれることをオススメします。

私自身、2012年末に最高39.1℃の発熱\(◎o◎)/!かなりつらかったです(インフルエンザじゃなかったことが、幸いです)。しかし心は、「ぜひ40℃を超えてくれ!と願っていました。

なぜなら発熱している状態は、免疫細胞が活性化しているということ。免疫細胞が活性化しているなら、体の中が浄化され、ガン細胞等はキレイに亡くなっています(ガン細胞は、42℃で完全死滅します。腸内温度は体温より少し高めに設定されています)。

少しでも患おうものなら、すぐに薬に頼るといった方、けっこういらっしゃいます。薬の処方でカゼが治る経路において、薬自体が治療のCEOではありません。薬を摂る事で症状改善される理由は、交感神経が抑制され、自然と副交感神経が活性化されるからです。要は、【リラックスし、眠くなる】んです。薬を摂らずとも、いつもリラックス状態にあれば、免疫力が高い状態を維持できるんじゃないでしょうか?

私は、「カゼの特効薬は、しっかり寝ること」と考え訴えてきました。久々カゼをひいて発熱騒動を起こし、改めて実感できました。

まったくカゼをひかないという方は、ものすごく良好な健康状態か、あまりに免疫が低すぎて【カゼをひけないか】です。

後者の場合、低体温な方は特に意識を向けた方がいいんじゃないでしょうか?低体温な方が発熱すると、健常者の微熱程度で、かなりの高熱に感じてしまいます(それでも浄化作用はしっかり起こっています)。そういった方の末路は、ガン等の大病です。

「風邪をひく事は悪いこと」のように見なされている風潮を感じますから、
そうでもありませんよ(=^・^=)と、肯定派の意見をさせていただきました。

立命コーチング

階段の作り方

難しいからこそ、簡略化

Universal Flow Therapy の醍醐味

仙骨矯正等の施術を通して「1サイクルコースを規定通り受けていただくなら、施術前の悩んでいた状態に戻ることは、100%あり得ません」と断言しています。

施術やセッションを経て、あなたの願いに応じた超オーダーメイドな対応をしていますから、それぞれ1回のみでも価値は十分ありますが・・・。継続して6回受けていただくことで、最低レベルが底上げされ、「竹に節ができた」という納得感を得ていただけるんじゃないでしょうか?あなたの気づきを、スッキリ消化させ当たり前化できることが、最適最大のメリットだとみなしています。

今までも、「城攻め」や「竹のシナリ」に例えて表現してきました。今日でちょうど6回目だった目の前のお客様に解説していて、私自身とても感動したコメント。

一緒に作る階段

「Universal Flow Therapy では、あなたと一緒に階段を作っています。何事にも、成長するためには段階があります。次のステージまで、よじ登るようなアクションしていませんか?どれくらいきついでしょう?しかもやっとこさ登っても、フルイにかけられようものなら、また落とされるんじゃないか?そんな不安・恐怖って、ありませんか?

私はあなたに、次のステージへ簡単に登れるように、階段を作ることをオススメしたい。階段作れば、次のステージへよじ登る必要はありません。もしフルイにかけられようとも、一時的に階段から少し下がればいい。再びすぐに登れます。

さらに作り方が分かっていれば、何度でも作れます。そうなれば、あなたが同じ課題に悩み苦しむ確率とは、どれくらいでしょうか?あなたが同じ過ちを繰り返す確率とは、どれくらいでしょうか?ぜひ反論・批判ウェルカムですからねー」

「今」に徹底フォーカス

なぜ「階段を作っている」と断言できるのか?それは過去と未来を、「今」に凝縮フォーカスしていただいているからです。幼少期のトラウマは、今のあなたにメンターとなって癒していただきます。今のあなたのメンターは、あなたが思い描く人格化された理想像から導いていただきます。結果、「今」が深まり広がっていきます。

「時空」というだけあって、時間が主体です。時間を自由自在に扱いきれている分、空間もつながっていくでしょう。繰り返し継続していくなら、「なりたい自分」に近づけない理由とは、いったい何なんでしょうか?

難しく複雑怪奇な課題は、どれだけ簡略化しきれるかが鍵を握っています。現時点ではいかに不可能に思われるような問題も、向き合い続ける中にカラクリが見出され、解決に至る日が来ないわけがありません。

あなただけにしかできない役割分担、天命がそこにあると思えてやみません。

治る方法は、すでに手の中にある!〜Y.H.さま

あなたは、歩く宇宙

点→線→面→立体化

先日、すごくステキな方と語らう時間を得ました。
以下は、話のやりとりから、“伝わった!”と思えた解説。


伝わったのはこちらだけじゃありませんが、今読んでいるあなたに最も分かりやすく伝わるんじゃないでしょうか?多くの皆さんが疑問に感じており、一気に解決へ導く自信があります。

あなたは潜在意識を、どうとらえていますか?一昔前までは複雑怪奇に解釈し、「近寄りがたいもの」とみなされていましたが、今はさほど感じない方が増えて来ました。改めて当動画とこちらの文章で、あなたの「腑に落ちレベル」を深めきれるなら幸いです。

簡単だと断言できるようになった経緯は、姓名判断(姓名承認)が基にあります。今まで名刺交換しただけで、ほとんど瞬時に画数が分かり、名前鑑定になってしまう場合が多々ありました。短時間でも信頼関係ができ、施術に至った場面は数知れずです。

当時の渦中の中ではさっぱりな疑問も、後々振り返ってみれば、解決(根本解放)の糸口を浮き彫り化できます。出来事の1つ1つは、不可解なことだらけ。ただその点と点を、線にできた時、面にでき立体化し得る可能性を見出せます。

多角的な検証・実践・考察

何度もブチ当たり、検証・実践・考察を積み重ねた集大成
何度もブチ当たり、検証・実践・考察を積み重ねた集大成

名前の画数を、瞬時に見出す秘訣は、細分化です。数学の2次方程式に出てくる「因数分解」とそっくりです。

例えば私は、龍 庵真(立+月+右側の部首、广+大+申、十+目+一+八)。画数がすごく多くて、細分化自体に時間がかかってしまう字もありますが、多用される文字なら覚えておきます。よってあとは、「崎11」と「﨑12」といった、微妙な差異を確認する程度で済みます。

複雑に見えるものでも、「見えるだけ」という場合が、すごく多いです。本当に複雑だとしても、簡単に理解できる程度へ簡素化させ、組み立て直してみたらどうなるでしょうか?

施術では、体が発する痛みにどんな意味があるのか?に焦点を当てています。お客様方の言い分(湧き出てきた記憶)と、体の痛み度合い(強弱や鈍鋭)etcから、多角的に検証・実践・考察を積み重ねでき上がった集大成です。

あなたは、歩く宇宙

無我夢中に向き合う中に、「なぜ問題解決できたのか?」と原因追究してきました。世界陸上等で前人未到な記録でも、いったん誰かが新記録を打ち立てきれたなら、その記録は当たり前化されていきます。針の穴のような極めて微細な抜け道でさえも、誰もが悠々自適に通れる高速道路化させる手法、必ずあります。

宇宙は、宇宙自体が悩んだり試行錯誤を繰り返し、熟練させていくなんてことはあり得ません。これは、人間だけの特権です。「人間は、小宇宙の存在だ」と称されるなんて、聞いたことありませんか?宇宙にもできないことを、あなたにはできています。

世界平和へ通じる鍵は、あなたの深奥に隠されています。なぜならあなたは、【歩く宇宙】だから。