無我の境地=没頭の極み

会社に見立てたあなた

先日あるご縁で、「五十肩を治して欲しい」という方と知り合いました。「なぜそう思うんですか?」と訊いてみると、「ツライから」「キツイから」の一点張り。確かによくなるわけがないと、しみじみ思えてきました。

五十肩と無我の境地に、何の関係があるんでしょうか?

いかなる症状であろうとも、脳の支配を超えることはありません。なぜなら、脳はあなたのすべての情報を、一括管理しているからです。円滑に物事を進めていくために。

分かりやすく、あなたという存在を会社に見立てたとしましょう。脳とは本部・総務のようなものであり、骨や臓器や筋肉等は、所属の部署です(優劣ではなく、役割としての分類)。

営業や製造等の部門別における専門知識は、本部スタッフにも分からないことだってあります。ながらも各部署の選りすぐりが、本部に引き抜かれる場合が大半です。本部の担当者は、その部署の専門分野を知り抜いているからこそ、担当者になっています。

すべては「役割」で成立しています。

本部スタッフとは、他部署や他社との関わりをスムーズに調整していく役割を担当しているように思えますが、あなたにはどう見えていますか?

死ねば楽になる

どんなに真心を尽くしても、〈ヌカに釘〉に思えてやまなかった時期があります。そんなところで、ある恩師から「死ねば楽になる」と言われました。「はぁ???じゃ自殺しろとでも言うんですか?」と、当初はケンカ腰に返しました。

そうでもなさそうです。何を言わんとしているのか、いくらやりとりをしてもサッパリ。約半年、そんな期間が続きました。体もキツく、日々を生きていくのが過酷に思えてきます。「過労死するのかな?」そんな不安も頭をよぎりました。

ある日のやりとりで「要は、やり続けることです。そうできれば、結果は自然についてきますよ」の一言に、確かな【啓けた感】を持ちました。様々な場面で「成功の秘訣は、できるまでやること」と、しつこいくらいに言われています。ながらも、さも初めて聴いた言葉かのように思えた瞬間でした。

なぜ腑に落としきれたのかを、さらに深めていきました。

継続の必須要素

あなたは『弓と禅』という本を、読んだことありますか?この本は、あるドイツ人哲学者が書いています。時は明治、弓に興味を持ちつつも、なかなか当たりません。ところが師匠は、目隠しをしても当たる。なぜ???と悩み始めます。

いかにすれば当たるのかを考え抜いた中にたどり着いたのは、「無我(禅)の境地」と言えるもの。体を鍛えようとも、熟考しても、分からない・・・。彼は成果を出せるまで、ありとあらゆる策を講じてきたんじゃないでしょうか?

自衛官当時、年1回射撃をしていました。私は隣りの的を撃ったりと、なかなか当たりません。強調して教えるべきだと、マークされます。

教官から「まずは、当てようとは思わないでください。狙いつつもリラックスして、的がボヤけてきた時が撃ち時です」というアドバイス。何のことやらお手上げです。おかげさまで在職期間、ずっと惨憺たるものでした。

瞑想から得たこと

瞑想がいいと、昨今言われるようになりました。当初は、やってもやっても集中できず、心が折れそうになりました。あるアドバイスを機に、簡単だと思えるように。

瞑想は、2つに大別できると考えています(他にもありますか?)。
1.1キーワードを何度も繰り返す。言葉の選定にこだわった方がいいですね。
2.無になるために、湧き出て来る煩悩を紙に書き、破り捨てる。

私の場合は、1で拓けてきました。2も実践してみましたが、「無になろうとする我」に耐えきれません。結果「ある」と認め、とことん繰り返すことで、成果を得れたと感じています。

瞑想を機に、気づけたこと。それは、一心不乱無我夢中に没頭しきった時、自然と無我の境地に至れているんじゃないでしょうか?

集中できることとは、あなたの興味関心度と、比例関係にあります。理想のキーワードとあなたが1つになった時、無我の境地に入れます。

そこに、新しいあなたが存在しているかもしれません。

『弓と禅』
心と脳と体の調和

時間を味方につけるには

矛盾の氷解

最近、脳のメカニズムを知ることで、なるほどと合点いくような気づきの連続です。今まで私の生涯と照らし合わせながら、科学的に検証を繰り返してきました。曖昧で腑に落としきれなかった出来事が、矛盾の氷解とともにつながっていく感動はたまりませんね。

よく「今ある結果の原因は、過去にある」と言われています。確かにそのとおりです。しかし、一方向からの原因だけとは言えないんじゃないでしょうか?

私たちの多くは、過去に起こった出来事を、「原因」とみなしています。「他人と過去は変えられない。変えられるのは自分と未来だけ」と自己啓発系のいたるところで、謳われているメッセージ(Google検索で1,970,000 件 (2017.10.11.))。

「過去→現在→未来」という時間の流れは、本当にどうすることもできないんでしょうか?ぜひあなたと、時間について深めてみたく思います。

過去は変えられる

初めて「過去でさえも変えきれるかもしれない」と思えたのは、あるセミナーで講師さんが自らの失敗談を笑い話級に語っていたことです。涙が出るほど笑いました。同時に、「こんな自分になりたい!」と明確に憧れを抱きました(TVアサヒ「しくじり先生」は大好きです。限りある時間の中で、先人の失敗を【経験】とできるよう試みています)。

TVアサヒ『しくじり先生(茂木健一郎先生)』

一心不乱無我夢中な今までを振り返って、どう考えても劇的に変われています。なぜ変われたんでしょう?この理由をテーマに、多くのお客様方と向き合ってきました。自縄自縛に囚われた、【人生の集大成】と断言できるものが、Universal Flow 整体です。

私は、世界展開を本気で考えています。なぜなら、世界のあらゆる宗教を正しく適切に解体へ導き、世界中すべての皆さんに「本来あるべき自分の生き様」を全うしていただきたいからです。これを「志」と言わずして、何と言えばいいんでしょうか?「自分が大嫌い」という自己矛盾に悩みながらも、願ってきたことに嘘はないと断言できます。具現化した世界を見ずには、どうにも死にきれません。

私は、「未来が原因」だとも考えています。未来に描いた強烈かつ鮮明なビジョンがあったからこそ、今まで多くの葛藤を克服できました。20代当時から、なぜか多くの悩み相談を受けてきました。精魂尽くした先にある光り輝く未来のイメージを前提に考えるからこそ、過去の傷ついた記憶をも修復できます。

時間を味方につける

神様がいるかどうかは別として、時間や空間という概念は、どうやってできたんでしょうか?もし時間の創作者がいるなら、創作者の気持ちとは?なぜ?何のために作ったんでしょうか?もし時間の創作者がいるなら、時間や空間という概念枠より大きいはずです。もしあなたがその考え方を、ほんの少しだけでもおすそ分けしてもらえるなら?

「時間の創作者」の気持ちを知る秘訣は、まさにあなたの体の中にあります。

未来と過去は、「今現在この瞬間」とつながっています。もし過去を変えることができたら、「変わった過去」が原因ともなり得ます。過去を変えるために未来を観るなら、未来は原因で過去は結果です。もし「未来→現在→過去」という両方からの視点を、あなたの事情に合わせてうまく使い分けきれたなら、どんな変化が起こりそうでしょうか?

時間を味方につけたいあなたにーーーーーー。

 

たいていの成功者は、他人が時間を浪費している間に先へ進む。これは私が長年、この眼で見てきたことである。

ヘンリー・フォード

宗教解体
望まれる自立へ導く自己承認型整体