課題

整体とは一見無関係に見えるかもしれませんが、Universal Flow 整体では、超重要視しています。なぜなら「あなたの課題解決」にすごく関心を持っているからです。

土台作り

あなたの「課題」とは、何でしょうか?価値観を深めたくない方は、読むのを避けた方がいいかもですね>* ))))><

まずは、悩むべきことで悩んでいるか?は、大前提です。例えば「今夜の晩ご飯を何にしようか?」が、あなたの人生をより輝かしいものにするのなら、ぜひ悩んでいただきたい事項です。「今ここ」というピンポイントに、何をどうすることが最高最適な成果を発揮するのか?そこにどんな障壁が立ちはだかっているのか?

たいていの方は、信頼関係なしには、課題を簡単に語ろうとはしません。もちろん私もそうです。「話すんじゃなかった( ; _ ; )/~~~」と感じてしまった記憶の回数は、「自転車に乗れるまで何度転んだか?」を覚えていないのと、似たようなものです。

話していただけるだけの【土台】は、あなたが根本解放を望む分、必要不可欠です。

問題と課題

問題は、課題よりかは話しやすいです。この違いとは、いったい何でしょうか?

私は「実践し向き合っているか?」だと解釈しています。「問題」には曖昧さを感じますが、あなたにはいかがでしょうか?問題を直視・焦点化し、主体的に取り組めば課題となります。問題が名詞で、課題が動詞(どちらも名詞です)、「愛」と「愛する」という感覚です。

問題と課題をつなぐものは、問題意識です。課題意識とは言いません。問題を直視→問題意識→解決へ向けて焦点合わせ→主体性が芽吹き出す→課題となります。

エジソンの名言で、「必要は発明の母である」とあります。では父は?私は意志力と考えています。「意志力」という種と、「必要」という畑がかけ合わさった時、「ひらめき」が生まれます。

ひらめきのメカニズム

ひらめきとは、あなたの真心を尽くしてきた質と量、よきご縁が合致した時に起こります。まさにエジソンの発明は、問題を課題に変えた典型例じゃないでしょうか?

41AB782Q5RL._SX321_BO1,204,203,200_

あなたは、『ユダヤ人大富豪の教え』(本田健 著)覚えていますか?そこでゲラーさんが、不動産の担当者が腰を抜かすほどに不動産契約をした話。なぜゲラーさんは、そんな契約をできたんでしょうか(本に答えは書かれていません)?お金がたくさんあったからでは、決してありません。「金持ちほどケチ」なんて話、聞きませんか?価値がないものには、1銭たりとも出そうとはしません。

ゲラーさんには、何が見えていたんでしょうか?それは、その不動産に行き着くまでに、どれだけの物件を見てきたのかを考えたのは、私だけでしょうか?見た目は直感でも、経験に裏付けされた記憶がないわけがありません。

ピンチは、最大のチャンス

根本解放目的に向き合うなら、問題を課題化する事は、非常に大切です。たとえ大きな壁であると分かったとしても、課題をしっかり明確化しきれた段階で、解放へ大幅に近づいたと言えるんじゃないでしょうか?

ピンチは、最大のチャンスでもあります

必然or偶然?

元共産主義者の言い分。

2つの人種

前にある方との対話で、「事故で起こったケガなんてのは関係ないでしょ?」と質問されました。

「あらゆる症状→大半が股関節か臓器→生活習慣→考え方→生い立ち→本来あるべきあなた。すべてに必ず原因があります! 」
と話していた時でした。彼が事故でケガをし、散々な目に遭ったとぼやいていた最中に。

2つの人種に大別する時の見方として、「偶然or必然?」という視点があります。質問してきた彼は、偶然派でしょうね。ながらも、「生き方」にものすごくこだわりを持たれた宗教指導者。生き方に対するこだわりと、起こった出来事に対する捉え方は、いつも同じとは限らないようです。

起こるすべての出来事を「偶然」だととらえると、どんな問題が起きるのか?

