考えすぎ・悩み・迷いのメリット

対話の恩恵

先日、「悩み」について語らう場を得れました。とても感謝しています。

「誰もが、最高の価値を持っている」という大前提で対話していると、驚く程にイイ感じに話が進むんですねぇ(゚o゚;; 少しずつの積み重ねが、人生を変えていくんだと、改めて実感。

私は、「悩み」に対してものすごく肯定派です。恩師からも、「悩み考える事は、素晴らしい。ぜひこれからも悩み迷え。考えろ」と言われてきました。

脾臓は、”考え過ぎ・悩み・迷い”によって弱っていきます。免疫力が下がっていきます。「考え過ぎ・悩み・迷い」のメリットとは?なぜ脾臓(免疫力)を弱らせてまで、そうする価値があるんでしょう?

大きくは2つ。

1.成長欲求(問題意識)

なぜ悩むのか?それは「理想と現実のギャップ」を実感してるからではないでしょうか?

例えば私自身、去年の私と比べても「ずい分変わった!」と感じています。去年の私が目指す基準にかなり近づいてきたと感じてます。しかし前よりも、より悩むようになりました。なぜなら「理想とする基準」が上がったからです。

前にあるセミナーで、「悟れば悩まなくなる」と言われて反論した事があります。深い知り合いでしたからねf^^*)「それは、悩みのレベルが高すぎて、理解されなくなるんじゃないですか?周囲から、悩んでるようには見えなくなるだけだと思います」
周波数なんてまさにそうですね。人間には分からない電波も、犬や猫等には分かると言われています。

お釈迦様やキリスト等が、悩んでいなかったでしょうか?彼らがお弟子さんらに「私の悩みを理解してくれない(-_-;)?」と打ち明けていたでしょうか?

競馬やパチンコでどうやって稼ぐかを悩んでる方と、ゴルフに無我夢中になり「どうすればいいスウィングができるか?」を悩んでる方、会話は成立するでしょうか?

個人・家庭・〇〇家の一族・地方(関東や九州)・日本・アジア・世界・宇宙・・・、悩みのレベルが変わるだけで、悩みが尽きる事は絶対にないと考えています。たとえ世界中が、家族みたいな信頼関係で結ばれたとしても(悩む時間が短縮される事は、大いにあり得ます)。

ここでのポイントは、「悩むべき事で悩んでいるか?」だと感じてやみません。関心の輪の圏内でいくら悩んでも、(実現されないんですから)あまり価値を感じれないんじゃないでしょうか?

「いい国作ろう、――――」と言われて大半の方が連想するのは、源 頼朝じゃないでしょうか。鎌倉幕府を創ったのは彼だという事実は、誰もが知っています。しかし、どんな動機でどうやって同志を集めたのかは、あまり知られてはいないんじゃないでしょうか? 「考える」だけじゃなく、方向性を明確に見出す事も重要です。

2.インスピレーション(ヒラメキ)力

前に『プロジェクトX』(スペシャル版)で、「富士山レーダー」のインタビューを印象深く覚えています。「皆高山病にかかり、どんどん下山していく・・・。そんな中、私までも。どうしてもあきらめきれず、考え抜く中に、パーっと啓けてきたんです。その後すごく楽になりました」(私の記憶の中での言葉です。)

20歳当時、劇的な転換を経ました。
「もう落ちようがないというくらいに落ち込めば、転換される。極と極は、遠いようで互いに通じている」という恩師の言葉が強烈に残っています。『プロジェクトX』のこのインタビューと、ものすごく重なりました。

「ニュートンとりんご」にあるとおり、「考える事」はヒラメキの必須条件です。脾臓が弱るメンタル的要因は、「考え過ぎ・悩み・迷い」と最初に書いてます。脾臓はじめ体は、今現在の事情しか分かりません(過去の記憶も抱き続けています)。「今ご主人さん、悩んでるなぁ・・・。どしたんやろ?」と免疫力を下げる方向に向かうかもしれません。しかしそれは、一時的です。

ニュートンが万有引力を発見した時のように、「りんご」が落ちて気付きを得れるようになります。「そうか!そうだったのか!!!」なんて気付けた時の達成感、免疫力が上がりそうに思えませんか?私たちの周囲には、いつもたくさんの「りんご」がボトボト落ちてます。早く気付かせたいがために、悩める環境を与えているとも見れなくはないですか?

