サプリ

栄養補助

野菜等体にいい成分を抽出し、形状を薬のようにしたもの(ソフトカプセルや錠剤、ジュースや美容液等、本当に様々です)。

中身は日々の栄養を補うためのものですから、害はほとんどありません。栄養価不足と言われる昨今、これから当分の間は「サプリの時代」とも言えます。

例えば「野菜を食べ過ぎて病気になった」なんて、聞いた事ありますか?摂った方が極端に栄養価が足りなかった場合、好転反応が起こる事もあります。

だからと言って、摂りすぎには注意です。「漢方薬よりは」といった具合で、サプリへの依存は問題です。自然界に、抽出・濃縮したようなものがどれだけあるでしょうか?

一時的には必要ですが、いつかは見切りをつけれるような土壌造りをしていかなければならないんじゃないでしょうか?

治療(治癒)の主役は誰?

摂り方にはいろんな意見があります。

Universal Flow 整体としての見解は、できる限り時間をずらして摂られるようオススメします。また必要最小限に抑える事。理由はずっと同じ時間帯に摂り続けた場合、「ご主人様、栄養補給の時間ですよ!」と体が要求するようになります。

何でも習慣化すればいいというものではありません。効果があるほど気をつけるべきです。もし旅行等で、それを忘れたりで摂れない事態が起こってしまったら、どう対処しますか?

(治癒していくための)治療のCEOは、あなたご自身の自然治癒力(決意や意志力、感謝力)だという事、忘れてはならない絶対事項です。

問題は、流行に乗って石油を原料としたり、偏りある配合をしているもの。安いものはたいていマガイ物ですが、高いからいいとは限りません。相性もあるようですから、サプリ選びは慎重に慎重を重ねた方がいいでしょう。

こちら参考になります。http://www.sup-search.com/

サプリの域を超えた【究極のサプリ】を発見!もはやサプリとは言えない領域だと実感しています(死菌体と腸内細菌、悪玉菌も善玉菌次第!?)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.