目的意識と自殺率

知り合いのジャーナリストさん(素晴らしく尊敬する方)に、前に言われて気になっていたこと。UNが2015年に調査したもの(国別の自殺率順リスト)で、旧社会主義国や韓国が多いです(話を聴いたのは2009年でしたが、当時は日本が3位でした)。日本は17位ですが、見せかけで「計画的自殺」が増えていると、見なしています。

理由はジャーナリストさんいわく、「社会主義の考えを持った国の方は、目的意識を見失いやすいんですよ。目的意識がぼやけて来ると、存在価値を見出せなくなります。」

もともと社会主義(共産圏)の思想を持っていながら、これじゃダメだと資本主義制に変えつつも、方向性に戸惑っている状況がうかがえます。だからこそ、内戦が起きてしまう・・・。韓国は北朝鮮との対抗意識から、無意識に影響を受けているのか?ミイラ取りがミイラになってしまうように・・・。

個人的には、日本はかなりの社会主義国だと見なしています。自衛官として公務員に在籍していて、肌身に感じています。報道が捻じ曲げまくられて伝わっている現状はじめ、表面的に資本主義ぶっているだけだです。

マルクスのしくじり

先日、TV「しくじり偉人伝」で、共産主義の提示者マルクスの話題。オリラジの中田が、分かりやすく解説していました(もちろん「ここは違う!」って部分もありましたが・・・)。「最もなしくじりは、【人類に夢を見せるだけ見せて、大パニックに陥れた先生】」なるほど!

TVアサヒ「しくじり偉人伝」
TVアサヒ「しくじり偉人伝」

私は、自衛官でありながらも共産主義者でした。マルクスについて、かなり関心持った時期があります。なぜ私は惹かれたのか?共通点は何だったのか?

「私たちが願っているものは、『続・資本論』じゃないでしょうか?靴を履いていない方は、世界にまだたくさんいます。夢じゃなく、明確な代案を載せた社会を築きましょうよ!」という締めくくりに納得です。

あなたは、結果的存在

今のあなたは、例外なく過去に原因があります。将来どうなっていきたいかは、今の「私」の選択に左右されます。将来を真剣に考えるなら、過去の経過を見つめなければ見えてきません。過去の忌まわしい記憶が解放された分、新しい未来が拓けてくるでしょう(フラッシュバック)。

あなたは、「偶然」「必然」どちらを選択しますか?
私は元々偶然派でした。やはりその当時は、強烈な自殺願望を抱いていました(自殺はできないと知的理解をしていましたから、誰かに殺されるか、事故にでも遭うことを願っていました)。

「誰か強盗でもやらんかな?そうすりゃ俺が真っ先に犠牲になりに行くょ(なんて責任転嫁でしょう(+o+))」なんて・・・。まさに死に場所を探していました。

ある講話でこの話(あなたは、「偶然」「必然」どちらを選択しますか?)を聴いて、目からウロコ的衝撃を受けました。熱心な信仰者だろうが、どんなに神様を信じてようが、「起こった出来事は偶然」と考える方はいらっしゃいます。逆に「神様なんていない!」と言いながら、「起こった出来事は必然」と考える方も。それがいいor悪いと、正否を問うつもりはありません。

結論

話を元に戻します。「事故で起こったケガなんてのは関係ないでしょ?」との質問に対して。「たまたま事故にあって、たまたまそこをケガしてしまったんですか?世界中すべての皆さんがどう考えるか分かりませんが、私は起こったすべての出来事には原因があると考えています。

体の痛み=成長できる課題“と見なしていますから、もしかしたら体が事故を起こさせてまでも、気付かせたい何かがあったのかもしれませんね」返答はありませんでした。

各人各様、いろんな視点があっていいと思います。正否はさほど気にするものじゃないと考えています。ただ今の私には、必然だと考える方が道理に適っており、実践に努めています。

偶然だと考えるのは、原因を見つめようとしないからじゃないでしょうか?だからこそ、「物がすべてだ」と考えてしまうのかもしれませんね(-_-;)

なぜ「私は共産主義者だった」と言えるのか?それは、過去を振り返ったところで、嫌な思い出しかありません。ならば、「過去なんて振り返るだけ無意味だ」と考えました。無意味なものには、存在価値を感じません。考えることが億劫になり、表面的なものにしか関心がなくなっていきました。典型的な唯物論者でもありました。

本質的なものにこそ、本当の価値が隠されていると、味をしめた今。過去の共産主義者だった経験が、すごく役立っています。生涯の深奥に秘された「天命」に、すごく興味を持つようになりました。

世界中すべての皆さんが天命を見出し、国境が不必要になる日を願ってやみません。

 