あらゆる環境・出来事は、例外なくあなたの解釈次第です。

ニュートンとりんご

 

東京 池袋から電車で約15分

悪化の経路と反対をたどる

ある行列待ちにて

先日、行列待ちの最中に出会った方、膝が痛くて歩くのも辛いと悩まれていました。

半月板側が痛むと思っていたようですが、原因は裏側でした。膝の裏側が痛む大半の原因は、副腎です。約3分のお試し施術で、階段もずい分楽になったと、その夜お電話いただけました(*´∀`*)

「副腎なら、メンタル的ストレスですよ」と、コリリンテーブルに基づいた話をしました。その時点では何の事やらさっぱり分からなかったそうです。

帰宅後、思いを巡らせてみたそうです。
「前に主人が脳梗塞で倒れました。その時まで、主人が『~をしたい』と言って来ていても、すべて『あなたには合わないわよ』と否定していました。後になって、ある方から『ご主人がそうなってしまった理由は~』と告げられ、ショックでした。・・・」

まさか初対面で会って、3分ほどのお試し施術でそこまで深く話していただけるとは、かなり予想外でした。

脳とスピリチュアル

かなり的を得た視点だと感嘆しました。脳の分野においては、まだまだ解明されていない点が多々あります。私自身、大脳生理学や心理学の視点から書いているつもりでも、スピリチュアルに聴こえるらしく表現に困っています。

前にした、ある問答を思い出しました。その方は、「人間だけが、形がある世界では霊的存在」と話していました。そこで、「猫や狐が化けて出るようなのは、どう説明するんですか?」と質問しました。返答は、「例えば猫を無下に殺してしまった等、人間側の良心の呵責がそれを引き寄せたと考えればつながりませんか?」「なるほど」と納得しましたが、あなたはどう考えますか?

症状が表面化した原因とその経路

私の中では、電話でのやりとりとこの問答の内容がつながりました。
今までの臨床データでは、脳梗塞の方は冠状動脈や心筋に疾患がある方が多かったです(冠状動脈と心筋は、陰陽の関係にあります)。

・心筋のメンタル的要因は、まじめ・誠実・ひたむきさ・皆のために一生懸命、
・冠状動脈は、自分を犠牲にしてでも全体の調和を図ろうとする、
・・・・・です。
ご主人さんは、おそらく否定され続け、限界枠を作り出していたんでしょう。限界枠の中でしかできると思えないんですから、当然できると思える事も限定されてしまいます。

そうなってくると視野が狭まりますから、周囲の意見を聴き入れたくなくなります。悪なる相乗効果がもたらされ、症状が表面化してしまった・・・。

後になってご主人の発症の原因を告げられた奥様は、良心の呵責から勝手にマイナスな幻想を作り出し、悩んできた・・・。結果脳を萎縮させ、ホルモンバランス等が崩れていく・・・。

体は、いつも安定を保とうと作用します。しかしもし、当のご主人様であるあなたがそうなる事を望んでいない場合(「主人をこんな目に合わせてきたのは私。何らかの報いを受けなければ」といった勝手な思い込み等)、あなたが願うように作用します。

原因と向き合う価値

悪くなっていった経路が見えてくれば、対処できる経路は必ず見えてきます。

この方が真剣に「『ご自身』の治療」に取り組むなら、生い立ちにさかのぼり、なぜご主人さんを否定するような言動をしてきたのか、一緒に見つめていきます。本気で受けていただければ、解放されます(時間はかかるかもしれません。個人差があります)。

原因があからさまになった時、夫婦関係においても劇的に変わり得るんじゃないかと見込んでいます。感情が解放され、考え方が変わったなら、同じ過ちや行動を繰り返すでしょうか?

Universal Flow 整体では、「できないと決め込んでしまう理由」を1つ1つ解放していきます。あなたにおいて、「できないと決め込んでしまう理由」とは何でしょうか?

コリリンテーブル

心と脳と体の調和

一見整体とは無関係に感じるかもしれませんが、Universal Flow 整体では根本解放目的に、超重要視しています。

心身統一の重要性

Universal Flow 整体で取り組んでいる重要テーマです。まずは個々人における心身統一が、いい世の中を作り出すきっかけになると考えています。なぜなら、「心=体=環境」だからです。

今まで「心と体の調和」は、いつの時代もどこででも言われてきました。なぜずーっと言われ続けているんでしょうか?それが重要だからですよね。しかし人間が生まれてから、ずーーっと必要性を訴えられてきながらも、どれだけ調和に結びついているんでしょうか?

なぜ「脳」を入れたのか?それは、脳によって抑制されている部分がたくさんあるからです。心と体の調和を阻んでいる最大最凶の壁は、”先入観” “勝手な後ろ向きの思い込み(自虐的価値観)“です。

例えば「今まで~だった。だからこれからも似たようなもの」「~なんかに、――な事ができるはずがない」なんて、口に出したこと、考えたこと・・・ありませんでしたか?