計画的自殺
認知症の根本解放策
抑えるか、出しきるか?
フラッシュバック

夜明け前

掃除ボランティア
2016.3.17.歌舞伎町

今朝の歌舞伎町掃除では、久々に頭から突っ込んだ側溝に、抜け出せなくなり引き上げていただけました。折れたケータイが目に止まり、どうしても取り出したくなりました。
掃除ボランティアとは、誰のためにやるというんじゃなく、「自分自身の達成感」のためにあると考えています。「今日はよくやってたね」なんて言われても、何か違和感があります。掃除の中にこそ、根本解放の秘訣が秘されています。
一見どうでもいいような出来事が、意外なところでつながっているなんて、たくさんあり得ます(最高と最低、左右・高低、極と極、・・・)。

山口組抗争

開始前に世話人代表から、「山口組抗争で、歌舞伎町は緊張状態にあります。くれぐれも気をつけてください」と念を押されました。気は重くなりますが、確かにヤバイ状況・・・。
今日は、仙台から側溝掃除でヘドロと向き合いたくて、夜行バスで来たという方がいらっしゃいました。なじみなベテランさん(街頭掃除が始まって以来参加)らと、ずっと付き添って進みました。
そのベテランさんが、繰り返し口にしていた言葉が「歌舞伎町も随分変わったよ。以前は、クレジットや財布、注射針なんかが落ちてた。今は質が全く違う」
私も同感です。注射針はお目にかかった事ありませんが、私自身スられた財布が歌舞伎町パチンコ屋から届け出がありました。ヘドロ掃除では、財布とカード類は本当によく見かけました。

善悪の二極化

「起きる出来事は必然」と考える派の私は、何かにつけて意味や価値をつけようと試みます。

今回の抗争事件が起こってきた要因は、まさに【善悪の二極化】ではないでしょうか?歌舞伎町は、約20年間鍵山先生はじめ多くの掃除ボランティアが、尽くしてきた街です。日本の中心街の1つで、卑猥な見方をされがちだった歌舞伎町が、どんどん変化してきています。なのに今、なぜこんな問題が浮上してきたのか?

例えば第2次大戦当時のソ連は、なぜ米英側と組んだのか?それは、共産主義というソ連帝国を世界規模にするために、ヒトラーが邪魔だったからです。戦後すぐに北朝鮮ができ、朝鮮戦争〜東西冷戦へ発展していきました。泥水から水と油のように、きっちり分けるためにも、ソ連はドイツを倒さねばなりませんでした。

施術においても、「課題の焦点化」はかなり重要視しています。根本解放には必要不可欠です。

〈何が分からないのかが分からない〉からこそ、何もできないかのように錯覚
   ↓
結果、手をつけきれず、時間ばかりが過ぎる
   ↓
焦ってしまい、簡単なポカミスが増える
   ↓
自己卑下・嫌悪
   ↓
どうにか自分を認めたく、責任転嫁or現実逃避
が、暗黒時代の私の典型例です。あなたには当てはまらないでしょうけどね。

自分と向き合う

今のあなたに、最も必要なものとは、何だと思いますか?
おそらくは「表面的善人」も、ものすごい勢いで払拭されていくんじゃないでしょうか?まずは、ご自身の現状把握(棚卸し)からーーー。少なくとも私の中には、洗い出さねばならない記憶が、確実にあります。
1日の中で、夜明け前が最も暗く寒いです。新聞配達当時、身をもって経験しました。夜明けは、輝かしい朝は、必ずきます。
魂が輝く最高のあなたへ、心からのエールを贈りますm(_ _)m
究極の根本解放整体
認知症の根本解放策
コリリンテーブル
自己矛盾との向き合い歩記

フラッシュバック〜運命主導の秘訣


kindle出版

無意識領域

フラッシュバックとは、一言でまとめると「過去の記憶の回想」です。記憶喪失の治療等で、多用されるそうですね。Univesal Flow 整体では、この「フラッシュバック」をかなり用いています。ものすごく重要です。

大半の場合は、無意識領域の記憶です。分かりやすいのが、あるドラマで―――。

ある消火訓練をしていた折に、燃え盛る炎を見てパニック。気を失ってしまったこの女性、少女時代に誤って暖炉からの火がカーテンに飛び火し、両親をなくすような大惨事となってしまいました。それからというもの、親戚に2人姉妹たらい回しに育てられてきたそうです。

TV番組ですが、十分起こり得る話じゃないでしょうか?彼女は、燃え盛る炎を見て、その記憶にスイッチが入りました。

当たり前すぎて目立ちませんが、消火訓練の主催側から見れば、彼女にそんな記憶を蘇らせようとしていたわけじゃありません。彼女自身が、起こっている出来事から記憶を【勝手に】引き出してしまいました。あなたも、似たようなことをしていませんか?

運命主導の秘訣

あなたの身の回りのすべての環境は、あなたの(過去・現在・未来が交錯した)内面性の反映です。

例えば―――――――――。ある時ふと、前に聴いていた音楽の歌詞やメロディを思い出し、口ずさんでいる事ありませんか?なぜ思い出したんでしょう?ふと昔やらかした恥ずかしいエピソード等を思い出し、1人誰にも話さず照れ笑いしたこと、ありませんか?思い出したきっかけは?その記憶を思い出すよう、誰かに頼まれたんですか?

Aさんは、起こった出来事をいつもプラスにとらえ、笑顔がたえません。Bさんは同じ出来事にも関わらず不平不満で口がへの字に曲がっている・・・。何が違うんでしょうか?

よく「自問自答してみる」という方がいます。その彼は、自分の中の誰と対話しているんでしょうか?

今という原因は過去にあり、未来は今の決定いかんにより、大きく左右されます。未来を切り拓き運命を主導していくためには、過去の経歴を【正しく】見つめていくことは、非常に大切です。

過去を変える

もしあなたが、自分自身を忌み嫌い、嘆いているとしたら・・・。もしあなたが、将来の自分に希望を感じきれず、立往生しているなら・・・。根本解放目的に【体の声に耳を傾けてみる】のもいいんじゃないでしょうか?

昔は軽視されていたような物が、今では高級視されている物はたくさんあります(ジーンズ、レコード針、アンティーク車・・・)。昔の不快に感じるような出来事も、見方の切り口を変えれば、愛情深く感じきれるようになれるかもしれません。

今険悪な結果となってしまっているような事態も、あなたの成長度合いによって、将来解釈が変わってしまうかもしれません。

コリリンは、一瞬たりとも離れずあなたとともに過ごしており、同じ感情を味わっています。あなたの事を、100%確実に気遣っています。大好きなあなたと、一緒にいたいから・・・。

究極の根本解放策。

 

3.運勢=?
ウサギ、なぜカメに負けた?

体が願う優先順位〜Sさん

2015.7.1-3

目標設定の重要性

最も響いたのは、「目標設定」でした。

感謝できない→達成感持てない→目標設定が適切でない

という経緯でした。そしてその原因は、他人との関係性よりも、過去の記憶(トラウマ)が壁になってしまっていると感じるらしく、左側(内的変化)となりました。

・・・という事は、副腎です。何が優先順位1番なのかを明確にできれば、1点集中できるんじゃないかと仮説を立てました。

Sさんにもご納得いただけ、スタート。

意外な発言

当初は反射区を押しても、痛ギモ程度(問題が深すぎ、麻痺状態)。しかも前にも副腎を施術した事あり、「他に施術した事ない臓器があるのに、また副腎?」と問われました。

根本原因は、1.心臓・腸です。しかしそこばかりに関心を持ち続けると、2〜7.の複合型の1.みたいな問題が起きてきます。よって最重要は、【体の願いに応える】です。

痛みを筋肉で引き出すより、対話で引き出すべきだと判断しました。途中、痛みが鈍くなってきました(自己矛盾・不完全燃焼)。さらにやりとりを重ねていく中、痛みが鋭くなってきました(緊張・切迫感の中、責め裁いている)。

先日の会で、ワークしたやり方を経ながら出てきた言葉は・・・。「お金が欲しい」とずーーっと言い続けていましたが、その時には
1.孫たちの成長を見守る
2.胡弓(中国では二胡)。教える側ではなく、演奏のプロになる。
でした。

1.はもちろんですが、2.は・・・。Sさんもかなり驚いており、なぜこんな言葉を発しているのか、全く意味が分からなかったそうです。

おそらくあなたもそうじゃないでしょうか?誰しもお金そのものが欲しいと言うより、お金を通して得られる自由が欲しいんでは?