いつも時代は、斬新で革命的なアイデアと明確な意志力に溢れた方が牽引してきました。それはどれも、先入観や後ろ向きの思い込みからは、とうていかけ離れたものばかりでした。それはほんの一握り、わずかな方々でしかありませんでした。よってそんな彼らは、虐げを受ける歴史が繰り返されてきました。

脳と心の役割

脳は体の一部でありながらも、思考機能を備えています。一見心(魂)と区別をつかせにくい場合がほとんどです(体の幸福観)。

脳(体)の役割は、ご主人様(あなた)を健康で長生きさせる事です。できるものなら危ない橋を渡らせたくはなく、現状の安定を保ち続けようと仕向けます。

「危ない橋」とは、「未体験領域」です。だからこそ、リスクを冒そうとすれば、恐怖を感じるようになります。もしまずい事をしているなら、人生の軌道脱線を防ぐため動けなくさせたりという事も。それはそれで、体としての責任を果たしきれています。脳は、幼少期の記憶等から、感情につながっていきます。

では、心はどこにあるんでしょうか?それは、個々の細胞です。例えばDNAは、髪の毛1本から個人を識別できます。顔や名前に個性があるように、全部セットです。

※DNA鑑定をする上で、すごくそっくりな事例があります。それは”親子”です。ここに気付いた時、「血統」の価値を再認識しました。

あなたは、「自律神経」という言葉を聴いた事ありますか? 主に腸内細菌から蠕動運動によって正常に機能しています。交感神経と副交感神経に分類され、感情と密接につながっています。

こちらは、自らの思いでコントロールする事はできません。この感情が、脳の記憶のプログラムにリンクして表面化してきます。よって前向きな方と後ろ向きな方、同じ現象なのに解釈が真っ二つに分かれてくる事態が起こります。感情自体は、いいor悪いと区別するようなものじゃありません。

会社に例えたあなた

あなたという存在を、会社に例えると、分かりやすいと好評です。

あなたの心は、社長です。社長から会社の本部(脳)へ指示が行きます。本部から担当部課(臓器・筋肉・骨・リンパ・・・)へ指示が流れていきます。

会社は1つの事業体です。外部の関係者と信頼関係を築いていきます。

社長が社員を想い、共通目的を見出して調和のとれた環境を作っていくなら、素晴らしい業績を挙げれるでしょう。しかし逆ならば・・・。嫌々ながらも社員は指示を受けるでしょうが、時間が経つにつれ、段々嫌気が差して来ないでしょうか?許容範囲を超えるのは時間の問題です。限界でやめ、クレーマーになっていくでしょう。個々人においては、まさに恨みです。

些細な出来事から亀裂は生じるものです。定期的なメンテナンス(ミーティング)を怠っていなければ、大問題に発展する事はなく、飛躍的に成長していけるんでしょうが・・・内部で起こっているような問題が、外部に影響しない可能性とは?

感情を根こそぎ解放する

感情と臓器は、密接につながっています。なぜなら、最も蓄える能力に長けているからです。

マイナス的思い込み(自虐的価値観)は、自覚しているかどうかに関係なく、確実に心身に支障を来たすようになります。「悪だ」と勝手に決め込み、感情を表面化させる事をためらい、抑え込む事で体の感覚も鈍っていきます。

そうなってくると、自然治癒力の減退が始まり、薬の薬効期待値も衰えていきます。逆を言えば、心(感情)を健全で自由に表現させていれば、健康になってくるという事が言えます。

いつも向上心を持ち続け、以前のご自身と向き合い、感謝があるかどうかが分岐点となってきます。だからこそ、潜在意識を解放する必要性が顕わになってきます。脳の活性化と直結しています。

根っこを解放すれば、すべてが解放されていきます。かく言う私も、未だ向き合い続けています。心の奥底に封じ込められた感情をいかに解き放つかを、真剣に考えるうちに今に至ります。

Universal Flow 整体が目指しているものは、土台を築き上げ、誰もが自分自身でメンテナンスできる世界です。健康という土台が確立されれば、成功と幸福にたどり着ける確率が大幅に確実に上がります。

「心・脳・体」ともにメリットがあるような考え方が、これからの主流思想となるでしょう。

ディープマインドセラピー

体の幸福観(魂・心・脳の関係)

一体化の妙味

結論は、「主観と客観両方から見つめましょう」ってこと。 先入観を取っ払い、新しい視点で見つめてみたい方にはおススメです。どちらかへ傾くほどに、焦点はボヤけ麻痺してきます。