繰り返しますが、お孫さんについては当然です。胡弓は韓国語習得や旅行等他にもやりたい事はたくさんあるんだと。「そんなはずはない!」と頑なに疑っていらっしゃいました(韓国語の習得は確実に10位以下でしたから、見切りをつけやめました)。

体の願いは、ご主人様の成長

体の言い分としては、胡弓は音色がすごくよく、ご主人様の感性にかなり適しているらしいです。ぜひ胡弓を極め、世界に轟き渡る事を望んでいました。

何度繰り返しても、同じ結果です。

韓国語を習得し、活用している状態をイメージすると、痛みが。胡弓の演奏家になったイメージは、心地いい>* ))))><

「私はSさんが韓国語を覚えようが、胡弓の演奏プロになろうが、どちらでもいいんです。なんてったって、Sさんの人生なんですから^^; とにかく私は、Sさんが願い通りに生ききった人生を歩んで欲しいんです」

何度も何度も繰り返し、やっと納得していただけ、次回「最優先事項」を実践してみてどうだったかを聴かせていただくようになりました。

おそらく心と体の調和を実感できているんじゃないでしょうか?

 

コリリンテーブル(臓器の反射区と感情のつながり)

筋肉と臓器の流通バランス

予想外な価値観の弊害

先日いらした女性、ダイエットに強烈な欲求^^;
今まであらゆる試みをしてきたそうです´д` ;

問題の根本原因

Universal Flow 整体では
・なぜ受けようと思ったのか?(動機)
・どうなりたいのか?(目標・理想)
をお聴(訊)きしていく中に、生活習慣や考え方が浮き彫り化され、施術を通してどんな課題を解決していくべきかが明確になります。独自の根本解決フィルターがあり、無意識に語っていただくほどに、顕著に表れてきやすいです。

昨夜のメールのやりとりから、膵臓だとはっきり分かりました。ここ最近は課題をすぐに見抜けるんですが、あまりにも的確に把握できているらしく、興奮気味に話される方がすごく多いです。結局長くなってしまいます( ; _ ; )/~~~

問題の多くは、幼少期の記憶(トラウマ)です。当時のこじれは些細な出来事だったとしても、当時のあなたには大変だったはずです。脳は今はどうにもできないような事は、極力忘れさせようとします。しかし体は、ちゃーーんと覚えています。いつかそれを思い出し、根本解放に導いて欲しいと、痛みを通して訴えかけています。

体の通訳をしていく中に感じる事は、かなり深い問題のようだ・・・。

膵臓の問題とリンクするような価値観は、「依存・自己正当化・・・」です(コリリンテーブル)。何か関連づくような問題が絶対にあるはず・・・。

よかれと思っていた事が・・・

なぜこんなことに・・・
出典: photo by 鬼浜爆走愚連隊 odai by ネコ店長

痛みを引き出してみて繰り返していく中に、何の気なしに口にした言葉・・・。それは、福沢諭吉の家訓でした。こちらを祖父の代から額に入れ、大事に譲り受けていたそうです。こちらが問題でした∧( ‘Θ’ )∧

脳は、キーワードに反応します。前に私はスキーで、リフトの柱にぶつかった事があります。その時、何を口にしていたか?「絶対に、右に曲がるなょ。右に曲がったら、リフトの柱にぶつかるぞ。だから右に曲がるなって言ってるだろ!?右に曲がったらリフトの柱にぶつかるって〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」

この時私は、どうしていればよかったんでしょう?どんな言い聞かせが適切だったのか・・・・・?

福沢諭吉の家訓とは、
1.「嘘をつく」べからず。
1.「物を拾う」べからず。
1.「父母に聞かず」して、物を貰うべからず。
1.「強情」を張るべからず。
1.「兄弟喧嘩」、かたく無用。
1.「人の噂」、かたく無用。
(「」は、こちらでつけました。)

悲しいことに脳(潜在意識)は、キーワードに反応してしまいます。よかれと思って、額にかけ奉っていたんでしょうが・・・。多くの皆さんにおいては、福沢諭吉の家訓なんですから、非常に価値ある素晴らしい物に違いありません。しかし彼女には、逆効果だったようです( ; _ ; )/~~~

彼女の価値観が、特定のキーワードに反応し、そう思い込んでしまいました。知らず識らずの内に、あなたも問題を受け継いでしまっているかもしれません。根本解決をお望みなら、今一度確認し直してみる必要があるんでは?

コリリンテーブル
価値観といかに向き合うか?