猫背に悩んでいた当時
2005年当時、歌舞伎町掃除にて。猫背に悩んでいながらも、もはや当たり前で麻痺していました。

私は超がつくほどのコリ症で、誰が見てもはっきり分かるくらいに猫背でした。よって疲れは半端ではなく、いつも辛い日々が続いてました。それで誰かへの施術で精神的な癒しを受けるほか、解決の手段はありませんでした。整体が趣味になってしまった所以です。今は仙骨矯正のおかげで、だいぶ心配がなくなりました。

自分で指圧していても、さほど気持ちよくはありません。たまに誰かがいつも辛そうだからと、親切でもんでくれる事もありました。すでにそれなりの域に達していたからか、「あぁもぉぉ代われ!こうやってやるんだよ!ほら!!」と結局は・・・。どうしてなのかずっと考えてきました。

転機

ある日ラジオで流れていたニュースに感動しました。 それはある学会での発表でした(どこの何だったかは覚えてません)。いわく「自分で指圧しても大して気持ちよくない理由は、″今からここを押しますよ″という神経信号と″今からここを押されますよ″という神経信号が、自分から発せられているから」だとか。

この事で深刻に悩んでいた私は、ピンときました。だからラジオだろうが、はっきり覚えているんだと思います。

簡単に言えば、「自分自身でじゃんけんをしているようなもの」です。 ぜひ想像してみてください。左手でパーを構え、右手でチョキを構えている。さぁジャンケンポン!じゃあ次は・・・、何回も繰り返そうと思うでしょうか?もしこれをおもしろがってやっているような方は・・・。

理由は、「刺激がないから」です。相手が何を出すのかが分からないから手に汗握りますね。もしジャンケン勝負一回で全財産を賭けるとなれば、かなり燃えませんか?
あまりにも近いと、感覚が麻痺してきます。一体化しすぎていると、分からなくなってきます。

事例

例えば心臓の鼓動。胸に手を当ててみれば分かりますが、常時寸分狂わず正確に約4,000本/日の2Lペットボトル分の血液を動かしています。もし心臓みたいな社員がいたら、どんな社長も雇いたくなるでしょう。それに気付いていますか?

腸は毎日1兆個の細胞が死に、生まれ変わってます。その自覚ありますか? オナラ(特にすかしっ屁)は臭いですよね?大半の方にそんなものがお腹の中に入っているんですよ?

「健康の価値は、病気になってみて分かる」なんて、よく言われますね?ぎっくり腰で来られた方が、施術ですっかりよくなり、喜んで帰られました。しかしその夜再発してきたそうです。理由は潜在的コリが残っていたからです。我慢できず近くの病院で精密検査を受けて、10分くらいで見抜いた原因とまったく同じ事を言われたとか。「〇〇病の一歩手前だったよ。ぎっくり腰になってよかったねぇ」と言われたそうです。

射撃のプロ(自衛官当時の先輩)からのアドバイス。「リラックスした状態で、焦点がボヤけてきたら当たる」とか。当時の私にはえらく混乱し、さらに当たらなくなった記憶があります。

自らが成長しているかどうかの自覚にもつながります。 心と体が別人格として存在してる事を認められますか?なのに心と体は、幽体離脱でもしてない限りずっと一緒に生活しています。 分かりやすいのは、久々に会った方です。同窓会等で会ったら、かっこよくきれいになった方、ずいぶん老けた方、ほとんど変わってない方、いろいろありますね。いつも一緒だと、違いに気付きづらいものです。

警備会社で働いた時期もありました。施設警備(建物等)で教わった事は、「いつもと違う場所に置かれていないか?いつもと違った雰囲気や物音等ないか?」が着眼点だと。

仲翼(仲良く)

私たちは、先入観によって曖昧にされています。いかに先入観を払拭し、正しく適切な把握ができるのか?

渦中にいると、その分見えてくるべきものが見えてきづらくなってきます。もし「こんなにすごいものなのに、なぜ分からないんだ?」と憤りを感じる方がいらっしゃるとしたら、たまには見つめた事がない視点から見つめてみられてはいかがでしょう?多くのすばらしい経営者は、現場に出かけてお客様からの意見を聴き反映させてます。

ある不動産の営業マンが、いかにして業績を上げるかを研究してるとしましょう。本屋に行ったら、どこに行くでしょう?たいていは「いかに説得するか?」の情報棚ですかね?しかし不動産を買おうとしているお客様は、「いかに安くいい物件を見つけるか?」の情報棚に行きます。お客様が説得の情報誌棚に行く事はまずありません。

政治においても、右翼と左翼の熾烈な論争が繰り広げられていますが、「仲翼(仲良く)」なんてのもアリじゃないですか?こちらをモトに、違った発想が生まれてくるんじゃないでしょうか?ぜひ身近な話に置き換えてみてください。